2019年05月29日

●「ファーウェイがスパイである証拠」(EJ第5014号)

 昨日のEJの「画像および関連情報」でもお知らせしています
が、4月23日に開催された英国の国家安全保障会議において、
米国とともにファイブアイズの中心国、英国のメイ首相は、英国
としては、ファーウェイの製品を5Gの中核部分からは外すもの
の、他の部分では残すことを宣言しています。
 メイ首相の発表の約1ヶ月前に、英国の監督機関がファーウェ
イのセキュリティを精査して、厳しい内容の報告書を提出したに
もかかわらずです。この報告書では、ファーウェイについて次の
ように論評しています。
─────────────────────────────
 ファーウェイ社のソフトウェアエンジニアリングとサイバーセ
キュリティの能力には、深刻かつ意図的な欠陥がある。しかし、
英国の重要なネットワークへのファーウェイの関与が国のセキュ
リティにもたらす、すべてのリスクは、長期的には十分に軽減で
きる、という限定的な確証しか提供できない。
        報告書(英文) → https://tcrn.ch/2YuHIdA ─────────────────────────────
 英国の監督機関は、一方で「深刻かつ意図的な欠陥がある」と
いいながらも、他方「それがもたらすリスクは長期的には十分軽
減できる」という曖昧な表現にとどめています。ここにメイ政権
の中国への配慮が感じられるのです。
 しかし、このメイ首相の決定には、英国の内務大臣と外務大臣
防衛大臣、通商大臣、国際開発大臣らが懸念を示したことが伝え
られています。メイ首相としては、EU離脱となると、中国は重
要な貿易相手国になるので、そういう観点から、サイバーセキュ
リティの面で甘さが出てしまったのではないかと考えられます。
もともと英国は、米国が「ファーウェイのここが問題である」と
いう証拠を示さないことに不満を持っていたといわれます。
 この「なぜファーウェイは問題があるのか」について、米国が
きちんとした証拠を示していないことをEU各国が不安を持って
いることは確かです。これについて、遠藤誉氏は、5月23日の
米CNBCのテレビ記者、アンドリュー・ロス・ソーキン氏によ
るポンペオ国務長官へのインタビューを取り上げ、分析している
ので、以下にご紹介します。
─────────────────────────────
ソーキン:国務長官、教えていただきたいのですが、ハーウェイ
 がハードウェアを利用して、スパイソフトや何かスパイ行為を
 行うことを明確に示唆する証拠を今日は提供できますか。
ポンペオ:うーん、そうだね。それは間違った質問だよ、アンド
 リュー。もしあなたが自分の情報を、つまり、自分の情報をだ
 ね。中国共産党に渡すのは、あなたにとって実際上、凄まじい
 リスクを伴う行為になるわけだよ。中国共産党は、今日は利用
 しないかもしれない。明日も利用しないかもしれない。
ソーキン:私はリスクを減らすことに興味はありません。私が質
 問しているのは、ファーウェイのCEOが「ほら、私たちは他
 者と情報を共有していません。私たちは中国政府と協力してい
 ないのです」と主張しているからです。だから、何か明確な証
 拠を示してください。
ポンペオ:それはまさに嘘だよ。それはまさに嘘だ。中国政府と
 協力していないというのは、嘘の声明だ。
                  https://bit.ly/2K90XVp ─────────────────────────────
 ここに示した日本語訳は遠藤誉氏による翻訳です。遠藤氏は、
ポンペオ国務長官の受け応えは明らかにシドロモドロである──
そういうのです。それは英語の原文で読むと、一層明らかである
といっています。
 以下の英文は、アンドリュー記者に対するポンペオ国務長官の
返事ですが、明らかに間違っているところがあります。遠藤氏は
それを根拠にシドロモドロといっているのです。
─────────────────────────────
  That's the wrong question, Andrew. If you put your
  information, your information, in the hands of the
  Chinese Communist Party, it's de facto a real risk
  to you.They may not use it today. They may not use
  it tomorrow.
─────────────────────────────
 それは最後の部分「They may not use it tomorrow」です。こ
れは「今日」と「明日」が関連を持っています。「(情報を入手
しても)今日は使わないかもしれないが、明日は使うかもしれな
い」という意味の「They may use it tomorrow」ならわかります
が、ポンペオ国務長官は、「They may not use it tomorrow」と
いっています。これだと意味がわからなくなります。「not」 は
不要なのです。米国人、しかも国務長官ともあろう人が、母国語
で、こんな間違えをするはずがないので、遠藤氏はシドロモドロ
になっていたんじゃないかといっているのです。
 しかし、仮にファーウェイがスパイをしているという確たる証
拠があったとして、それを国務長官という地位にある人がメディ
アに話せるでしょうか。そんなことはできるはずはないのです。
ポンペオ国務長官は、そういう質問をはぐらかす会話の技術が上
手でないだけだと思います。
 しかし、遠藤誉氏は、これほどまでして、なぜ、ファーウェイ
をかばうような発言をするのでしょうか。ファーウェイをあまり
追いつめるとロクなことにならないとまで発言しています。遠藤
氏の本を読むと、ファーウェイの創業者である任正非氏は確かに
人民解放軍に在籍していたものの、それは「軍民転換」といって
そういう人はたくさんおり、だからといって、軍のために何かを
することはないし、ましてスパイなどではないといいます。
 しかし、自由主義陣営は、「ファーウェイ排除」でまとまりそ
うな情勢です。とくにグーグルのソフトウェア制限は、ファーウ
ェイにとって深刻です。   ──[中国経済の真実/013]

