2017年12月01日

●「救世主が自動生成されるシステム」(EJ第4657号)

 ネット上には、映画『マトリックス』に関する分析やレポート
や論文が数多くアップロードされています。それらを参照しなが
らEJを書いていますが、なかでもマトリックスのシステムの謎
に鋭く迫っている優れたレポートがあります。映画をご覧になっ
た方は、一読の価値があります。
─────────────────────────────
  「マトリックスの世界と人生論を考察する」/勝手創千界
                 http://bit.ly/2Btykvz
─────────────────────────────
 以下は、このサイトの論考を私なりに解釈して、マトリックス
のメカニズムを解明していきます。
 「ザ・ワン」の救世主は、アノマリー(異端児)の数が一定数
に達すると、アノマリーの統合体として自然に生成される仕組み
になっています。映画での救世主ネオは、計算によると、6人目
の救世主ということになります。
 それでは、ザ・ワンの役割は何でしょうか。上記サイトの著者
は次のように述べています。
─────────────────────────────
 システム上のアノマリー、つまり現在のマトリックスの仕様に
より必然的に生まれたアノマリーは、一定以上蓄積されると特殊
な計算式により統合体となる。この統合体こそが救世主と呼ばれ
る存在で、緻密に計算された選択を自ら選んだ後、オラクル(預
言者)の発言により、アーキテクトの待つ白い部屋(モニターが
いっぱいある部屋)に導かれる。
 マトリックスはこのアノマリーの統合体である「救世主」を検
討し、参考にし、プログラムの元(ソース)を書き替え、それを
主プログラムにリロードすることで、アノマリーさえも計算に入
れた新しいバージョンへとバージョンアップする。
                   http://bit.ly/2Btykvz
─────────────────────────────
 これによると、ザ・ワンの役割は、マトリックスをリロードし
バージョンアップさせることです。そのさい、アノマリーの溜ま
り場であるザイオン都市もリセットされ、再生されることになり
ます。ザイオンの再生には、ザ・ワンがマトリックス内から、女
性を16体、男性7体を選択し、彼らを基にしてザイオンが一か
ら再生させることになります。
 マトリックスは、そのルールに従わないアノマリーが増え過ぎ
ると崩壊してしまうように設計されています。そのため、アノマ
リーが一定数に達すると、ザ・ワンが自動的に生成され、そのザ
・マンがあたかも主体的にマトリックスをバージョンアップさせ
結果としてマトリックスを存続させるのです。マトリックス自体
がそういうシステムになっているのです。
 ザ・ワンは、アーキテクトの待つ部屋に案内されますが、そこ
で究極の選択を迫られます。2つのドアの選択です。
─────────────────────────────
    右のドア ・・ マトリックスをリロードする
    左のドア ・・ 何もしないで元の世界に戻る
─────────────────────────────
 このアーキテクトとネオの対話シーンがあります。英語ですが
雰囲気はお伝えできると思います。このとき、ネオは自分はザ・
ワンであることを自覚してアーキテクトと対峙しています。
─────────────────────────────
     ◎アーキテクトとネオの対話/4分46秒
              http://bit.ly/2BjqAer
─────────────────────────────
 これまでのザ・ワンは、すべて右のドアを開けています。もし
左のドアを開けると、マトリックスは近く崩壊し、ザイオンもリ
セットされるので、全人類が死に絶えてしまうからです。どちら
のドアを開けるかは、ザ・ワンに一応託されていますが、実質上
右のドアしか選べないようになっているのです。
 このように、マトリックスのシステムの前提では、人間はマト
リックスの中か、ザイオンのどちらかにいることになります。し
たがって、マトリックスが崩壊してしまうと、全人類は死んでし
まうことになります。だから、ザ・ワンは右のドアしか開けられ
ないのです。
 しかし、モフィアスやトリニティは、ザイオンからも脱出して
いるのです。彼らは、必要に応じてマトリックスのなかに侵入し
スミスらと戦闘を繰り広げます。また、彼らはマトリックスのな
かでスミスたちと戦うための訓練プログラムの仮想空間まで用意
して、ザ・ワンであるとネオを鍛えるのです。
 モフィアスがネオを培養槽から救出し、仮想訓練空間でネオに
現在人類が置かれている状況を説明するシーンがあるので、ご覧
ください。英語ですが、時間は2分59秒です。
─────────────────────────────
     ◎訓練プログラムにようこそ/2分59秒
              http://bit.ly/1mueTY7
─────────────────────────────
 ザ・ワンのネオは、円形の部屋でアーキテクトと対決しますが
ネオは右のドアではなく、左のドアを開けるのです。つまり、マ
トリックスとザイオンの崩壊を選んだことになります。マトリッ
クスの状況が変化してきているからであり、ちょうどそのとき、
トリニティが危機的状況に陥っていたからです。躊躇いもなく左
のドアを開けたネオは、全速力でトリニティの救出に向います。
そういうザ・ワンのネオの行動に驚愕するアーキテクトの顔がと
ても印象的でした。
 このように、マトリックスのシステムは、実によく考えられて
おり、なかなか深淵です。勝手創千界のサイトの著者はこういっ
ています。「映画『マトリックス』は人間の精神世界の映像化を
果すための映像技術として革命的である」と。
            ──[次世代テクノロジー論/47]

