2005年10月03日

IMPとルータとの違いは何か(EJ1688号)

 「インターネットの歴史」をテーマにして、これまで27回に
わたって書いてきました。そして、やっとARPAネットが4拠
点でスタートするところまできました。しかし、この話はまだま
だ終らず、これからがむしろ本番であり、面白くなります。
 このテーマは単なるITのテーマではなく、インターネットの
誕生のドラマを通じて現代の米国を知り、米国を理解するための
助けとなると思うので、そういう観点で読んでいただけたらと考
えて、さらにこのシリーズを続けることにします。
 IMP(インプ)の話が出てきていますが、これについてもう
少し述べることにします。そもそもIMPとは何をするマシンな
のでしょうか。
 通信をするさい、ホスト・コンピュータ(以下、ホスト)は通
信相手を指定してIMPにデータを送ります。IMPはそのデー
タを小さく区切り、宛先情報の入ったヘッダーを付けてパケット
化します。そして、IMPはヘッダーの宛先を頼りに通信相手の
ホストにつながっているIMPにパケットを運ぶのです。
 この場合、ホストはそれぞれ異なる仕様なのですが、IMPは
同一仕様なのです。したがって、IMPとIMPの間の通信プロ
グラムは共通のハードを共通のソフトで制御する一種類のプログ
ラムで済んだのです。
 しかし、ホストとIMPの間の通信は当然のことながらホスト
ごとに異なってくることになります。しかし、ホストプログラム
は次の2つに階層化されます。ホストのアプリケーションとIM
Pとのやり取りを担うホストプログラムを分けたのです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 1.アプリケーション ・・・ ファイルの転送/遠隔操作
 2.ホストプログラム ・・・ IMPとのデータの入出力
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 このパケット交換の基礎技術は、その後登場するルータに引き
継がれるのですが、IMPをいきなりルータと同一視することに
は問題があります。というのは、現在のルータにあってIMPに
ないのは、異なる仕様のネットワークを相互接続する機能である
からです。
 この異なる仕様のネットワークを相互接続する機能は「ゲート
ウェイ」というマシンに受け継がれ、ここでいうIMPの機能は
「TCP/IP」(ティー・シー・ピー・アイ・ピー)という有
名な通信プロトコルに発展していくのです。
 IMPの基本的な機能には次の3つがあります。これは、ホス
トが、つねに正しいデータを受け取るという前提のもとにIMP
というミニコンがデータの送受信、エラーチェックを専用のハー
ドウェアが担うというものです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
       1.パケットの分解・再編
       2.受信確認・データ送信
       3.あて先への送信・受信
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 1974年に、ARPAにいてロバーツの部下であるロバート
(ボブ)・カーンとスタンフォード大学の助教授をしていたビン
トン・サーフは、ある学術誌に共同で論文を発表します。
 彼らは、無線など非常に雑音などが多く、通信に困難な環境で
もきちんとパケットを送受信させるにはどうするかという現実的
な研究をしており、論文はその研究成果をまとめたのです。
 論文の内容は、IMPの3つの機能をソフトウェア化し、コン
ピュータに実装することによって、エラー訂正などの機能をホス
トにやらせるという画期的な技術だったのです。先端技術という
ものは、当初ハードウェアで実現したことを技術の進化によって
後からソフトウェア化する――そういう流れになるのです。
 そのソフトウェアの名前は「TCP」――しかし、これは現在
のTCPではなく、TCP/IPの全機能をTCPと呼んだので
す。さらに1978年になって、「TCP」と「IP」は分離し
宛先に確実にデータを届ける機能として「IP」を独立させてい
るのです。IPプロトコルの誕生です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
       ≪TCP≫
       1.パケットの分解・再編
       2.受信確認・データ送信
       ≪IP≫
       3.あて先への送信・受信
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ここでARPAについて述べておかなければならないことがあ
ります。それはARPAがときどき名称を変えていることです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   1958年 2月 7日 ・・・  ARPA
   1972年 3月23日 ・・・ DARPA
   1993年 2月22日 ・・・  ARPA
   1996年 2月10日 ・・・ DARPA
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ARPAは1958年に設立されたことは既に述べましたが、
1972年に「DARPA」と名称を変更しているのです。DA
RPAとは次の省略です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 DARPA=Defense Advanced Research Projects Agency
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 ここまで述べてきたように、もともと軍事目的の先端技術を開
発するのが目的なのに自由にやっているので、わざわざ「防衛の
ための」という言葉を先頭に付けたのです。しかし、93年にク
リントン大統領は再びARPAに戻したのですが、96年になっ
て、また、DARPAとなって、現在に至っています。しかし、
当のARPAの住人は名前には頓着せず、自由に研究を続けてい
るといわれます。      ・・・・・[インターネット28]


画像および関連情報≫
 ・ルータ関連の歴史
  ――――――――――――――――――――――――――
  1973 ・・・ ARPAネット初の国際間接続が成功
  1974 ・・・ 「TCP」がIEEEの学術誌に発表
  1976 ・・・ BBN、初のTCP実装ルータを開発
  1977 ・・・ TCPによる異なるネットワーク接続
  1981 ・・・ TCPがTCP/IPに分離して独立
  ――――――――――――――――――――――――――

1688号.jpg
posted by 平野 浩 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | インターネットの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary