2020年08月26日

●「コロナの感染を予言した米国小説」(EJ第5316号)

 新型コロナウイルスは「人工ウイルス」であり、過失により拡
散されたものである──元中国中央電視台の著名キャスター、崔
永元氏のツイッターによる中国人へのリサーチで、51%の中国
人がそう認めています。問題なのは、「人工ウイルス/悪意ある
拡散」と考えている人が、24%もいることです。
 河添恵子氏は、ウイルスは過失によって拡散したが、その後中
国政府が「悪意ある拡散」をし、パンデミックを引き起こしたと
推理しています。確かにこの考え方が、EJがここまで調べたこ
とと、奇妙に一致するのです。
 ところで、1981年に出版された次のスリラー小説が話題に
なっていることをご存知ですか。
─────────────────────────────
                ディーン・R・クーンツ著
     『闇の眼』(The Eyes of Darkness)/光文社文庫
─────────────────────────────
 この小説は1990年に光文社から再版され、内容の一部が変
更されています。さらに、今年の5月15日になって、復刊され
ています。なぜ、話題になっているのかというと、この小説には
「武漢─400(Wuhan-400)」 というウイルスが登場するから
です。光文社が5月15日に復刊したのはそれが理由です。今回
の「武漢ウイルス」とそっくりだからです。
 この小説について記述しているサイトでは、「武漢─400」
について、次のように書かれています。
─────────────────────────────
 『闇の眼』では、「武漢─400」人造ウイルスは、中国共産
党政府が反対者を絶滅させる用途に開発されたものとして表現さ
れている。ワクチンも治療薬もない、無数の政治犯の体で試験さ
れた「完璧な武器」と設定された。人がそのウイルスに接触する
と、僅か4時間で伝染性宿主になってしまう。
 武漢肺炎が中国で全面的に広まってからは、武漢ウイルス研究
所の研究用サンプルが漏洩したため、大流行になったと世論に疑
われている。このため、武漢市に位置する中国科学院武漢国家生
物安全実験室(すなわち、武漢BSL−4実験室、略称「P4実
験室」)が社会から注目を浴びている。
 この実験室は北京当局の秘密生物兵器計画と関係しているとい
う。該当ウイルスはAIDSのたんぱく質成分が人工により挿入
されたことを、あるインドの科学者により発見された。この発見
により、武漢肺炎が生物兵器であることを証明できるかのように
思われたが、論文が発表して僅か数日間で撤回された。
                  https://bit.ly/2CSPfgx
─────────────────────────────
 この小説について、河添恵子氏は興味ある事実を指摘していま
す。1981年のこの本の初版での舞台設定は、「ソ連・ゴーリ
キー研究所」だったのですが、1996年の改定版から、「中国
・武漢研究所」に変わっていることです。当時こういうことをや
りそうな国は中国しかないと考えたので、そういう設定にしたと
考えられます。
 これは、小説ですが、新型コロナウイルスが人工ウイルスであ
り、それが中国のウイルス研究所から過失で漏洩したとして、そ
の後中国政府が情報を隠蔽し、それが原因で全世界に感染が拡大
したとなると、全世界から中国政府に対して、とんでもない額の
賠償を請求する動きが相次ぐと思われます。
 実際にそういう動きは、既に起きています。米マイアミのパー
マン法律グループは、3月13日、「中国と湖北省、武漢市及び
複数の中国政府機関が、新型コロナウイルス発生の初期段階の処
理を誤った」とし、人身傷害や不当な死亡、財産の損害、その他
の損害を受けた人々に、数10億ドルの損害賠償を支払うように
求める連邦集団訴訟を起こしています。
 今後こういう動きが世界的に波及する可能性があり、中国政府
は、その動きを潰すためのプロパガンダを早速始めています。ま
ず、国家衛生健康委員会ハイレベル専門家グループの鐘南山グル
ープ長は、2月27日に次のようにアナウンスしています。鍾南
山氏は中国の感染症の権威です。米国への責任転換工作です。
─────────────────────────────
 肺炎の感染が始まったのは中国だが、発生源は必ずしも中国と
 は限らない。            ──鐘南山グループ長
─────────────────────────────
 中国政府は、こういう発言をSNSで拡散するのです。そのと
き、中国では使用を禁止しているツイッターを使うのです。ター
ゲットは中国以外の国ですから、その方が多くの人が見ることに
なるからです。
 3月12日に、中国外務省の趙立堅報道官が次のツイートを配
信しています。このツイートは、米国政府、議会内で次々にシェ
アされ、大きな波紋が広がったのです。
─────────────────────────────
 このウイルスはアメリカ軍が武漢に持ち込んだものかもしれな
い。透明性を!アメリカはわれわれに説明する必要がある!
                     ──趙立堅報道官
─────────────────────────────
 趙立堅報道官は「戦狼報道官」という異名で知られます。その
名の由来は、中国の大ヒット映画「戦狼」です。中国軍特殊部隊
の精鋭隊員がアメリカ人たちと戦う内容で中国版ランボーともい
われています。趙報道官のツイッター上での愛国的でアメリカに
攻撃的な発言が「我が中国を侵害する者は必ず討伐する」という
映画のメッセージと重なって見えるらしいのです。
 それにしてもこの報道官、いかにも憎々しげに各国記者の受け
応えをするので有名です。あまりテレビでニュースなど見ない人
でも、この報道官の顔は見たことがあると思います。しかし、世
界はプロパガンダなどには、騙されることはありません。
         ──[『コロナ』後の世界の変貌/060]

