2018年04月26日

●「安倍首相は聞いていなかったのか」(EJ第4753号)

 このテーマの最後に加計問題についても触れておくことにしま
す。森友学園問題は、時価9億5600万円の国有地が、不当に
も、200万円で払い下げられたという事件です。国有地は国民
の財産であり、とんでもない事件です。安倍首相は、自分は関係
ないことを装っていますが、紛れもなく事件の中心人物です。
 それでは、加計問題はどうでしょうか。加計問題は、ある意味
森友学園よりもヒドイのです。加計問題の土地は今治市の市有地
ですが、獣医学部新設用地として、36億7500万円相当が無
償で譲渡されています。これだけではないのです。校舎の建築費
の半額の96億円を今治市と愛媛県が負担する議案が可決されて
います。土地代と建築費の合計で、132億7500万円です。
 森友学園の実に15倍の税金が注ぎ込まれているのです。今治
市民はこんなことを許しておくのでしょうか。さらに、愛媛県と
今治市が無償で譲渡した土地について、今治市の企画財政部長は
市議会で、次の発言をしています。
─────────────────────────────
 提供した土地は加計学園が担保物件としても活用していただき
積極的な設備投資を期待しているところでございます。
     ──古賀茂明/望月衣塑子共著/KKベストセラーズ
         『THE独裁者/国難を呼ぶ男!安倍晋三』
─────────────────────────────
 加計学園の獣医学部新設のための予算案の審議は、2015年
からはじまり、2016年に可決しています。古賀茂明/望月衣
塑子両氏の共著では、予算案が可決するまでの詳細のプロセスが
出ているので、以下にご紹介します。これをみると、この問題に
安倍夫妻が深く関わっていることが明確にわかります。
─────────────────────────────
◎2015年 6月 4日
 ・愛媛県・今治市が獣医学教育特区で国家戦略特区提案
◎2015年 6月30日
 ・安倍政権が「日本再興戦略」改訂2015を閣議決定
◎2015年 8月16日
 ・安倍総理と加計氏がゴルフ
◎2015年 9月21日
 ・安倍総理と加計氏がゴルフ
◎2016年 3月
 ・愛媛県内の高校1年生を対象に「大学獣医学部の誘致に関す
  る意識調査」を実施する。
◎2016年 7月21日
 ・安倍総理と加計氏が会食
◎2016年 7月22日
 ・安倍総理と加計氏がゴルフ
◎2016年 8月10日
 ・安倍総理と加計氏が会食
◎2016年 8月11日
 ・安倍総理と加計氏がゴルフ
◎2016年 9月21日
 ・第1回今治市分科会開催、今治商工会議所特別顧問(前愛媛
  県知事)の加戸守行氏が、獣医学部新設推進派として、資料
  を提出
◎2016年10月 2日
 ・安倍総理&昭恵夫人同席で、加計氏と会食
◎2016年10月31日
 ・事業者によるボーリング調査の申し出を受理
◎2016年11月 8日
 ・パブリックコメント開始→12月17日に終了、976件の
  意見が寄せられる。獣医学部設置に反対が75%
◎2016年11月 9日
 ・国家戦略特区諮問会議で、獣医学部新設のための関係制度改
  正を直ちに行うことを安倍総理が決定する。
◎2016年12月24日
 ・安倍総理&昭恵夫人同席で、加計氏と会食
◎2016年12月24日
 ・用地購入費補正予算案が今治市議会で可決される
           古賀茂明/望月衣塑子共著の前掲書より
─────────────────────────────
 これを見ると、大事なことが決まる要所要所で、安倍総理は、
ときには昭恵夫人同席で、加計孝太郎氏と会っていることがわか
ります。そして、2017年1月20日、国家戦略特区諮問会議
で、安倍首相によって加計学園が事業者として正式に認定されて
います。
 安倍首相によると、そのときはじめて加計学園が、申請してき
ていたことを知ったというのです。2015年から7回も加計孝
太郎氏と会食やゴルフをやっていながら、ただの一度も獣医学部
新設の話が出なかったというのですが、これがどれほど、不自然
で、あり得ないことかわかると思います。
 このように、認定の出た2017年1月20日の約3ヶ月も前
の2016年10月31日に、加計学園の事業者は、今治の事業
予定地でボーリング調査をやっています。認定されるとわかって
いたからこそこういうことができたのです。
 実はこれと同じことが森友学園でも起きています。森友学園が
買収した国有地の取得に必要な要望書は2016年10月31日
に提出されましたが、設計会社がボーリング調査行ったのはそれ
より前の10月21日〜30日です。契約前に国有地内で、ボー
リング調査ができるとは考えられないことです。取得できること
がわかっていたからこそ、そういうことが行われたのです。
 このように考えると、森友問題と加計問題は、2015年から
2016年にかけて平行的に進められており、2017年になっ
て、すべて明るみに出たということになります。
            ──[メディア規制の実態/077]

≪画像および関連情報≫
 ●今治市職員の官邸訪問に加計学園幹部も同行
  ───────────────────────────
   「加計ありき」を示す爆弾級の新証言が、またも飛び出し
  た。問題となってきた2015年4月2日の今治市職員によ
  る官邸訪問時、なんと加計学園の幹部が同行していたことを
  明日発売の「週刊朝日」(朝日新聞出版)がスクープしたの
  だ。まずは、疑惑の2015年4月2日の問題点をおさらい
  しよう。
   今治市が公開した出張記録によると、今治市が国家戦略特
  区に獣医学部新設を申請する約2ヶ月前にあたるこの日、今
  治市の企画課長と課長補佐が「獣医師養成系大学の設置に関
  する協議」のために内閣府などを訪問。その後、急遽「官邸
  訪問」が決まり、15時から16時30分まで官邸で打ち合
  わせをおこなったという。7月25日発売の「週刊朝日」は
  このとき今治市職員と面会したのは柳瀬唯夫首相秘書官(当
  時)だと関係者が告白していた。
   そして、明日発売号では、この官邸訪問に「複数の加計学
  園幹部が同行」していたという新証言を掲載していると「週
  刊朝日」はウェブ版の速報で報道。なぜ一地方の市職員が官
  邸を訪問することができたのかと以前より疑問が出ていたが
  それについても「加計学園側から今治市に連絡が行き、官邸
  訪問が実現したようだ」といい、柳瀬首相秘書官からは「準
  備、計画はどうなのか」、「しっかりやってもらわないと困
  る」などという趣旨の話があったというのだ。
                  https://bit.ly/2vbZE01
  ───────────────────────────

安倍首相と加計孝太郎理事長.jpg
安倍首相と加計孝太郎理事長
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | メディア規制の実態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

RDF Site Summary