2016年10月12日

●「米国はなぜここまで劣化したのか」(EJ第4378号)

 日本時間の10月10日、第2回目のトランプ氏とクリントン
氏のテレビ討論会が、ミズーリ州セントルイスのワシントン大学
で行われました。終了直後のCNNの世論調査は次の結果であり
一応クリントン氏の勝利になっています。
─────────────────────────────
                  第2回  第1回
    ドナルド・トランプ ・・・ 34%  27%
   ヒラリー・クリントン ・・・ 57%  62%
─────────────────────────────
 トランプ氏にとって、これほどのスキャンダルが明らかになり
ながら、それでも34%の支持を得ているということは、なんと
か戦線に踏みとどまったといえる結果です。トランプ氏の支持率
は、第1回の27%よりも増えているからです。
 トランプ氏の女性蔑視発言について、テレビ朝日の「スクラン
ブル」(10日)で、外交ジャーナリストの手嶋龍一氏は次の趣
旨のコメントをしています。
─────────────────────────────
 米メディアのほとんどは、トランプ氏の大統領としての資質に
問題ありとして、クリントン氏支持を表明しています。そのため
トランプ氏のスキャンダルを収集しており、この女性蔑視発言の
情報も早くからワシントンポスト紙は握っていたと思います。
 もし、クリントン氏が圧倒的に優勢であれば、本当はこんな情
報は出したくなかったはずです。しかし、トランプ氏の支持率が
選挙の終盤にきてもかなり高く、大統領になる可能性があるので
いまこの時期にそれを出さざるを得なくなったところに、アメリ
カ合衆国という国の劣化を感じます。     ──手嶋龍一氏
   2016年10月10日テレビ朝日「スクランブル」より
─────────────────────────────
 米メディアは、別にクリントン氏に特別に肩入れしているので
はないと思います。予備選の結果、共和党も民主党も、大統領に
必ずしも相応しくない人物が候補に選ばれてきたといえます。し
かし一方の候補は、明らかに資質に欠ける候補なので、消去法と
して民主党のクリントン氏を支持せざるを得なくなったのです。
 そういう候補が選ばれるのは、既に米国という国が傷んでいる
証拠といえます。なぜなら、政治家を選ぶのは国民であり、資質
に欠ける候補が選ばれるのは国民に責任があります。なかでも共
和党はトランプ氏の女性蔑視発言で現在大混乱に陥っており、有
力議員は次々とトランプ氏には投票しないとまでいっています。
一体共和党はどうなってしまったのでしょうか。
 日本人は米国という国について、いろいろ知っているようで意
外に知らないことがたくさんあると思います。そこで来年大統領
が代わるアメリカについて知っておく必要があります。そこで、
米国の2大政党である民主党と共和党について、まず考えてみる
ことにします。
 参考にする本はたくさんありますが、アメリカ論には定評のあ
る冷泉彰彦氏の次の新刊書を参考にします。
─────────────────────────────
                       冷泉彰彦著
         『民主党のアメリカ/共和党のアメリカ』
                    日本経済新聞社刊
─────────────────────────────
 そもそも米国の民主党と共和党はいつできたのでしょうか。そ
の2大政党ができる前に米国には、どのような政党があったので
しょうか。
 民主党と共和党の創設時期は次の通りであり、民主党の方が先
に創設されています。共和党創設の26年前です。
─────────────────────────────
       民主党 ・・・・・ 1828年
       共和党 ・・・・・ 1854年
─────────────────────────────
 ところで、米国が英国との独立戦争に勝利して、アメリカ合衆
国において、最初の大統領選挙が行われたのは、1789年2月
4日のことです。選挙人を選出する方法の決定は、各州にまかさ
れたのです。当時アメリカ合衆国は13州で、10州のみが選挙
人団の投票を行っています。その結果、初代の米大統領は独立戦
争を勝利に導いたジョージ・ワシントン将軍が選ばれたのです。
政党は無所属です。
 民主党選出の大統領がはじめて就任したのは、第7代のアンド
ルー・ジャクソン大統領からです。参考までに、初代大統領から
第7代大統領のまでの大統領の名前と所属政党、在任期間につい
て次に示します。
─────────────────────────────
    ◎初代大統領/ジョージ・ワシントン
     ・1789年〜1797年/無所属
    ◎2代大統領/ジョン・アダムズ
     ・1797年〜1801年/フェデラリスト
    ◎3代大統領/トーマス・ジェファーソン
     ・1801年〜1809年/リパブリカン
    ◎4代大統領/ジェームズ・マディソン
     ・1809年〜1817年/リパブリカン
    ◎5代大統領/ジェームズ・モンロー
     ・1817年〜1825年/リパブリカン
    ◎6代大統領/ジョン・クインシー・アダムズ
     ・1825年〜1829年/リパブリカン
    ◎7代大統領/アンドルー・ジャクソン
     ・1829年〜1837年/民主党
        ──コルマック・オブライエン著/平尾圭吾訳
             『大統領たちの通信簿』/集英社刊
─────────────────────────────
            ──[孤立主義化する米国/063]

≪画像および関連情報≫
 ●【米大統領選2016】第2回テレビ討論会
  ───────────────────────────
   11月8日の米大統領選に向け、民主党候補のヒラリー・
  クリントン前国務長官と共和党候補のドナルド・トランプ氏
  による第2回テレビ討論会が9日(日本時間10日午前)、
  ミズーリ州セントルイスのワシントン大学で行われた。
   討論開始から間もなく、司会者を務めるCNNのアンダー
  ソン・クーパー氏が、トランプ氏が「スターなら(女性に)
  何でもできる」などと発言した録音テープを米紙ワシントン
  ・ポストが7日に報じたことについてトランプ氏に質問。ト
  ランプ氏は、「誇りに思っていない。家族に謝罪した」と述
  べたものの、すぐにテロ対策などに話題をかえ、「ISIS
  (いわゆる「イスラム国」の別称)を打ち負かす」を倒すな
  どと述べた。クリントン氏はテープの内容について、「どん
  な人物なのか物語っている」、「(あらゆる人を侮辱してき
  た)これまで見てきたトランプそのものだ」とトランプ氏を
  批判した。
   ワシントン・ポストが入手して伝えたビデオは、2005
  年の米NBC番組収録前に司会者と交わした会話を録音した
  もの。トランプ氏は既婚女性とセックスしたいと言い、他の
  女性にキスしたい、女性器をわしづかみすればいいなどと語
  っていた。
   トランプ氏は、クリントン氏が国務長官在任中に公務に私
  用メールアカウントを使っていた問題について話題を向け、
  「恥を知るべきだ」と批判。クリントン氏は「間違いを犯し
  た。とても申し訳ないと思っている」とし、機密情報を手に
  入れるべきでない人物に渡った証拠はないと語った。
                   http://bbc.in/2dNf5lF
  ───────────────────────────

手嶋龍一氏.jpg
手嶋 龍一氏
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 孤立主義化する米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック