2018年09月14日

●「ある女性の2つの情報の重要証言」(EJ第4850号)

 青山透子氏の本に、小林美保子さんという女性による2つの目
撃情報の証言です。小林さんは現在東京で福祉関係の仕事をして
いますが、1985年当時は、実家から静岡県藤枝市にある運輸
関係の会社に勤めており、車で通勤していたのです。事故当日の
8月12日、18時30分頃仕事が終わって会社を出たとたん、
「キャーン、キャーン」と2回にわたり、女性の金切声のような
音を聞き、空を見上げると、目の前を低く右斜めに傾きながら、
巨大なジャンボジェットが低空で飛んでいたといいます。窓が、
はっきり見えるほどの低空でしたが、飛行そのものは、安定して
いるように見えたとしています。
 このジャンボジェットは、時間と場所からみて、JAL123
便であることは間違いないと思われます。その飛行機を見た小林
さんは、飛行機の胴体にあるものを見たのです。それが一つ目の
目撃情報です。小林さんは、次のように述べています。
─────────────────────────────
 「それはですね。機体の左下のお腹です。飛行機の後ろの少し
上がり気味の部分、おしりの手前くらいでしょうか。貨物室のド
アがあるような場所、そこが、真っ赤に抜けたように見えたんで
す。一瞬火事かなと思ったけど、煙が出ている様子もない。ちょ
うど垂直尾翼のあたりがグレー色でギザギザのしっぼみたいだっ
たので、それが煙に見えたけど・・・煙なら、たなびくけど、そ
れは動かなかった。今思うと、千切れたしっぼのギザギザが煙の
ように見えたんですね」。
 真っ赤というと火事かと思いきや、そうではないという。「そ
のお腹の部分、つまり飛行機の左側のお腹の部分、4〜5メート
ルくらいになるのかなあ。貨物室ドア2枚分ぐらいの長さでしょ
うか。円筒形で真っ赤。だ円っぼい形でした。濃いオレンジ、赤
という色です。夕日を浴びて赤い、という感じでもない。夕日は
機体の背を照らしていたので、逆にお腹はうす暗く見えました。
円筒形のべったりとした赤色がお腹に貼り付いているイメージ、
言葉で伝えるのは難しいけど。絵に描くとこんな感じかなあ」。
               ──青山透子著/河出書房新社
  『日航123便/撃墜の新事実/目撃証言から真相に迫る』
─────────────────────────────
 添付ファイルは、小林さんのイメージに基づいて作成した作図
であり、本物のJAL123便ではありません。問題は「垂直尾
翼のあたりがグレー色でギザギザのしっぼみたいだった」という
表現です。これは、破壊された垂直尾翼が、ギザギザのように見
えたものと思われます。
 しかし、事故調で発表された静岡県焼津付近の高度は、249
00フィート(7470メートル)となっており、この高度では
胴体の赤マークも尾翼のギザギサも地上からは、見えないはずで
す。そのため小林証言は、ウソということにされてしまいます。
 しかし、事故調発表のこの高度には疑問があるのです。小林さ
ん以外にも、小林さんの位置に近い東名高速道路や新幹線の駅で
も低空飛行するジャンボ機が目撃されているのです。したがって
小林さんの証言は正しいと判断されます。
 それでは、JAL123便の胴体の赤いものは、一体何なので
しょうか。
 これについては、池田昌昭氏の本に重要なヒントが載っていま
す。それは、標的機は吹流しのようなものをつけて飛んでいると
いう指摘です。その吹流しもオレンジ色なのです。
─────────────────────────────
 この標的機、1回1回撃ち落としていたのでは金がいくらあっ
ても足りない。ジェット戦闘機から機関砲射撃をしたり、ミサイ
ル発射をするときの標的なのである。では何が考えられるのか。
ちょうど鯉のぼりのような「吹き流し」をつけて標的機が飛び、
それを地上か海上か空中でリモコン操作をして、その後ろに引っ
張っている「吹き流し」に、機関砲やミサイルの発射と命中にい
たる訓練をする仕掛けではないのか。この「吹き流し」を引っ張
るワイヤーも一緒に垂直尾翼にぶつかり、絡み付いた可能性があ
る。(一部略)
 さらにこの「吹き流し」は少なくとも30メートル以上は、標
的機から離さないと機関砲の弾丸があたってしまう。従って30
メートル以上はワイヤーロープで引っ張られているわけであり、
またワイヤーロープで、グライダーを引っ張ることもできる。標
的機がグライダーを引っ張り、そのグライダー目掛けて空中で機
関砲等が発射されるのである。ミサイルは熱感知システムであり
標的機のエンジンが出す排気熟をキャッチするのである。ここで
ミサイルを発射してしまえば、標的機は破壊されてしまうので、
排気熱キャッチ(ロック・オン)までである。
                 ──池田昌昭著/文芸社刊
  『JAL123便は自衛隊が撃墜した/御巣鷹山ファイル』
─────────────────────────────
 標的機がそのような「吹き流し」をつけて飛んでいるとすれば
接近すれば、その吹流しが飛行機の胴体に絡みつき、オレンジ色
の塗料をつける可能性は十分あります。これが小林美保子さんが
証言する1つ目の情報です。
 もうひとつの情報とは何でしょうか。
 それは小林さんが空を見上げていると、ジャンボジェット機の
すぐ後をファントム機2機が追いかけていったということです。
そしてなぜかホッとしたといいます。なぜなら、低空を飛行する
ジャンボジェット機をファントム機が追尾するということは、行
方不明機ではなく、その救助のために飛んでいると思ったからで
す。実は、この2機のファントム機は、自衛隊員の目撃情報もあ
り、けっして小林さんの見間違えではないのです。自衛隊の情報
では、ファントム機の飛行は、通常とは違う感じがしたといいま
す。そうであるとすると、JAL123便の墜落場所がわからな
いはずはないのです。ここに大きな疑問があります。
         ──[日航機123便墜落の真相/020]

≪画像および関連情報≫
 ●尋常ではない勇気『日航123便墜落事故の新事実』を読む
  ───────────────────────────
   青山のこの近刊で明らかにされる新事実は以下の3つ。
  1.123便のすぐ後ろを追尾しながら飛行するファントム
    機の存在
  2.123便の腹部に付着しているように赤い物体が存在し
    ていたこと
  3.現場遺体の炭化状態
  順に説明する。
   1の航空自衛隊のファントム戦闘機は、これまでの発表で
  は、123便墜落直後の午後7時10分に、墜落位置探索の
  目的で、茨城百里基地を出動となっていたものだ。それを青
  山は、このジャンボ機墜落事故への疑問を最初に書いた前著
  『天空の星たちー日航123便のあの日』(10年刊)の後
  それを読んで  告げたくなったことがあると出版元に直接
  訪ねてきてくれた読者からその目撃情報として知らされた。
  当時22歳のこの女性は静岡の藤枝に車で通勤していたが、
  6時35分に、123便が異様に低く飛んでいる姿と、それ
  のすぐ後に飛行する自衛隊ファントム2機をはっきり見たと
  証言してくれた。青山はこのファントムについての目撃証言
  をべつの2人からも得ている。前記の当時20代の女性がな
  ぜ機種特定まで明確に述べているかというと、彼女は年少時
  から自宅近隣にある航空自衛隊の基地で、毎年こどもの日に
  実施される展示やイベントによく行っており、充分な知識が
  あったからだ。         https://bit.ly/2MiiCrl
  ───────────────────────────

123便に付着する赤いもの.jpg
123便に付着する赤いもの
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

RDF Site Summary