2020年09月25日

●「ECRAはかつての新COCOM」(EJ第5336号)

 ECRAとFIRRMA──これは、中国をデカップリングす
る米国の法的規制です。ECRAは、重要技術を中国には輸出し
ないようにする法律であり、FIRRMAは、重要技術を中国に
盗まれないようにする法律です。ECRAとFIRRMAは、次
の言葉の省略形です。
─────────────────────────────
 ◎米国輸出管理改革法
   ECRA/Export Control Reform Act
 ◎外国投資リスク審査現代化法
  FIRRMA/Foreign Investment Risk Review Act ─────────────────────────────
 「ECRA/エクラ」から考えます。
 ECRAは、既存の輸出規制ではカバーできない「新興・基盤
技術」のうち、米国の安全保障にとって必要な技術を省庁間で特
定し、輸出規制の対象とするものです。それは、次の14分野と
しています。しかし、その細則については、まだ発表されていま
せんが、2020年中には発表されることになっています。
─────────────────────────────
     1.バイオテクノロジー
     2.AI・機械学習
     3.測位技術
     4.マイクロプロセッサー
     5.先進コンピューティング
     6.データ分析
     7.量子情報・量子センシング技術
     8.輸送関連技術
     9.付加製造技術(3Dプリンタなど)
    10.ロボティクス
    11.ブレインコンピュータインターフェース
    12.極超音速
    13.先端材料
    14.先進セキュリティ技術
─────────────────────────────
 もとより、米国企業が上記分野に含まれる技術およびその技術
が内蔵されている製品を輸出することが禁じられることはいうま
でもありませんが、これは、米国企業だけではなく、外国企業も
対象になります。もし、外国企業がそのようなことをすれば、米
国との取引ができなくなるので、事実上外国企業にもこの法律は
適用されるといえます。これについて、既出の藤井厳喜氏は、自
著で次のように説明しています。
─────────────────────────────
 ECRAによる輸出規制の対象となるのは、アメリカ企業ばか
りではない。日本企業を含む外国企業も、この規制対象となる。
また、日本企業がチャイナと共同技術開発をしたり、チャイナ国
籍の人間を取締役として雇用していた場合などは、特別に厳格な
審査の対象となる。つまりECRAは単にチャイナをはじめとす
る敵対国に対する輸出規制として機能するばかりでなく、アメリ
カを中心とする友好国の製造業のサプライチェーンからチャイナ
を排除しようとする狙いがある。その点で日本企業は、このEC
RAの実行細則に万全の注意を払わなければならない。
      ──藤井厳喜著『米中最終決戦/アメリカは中国を
               世界から追放する』/徳間書店
─────────────────────────────
 ECRAによって、中国は相当苦しい立場に追い込まれること
になります。TSMC(台湾積体電路製造)という台湾の企業が
あります。半導体製造ファウンドリ(半導体製造専門)としては
世界第1位の企業です。ファーウェイは、ハイシリコンという専
用の半導体メーカーを有しているのですが、ハイシリコンは製造
設備を持っていないので、TSMCに半導体チップの生産を委託
していたのです。しかし、ECRAによって、ファーウェイには
半導体の供給が出来なくなってしまうことになります。
 なお、TSMCの工場は、台湾に集中していますが、中国政府
の要請で、南京に先端半導体の工場を建設し、2018年から稼
働しています。しかし、5月15日のことですが、TSMCは、
米国アリゾナ州に最先端の半導体工場を建設する計画を発表して
います。この場合、ECRAによってTSMCの南京の工場では
半導体の生産はできなくなるはずです。
 同じことがオランダのASML社もファーウェイと取引があり
ますが、今後それはできなくなると思われます。ASML社は、
米国の半導体製造装置を輸入していますが、もし、ファーウェイ
向けの半導体の生産を続けると、米国とは取引が出来なくなって
しまうのです。
 中国では、民間航空機を開発していますが、実はエンジンは米
国製なのです。ECRAによってエンジンの輸出も禁じられたの
で、中国は民間航空機の開発は非常に難しくなったといえます。
このECRA規制が強化された場合、中国はどうなるかについて
藤井厳喜氏は次のように述べています。
─────────────────────────────
 兵器分野においては、チャイナは今後おそらく、ロシアへの兵
器輸出を積極的に推進するだろう。しかしオランダASML社や
台湾TSMC社が高性能半導体をチャイナに売れなくなれば、5
Gのみならず、様々な産業分野でチャイナが最先端の製品を開発
してゆくことは難しくなる。ボディーブローのように効いてくる
対チャイナのECRA規制である。──藤井厳喜著の前掲書より
─────────────────────────────
 かつての米ソ冷戦時代、ソ連を中心とする共産圏に対するハイ
テク技術の輸出規制に「COCOM(ココム)規制」というもの
があったのですが、ECRAは米中対決時代における新COCO
M規制であるということができます。
         ──[『コロナ』後の世界の変貌/080]