≪画像および関連情報≫
 ●「アーキテクト」とは何者か
  ───────────────────────────
   予言に従い、「ソース」を目指し、ようやくたどりついた
  ネオ。ドアを開けると、そこには神々しい白い光が広がる。
  そして、そこにいたのは・・・。髭もじゃのただのおやじ。
  いや、失礼。「ソース」での出来事が、本作のクライマック
  スとなるだろうと思い、観客は見ていたに違いない。しかし
  そこにいたのは、ただのオヤジだった。彼は、「アークテキ
  ト(設計者)」と名乗る。マトリックスの生成と、ネオとザ
  イオンの正体について語るが、それは謎解きではなく、禅問
  答。哲学論議にも近い。前作では明かされなかったいくつか
  の秘密は明かされたが、このシーンを見て、余計映画が分か
  らなくなった人の方が多かったに違いない。本作で最も面食
  らうシーン。このシーンがあるがゆえに、ほんどの観客は、
  単純に痛快なアクション映画ではなく、「意味不明な不可解
  な映画」として、頭を抱えながら、帰宅するはめになる。
   さて「アーキテクト」とは何者だったのか?プログラム?
  AI?機械?人間?
   それともただのオヤジ?映画で彼が自ら語る以上の説明が
  ない以上、本当の「アーキテクト」の正体は、次作での追加
  説明を待たなくてはいけない。映画のストーリーり辻褄あわ
  せに熱心になると「マトリックス」は余計分からなくなる。
  しかし、もう少し映画を高いところから見て、「象徴」ある
  いは「テーマ」という視点から見ると、本作は実に単純であ
  る。彼自身は言う。「私がマトリックスを作った」アーキテ
  クトとは、マトリックスの作り手である。
                   http://bit.ly/2Ad1FvP
  ───────────────────────────

ザ・ワン(救世主)のネオとアーキテクトの対話.jpg
ザ・ワン(救世主)のネオとアーキテクトの対話
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 次世代テクノロジー論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■『戦後の日本社会における朝鮮人の害悪を増幅している元凶は、どこか?』と考えると、この元凶はマスコミです。「座間市の9人殺しの白石隆浩」の連続殺人事件が報道されましたが、この事件の背景と動機がサッパリわかりません。相模原障害者施設殺傷事件(2016年7月26日)も同じです。「犯人の白石隆浩のお母さんが娘を連れて家を出た」と報道されましたが、離婚したのか、離婚しないで一時的に家を出たのか詳しく報道しません。「白石隆浩は、9人を殺し、その人肉を食った」「暴力団の臓器売買組織が白石隆浩の背後に居る」といった情報を絶対に報道しません。また、「白石隆浩は、どのような宗教思想にはまっていたのか?」という統一教会・創価学会に関わる思想的背景も絶対に報道しません。「高校時代は比較的に良い子だった」そうですが、それが豹変して「こんな凶悪な事件を起こした動機は何か?」をマスコミ各社の記者は、誰も追求して解明しません。■ということは、神奈川県警が白石隆浩を逮捕して調べたのですが、統一教会・創価学会・公明党・パチンコ業界の朝鮮人に支配された公安警察が、朝鮮人の白石隆浩の連続殺人事件の背景と動機を故意に隠しているため全然わからないわけです。白石隆浩の猟奇殺人事件の報道は少なくなり、もう灯が消えています。これは何故かと言えば、白石隆浩の殺人事件を報道し続けると、「朝鮮人問題」が必ず出てくるからです。つまり、1970年頃から始まったマスコミ業界の無試験採用の「在日枠」を通じて朝鮮人幹部の増えた現在のマスコミ各社には、「朝鮮人問題を日本人の耳目から徹底的に隠して、絶対に報道するな」という報道規定があるのです。NHKが朝鮮人による連続殺人事件である事を明確に報道しないため、民放は、どこも報道しなくなり、今や、朝鮮人による猟奇的な殺人事件は無かったも同然の扱いです。■このような報道の流れは、朝鮮人の猟奇的な強姦プレイの犠牲者となったルーシー・ブラックマンさん殺害事件(2000年7月1日)の時や、「イスラム国」をまねた「川崎国」を名乗った朝鮮人高校生たちによる川崎市中1男子生徒殺害事件(2015年2月20日)の時も、『朝鮮人の犯罪だ』という事を明確に報道しませんでした。■凶悪な殺人事件の報道で、一番明確にしになければならない点は、『朝鮮人による猟奇的な殺人事件である』という点です。しかし、マスコミ各社は、殺人犯が朝鮮人である事を徹底的に隠すのです。■しかし、ネット上では「川崎市は、朝鮮人が支配する市役所だ」と言われるようになりました。市役所の生活保護課などに大勢の朝鮮人がいるのです。これこそ大問題ですが、マスコミ各社は一切報道しません。■殺人犯が朝鮮人だと判明すると、報道の幅をどんどん狭め、報道しなくなって行くのです。だから、『朝鮮人の害悪を助長している元凶は、マスコミだ』と、マスコミ各社の「報道しない自由」の悪辣さを非難するわけです。
Posted by マスコミの犯罪報道こそ異常 at 2017年12月03日 04:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

RDF Site Summary