≪画像および関連情報≫
 ●ファーウェイ排除の内幕、激化する米中5G戦争
  ───────────────────────────
   [キャンベラ/21日/ロイター]2018年初頭、オー
  ストラリア首都キャンベラにある低層ビル群の内部では、政
  府のハッカーたちが、破壊的なデジタル戦争ゲームを遂行し
  ていた。
   オーストラリア通信電子局(ASD)のエージェントであ
  る彼らに与えられた課題は、あらゆる種類のサイバー攻撃ツ
  ールを使って、対象国の次世代通信規格「5G」通信網の内
  部機器にアクセスできた場合、どのような損害を与えること
  ができるか、というものだ。
   このチームが発見した事実は、豪州の安全保障当局者や政
  治指導者を青ざめさせた、と現旧政府当局者は明かす。5G
  の攻撃ポテンシャルはあまりにも大きく、オーストラリアが
  攻撃対象となった場合、非常に無防備な状態になる。5Gが
  スパイ行為や重要インフラに対する妨害工作に悪用されるリ
  スクについて理解されたことが、豪州にとってすべてを一変
  させた、と関係者は話す。
  電力から水の供給、下水に至るすべての必須インフラの中枢
  にある情報通信にとって5Gは必要不可欠な要素になる──
  マイク・バージェスASD長官は3月、5G技術の安全性が
  いかに重要かについて、シドニーの研究機関で行ったスピー
  チでこのように説明した。「世界的な影響力拡大を目指す中
  国政府の支柱の1つとなった創立30年の通信機器大手、華
  為技術(ファーウェイ)に対する世界的な締め付けを主導し
  たのは、米政府だと広く考えられている。
                  https://bit.ly/2YSDhIT
  ───────────────────────────

