2017年08月16日

●「豊洲移転反対/一貫性なき民主党」(EJ第4584号)

 都議会の「花輪造反事件」は、東日本大震災の騒ぎのなかで都
民には、ほとんど知られることなく忘れ去られたのです。それが
2016年に小池百合子氏が東京都知事選に出馬し、勝利したこ
とによってこの事件が蘇ったのです。小池氏が「都議会にはドン
がいる」と暗に内田茂氏の存在を指摘する発言をしたことにより
内田氏の剛腕ぶりを示す逸話のひとつとして、この事件がワイド
ショーなどに取上げられたからです。
 花輪智史氏は、世田谷区議を1期務めた後、2005年に民主
党から出馬し初当選、2009年の都議選でも再選し、民主党が
第1党になったことによって、市場移転特別委員会委員長に就任
するなど、有力中堅議員として活躍しつつあったのです。
 しかし、2011年3月11日、自民党の誘いに乗り、民主党
に会派離脱届を提出し、豊洲移転の経費を含む中央卸売市場会計
予算案に賛成、成立させたのです。その翌月、都議会議員を辞職
し、世田谷区議選に自公両党の推薦を受けて出馬したのです。こ
こまでは自民党との下約束があったものと思われます。
 しかし、自民党の幹部や石原知事の応援を受けたものの、あえ
なく落選。その後、2度にわたり選挙に挑戦したものの、次のよ
うにいずれも落選しています。やはり「裏切り者」のレッテルは
非常に重かったといえます。
─────────────────────────────
  ◎2011年04月24日
   ・世田谷区議選に出馬するも落選
  ◎2012年12月16日
   ・衆議院選挙に維新比例で出馬するも落選
  ◎2013年06月23日
   ・都議会議員選挙に日本維新の会で出馬するも落選
─────────────────────────────
 ところで民主党は、2010年3月の豊洲の土地取得費を含む
予算に賛成しています。このとき、民主党は第1党で多数を持っ
ており、豊洲の土地取得費を削除する修正案を通すことができた
のですが、ほとんど無意味ともいえる付帯決議を付けることで予
算案に賛成しています。
 それでいて民主党は、翌年の豊洲移転経費を含む予算案には反
対に転じましたが、与党は花輪議員の裏切りによって予算案を可
決させます。このように民主党の行動には一貫性がなく、都議選
でも公約を破っています。そういう意味では、豊洲移転を決めた
のは自公両党だけではなく、民主党も一枚噛んでいます。
 国会でも同様です。2009年の衆院選で自民党を倒して悲願
の政権交代を成し遂げながら、公約したことをきちんと実施しな
い一方で、やらないと約束した消費税の増税を党内の反対を押し
切って自公両党と一緒に実現させ、多くの議員を離党させる原因
をつくっています。要するに何事にも中途半端なのです。これで
は、都民を含む国民に支持が広がらないのは当然です。
 民主党の政権交代の立役者である小沢一郎自由党代表は、野党
としての民進党の中途半端さについて、『週刊ポスト』誌のイン
タビューで、次のように述べています。
─────────────────────────────
──:安倍政権に厳しく対峙すべき野党も、民進党をはじめ、本
   気で戦っているようには見えない。
小沢:無気力に見える。野党がやるべきはいい意味の政権批判。
   僕は、第1次安倍政権のときは、年金問題、次の福田政権
   はガソリン税問題で攻め立てた。「民の竈」の話だから、
   必ず国民の信頼が得られると信じていたから。それが響い
   て安倍さんは退陣した。今でも、野党が国民の暮らしを考
   えて反対すれば、共感を得られる。多少荒っぽいことやっ
   てもね。
──:それはどうだろうか。ガソリン国会の時のように院内でピ
   ケを張ったりすれば、国民に冷ややかな視線で見られるだ
   けではないか。
小沢:違います。政権と一体となったメディアが国民にそう思わ
   せようとしているだけだ。ガソリン国会では、野党がとこ
   とん騒いだから、メディアが報道し、国民に野党の主張が
   伝わった。今回の共謀罪だって、野党がもっと騒いで委員
   会で採決させずに国会を止めていれば、国民は「野党は何
   を騒いでいるんだ?」となる。野党は人数が少ないから、
   国民に知らせるために多少荒っぽいやり方は仕方がない。
──「反対ばかりするな」と批判されるのを恐れて、「建設的野
   党」になろうとしている。
小沢:法案を作る役人はあらかじめ修正の“のりしろ”を考えて
   提出しているから、野党が修正協議に乗ってくればしめた
   もの。本来、野党は対案を出さなくとも困らない。堂々と
   「基本的な考え方が違うから、政府の法案に沿った対案な
   んかない」と言えばよい。
        ──『週刊ポスト』/2017年5月26日号
─────────────────────────────
 築地市場の豊洲移転について、自民党と公明党は、一貫して賛
成の姿勢を取る一方で、日本共産党は一貫して反対しています。
これら3党は旗手鮮明ですが、民主党(民進党)だけは、どっち
つかずの姿勢です。当時の鳩山由紀夫代表(政権交代前)は、次
のように街頭で連呼していたのです。
─────────────────────────────
 築地市場移転をやめさせるためには、たった一つ、都議選で
 勝つことです。           ──鳩山由紀夫代表
─────────────────────────────
 これについては、「関連情報」の日本共産党「しんぶん赤旗」
を読んでください。政策がフラフラするようでは、何年経っても
国民の信用は得られないと思います。民主党(民進党)は、それ
にまだ気が付いていないようです。都議会の民進党はどちらかと
いえば自公寄りです。    ──[中央卸売市場論/031]

≪画像および関連情報≫
 ●都議会民主党 また公約破り/「しんぶん赤旗」
  ───────────────────────────
   都立3小児病院の廃止に続いて築地市場移転予算も賛成。
  民主党が自民党と密室協議を重ねたあげくに、築地市場の豊
  洲移転予算に賛成する方針に転じたことは、都議選公約を再
  び投げ捨てるものにほかなりません。
   民主党は昨年7月の都議選で「築地市場の移転に・・民主
  党は、「民主はNO/自民はYES」をマニフェストの最重
  点に掲げました。築地市場前での告示第一声で鳩山由紀夫代
  表は、「築地市場移転をやめさせるためには、たった一つ、
  都議選で勝つことです」と強調。多くの都議候補が「築地市
  場は現在地で再整備」と公約しました。
   都議選の結果、与党の自民党・公明党が過半数を割り、日
  本共産党、民主党、生活者ネット・みらいが過半数を占め、
  石原慎太郎知事の無謀な市場移転計画にストップをかけるこ
  とができる議会構成となりました。
   猛毒物質のベンゼン、シアン化合物、ヒ素で高濃度汚染さ
  れた豊洲地区への市場移転計画には、仲卸業者や消費者団体
  日本環境学会など各団体が反対、集会やデモには日本共産党
  のほか民主議員も参加しました。
   移転問題が焦点となった今都議会で、日本共産党は新年度
  の中央卸売市場会計予算案から移転関連予算全額を削除する
  修正案、民主党は用地取得費だけ削除する修正案を各会派に
  提示。「土地購入費削除」の一点で共同すれば豊洲移転にス
  トップをかけられる可能性が生まれました。
                   http://bit.ly/2vT9RQ7
  ───────────────────────────

現在の野党について語る/小沢一郎氏.jpg
現在の野党について語る/小沢一郎氏
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 中央卸売市場論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

RDF Site Summary