2018年05月02日

●「アベフレンズたちによる日本政治」(EJ第4756号)

 2014年5月24日のことです。加計学園が運営する千葉商
科大学の開学10周年の記念式典が開かれ、出席した安倍首相は
祝辞を述べています。現役の首相が私立大学の式典で祝辞を述べ
るのに違和感を覚える人も多いと思います。
 それだけではないのです。このときの来賓が凄い。岸田文雄外
相(当時)、遠藤利明元五輪相、林幹雄元経産大臣、安倍家ゴッ
ドマザーの安倍洋子氏、三井住友銀行副頭取(当時)の高橋精一
郎氏などが参列しており、下村博文文科相(当時)から祝辞が寄
せられるという豪華さです。「安倍フレンズ」をまとめると、次
のようになります。
─────────────────────────────
◎安倍「フレンズな」加計学園の面々
 安倍 晋三:総理大臣、加計学園元監事
 安倍 昭恵:総理大臣夫人、加計学園御影インターナショナル
       こども園名誉園長
 下村 博文:加計学園から200万円の政治献金を受けながら
       政治資金収支報告書に記載していなかった
 下村今日子:下村元文科相夫人、広島加計学園教育審議会委員
 木澤 克之:最高裁判事(安倍任命)加計学園元監事、加計孝
       太郎理事長と同じ立教大
 萩生田光一:幹事長代行、元官房副長官、加計学園千葉科学大
       客員教授
 木曽  功:内閣参与、加計学園千葉科学大学長
 井上 義行:元総理秘書官、加計学園千葉科学大客員教授
 江島  潔:自民党内閣第一部会長、元下関市長、加計学園倉
       敷芸術科学大元客員教授
 逢沢 一郎:衆院政倫審会長、加計学園国際交流局顧問、アイ
       サワ工業が獣医学部の工事受注
     ──古賀茂明/望月衣塑子共著/KKベストセラーズ
         『THE独裁者/国難を呼ぶ男!安倍晋三』
─────────────────────────────
 萩生田光一氏は、2009年の総選挙で落選したとき、加計学
園の運営する千葉科学大学危機管理学部で客員教授の職を用意さ
れ、月10万円を得ていたそうです。自民党が政権に復帰する3
年間はその職にあったのですが、それはあくまで表向きの話に過
ぎないのです。
 この千葉科学大学に務めていたある教員によると、この大学に
は「危機管理学部」という安倍枠があるそうです。その教員は安
倍首相の紹介でこの大学に務めたのですが、週3回、計6コマの
講義をすることになっていたものの、給与のことは何も話してく
れないので、安倍さんに聞いたそうです。そうしたら、安倍さん
は、自信たっぷりにこういったそうです。
─────────────────────────────
 僕が加計に頼んだのだから、僕のメンツを潰すようなことは
 しないよ。                ──安倍首相
─────────────────────────────
 その教員は4月の給与明細を見てびっくりしたそうです。月額
125万円です。賞与を含めると、年に1500万円を超えたの
です。これでわかるように、萩生田光一氏が彼のいうように、月
10万円ということはないはずです。これでは、アルバイト程度
の給料です。その10倍や20倍は支給されていた可能性は十分
あります。失職中にそれだけ優遇してもらえれば、理事長の加計
孝太郎氏を守ろうとするはずです。
 古賀茂明氏と望月衣塑子氏の共著は、森友学園問題と加計学園
問題の真実に肉薄しています。既にメディアも検察も真相は掴ん
でいると思います。しかし、メディアの報道は、まさに「隔靴掻
痒」であり、真実にたどりつかないでいます。メディアは、政府
に抑えられています。古賀茂明氏は次の指摘をしています。
─────────────────────────────
 政府がメディアを抑えた事実はまさに数字にも表れています。
メディア対策予算は野田政権のときには40億円ぐらいでした。
安倍政権では2013年度で43億円、2014年度は65億円
2015年虔になると83億円になつています。まだ増える傾向
にあります。安倍政権はイメージ戦略を非常に重視しているので
たとえば、官邸の機密費とか、自民党のいろいろな領収書なしで
使える予算とか、そういうものまで入れると、100億円を超え
るオーダーになつていても不思議ではありません。
         ──古賀茂明/望月衣塑子共著の前掲書より
─────────────────────────────
 1月5日から、安倍政権のメディア支配について、80回にわ
たって書いてきましたが、今回で終了します。最後に、森友学園
と加計学園について、それぞれ書かれている異色のブログをご紹
介します。なかなかの力作です。
 「森友学園」に関するブログです。EJでも参考にさせてもら
いましたが、これによると、主犯は麻生財務相になっています。
とても興味深いことが書かれています。必読です。
─────────────────────────────
 「森友学園」問題の本当のカラクリ。日本の政治もマスコミ
 も「麻生太郎」のために動かされている。
                 https://bit.ly/2HxkKhd
─────────────────────────────
 「加計学園」については、弁護士の郷原信郎氏のブログで見つ
けたものです。
─────────────────────────────
    Tomoaki Kitaguchi氏による「加計問題」の真相
              https://bit.ly/2wccdpK
─────────────────────────────
 18歳の青年が書いた「加計学園」の奇想天外の推理です。リ
アリティがあります。信ずるか信じないかはあなた次第です。
        ──[メディア規制の実態/最終回/080]

≪画像および関連情報≫
 ●政府広報費は民主党政権の2倍、メディア押さえ込む効果
  ───────────────────────────
   都議選告示日(6月23日)から、朝日、読売、毎日はじ
  め全国の新聞70紙に、「弾道ミサイル落下時の行動につい
  て」と題する政府広告が掲載された。テレビでも、全国の民
  放43局で「弾道ミサイルが日本に落下する可能性がある場
  合」という同じ内容のテレビCMが同日から一斉に流されて
  いる。テレビCMは2017年7月6日まで2週間にわたっ
  て放映される予定で、新聞、インターネット広告と合わせて
  この政府広報に3億6000万円もの税金が使われている。
   折からの「男女共同参画週間」(6月23〜29日)の提
  供テレビ番組などを合わせると、都議選中に、政府から大メ
  ディアに流れ込んだカネは約4億円に達する。
   安倍晋三・首相は、政権を取り戻して以来、大新聞、民放
  キー局のトップや編集幹部と会食を重ねるなどメディア対策
  を重視してきた。とくに発足直後から政権に批判的だった朝
  日新聞が慰安婦報道と福島第一原発事故の「吉田調書」をめ
  ぐる2つの誤報問題を追及されて沈黙するようになると、読
  売、産経という親安倍メディアを政権の広報機関として利用
  し、大メディアをコントロール下に置くことに成功した。そ
  の裏では、政府広報のカネを、メディアを手なずける武器と
  して最大限効果的に利用してきたのだ。
                  https://bit.ly/2uuDbJr
  ───────────────────────────

安倍首相のフレンズ.jpg
安倍首相のフレンズ
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | メディア規制の実態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

RDF Site Summary