2007年11月16日

●音楽映画/サウンドトラック商法(EJ第2208号)

 母グラディスの死のあと、エルヴィスはドイツのフランクフル
トに赴任します。そして2年間の兵役を終えて、1960年3月
3日、エルヴィスは79名の仲間と共に、ニュージャージー州マ
クガイア空軍基地に帰ってきたのです。
 到着が早朝であることに加えて、当日は朝から猛吹雪であった
にもかかわらず、基地には大勢の記者やファンが詰めかけていた
のです。その歓迎ぶりは、内心、自分のキャリアは続かないので
はないかと思っていたエルヴィスの不安を完全に吹き飛ばすもの
でした。
 エルヴィスは、2年間の兵役を境にして完全に別のエルヴィス
になっていたのです。それは、次の3つが理由として考えられる
のです。
―――――――――――――――――――――――――――――
     1.体制反逆児的イメージが消滅したこと
     2.母の束縛が解かれ、自らの意思で行動
     3.本格的アーチストを目指す目標を持つ
―――――――――――――――――――――――――――――
 第1に、エルヴィスが素直に兵役――それも特別待遇なしの兵
役に従事したことによって、かつてのエルヴィスが持っていた体
制反逆児的アイドル的イメージが消滅したことです。
 もともとエルヴィスの評価は二極化していたのですが、反逆児
的イメージが消滅したことによって離れていったファンと変貌し
たイメージを歓迎するファンが入れ替わって、かえって安定的な
ファンが増えたのです。
 第2に、それまで精神的に大きく依存してきた母がいなくなり
自分の意思で行動するようになって、すっかり大人の顔になった
ことです。エルヴィスは当時まだ25歳に過ぎなかったのですが
軍隊の経験を経てたくましい大人に変貌したのです。
 第3に、エルヴィス自身が本格的なアーチストを目指そうとい
う気になったことです。永続的な歌手として生き残るにはどうす
べきか、本格的な俳優になるのはどうすべきかについて真剣に考
えるようになったことです。もし、エルヴィスがそういう気持ち
にならなかったら「かつて一世を風靡したロックンロール歌手」
としてキャリアを終えていたと思われます。
 除隊後のエルヴィスの最初の仕事は、フランク・シナトラのテ
レビ・ショウへの出演だったのです。当時人気が低迷していたシ
ナトラのショウは、エルヴィスがたった6分間出演しただけで、
今までの最高の視聴率を記録したのです。その6分間の出演で、
テレビ局がエルヴィス側に支払ったギャラは12万5000ドル
という法外なものでした。しかし、これによってエルヴィスの評
価は確定したといえます。
 これに自信をつけたエルヴィスは、レコーディングに意欲を燃
やし、RCAスタジオで数回にわたるレコーディング・セッショ
ンに取り組んだのですが、そこに集まったメンバーは入隊前とほ
とんど同じ顔ぶれが揃ったのです。これはマネージャーのパーカ
ー大佐の努力によるものだったのです。
 この一連のレコーディング・セッションで誕生した曲は次の3
曲であり、たてつづけにビルボードのヒットチャートを襲撃し、
連続第1位を獲得したのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
  「本命はお前だ/Stuck On You」
  「イッツ・ナウ・オア・ネヴァー/It's Now Or Never」
  「今夜はひとりかい?/Are You Lonesome Tonight ?」
―――――――――――――――――――――――――――――
 これらの曲は、エルヴィスの初期の作品に比べると、野性的な
パワーに欠けますが、その代わり完璧ともいえる絶妙な技巧と歌
唱力が加わっていたのです。伸びやかで独特の艶のあるビブラー
トのかかったエルヴィスのバラードがその後全米の音楽界を征服
することになるのです。
 とくに「イッツ・ナウ・オア・ネヴァー」は、エンリコ・カル
ーソーのスタンダード・ナンバーで、グラディスがかつて蓄音機
でエルヴィスに聴かせた「オー・ソレ・ミオ」のエルヴィスによ
るアレンジなのです。
 この「イッツ・ナウ・オア・ネヴァー」は、単なるカルーソー
のカヴァーではなく、完全にエルヴィスの歌そのものになってい
るのです。つまり、「オー・ソレ・ミオ」ではなく、名実ともに
「イッツ・ナウ・オア・ネヴァー」なのです。これは、彼の音楽
的感性の豊かさを証明するものであり、ぜひ聴いていただきたい
と思います。チャチャチャのリズムに乗った楽しい曲です。
 こうした歌のレコードがヒットする中で、パーカー大佐は新し
い金儲けの方法を考え出したのです。それはエルヴィスの人気を
利用して彼を多くの映画に出演させ、そのサウンドトラック盤を
製作して売るという方法です。
 しかし、エルヴィスは本気で映画俳優を目指し、演技に磨きを
かけたかったのです。そして歌の方はできるだけライブを増やし
て、良い曲を創り出していく――そういう方針で進みたかったの
です。ところが、これはパーカー大佐のプロデュースの考え方と
相容れなかったのです。
 エルヴィスの音楽いっぱいの映画を作り、それを世界的に上演
させる――大佐にとってエルヴィスの演技などどうでもよかった
のです。人気は絶頂にあり、エルヴィスの歌さえ入れば映画は大
ヒットするに決まっているのです。たとえその中に質的に問題の
ある曲が何曲か入っていても、サウンドトラック盤を出せば確実
に売れると考えたのです。
 ライブなんかをやるよりも映画の方が全世界で上演され、それ
に連動してサウンドトラック盤というレコードが売れる――商売
としてはなかなかのアイデアです。
 しかし、結果として、このライブを少なくして、音楽映画を多
産し、サウンドトラック盤を売る商売がエルヴィスの心身を蝕む
ことになるのです。       ―――[エルヴィス/20]


≪画像および関連情報≫
 ・「イッツ・ナウ・オア・ネヴァー」について
  ―――――――――――――――――――――――――――
  除隊後のメガ・ヒット<本命はお前だ>に続く第2弾シング
  ルとして60年7月にリリース。8月1日から9月18日ま
  で連続5週ヒットチャート・トップになったこの曲は、成長
  著しいパフォーマンスを披露。華麗なる変身をリアルタイム
  で聴いた人には相当な衝撃だったと想像するのは容易だ。す
  でに駐屯中の西ドイツで、レコード化を希望していたエルヴ
  ィスの望みが叶ったものだけに、気合い十分、ニュー・エル
  ヴィスをアピールする野心も十分だっただろう。
    http://www.genkipolitan.com/elvis/best/best_37.html
  ―――――――――――――――――――――――――――

1「イッツ・ナウ・オア・ネヴァー」.jpg
posted by 平野 浩 at 04:24| Comment(0) | TrackBack(2) | エルヴィス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

蓄音機 の情報を最新ブログで検索してみると…
Excerpt: 蓄音機に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
Weblog: マッシュアップサーチラボ
Tracked: 2007-11-16 11:00

オペラ座の怪人 通常版
Excerpt: 一ヶ所だけ、個人的に残念な所があります。デビューを決めたクリスティーヌが歌う「Think/of/Me」。最後の部分、音を下げておとなしく終わっている。ブライトマンのCDはコロラトゥーラ唱法を使い、高音..
Weblog: 音楽映画をたくさん集めました
Tracked: 2008-02-03 23:10