2016年07月04日

●「ワシントンD.C.はオカルト的設計」(EJ第4311号)

 世界を支配している陰の勢力とは何か。話がやや複雑になって
いるので、事実を整理して先に進むことにします。
 ここまで「米国を支配する寡頭勢力」という表現を使ってきま
したが、それは米国の首都「ワシントンD.C.」のことであるこ
とがわかってきています。
 しかし、首都といっても、この「ワシントンD.C.」は都市で
はないのです。世界中の国の首都は、その中心都市がなっていま
すが、米国だけは違うのです。米国には、ワシントン州はありま
すが、ワシントン市はないのです。
 つまり、米国の首都は既存の都市を選定したのではなく、わざ
わざ創設したのです。場所はポトマック河付近です。具体的には
メリーランド州とヴァージニア州の2州から提供された区域であ
り、その広さは次の通りです。
─────────────────────────────
    メリーランド州 ・・・ 166平方メートル
    ヴァージニア州 ・・・  93平方メートル
─────────────────────────────
 そこを「ワシントンD.C./コロンビア特別区」とし、米国の
首都にしたのです。
 1946年にヴァージニア州から土地の返還要求があり、返還
に応じたので、現在では、メリーランド州から提供された区域だ
けになっています。そのため、ペンタゴンだけはヴァージニア州
にあるのです。
 ワシントンはフランス人設計士ピエール・ランファンによる設
計で建設が進み、1800年になって大統領官邸や連邦議会の建
物ができたので、その時の大統領ジョン・アダムスはワシントン
に移り住みました。このワシントンD.C.は、どの州にも属さず
連邦議会の直轄地となっています。
 ところで「コロンビア」というのはどういう意味でしょうか。
 コロンビアとは、「コロンブスの地」という意味です。アメリ
カ大陸の発見者のコロンブスに由来しています。ちなみに、国名
の「アメリカ」は「アメリゴの土地」を意味していて、コロンブ
スより少し遅れて新大陸に渡ったアメリゴ・ヴェスプッチの名に
ちなむといわれています。
 それでは、ワシントンD.C.には何があるのでしょうか。
 ワシントンD.C.には、次の重要な建物が8つあります。
─────────────────────────────
       1.ホワイトハウス
       2.アメリカ合衆国議会議事堂
       3.合衆国最高裁判所
       4.ワシントン記念塔 
       5.スミソニアン博物館
       6.世界銀行
       7.連邦捜査局(FBI)
       8.アメリカ国防総省(ペンタゴン)
─────────────────────────────
 それぞれについて簡単に説明します。この特別区/ワシントン
D.C.はある明確な目的で作られた計画都市だったといえます。
 1の「ホワイトハウス」は、大統領が執務を行う官邸・公邸の
建物であり、ワシントンD.C.のペンシルヴァニア通りにありま
す。ホワイトハウスの設計者は、ジェームズ・ホーバンという人
で、フリーメイソンであるといわれています。
 2の「アメリカ合衆国議会議事堂」は、ワシントンD.C.の東
に位置しますが、首都の中心とみなされ、ワシントンD.C.の東
西南北は、議事堂を基準に定められています。
 3の「合衆国最高裁判所」は、アメリカ合衆国最上級の裁判所
であり、アメリカ合衆国連邦政府の司法府(連邦裁判所)を統括
します。ワシントンD.C.にあります。
 4の「ワシントン記念塔」は、ワシントンD.C.の中心部に位
置するナショナル・モールの中心にそびえ立つ、169メートル
の巨大な白色のオベリスクです。
 1776年の独立戦争時に、アメリカ大陸軍を率いてイギリス
軍との戦いを勝利へと導いた合衆国初代大統領、ジョージ・ワシ
ントンの名誉ある功績を称えて建造された、アメリカ合衆国大統
領記念碑の一つです。
 5の「スミソニアン博物館」は、米国を代表する科学、産業、
技術、芸術、自然史の博物館群・教育研究機関複合体の呼び名の
ことです。映画「ナイトミュージアム2」の舞台になったことで
も有名になったことでも有名な博物館です。
 6の「世界銀行」は、各国の中央政府または同政府から債務保
証を受けた期間に対し、融資を行う国際機関です。当初は国際復
興開発銀行を指したのですが、1960年に設立された国際開発
協会とあわせて世界銀行と呼んでいます。
 7の「連邦捜査局(FBI)」は、FBIとしてあまねく知ら
れていますが、テロ・スパイなど国家の安全保障に係る公安事件
や連邦政府の汚職に係る事件、複数の州に渡る広域事件、銀行強
盗など、莫大な被害額の強盗事件などの捜査を担当します。職員
を1万人以上を擁し、逮捕権のみで起訴権をもたず、主に米国国
内で捜査を行う機関です。本部は、ワシントンD.C.のペンシル
ヴァニア通りにあります。
 8の「アメリカ国防総省(ペンタゴン)」はワシントンD.C.
郊外のヴァージニア州のアーリントンにあります。約23000
人の軍人、軍属および民間の従業員、約3000名のペンタゴン
の国防以外の援助要員を収容しています。
 ペンタゴンとは、五角形を意味します。5階建てで、各床に環
状の廊下があり、この構造により、世界最大のオフィスビルであ
りながら、一番遠いところにも10分以内でたどり着くことがで
きるとされています。この五角形の建物に象徴されるように、ワ
シントンD.C.は、古代のオカルト的原則に基づいて設計されて
いるのです。      ──[現代は陰謀論の時代/124]

≪画像および関連情報≫
 ●米国防総省ビルが五角形の理由
  ───────────────────────────
   米国の国防総省はペンタゴンとも呼ばれている。ワシント
  ンにある国防総省の建物が上から見ると、ペンタゴン(五角
  形)をしているからだ。しかし、なぜ、国防総省は五角形と
  いう特異な形で設計されたのだろうか?
   ワシントンポスト紙(電子版)に国防総省のビルがなぜ五
  角形という特異な形態に至ったかという興味深い長文の記事
  が掲載された。この五角形の建物が建設されるに至った経緯
  がなかなか面白い。
   記事によると国防総省の前身は戦争局という部署で、4万
  人の職員に対して400万平方フィートの床面積を提供すべ
  く、1941年から秘密裏に庁舎建築の計画に着手。その後
  ワシントンのポトマック川を越えた場所にあるアーリントン
  実験農場に用地を獲得。建物は陸軍工兵隊によって建設が進
  められることとなったという。実際に建物を建設するに当た
  っては、高層ビルとした場合は、ワシントンの都市景観の阻
  害する可能性があることや、鉄などの資材の調達が難しかっ
  たや、短期間に建設することは困難だという理由から5階建
  て低層ビルでの建設が決定。その上で建設予定地となってた
  アーリントン実験農場の土地の形状がたまたま五角形だった
  ことから建物は土地に合わせて上から見ると五角形の形をし
  た低層ビルで建設することで具体的な設計に入ったという。
                   http://bit.ly/29c5pPb
  ───────────────────────────

米国国防総省(ペンタゴン).jpg
米国国防総省(ペンタゴン)
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary