2018年07月13日

●「心を持つAIロボットはできるか」(EJ第4806号)

 AIロボットに「心」を持たせることはできるでしようか。
 田方篤志氏のブログには、「ロボマインド・プロジェクト」に
ついてのとても興味ある説明が出ています。田方篤志氏は、この
プロジェクトを推進しておられます。その主張には、強い説得力
があります。ブログのURLを以下に示しておきますので、一読
をお勧めします。そのさい、「代表プロフィール」も一緒にお読
みになることをお勧めします。
─────────────────────────────
      ◎ロボマインド・プロジェクトとは
           https://bit.ly/2NKRbIw
      ◎代表プロフィール
           https://bit.ly/2ukRnoW
─────────────────────────────
 「心」を持つAIロボットとは、どういうものをいうのでしょ
うか。EJとして、ブログで述べられていることを要約してお伝
えします。
 「三つの物語」が紹介されます。いずれも山ガールのメアリー
が登山をし、熊に遭遇する話です。
 「第一の話」です。
 メアリーは大きなリュックを背負って山に入ります。そして、
熊に遭遇します。そのときは、とっさに背負っているリュックを
熊に投げつけ、熊がリュックをあさっている間に、メアリーは逃
げ出すことに成功します。
 「第二の話」です。
 メアリーは、荷物運搬ロボットと一緒に山に行ったのです。こ
のロボットは「ついて来い」と命令すると、どこまでもついてき
ます。そして、またしても熊に遭遇します。このとき、メアリー
は、荷物運搬ロボットに熊に向うようスイッチを押し、その隙に
逃げ出したのです。ロボットに熊も驚いたと思います。
 ここで、荷物運搬ロボットについて説明します。いわゆる四足
歩行ロボットのことですが、現在、とても進化しているのです。
次の3つのユーチューブ動画をご覧ください。
─────────────────────────────
         @四足歩行ロボット/1
          https://bit.ly/2KSEZHO
         A四足歩行ロボット/2
          https://bit.ly/2Je5xha
         Bロボットにからむ動物
          https://bit.ly/1QRytLg
─────────────────────────────
 @は「ついて来い」と声をかけると、どこまでもついてくる四
足歩行ロボットです。山道でも大丈夫です。ヨタヨタしているよ
うに見えますが、頑丈であり、こんなロボットに向ってこられた
ら、熊もひるむはずです。性能的には、十分戦争にも使えるレベ
ルになっているといわれます。
 Aはさまざまなロボットが登場します。あらゆる場所を歩行で
きます。建物の中、外の道、階段、雪道、どのような道でも歩行
できるのです。やがて、四足歩行から二足歩行に進化し、人間と
同じように歩行をはじめます。バック転もできます。ときどき転
びますが、人間のようにすぐ起き上がります。また、小さいロボ
ットがビルの屋上に飛び上がったり、飛び降りたりします。
 Bはご愛嬌です。家の中に置いた小さなロボットに、猫がさま
ざまな攻撃を加えます。しかし、ロボットがあまり激しい反応を
見せないと、バカにしてじゃれつきます。猫が可愛いということ
で、多くの回数視聴されています。
 「第三の話」です。
 メアリーは三度山に登ります。このときのお供もロボットです
が、このロボットは第二話のロボットと違って、会話ができるの
です。ちゃんと名前もあり、「ロジャー」と呼ばれています。
 ロジャーはメアリーにいろいろ声をかけます。
 「足元に気をつけて」
 「疲れませんか」
 「休憩しませんか」・・・
 そこにまたしても熊が飛び出してきます。今度は、メアリーの
前にロジャーが自発的に飛び出し、メアリーに対して、次のよう
にいったのです。
─────────────────────────────
 お嬢さん、ここは私が時間を稼ぎます。その間に、お逃げに
 なってください。
─────────────────────────────
 この三つの話を聞いて、どのようにお感じになりましたか。ロ
ボットは、いま急速に進化しています。それでも心を持つロボッ
トはできるのでしようか。これについて、田方篤志氏は次のよう
に述べています。
─────────────────────────────
 さて、この3つの物語を読んで、どう感じたでしょうか?
 第一の物語のリュックサック、第二の物語の“四足歩行ロボッ
ト“、第三の物語のロジャー、どれも人間ではなく、物ですが、
心はあるでしょうか?
 リュックサックに心は感じないですよね。リュックサックは、
動かないただの物体です。では、四足歩行ロボットには心を感じ
るでしょうか?四足歩行ロボットは、動いたり、呼びかけに応答
したりしますが、心をもっているとは感じられないですよね。そ
れでは、ロジャーはどうでしょう?必死でメアリーを守ろうとす
る姿に、何か、感じるものがあったのではないでしょうか。もし
かして、・・・「ロジャーには心がある?」そう感じられたので
はないでしょうか?それではロジャーにだけ、なぜ、心を感じた
のでしょう?            https://bit.ly/2NKRbIw
─────────────────────────────
          ──[次世代テクノロジー論U/050]

≪画像および関連情報≫
 ●人間の心を持った人工知能を実現する
  ───────────────────────────
   「実現は無理と言われ、だからこそ、絶対にやってやると
  思った」。情報理工学系研究科の國吉康夫教授は静かにこう
  語ります。しかしその鋭い眼光は「真に賢く、人間のために
  なる人工知能」という壮大な目標をずっととらえています。
   現在、音声認識機能や自動運転機能といった人工知能(A
  I)は人と遜色のない振る舞いを見せます。ですが、音声認
  識機能がチェスをできず、将棋AIが車を運転できないよう
  に、今のAIにはその製作者が意図しなかった動作はできま
  せん。人とは「考える方法」が違うので、あらかじめ準備で
  きていない状況には対処できないのです。
   これに対し、真に賢く適応力の高いAIを達成するには、
  人と同じことを「同じような方法で」考え、できる必要があ
  ります。そのためには、「人の知能とはどんなもので、人の
  振る舞いを生み出す大本の原理とは何なのか理解せねば」と
  國吉教授は説明します。
   では、「人らしい振る舞い」はどう生み出されるのでしょ
  う。その原理を探索すべく、國吉教授らは2000年代に、
  動物の筋骨格系を再現したロボットを作製し、床から椅子に
  飛び乗ったり、人型ロボットを作製し、寝ている状態から足
  を振り勢いをつけて起き上がらせる実験に成功しました。こ
  こで注目すべきは、動作の最初から最後までを細かく制御す
  ることなく達成できた点です。  https://bit.ly/2KMJtjj
  ───────────────────────────

ロボットにじゃれる猫.jpg
ロボットにじゃれる猫
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 次世代テクノロージ論U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もしロボットが心を持つようになればロボットは嘘をつくようになります。
それにあなたは耐えられますか?
Posted by aiueo at 2018年07月13日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

RDF Site Summary