≪画像および関連情報≫
 ●【緊急復刊!】中国・武漢から恐怖のウイルスが――
  ───────────────────────────
  「現在のコロナウイルスの発生を予言していた小説がある」
  と、しばらく前からネット上で話題になっていたのが本書。
  中国・武漢の研究所から殺人ウイルスが持ち出されるという
  衝撃的な内容で、それがアメリカのベストセラー作家、ディ
  ーン・クーンツの『闇の眼』だった。
   原著は1981年に刊行され、日本では‘90年に光文社
  文庫で刊行されたが、その際には、ウイルスはソ連からアメ
  リカに持ち出されたことになっていた。しかし‘96年に、
  著者自身が内容を改訂し、“中国・武漢から持ち出されたウ
  イルス”という設定に変更された。今回の復刊にあたっては
  その改訂された原書をもとに、翻訳を全面的に修正した。
  【あらすじ】
   ティナ・エヴァンズはラスベガスの舞台プロデューサー。
  一年前に、ボーイスカウトのバス旅行に参加した一人息子の
  ダニーを、雪のシエラ山中での事故で亡くしていた。その死
  をいまだに信じられずにいたティナだったが、大きなショー
  を手掛け、その開演がまもなくというときに、身辺で次々と
  不可解な出来事が起きる。子供部屋が荒らされ、そこにあっ
  た黒板に「シンデハイナイ」とのなぐり書きが。さらに、オ
  フィスでのコンピューターの画面には「ココカラダシテ」の
  文字が浮かび上がった。ダニーは、生きているのか?弁護士
  のエリオットに相談し、ダニーの墓を掘り起こそうとした矢
  先に、二人は何者かに襲われる。ラスベガスから、シエラ山
  中へ向かう二人の前に、恐るべき陰謀が待ちかまえていた。
                  https://bit.ly/34q0dVY
  ───────────────────────────

趙立堅報道官(中国).jpg
趙立堅報道官(中国)
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 『コロナ』後の世界の変貌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『ジョン万次郎東大三毒文一理三NHK【日本病】を仏法日本国憲法武士道で根治する』
https://ameblo.jp/hougaku-masahiko/entry-12620469879.html

豊岳正彦の無有万機公論「病院へ行けば病気にされて入院すればコロナ死亡者に算入される厚労省医療費毎年50兆円保険医療のカラクリ」コメント
http://hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-1f02ca.html#comment-118294311

「前原は維新に色目使い、玉木は分党? ヤツら良い仕事してるよ。 細野や長島見習ってるんだね」 既得権好きは二階に集まります
latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-850.html

名前:通りがけは東大奇形司法日本病を治し国を治す国手仏弟子医王医者でござる

タイトル:GHQ奇形司法内乱罪現行犯は全員自首しなさい。

本文:

阿修羅「河井克行・案里が初公判で無罪主張もこれから120人が証人出廷! 安倍事務所の買収関与を物語る決定的証言が飛び出す可能性(リテラ)」に投稿しました。
www.asyura2.com/20/senkyo275/msg/324.html#c26


26. 豊岳正彦[-5055] lkyKeJCzlUY 2020年8月26日 17:33:49

贈収賄は贈賄と収賄の両者が等しく刑事責任を負う。

共謀共同正犯だよ。

選挙で当選するために地方議員に違法な現金を配ったのは刑法上贈収賄罪に相当するので、

刑法をつかさどる検察が捜査して収賄側が全員不起訴になったらば刑事犯罪がなかったということを表すのであって、

贈賄側も当然刑法に従って不起訴でなければならないね。

最高法規憲法に従う責務を負う特別司法公務員検察には、

贈収賄の共謀共同正犯の容疑者を収賄側を犯罪事実なしの不起訴としたのであれば、

贈賄側のみを同じ罪で起訴することは決してできない。


よって今回の河合議員夫妻の贈賄=政治資金規正法違反での検察起訴は、

憲法35条なんびとも法律によらなければ刑罰をくわえられない。

によって厳重に禁じられた刑訴法の起訴権限乱用汚職すなわち検察による冤罪に基づいた捏造起訴そのものであることが明白となる。

よって、共同正犯の一方に過ぎない河合夫妻のみを起訴したことがそのまま、

検察自体が憲法下位の日本国刑法における汚職の罪「特別司法公務員職権乱用罪」の重大刑事犯罪現行犯である動かぬ証拠となる。

検察は憲法15条公務員であるから、

公務員の汚職は最高法規第99条で条規された「日本国憲法を擁護し遵守せねばならない」神聖な責務を犯した刑事犯罪者に相当し、

この場合検察官が全員日本国憲法に違反する日本国刑法極刑「内乱罪」の現行犯人となる。

情状酌量は自分の罪を認めて自首した場合以外は認められない。

内乱罪の量刑は刑法の極刑だから無期懲役以上死刑までである。

情状酌量がなければ全員に極刑刑罰が科されるよ。

憲法に違反して河合夫妻のみを起訴した検察官は直ちに全員自首しなさい。

自首自白のみが情状酌量を受けられ極刑の執行猶予を受けられる唯一の道である。

これが立憲法治主義を世界に対して表明した国民主権日本国憲法日本国である。
Posted by 豊岳正彦 at 2020年08月26日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

RDF Site Summary