誤魔化し方が上手ではないポンペオ国務長官.jpg
誤魔化し方が上手ではないポンペオ国務長官

誤魔化し方が上手ではないポンペオ国務長官.jpg 昨日のEJの「画像および関連情報」でもお知らせしています
が、4月23日に開催された英国の国家安全保障会議において、
米国とともにファイブアイズの中心国、英国のメイ首相は、英国
としては、ファーウェイの製品を5Gの中核部分からは外すもの
の、他の部分では残すことを宣言しています。
 メイ首相の発表の約1ヶ月前に、英国の監督機関がファーウェ
イのセキュリティを精査して、厳しい内容の報告書を提出したに
もかかわらずです。この報告書では、ファーウェイについて次の
ように論評しています。
─────────────────────────────
 ファーウェイ社のソフトウェアエンジニアリングとサイバーセ
キュリティの能力には、深刻かつ意図的な欠陥がある。しかし、
英国の重要なネットワークへのファーウェイの関与が国のセキュ
リティにもたらす、すべてのリスクは、長期的には十分に軽減で
きる、という限定的な確証しか提供できない。
        報告書(英文) → https://tcrn.ch/2YuHIdA ─────────────────────────────
 英国の監督機関は、一方で「深刻かつ意図的な欠陥がある」と
いいながらも、他方「それがもたらすリスクは長期的には十分軽
減できる」という曖昧な表現にとどめています。ここにメイ政権
の中国への配慮が感じられるのです。
 しかし、このメイ首相の決定には、英国の内務大臣と外務大臣
防衛大臣、通商大臣、国際開発大臣らが懸念を示したことが伝え
られています。メイ首相としては、EU離脱となると、中国は重
要な貿易相手国になるので、そういう観点から、サイバーセキュ
リティの面で甘さが出てしまったのではないかと考えられます。
もともと英国は、米国が「ファーウェイのここが問題である」と
いう証拠を示さないことに不満を持っていたといわれます。
 この「なぜファーウェイは問題があるのか」について、米国が
きちんとした証拠を示していないことをEU各国が不安を持って
いることは確かです。これについて、遠藤誉氏は、5月23日の
米CNBCのテレビ記者、アンドリュー・ロス・ソーキン氏によ
るポンペオ国務長官へのインタビューを取り上げ、分析している
ので、以下にご紹介します。
─────────────────────────────
ソーキン:国務長官、教えていただきたいのですが、ハーウェイ
 がハードウェアを利用して、スパイソフトや何かスパイ行為を
 行うことを明確に示唆する証拠を今日は提供できますか。
ポンペオ:うーん、そうだね。それは間違った質問だよ、アンド
 リュー。もしあなたが自分の情報を、つまり、自分の情報をだ
 ね。中国共産党に渡すのは、あなたにとって実際上、凄まじい
 リスクを伴う行為になるわけだよ。中国共産党は、今日は利用
 しないかもしれない。明日も利用しないかもしれない。
ソーキン:私はリスクを減らすことに興味はありません。私が質
 問しているのは、ファーウェイのCEOが「ほら、私たちは他
 者と情報を共有していません。私たちは中国政府と協力してい
 ないのです」と主張しているからです。だから、何か明確な証
 拠を示してください。
ポンペオ:それはまさに嘘だよ。それはまさに嘘だ。中国政府と
 協力していないというのは、嘘の声明だ。
                  https://bit.ly/2K90XVp ─────────────────────────────
 ここに示した日本語訳は遠藤誉氏による翻訳です。遠藤氏は、
ポンペオ国務長官の受け応えは明らかにシドロモドロである──
そういうのです。それは英語の原文で読むと、一層明らかである
といっています。
 以下の英文は、アンドリュー記者に対するポンペオ国務長官の
返事ですが、明らかに間違っているところがあります。遠藤氏は
それを根拠にシドロモドロといっているのです。
─────────────────────────────
  That's the wrong question, Andrew. If you put your
  information, your information, in the hands of the
  Chinese Communist Party, it's de facto a real risk
  to you.They may not use it today. They may not use
  it tomorrow.
─────────────────────────────
 それは最後の部分「They may not use it tomorrow」です。こ
れは「今日」と「明日」が関連を持っています。「(情報を入手
しても)今日は使わないかもしれないが、明日は使うかもしれな
い」という意味の「They may use it tomorrow」ならわかります
が、ポンペオ国務長官は、「They may not use it tomorrow」と
いっています。これだと意味がわからなくなります。「not」 は
不要なのです。米国人、しかも国務長官ともあろう人が、母国語
で、こんな間違えをするはずがないので、遠藤氏はシドロモドロ
になっていたんじゃないかといっているのです。
 しかし、仮にファーウェイがスパイをしているという確たる証
拠があったとして、それを国務長官という地位にある人がメディ
アに話せるでしょうか。そんなことはできるはずはないのです。
ポンペオ国務長官は、そういう質問をはぐらかす会話の技術が上
手でないだけだと思います。
 しかし、遠藤誉氏は、これほどまでして、なぜ、ファーウェイ
をかばうような発言をするのでしょうか。ファーウェイをあまり
追いつめるとロクなことにならないとまで発言しています。遠藤
氏の本を読むと、ファーウェイの創業者である任正非氏は確かに
人民解放軍に在籍していたものの、それは「軍民転換」といって
そういう人はたくさんおり、だからといって、軍のために何かを
することはないし、ましてスパイなどではないといいます。
 しかし、自由主義陣営は、「ファーウェイ排除」でまとまりそ
うな情勢です。とくにグーグルのソフトウェア制限は、ファーウ
ェイにとって深刻です。   ──[中国経済の真実/013]

