2021年02月10日

●「フェイスブックの5つの経営理念」(第5426号)

 2012年のことです。フェイスブックは次の5つの経営理念
を発表しています。この経営理念の延長線上にリブラ計画がある
と考えられます。
─────────────────────────────
   1.FOCUS ON IMPACT  ・・   影響力を重視
   2.MOVE FAST     ・・    迅速に行動
   3.BE BOLD      ・・    大胆であれ
   4.BE OPEN      ・・  オープンであれ
   5.BUILD SOCIAL VALUE ・・ 社会的価値を築く
─────────────────────────────
 第1は「FOCUS ON IMPACT」です。
 最も大きな影響力を持ちたければ、最善の道は、最も重要な問
題の解決に常に重点を置くことです。簡単なことのように聞こえ
ますが、多くの会社がこれをうまくできず、時間を無駄にしてい
るとわれわれは考えます。フェイスブックで働く者には全員、取
り組むべき最大の問題を発見することが得意であってほしいと考
えています。
 第2は「MOVE FAST」です。
 素早く動けば、より多くのことが築け、より早く学ぶことがで
きます。しかし多くの会社は、成長するにつれて、のんびりしす
ぎて、機会を逸することより失敗を恐れ、動きが鈍りすぎてしま
うものです。わが社のモットーは、「素早く動き、破壊せよ」で
す。もし自分が何も壊していないなら、それは素早さが足りない
からと考えます。
 第3は「BE BOLD」です。
 何か偉大なものを築くということは、リスクを負うことです。
それが恐怖になることもあり、多くの会社が自分たちのなすべき
大胆なことができなくなっています。だが、世界がこれほど早く
変化している中では、リスクを負わないことは失敗も同然です。
もう1つのわが社のモットーは「最大のリスクは、リスクを負わ
ないこと」です。たとえ時にそれが間違いであったとしても、全
社員に大胆な決断を下すことを奨励しています。
 第4は「BE OPEN」です。
 われわれは、より開かれた世界ほど素晴らしい世界だと考えま
す。何故なら、情報を多く持つ人ほど、より的確な決断を下すこ
とができ、より大きな影響を及ぼせるからです。これはわが社の
経営についても同様です。フェイスブックでは全員が社内各部の
情報に可能な限り十分にアクセスし、最善の決定を下し、最大限
の影響を与えることができるよう努めています。
 第5は「BUILD SOCIAL VALUE」です。
 フェイスブックは、単に一企業を築くために存在しているので
はなく、より開かれ、つながった世界を作るために存在していま
す。フェイスブックで働く者全てには、日々のあらゆる活動にお
いて、世界にとって真に価値あるものをどのようにして築くか、
という点に力を注いでもらいたいものです。
 フェイスブックにとって2012年という年は、意義のある年
であったといえます。2012年2月、フェイスブックは、最初
の株式公開を行い、カリフォルニア州メンローパークに本部を移
転しています。そして9月には、フェイスブックのアクティブ・
ユーザー数は10億人を超えています。そういう年に、フェイス
ブックは、将来を見据えて、上記5つの経営理念を発表したので
はないでしょうか。
 そして、この経営理念は、ホワイトペーバーに記載されている
次の「リブラ計画」の6つの理念とも関連が深いのです。とくに
5つの理念の5番目「社会的価値を築く」に深く関連していると
いえます。
─────────────────────────────
◎「リブラ計画」の6つの理念
 ・もっと多くの人が金融サービスや安価な資本を利用できるよ
  うにする必要がある、と私たちは考えます。
 ・グローバルに、オープンに、瞬時に、かつ低コストで資金を
  移動できるようになれば、世界中で多大な経済機会が生まれ
  商取引が増える、と私たちは考えます。
 ・人びとは次第に分散型ガバナンスを信頼するようになる、と
  私たちは考えます。
 ・グローバル通貨と金融インフラは公共財としてデザインされ
  統治されるべきである、と私たちは考えます。
 ・私たちには全体として、金融包摂を推進し、倫理的な行為者
  を支援し、エコシステムを絶え間なく擁護する責任がある、
  と私たちは考えます。  ──木内登英著/東洋経済新報社
    『決定版リブラ/世界を震撼させるデジタル通貨革命』
─────────────────────────────
 よく知られているように、そもそもフェイスブックはハーバー
ド大学の学生だったマーク・ザッカーバーグが、ハッキングをし
て得た女子学生の身分証明写真をインターネット上に公開し、公
開した女子学生の顔を比べて勝ち抜き投票させる「フェイスマッ
シュ」というゲームを公開したことがきっかけで誕生した企業で
す。しかし、これは大学内で大きな問題になり、ザッカーバーグ
は、ハーバード大学の半年間の保護観察処分を受けるに至ったの
です。2004年のことです。
 最初は遊びのつもりだったのですが、2004年に正式にフロ
リダ州にLLC(合同会社)として、登録しています。パートナ
ーは、ザッカーバーグ、モスコヴィッツ、サベリンの3人です。
後にフェイスブックの経営に参加したジェフ・ロスチャイルドは
次のように述懐しています。「私は、連中がデートサイトを作っ
ていると思った。しかし、彼らのビジョンを理解すると、今まで
のサイトとはまったく別物だった。大学内限定で友達との情報を
交換するもっとも効果的なチャンネルを作ろうとしている」と。
2012年は、今後のフェイスブックを決める重要な年だったと
いえます。         ──[デジタル社会論/027]

≪画像および関連情報≫
 ●FB新理念はわずか5語/ザッカーバーグの効果的メッセー
  ジ発信法
  ───────────────────────────
   フェイスブックは、友人・家族・グループをつなぐサービ
  ス──これは、マーク・ザッカーバーグCEOが同サイト立
  ち上げから10年間発信してきたメッセージだ。彼は現在、
  同社の次の10年を導く新たなビジョンを策定するため、効
  果的なリーダーシップ手法を活用している。
   フェイスブックが米シカゴで、2017年6月下旬に開催
  した第1回「コミュニティー・サミット」で、ザッカーバー
  グは「私たちは、この10年間、世界をよりオープンでつな
  がったものにすることに注力してきた。私たちには、世界の
  絆を強める責任がある」と述べ、同社を導く光となるビジョ
  ンとなる新たな企業理念を発表した。
   ザッカーバーグは、フェイスブックが、「人々にコミュニ
  ティー構築の力を与え、世界の絆を強める」ために今後も存
  在していくと表明。スライドにはこのビジョンが「世界の絆
  を強める」というたった5つの単語で要約された。
   ザッカーバーグは1か月前、米ハーバード大学の卒業式で
  スピーチを行い、このビジョンを説明していた。その中で、
  彼は「コミュニティー」という言葉を16回使い、「私たち
  の世代で、より緊密につながる、より大きな機会をつかめる
  かどうかは、コミュニティーを構築し、全ての人が目的意識
  を持つ世界を創造する皆さんの能力にかかっている」と卒業
  生に向けて語った。       https://bit.ly/3rATwZN
  ───────────────────────────
講演するザッカーバークCEO.jpg
講演するザッカーバークCEO
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | デジタル社会論T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]