2019年08月15日

●「大統領と米議会は一枚岩ではない」(EJ第5068号)

 ドナルド・トランプ──いうまでもなく、現職の米国の大統領
です。この大統領は、これまでの米国大統領よりも、どういう人
物であるかについて、イメージが掴み易いと思います。なぜかと
いうと、この大統領はツイッターを駆使するからです。ツイート
を発信することは、彼にとって記者会見の代りであり、世界中の
人々が毎日彼のメッセージを聞いていることになります。
 ところで、トランプ大統領は支離滅裂なことをする大統領とい
うイメージがありますが、最近の彼に対するイメージは変化して
きているのです。「支離滅裂のようでいて、意外によく計算して
手を打っており、なかなか的確である」という評価です。なかな
かやるじゃないか、というわけです。
 それは、トランプ大統領がやることと、米国議会がやることを
一緒にして、トランプ大統領の采配と見ていることの錯覚です。
米議会は、この特異な大統領を逆に利用して、今までやろうとし
てもできなかったことをやろうとしているのです。その例を昨年
12月1日の米中首脳会談に見ることができます。これについて
考えてみることにします。
 米中貿易戦争でトランプ政権は、2018年7月に第1弾の関
税を引き上げ、8月に第2弾、9月に第3弾と矢継ぎ早の攻撃を
しています。もちろん、中国も報復関税で応酬しましたが、相対
的に経済が疲弊したのは中国の方です。ここまでは、トランプ大
統領の采配で攻めています。とくに、第3弾の追加関税をあえて
10%にとどめ、会談の結果次第では25%に上げることを宣告
しています。いかにもトランプ大統領らしいディールです。彼は
第4弾においても同じ手法を使っています。これは、トランプ大
統領の判断で行っていると考えられます。
 そして、ブエノスアイレスでの12月1日の米中首脳会談にお
いて、習近平主席は、今後は米国製品や農産品などを、さらに一
層購入することを約束して、いわば刑の執行を3月1日まで猶予
してもらったのです。米中会談のこの結果を見て、世界では、米
中の激突は土壇場で一応回避されたとして、好感ムードが漂った
のです。しかし、今にして考えると、これは春節(2月5日/中
国人の最も大切な祝日)などを睨んだ中国の、時間稼ぎでしかな
かったと思われます。中国は最初から米国には譲る気はなかった
といえます。ところが、中国が何よりも衝撃を受けたのは、この
米中首脳会談が終了すると同時に流れた次のニュースです。
─────────────────────────────
  12月1日、ファーウェイ創業者の娘でもある孟晩舟副会
  長は、米国の要請に基づき、カナダ西部ヴァンクーヴァー
  の空港で逮捕。          ──BBCニュース
─────────────────────────────
 多くの人は、このとき、トランプ大統領は、なかなかやるじゃ
ないかと考えたと思います。私もそうです。しかし、実は、トラ
ンプ大統領はこの逮捕劇を知らなかったのです。これは、ボルト
ン安保担当大統領補佐官らが仕組んだことであったからです。こ
れについて、中国に詳しい近藤大介氏は、最近刊書において、そ
のことを次のように明かしています。
─────────────────────────────
 一方、トランプ大統領のほうも、あろうことか、米中首脳会談
が終わるまで、この逮捕劇を知らされていなかった。中国との首
脳会談に影響を与えたり、逮捕予定を変更させられることを恐れ
たジョン・ボルトン大統領安保担当補佐官が、故意に報告を怠っ
ていたのだ。この事実は、後にボルトン補佐官自身が、米メディ
アの取材で漏らしたが、図らずもファーウェイ問題に関して、ホ
ワイトハウスが一枚岩でないことを露呈させたのだった。
                      ──近藤大介著
      『ファーウェイと米中5G戦争』/講談社+α新書
─────────────────────────────
 このように、われわれは、米国のやることをトランプ大統領に
重ね合わせて見ていますが、とくに中国問題に関しては、トラン
プ大統領、ホワイトハウス、米議会は一枚岩ではないようです。
しかし、こと中国制裁に関しては、トランプ大統領よりも、米議
会─上院も下院も─の方が厳しく、大統領の対応が甘いという批
判さえあります。
 逮捕前後のことについて、近藤大介氏の本をベースにご紹介す
ると、ファーウェイの任正非CEOは、世界の指導者たちが、G
20でブエノスアイレスを訪れる2018年11月下旬が、5G
ビジネスの決戦の場になると判断し、ファーウェイ最高幹部をブ
エノスアイレスに結集させ、米国をのぞく各国の首脳たちに5G
システムの売り込みを行わせたのです。そのなかには、もちろん
孟晩舟副会長もいたのです。
 2018年11月下旬、孟晩舟副会長はアルゼンチンへ出張の
途中、APECが行われていたパプアニューギニアに立ち寄って
います。同国の5G整備が、ファーウェイを中心とする中国に決
まったからです。そして、アルゼンチンのブエノスアイレス入り
しているのです。
 12月1日昼のランチミーティングで、G20サミットは終了
しましたが、孟晩舟副会長は、この日の明け方、ブエノスアイレ
スのエセイサ空港を出発して、バンクーバーに向ったのです。約
18時間のフライトで、バンクーバー空港に夕刻に到着していま
す。ちょうど、ブエノスアイレスでの米中首脳会談終了後の晩餐
会が終了した直後のことです。
 孟副会長は、バンクーバーにも自宅をもっていますが、この日
は、バンクーバーでトランジットして、香港経由で、ファーウェ
イの本社のある中国の深せんに戻る予定だったのです。
 しかし、バンクーバー空港に降りたったところで、空港警察に
取り囲まれ、別室に押し込まれて、約3時間の訊問が行われた後
逮捕されています。逮捕容疑は、米国の対イラン経済制裁に違反
した詐欺罪ということになっています。
              ──[中国経済の真実/067]

≪画像および関連情報≫
 ●ファーウェイ副会長の逮捕とアメリカと中国の対立
  ───────────────────────────
   今回のテーマは、今激しくなっている米中IT戦争の行方
  についてです。実際に、アメリカと中国の対立が激化してお
  り、決着点が見えない状況になりつつあります。
   12月上旬に開催したG20首脳会議で、米中首脳会談が
  行われました。この会談で中国は輸入拡大に取り組むとの発
  表をし、当面は米中の対立が回避されるとの見通しが出てき
  ました。
   これに対応しトランプ政権も、中国製品への追加関税の適
  用を延期し、9協議を行うと発表しました。この期間にアメ
  リカが求める知的財産権の保護や中国の推し進める国家プロ
  ジェクト「中国製造2025」の断念などが発表されると、
  米中IT戦争は回避されるなどと報道されています。
   しかし、このような比較的に楽観的な状況の中で、中国の
  企業ファーウェイ創業者の娘でもある孟晩舟副会長がアメリ
  カの要請を受けたカナダ当局によって逮捕されました。容疑
  は「アメリカの対イラン制裁違反の疑い」です。
   ファーウェイは、中国のIT技術のけん引する中心的な企
  業であり、中国政府が推進する中国製造2025を担う中核
  企業でもあります。米中首脳会談と同じタイミングでファー
  ウェイがアメリカの捜査の対象になったことは、中国に最大
  限の妥協を迫るトランプ政権の脅しの可能性があります。
                  https://bit.ly/33wqAH9
  ───────────────────────────

孟晩舟ファーウェイ副会長.jpg
孟晩舟ファーウェイ副会長
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 中国経済の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

RDF Site Summary