≪画像および関連情報≫
 ●ファーウェイ排除の内幕、激化する米中5G戦争
  ───────────────────────────
   [キャンベラ/21日/ロイター]2018年初頭、オー
  ストラリア首都キャンベラにある低層ビル群の内部では、政
  府のハッカーたちが、破壊的なデジタル戦争ゲームを遂行し
  ていた。
   オーストラリア通信電子局(ASD)のエージェントであ
  る彼らに与えられた課題は、あらゆる種類のサイバー攻撃ツ
  ールを使って、対象国の次世代通信規格「5G」通信網の内
  部機器にアクセスできた場合、どのような損害を与えること
  ができるか、というものだ。
   このチームが発見した事実は、豪州の安全保障当局者や政
  治指導者を青ざめさせた、と現旧政府当局者は明かす。5G
  の攻撃ポテンシャルはあまりにも大きく、オーストラリアが
  攻撃対象となった場合、非常に無防備な状態になる。5Gが
  スパイ行為や重要インフラに対する妨害工作に悪用されるリ
  スクについて理解されたことが、豪州にとってすべてを一変
  させた、と関係者は話す。
  電力から水の供給、下水に至るすべての必須インフラの中枢
  にある情報通信にとって5Gは必要不可欠な要素になる──
  マイク・バージェスASD長官は3月、5G技術の安全性が
  いかに重要かについて、シドニーの研究機関で行ったスピー
  チでこのように説明した。「世界的な影響力拡大を目指す中
  国政府の支柱の1つとなった創立30年の通信機器大手、華
  為技術(ファーウェイ)に対する世界的な締め付けを主導し
  たのは、米政府だと広く考えられている。
                  https://bit.ly/2YSDhIT
  ───────────────────────────



posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 中国経済の真実 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
急いでお知らせです(笑い)

総理官邸、Whitehouse、e-GOV、国会官公庁、新聞メディアおよびM3・阿修羅・ラターシュに魅せられて・その他ブログ多数に送信全世界公開しました。

【現代西洋医学癌治療の嘘を曝く】


志田清之極真館六本木道場師範緊急メールを転送します。


私は動画をダウンロードして保存しました。

志田清之 <karateman6439@yahoo.co.jp>から豊岳正彦<masa-ho@sky.icn-tv.ne.jp>へ2019年5月29日 8:44送信
件名「さらにHさんのガンが90%完治したと!」


たった3週間で
ガンが肉体的に90%!精神的に100%
脅威の回復ぶりから担当医師から質問攻めに
==================================
◎Hさんガン完治ドキュメントインタビュー
https://youtu.be/DIf74F6Dras
==================================



こんにちは志田です。


この事実を

今すぐ!

確認ください!




たった3週間で
ガンが肉体的に90%!精神的に100%
脅威の回復ぶりから担当医師から質問攻めに
==================================
◎Hさんガン完治ドキュメントインタビュー
https://youtu.be/DIf74F6Dras
==================================





医大の教科書では

ガンは治らない


1度できたガン細胞は

無限増殖して患者を死に至らしめる

と教科書で常識をインプットされます


そして


ガンに対する医療理論は

三大療法のみ教育されます。

だから優秀なお医者様らに

批判しては気の毒です。


しかし

しかし


西洋医学の仕組みを造った

アメリカでは、1991年以降

ガン死亡者は減少を続けています。



ガンを治す奥義は

アメリカ議会で発表された

「チャイナスタディ」にも書かれた

江戸時代の「玄米菜食」メニューが

もっとも優れていると結論付け

られているのです。

※注意事項
昭和54年と比較した場合、
現代の農産物の栄養価は10分の1以下であるので
そのまま踏襲しても効果は得られない(スーパー、一般調達した場合)




この動画を削除します(ガン患者さんへの配慮から)
=============================
◎たった2週間でガンが80%治りました
https://vimeo.com/336893330/58417e1d32
=============================




ここまで解説しても

マスメディアに刷り込まれた

常識が邪魔して

うさん臭く感じるのは

しかたがありません…。



だからこそ!