≪画像および関連情報≫
 ●米国の対ファーウェイ禁輸措置と台湾TSMCの半導体工場
  誘致の深層/細川昌彦氏
  ───────────────────────────
   米中技術覇権の主戦場である半導体を巡る米中の綱引きが
  激化している。中国を半導体の供給網(サプライチェーン)
  から分離する米国の戦略は確実に進展している。拙稿「新型
  肺炎から垣間見えた、対中・半導体ビジネスの危うさ」で指
  摘した「部分的分離」戦略は決定的だ。
   5月15日、世界第1位の半導体ファウンドリーである、
  台湾の台湾積体電路製造(TSMC)が米国のアリゾナに最
  先端の半導体工場を建設する計画を発表した。米国の連邦・
  州政府からの支援を受けて総額約120億ドルを投じ、20
  21年から建設を始める計画だ。
   TSMCを巡って米中が工場誘致に激しい綱引きを演じて
  いたのは周知の事実だ。米中がそれぞれ、自国の半導体供給
  網(サプライチェーン)にTSMCを取り込もうと争奪戦を
  繰り広げた。TSMCの半導体工場は台湾に集中しているが
  中国政府の要請で、南京に先端半導体の工場を建設しており
  2018年から稼働している。一方、米国に有する工場は世
  代が古い工場であった。この報道に関していくつかの誤解を
  招きかねない点もある。米国に建設する半導体工場は“最先
  端”ということになっている。だが、現時点では微細加工の
  線幅5ナノというのは確かに最先端ではあるが、TSMCは
  22年に台湾で3ナノの量産を始める予定だ。さらに2ナノ
  も開発段階にあり、24年に生産開始を計画している。つま
  り、その時点では5ナノも最先端ではなくなっている。まだ
  まだ米国と中国の取引、駆け引きは続きそうだ。
                  https://bit.ly/2FW5Fpi
  ───────────────────────────

TSMC.jpg
TSMC 
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 『コロナ』後の世界の変貌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
【がんの死因は東大医学部である】
asyura2.com/20/senkyo276/msg/137.html#c72
文豪とアルケミストにハマったそうです
youtube.com/watch?v=LOF3ZeJ-DU8&lc=Ugzc1puty9iUXZgzE0J4AaABAg.9DW2MZQg2rG9E3bZ6j8Z3g
豊岳正彦1 秒前
ご好評にお応え致しまして、がんのウソ。「がんの死因は東大医学部である」
【武田邦彦】※S級の真実※ タバコに関して恐るべきデータが判明した!禁煙者は特に聴いて
youtube.com/watch?v=2iliSyPkFRQ&t=35s
豊岳正彦29 分前(編集済み)

日本人で初めてがんになって死んだ人をだれなのかご存じですか?
岩倉具視氏です。満57歳咽頭がんで死去したのが明治16年です。
Wiki「明治16年(1883年)初め頃には咽頭癌の症状がはっきりと出始めていた。岩倉は5月25日には京都御所保存計画のため京都へ赴いたが、ここでますます症状が悪化する。これを聞いた明治天皇は、勅命により【東京大学医学部教授】をしていたエルヴィン・フォン・ベルツを京都に派遣して診察させた。岩倉はここでベルツからは癌告知を受けたが、これが記録に残る日本初の癌告知である。その後船で東京へ戻され、明治天皇から数度の見舞いを受けたが回復することはなく、最後の天皇の見舞いの翌日の7月20日死去。享年59(数え年です。豊岳註)。7月25日に日本初の国葬が執り行われた。墓所は東京都品川区の海晏寺。」
COPDなど全く関係ないです。副流煙も。ニコチンもタールも。
岩倉具視の本当の死因は、
神経衰弱のニセ診断で睡眠薬という向精神薬劇薬の麻薬毒物を内服常用させて、
患者の脳にうつ状態分裂症状延髄自律神経中枢失調症を発症させて、
辺縁系旧皮質脳に発症させた依存性麻薬中毒特有の希死念慮で完全な健康体の患者を自殺させた東大医学部精神科と同じ、
やはり東大医学部こそががんよりも岩倉氏の命を奪った本当の死因ですね。
これが明治学校教科書白痴化洗脳人間退化です。
この時代から学校教科書は大宅壮一ではなく松本清張が喝破した「一億総白痴化」テレビと同じですね。

