2018年12月04日

●「8ミリフィルムについての全経緯」(EJ第4903号)

 全日空は、58便の乗客の一人が撮影した8ミリフィルムを事
故当時から10年以上隠していたのです。佐藤守氏の本に8ミリ
フィルムについての経過が出ていますので、見やすいように若干
の整理をして次に示します。ざっと目を通してください。
─────────────────────────────
◎1971(昭和46年)・07・30
 事故発生
◎1974(昭和49年)・01・10
 国際航業者が解析結果を全日空に提出
◎1981(昭和56年)・10・20
 全日空側が、民事訴訟に8ミリフィルムを提出し、その解析結
 果「58便の飛行経路は政府事故調査報告書どおり、J11L
 沿いである」(むしろ東側である)と主張
◎1982(昭和57年)・03・10
 防衛庁、8ミリフィルムを全日空社から借用して複製
◎1982(昭和57年)・03・16
 陸上自衛隊第101測量大隊(地図作成専門部隊)に対して、
 解析を依頼
◎1982(昭和57年)・07・28
 101測量大隊の中間解析結果、飛行経路は函館→仙台VOR
 の線に沿う可能性が強まり、アジア航測社に対し、本格的な解
 析を依頼
◎1982(昭和57年)・08・02
 刑事訴訟において刑事弁護人も8ミリフィルムに関する上申書
 を提出
◎1982(昭和57年)・08・24
 101測量大隊の解析完了
◎1982(昭和57年)・11・30
 アジア航測社の解析、十和田湖上空まで完了
◎1983(昭和58年)・02・22
 防衛庁側、8ミリフィルムの解析結果、全日空機は函館→青森
 →十和田湖上の仙台VOR向けの線上を飛行。FDRとの関係
 から接触地点は訓練空域内とする、全日空機の飛行経路及び接
 触地点に関する準備書面を提出
◎1983(昭和58年)・03・22
 同上陳述
◎1983(昭和58年)・05・19
 刑事訴訟において弁護人が8ミリフィルムの上告趣意の補充書
 を提出
◎1983(昭和58年)・06・14
 民事訴訟において、8ミリフィルムのコピーを証拠として提出
◎1983(昭和58年)・09・22
 刑事裁判で最高裁が自判(隈教官に有罪判決)
◎1985(昭和60年)・01・10
 民事訴訟において、十和田湖以南、田沢湖分について、解析結
 果を準備書面で提出
◎1985(昭和60年)・02・18
 朝日新聞が「深層・真相」欄でこの論争を報じる。
                  ──佐藤守著/青林堂刊
          『自衛隊の「犯罪」/雫石事件の真相!』
─────────────────────────────
 1985年2月18日に朝日新聞は、「深層・真相」欄で8ミ
リフィルム問題を詳しく取り上げたのですが、その結論的部分が
次のように書かれています。
─────────────────────────────
 コース取りがどうであれ、防衛庁側の過失責任は免れない。最
高裁は一昨年9月、事故原因に関して、教官らの個人責任だけを
問うのではなく、事故当日に問題の訓練空域を臨時に設定した松
島派遣隊幹部のずさんさも強く指摘し、民事訴訟での防衛庁側の
立場は厳しくなったとみられている。
 このフイルムがそれをどこまでばん回する材料となりうるか。
一本の8ミリフイルムが巻き起こした「コース論争」は、防衛庁
側、全日空側のメンツの問題もからんで、まだまだ熱く続きそう
だ。  ──昭和60年2月18日付、朝日新聞「深層・真相」
─────────────────────────────
 これは、きわめて不可解です。どうして結論が、こうなるので
しょうか。8ミリフィルムに田沢湖が写っているのであれば、全
日空機がジェットコースJ11Lを西に外れ、自衛隊の訓練空域
に侵入してきていることを示しています。それを「コース取りが
どうであれ、防衛庁側の過失責任は免れない」と書いているので
す。それなら、この記事を書いた意義がなくなるではありません
か。論理が完全に矛盾しています。おそらくこの結論が書かれた
のは、上層部の指示によってそうなったものと思われます。
 そもそもこの雫石空中衝突事故は、刑事と民事を合わせると、
多くの裁判が行われていますが、その判決は相互に矛盾をきたし
ており、整合性がとれないのです。ただ、「自衛隊側が悪い」と
言うことで一貫しているのです。
 とにかく、何が何でも、どんなに矛盾をきたそうとも、ここは
自衛隊、要するに「国が悪い」ということにしないと、全日空自
体がもたないし、十分な賠償金も払えない。それは、結果として
遺族のためにもなることである──そういう論理で、一貫してい
るのです。不謹慎なことではありますが、ある記者は次のような
ことをいっています。
─────────────────────────────
 どうせ賠償金を支出するのは国民の税金だからさ。これで全て
ハッピー、防衛庁はじめ、国側で腹を痛める者は、誰もいないか
らさ。                 ──ある記者の意見
            ──佐藤守著/青林堂刊の前掲書より
─────────────────────────────
         ──[日航機123便墜落の真相/073]

≪画像および関連情報≫
 ●雫石事故機の破片保存 全日空
  ───────────────────────────
   全日空の山元峯生社長は30日、雫石町上空で全日空機と
  自衛隊機が衝突し、全日空機の乗客乗員162人が死亡した
  1971年7月の「雫石事故」の残存機体について、今後破
  棄せずに展示施設を造って、保存していく方針を明らかにし
  た。日航ジャンボ機墜落事故の残存機体は日航が保管してい
  るが、同社は事故原因とされた後部圧力隔壁以外は将来的に
  破棄する方針を固めており、日航と全日空で対応の違いが明
  確になった。
   日航機事故の遺族には保存を望む声も根強く、8月12日
  で事故から20年となるのを前に論議を呼びそうだ。雫石事
  故で回収された機体の破片や部品は現在、全日空内の倉庫に
  保管されているほか、機長の肩章や救命胴衣などが雫石町の
  「慰霊の森」にある施設に展示されている。全日空は、こう
  したものや、当時の新聞記事などを展示する施設を来年3月
  までに造り、主に社員の研修用として公開する。社員から提
  案があったという。遺族や一般への公開は今後検討する。施
  設の場所は、東京都大田区の研修センター内や、港区の本社
  内が候補として挙がっている。山元社長は「事故を風化させ
  ず、社員全体で安全に対して取り組むための展示品と考え、
  実現させたい」と話している。  https://bit.ly/2E0z1QL
  ───────────────────────────

朝日新聞「深層・真相」記事.jpg
朝日新聞「深層・真相」記事
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

RDF Site Summary