Hさん、

ガン完治ドキュメントインタビューを

確認いただき事実を体で体感してください!


しかし


ガン患者さんへの配慮として

明日21時に

配信中の動画を削除します。


今すぐ

驚愕の事実を確認ください!



=============================
◎たった2週間でガンが80%治りました
https://vimeo.com/336893330/58417e1d32
=============================




真実を知らなければ

日本人の2人に1人は

残念ながら

人生のゴールが決まっています…。




日本人の2人に1人がガンを発症

3人に1人が苦しみながら…


ガン予備軍である

糖尿病患者は予備軍を含め

2000万人


突然死リスクである

高血圧該当者は

国民の3人に1人


つまり

真実を知り自己防衛しなければ

2人に1人がガンに苦しみ死ぬか

急性疾患(脳梗塞・心筋梗塞)で

突然死するのです。


つまり

頑張った人生のゴールが

病気に苦しみであり

医療費に財産が奪われるのです…


こんなバカなことって

ないじゃないですか…。


でも真実を知らなければ

日本人の2人に1人が

必ず同じ末路になることが

厚労省のデーターからも

明らかになっているのです。


だから知ってほしいし

自己防衛する極意を

手に入れてほしい


そして

たった2週間で

ガンが80%治った(本人証言)

Hさんインタビュー動画を確認して。

真実を体で知ってほしいのです!



今すぐ

驚愕の事実を確認する!




この動画を削除します(ガン患者さんへの配慮から)
=============================
◎たった2週間でガンが80%治りました
https://vimeo.com/336893330/58417e1d32
=============================




実は、

ガンを含む成人病に侵された体は

日本人が日本人に戻るだけで

簡単に元の元気なころに

戻ることが出来るのです。


この真実を

Hさんインタビューを確認いただき

知ってください。




=============================
◎たった2週間でガンが80%治りました
https://vimeo.com/336893330/58417e1d32
=============================




===============
三条の里(新潟県)より
1こま
===============

先日、早朝5時半から両親より
「ぬか漬け」の極意を伝授されました。

近年、若年性ガン(40〜50代)が

着実に増えています。


しかし農家の70〜80代の後期高齢者らは、

ガンの心配など全くなく

充実した人生を謳歌しています。


睡眠時間4〜5時間ほど。

毎朝スパッと起きて、
早朝から12時間以上も農作業をバリバリこなす。


じゃあ食べている食事は
特別なのか?


といえば栄養士(西洋医学)が

栄養失調になると反対するような

質素な食事。

なのに疲れ知らずの体なんですね。


滋養強壮剤やサプリメントなんか
全く必要が無く365日エネルギッシュなんです。



我々の常識(健康番組)の常識の

逆をいっているのに

なぜなのか…?


この真実を確認ください。




=============================
◎たった2週間でガンが80%治りました
https://vimeo.com/336893330/58417e1d32
=============================




===================
実は、
アメリカは1991年から
ガン死亡率は右肩上がりなのです
===================

1983年にチャイナリポートが

アメリカ議会で発表されました。

その内容は現代医学を完全否定する

内容だったのです。



その驚愕の内容とは

ガン抑制・完治させるには

江戸時代(元禄時代以前)の

日本食が最も優れていると

発表され世界が震撼しました。



超富裕層のマドンナやトムクルーズらは

日本古来の日本食を踏襲した

菜食主義を実践しているのには

科学的な根拠からなのです。


しかし


日本の医療業界やマスコミは

40年間も必死に隠し通しているんです。


あなたが必死に

仕事を頑張って頑張って辿り着く先が

病院のベットだったら…


絶望しながら

ガン患者として全てを治療費として

奪われないために真実を知ってください!




=============================
◎たった2週間でガンが80%治りました
https://vimeo.com/336893330/58417e1d32
=============================




失礼します。






■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
発行者:志田清之

Posted by 豊岳正彦 at 2019年05月29日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

RDF Site Summary