2017年09月06日

●「築地は守る/豊洲は活かすの意味」(EJ第4599号)

 都議選で大勝した後の小池百合子知事は、その都政に関して批
判が集まっています。都庁周辺を取材する都政新報は、就任1年
目の評価について、100点満点で次の評点をつけています。な
お、舛添前知事については1期目前半の評価です。
─────────────────────────────
      石原慎太郎元知事 ・・・ 71・1点
       舛添要一前知事 ・・・ 63・6点
       小池百合子知事 ・・・ 46・6点
─────────────────────────────
 小池知事に関しては、あまりにも評価が低いというか、厳し過
ぎると考えます。もし小池知事が豊洲新市場移転を延期しなけれ
ば、土壌汚染のこと、盛り土のことなど、すべてのことが闇に葬
られていたと思うからです。もし移転してから後でそれが発覚し
中央卸売市場の運営が中断されるようなことになったら、大変な
ことになります。9分9厘決まっていた移転を延期させることは
相当の勇気ある決断が必要であったと評価できます。だからこそ
小池知事の率いる都民ファーストの会が多くの都民の支持を得て
大勝したのです。
 さて、都議選に先立つ2017年6月20日に小池知事は、築
地市場の豊洲新市場への移転問題について、方針を表明していま
す。日本経済新聞の記事に基づいて、論点をまとめます。
─────────────────────────────
 築地の再開発を含む市場の新たなプランについて、都職員にま
とめるよう指示した。理由は2つ。まず豊洲市場はこれまで約6
千億円をかけてつくられてきたわけだが、豊洲ありきで移転後の
計画が不十分ではなかったか。築地市場を売却して費用の穴埋め
をするとの計画はあったが、移転後に毎年生じる年間100億円
近い赤字にどう対応していくのか。
 2点目だが、日本一の世界に誇る築地ブランドは長い間、汗水
流して必死の思いで育て守ってきた市場の人に対して、向き合っ
ていく必要があると感じたからだ。
 築地市場は5年後をめどとして再開発する。環状2号線は五輪
前に開通させる。そのあとの築地市場跡地は五輪用のデポ、輸送
拠点として活用する。その後、食のテーマパーク機能を有する新
たな市場として東京をけん引する一大拠点にする考え方だ。
 豊洲の中央卸売市場は冷凍、冷蔵、物流、加工などの機能をさ
らに強化することで、将来にわたる総合物流拠点になりうる。築
地再開発と豊洲利用の具体案は事業者、都民とオープンな場を設
け、広く情報公開しながら検討していく。都は業者、都民の皆さ
んの信頼回復に向けて徹底的に努力する。
                http://s.nikkei.com/2evcg9f
─────────────────────────────
 上記の小池発言をひとことで表現すると、「築地は守る、豊洲
を活かす」ということになります。この言葉は、何を意味してい
るのでしょうか。
 小池知事の話をトレースすると、まず、豊洲新市場に対してさ
らなる土壌汚染対策を施し、2018年秋までには築地市場を豊
洲新市場に移転させます。続いて、築地市場を解体し、その跡地
については、東京五輪用の輸送拠点として利用します。
 東京五輪終了後、築地跡地を整備し、食のテーマパーク機能を
有する新たな市場として東京をけん引する一大拠点にするといっ
ています。そのさい、豊洲新市場に移った市場関係者は希望に応
じて築地新市場に戻ってこれるようにするといっています。
 この表現ではっきりしていないのは、築地に作るという食のワ
ンダーランドとは具体的に何かということです。この食のワンダ
ーランドの正体について、現時点で都議会も市場関係者も明確に
把握できていない状況です。
 NHKテレビの「ニュース・ウォッチ9」では、小池知事が築
地移転問題について方針を表明したその日に、この問題を取り上
げています。テーマは「築地は守る、豊洲は活かす」です。番組
ではその席に、120年以上も続く仲卸業者の酒井兄弟──酒井
信義氏と酒井衛氏を呼んで、意見を聞いています。その一部をご
紹介します。
─────────────────────────────
◎保里リポーター
 小池知事の表明について、築地で働く人はどう受け止めたので
 しょうか。120年以上続く仲卸業者の酒井さん兄弟です。豊
 洲への移転の準備を進めながらも、できれば築地で商売を続け
 たいと願ってきました。小池知事が打ち出した築地の再開発に
 ついてどのように受け止められましたか。
◎仲卸業者/酒井信義さん
 小池さんの出された結論は、ぼくは違うと思う。やっぱり築地
 市場を守るなら築地でやるべきだと思う。
◎仲卸業者/酒井衛さん
 現実的じゃない。市場を将来的に二分するというのは、ありえ
 ないと思う。(中略)
◎仲卸業者/酒井信義さん
 仮に受けざるをえないとすれば、豊洲を使い勝手のいい、みん
 なが喜んで働ける市場にしてもらいたい。できるだけ築地に戻
 りたい。5年といわず、3年くらいで戻れるように。
                   http://bit.ly/2x44vCB
─────────────────────────────
 築地市場の仲卸業者のほとんどは、ここまで述べてきたように
豊洲新市場移転に反対です。ところが舛添知事に代わった小池知
事が豊洲移転を延期して、築地市場の再整備の可能性を期待して
いたのです。しかし、小池氏は「築地は守る」とはいったものの
豊洲新市場に移転の決断をしたので衝撃を受けています。
 しかし、小池知事の真意は別のところにあります。築地市場の
再整備は完全になくなったわけではないのです。
              ──[中央卸売市場論/046]

≪画像および関連情報≫
 ●【記者座談会】/「築地は守る、豊洲は活かす」
  ───────────────────────────
  A:東京都の市場移転問題で20日、小池百合子知事が基本
    方針を示したね。
  B:豊洲移転か築地再整備かと注目が集まる中、示された方
    針は「築地は守る、豊洲は活かす」という市場の両立案
    だった。市場機能を豊洲に移転した上で、築地市場は民
    間事業者とともに土地を有効活用し、5年後をめどに再
    開発する。豊洲は冷凍冷蔵・物流・加工などの機能を強
    化して将来にわたる総合物流拠点とする計画だ。
  C:小池知事は会見中の質疑で「豊洲は新たな中央卸売市場
    としての機能を優先させ、築地も市場機能を確保できる
    方策を見出したい」と発言した。築地は都にとって「莫
    大な資産」のため売却は考えず、貸し付ける。隣の浜離
    宮庭園の活用も想定している。築地は「築地ブランド」
    を生かした「食のテーマパーク」機能を持つ東京をけん
    引する一大拠点とし、豊洲は「ITを活用した総合物流
    センター」とする。両市場を通ることになる環状2号は
    2020年の東京五輪前に開通させ、築地市場跡地は当
    面五輪用の輸送拠点として活用するという。
  A:収支面は大丈夫なのだろうか。
  C:「賢い支出のための選択」により、持続可能な市場を構
    築できるとしている。豊洲の機能強化による賃料改善と
    築地の賃料や地代収入などで両市場会計を黒字化する見
    通しを立てている。築地市場の再開発は、銀座からも近
    く立地がいいだけに、その動向に注目が集まるね。特区
    制度を活用するという話も聞こえてくるけど。
                   http://bit.ly/2xIk3ch
  ───────────────────────────

築地移転方針を表明する小池知事.jpg
築地移転方針を表明する小池知事
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 中央卸売市場論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]