江戸時代以前日本には太陰暦で何億年もがんなどなかったのですね。
太陽暦西洋医学の病名はすべて嘘八百です。
西洋医学がなぜ息を吐くようにうその病名を吐くのかといえば、
西洋医学の根本に、
近世になってから登場した精神科という口先の舌先三寸の嘘八百で人を殺す中世魔女狩り黒魔術錬金術詐欺師が、
ヒ素という無味無臭の金属毒を専門で使用する暗殺殺人術が、
近代西洋医学の根本に深く根を張っているからですね。
がんと診断したら不治の病名だからあとは好きなときに投薬で殺せば医者が死期を当てたとか言われてうわべの評判が上がるからです。
評判が上がれば後は医は算術で何人人を殺しても不治の病だからだれも医者を非難できないという、
名医ならではの「完全犯罪」という逃げ道が密かに用意されています。

さて西洋医学者ベルツ氏はどのようにして岩倉具視氏をがんと診断できたのでしょうか?
東大お得意の遺伝子診断やAIに全部お任せのPCR検査などかけらもなかった明治時代に?
病理検査も東大医学部になかったのに?
ベルツががんといったからがんなのだと厚労省医師免許医者は全員何一つ考えることなく脊髄反射で全員がそう言います。
がんが何であるのかも知らないままで。
西洋科学者はお経で釈尊が教えたまう「群盲象をなでる」の全員裸の王様ですね。
すべて文字と数字で心の目が見えなくなった非現実妄想盲目的無差別大量殺人常習犯詐欺師の「医は算術」ですね。

豊岳正彦3 日前
【全世界から公開の実名反論者を絶賛大募集中】
行き過ぎた“官邸主導”の弊害【報道特集】
youtube.com/watch?v=nNCO0KPI0ow&lc=UgzgZ7CxZgIcSHFqarF4AaABAg.9DWJ2Kg6VjN9DcRf2707WA
_______
【武田邦彦】8/15急展開。新型コロナウイルスがここへ来て衝撃の数字を叩き出しました。他の病気との比較もあるので是非ご覧ください。あなたはどうやって備えますか?
youtube.com/watch?v=MvuQBzZkwUU
豊岳正彦

ウイルス性心筋炎の急性心不全以外はコロナによる死亡といえるものはない。
心不全も早く発見すれば支持療法で回復するし、いわゆるコロナウイルス単独感染死はゼロ。

政府官僚が発表する全省庁の統計はすべて100%嘘八百である。
そもそも統計学は単なる数字のトリックだということを、100%妄想でできている文系脳では全く見破れないし、夢にも疑えない。
こうして医政局官僚は嘘ばかりついているために必然として100%詐欺師になるのである。

医政局は東大医学部卒臨床経験ゼロのペーパー医師免許ばかりで構成されている。
だからこそ厚労省医政局に医療をやらせると、それを受けるものは100%寿命に至る前に殺されて早死にするのも必然である。

厚労省は毎年60兆円の医療保険介護保険金を死ぬ死ぬ詐欺で私腹に入れている保険金詐欺無差別大量殺人組織である。
例えば不治の病と詐称するがんが死因の第一位というのも嘘だからがん医療費20兆円を盗む100%死ぬ死ぬ詐欺の故意の犯罪である。
厚労省が盗んだ金額で地球上最悪の最大60兆円保険金詐欺無差別大量殺人組織なのだ。証明終わり。

これが真実だから反論できないのはわかってるけど、反論あればどうぞ。
全世界公衆の面前ですべて公開での反論を大歓迎ですべて受けて立つよ。

各ブログエントリーコメント欄まで実名応募連絡投稿乞う。
「豊岳正彦の巖國豐嶽醫王第六坊」
blog.goo.ne.jp/hougakumasahiko6th/e/ccd16fd89ee48c91b27681876a769bed
「豊岳正彦」
hougakumasahiko.hatenablog.com/entry/2020/09/15/210958
「拈華微笑 南無父母不二佛」
hougakumasahiko.muragon.com/entry/104.html
「豊岳正彦の無有万機公論」
hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/post-8f3c55.html
「hougaku-masahikoのブログ」
ameblo.jp/hougaku-masahiko/entry-12625180567.html
「豊岳正彦youtube用ブログ」
masa-ho.blogspot.com/2020/09/blog-post.html


豊岳正彦1 週間前
【鼻くそ食ってうんこもりもり】
鼻くそは自分の鼻でウイルスが付着した粘液の中に白血球が出張してきてウイルスをぶち壊して作った自家製ワクチンだから、
鼻くそを食べて消化してぶち壊されたウイルスのかけら(不活化クチン)を吸収して、それに対して自分の血中白血球が反応して抗体(IgA)を産生して、
気道粘膜下の抗体産生白血球(組織球など)にその情報を伝達して、鼻粘膜直下の白血球が大量の粘膜分泌型IgA抗体を鼻粘膜中へしきつめて、・・・
続きを読む
1
nemunemu
注目の返信
nemunemu
1 時間前
凄い!!
Posted by 豊岳正彦 at 2020年09月26日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

RDF Site Summary