2016年07月01日

●「米国ドル紙幣は『借金札』である」(EJ第4310号)

 米国では、1871年法の制定によって、それに基づき、次の
名前の大文字の“企業”が作られたのです。それによって何が起
こっているのでしょうか。
─────────────────────────────
        THE UNITED STATES OF AMERICA
─────────────────────────────
 1871年法によって、アメリカ合衆国は「株式会社USA」
という法人(企業)になったのです。これによって、アメリカ合
衆国という巨大企業の株式はワシントンD.C.が保有し、管理す
ることになります。これは、大企業の持ち株会社(ホールディグ
ス)によく似ています。ホールディングスは、本体とは別の組織
の株式会社になって傘下の企業の株式を管理するからです。
 ワシントンD.C.は、まさにここでいう持ち株会社であり、ア
メリカ合衆国の株式を管理することになります。当然のことなが
ら、これはワシントンD.C.がアメリカ合衆国全体を支配するこ
とを意味します。陰の勢力の一端が見えてきます。
 つまり、米国を支配するには、別に大統領になる必要はないの
です。ワシントンD.C.の株式を押さえてしまえばよい。株式会
社ですから、それは十分可能です。しかもワシントンD.C.とい
う株式会社は、非公開株である以上、そのやり取りは表には出な
いのです。「アメリカは国ではなく、企業である!」の論文を書
いたリサ・ジュリアーニ氏によれば、このシステムを構築したの
は、ロンドンのロスチャイルドであるといっています。
 それに加えて、米国市民が納める税金も米国の国家予算には使
えないシステムになっています。ベンジャミン・フルフォード氏
は、これらについて次のように述べています。とても信じられな
いような内容ですが、事実です。
─────────────────────────────
 アメリカには、IRSという国税庁がある。ここにアメリカ市
民は税金(連邦税と州税)を納めている。ところが、その納めた
税金は、アメリカの国家予算(州予算)としては、一切、計上さ
れないのだ。その使途は、驚かないで聞いてほしい。
 なんと67%がイギリス王室(を中心としたヨーロッパ王族、
貴族)に渡され、残る23%はワシントンD.C.の株主に、そし
て残る10%はIRSの経費となっているといわれているのだ。
 では、アメリカはどうやって予算を組んでいるか。これは国債
を発行して米連銀(FRB)に買い取ってもらい、それでドルを
刷って賄っているのだ。それでも足りないときはドラッグや人身
売買などCIAによる非合法な手投で稼いだダーティー・マネー
で補うしかない。アメリカが年がら年中、世界中で戦争をしてい
るのは、そのためだ。戟争をしなければ、ダーティー・ビジネス
ができなくなるからである。──ベンジャミン・フルフォード著
          『崩壊するアメリカ/巻き込まれる日本/
    2016年、新世界体制の成立』/KKベストセラーズ
─────────────────────────────
 もうひとつ重要なことがあります。日本のお札を見ていただき
たいのです。円には「日本銀行券」と印刷されています。つまり
日本の中央銀行である国有の日本銀行が発行している紙幣なので
円はお札(お金)ということができます。
 ドル紙幣はどうでしょうか。ドル紙幣には「note」と印刷
されています。ドル紙幣を見ると、添付ファイルの矢印のところ
に「note」と印刷されています。「note」とは、証書の
ことです。証書とは、借金の証文のことであり、「借金札」なの
です。それはドルの発行システムに関係します。
 どうしてドルは「note」なのかについて、フルフォード氏
は、次のように述べています。
─────────────────────────────
 実はアメリカ政府はドルを勝手に刷ることができない。では足
りない予算を補ったり、マネーサプライ(通貨供給量)を上げた
りするにはどうしているか。政府は必要な発行額に合わせてアメ
リカ国債を発行する。そして米連銀がその国債をすべて引き受け
る。その借金札として「ドル」が発行されるのだ。「note」
と書かれているのはそのためだ。
 アメリカが中央銀行を持たず、その代役をするFRB(連邦準
備理事会)という特殊な機関を持つ制度になっているのもそのた
めで、その米連銀のオーナー一族が「閣の支配者」となる。「閣
の支配者」とは、ドル発行権を握った勢力を意味しているのだ。
       ──ベンジャミン・フルフォード著の前掲書より
─────────────────────────────
 実は1871年法によって設立された企業がもうひとつあるの
です。それは、1913年に発足した「連邦準備制度理事会(F
RB)」がそれです。FRBも企業であり、単なる私企業に過ぎ
ないのです。
 FRBは、一般には米国の中央銀行であると説明されています
が、普通の国の中央銀行とは異なるのです。日銀も株式会社です
が、日本政府が51%以上の株式を持っているので、ほとんど国
有化されていますが、FRBの株式を米国政府は1株も持ってい
ないのです。したがって、米国は、中央銀行を持っていない国と
いっても過言ではないのです。
 米国では何回も中央銀行の設立が計画されたのですが、そのつ
どその中心人物が殺害され、設立が実現しなかったのです。また
FRBの設立についてもきわめて不透明なことがあったのです。
1910年にJPモルガンが所有するジョージア州のジキル島で
全国通貨委員会の会員による秘密会議を開くなど、不可解ないき
さつがあったことはあまねく知られています。
 ワシントンD.C.は、都市ではなく、イタリアのバチカン市国
のような国に近い存在なのです。陰の勢力の本拠地といってもよ
いと思います。しかし、最近このからくりは以前のように必ずし
もうまくいっておらず、陰の勢力は危機に襲われているといわれ
ています。       ──[現代は陰謀論の時代/123]

≪画像および関連情報≫
 ●日本銀行について」〜FRBとの違いは?/るいネット
  ───────────────────────────
   現在の米国は、世界最大の債務国。これは米国政府の借金
  であり、この借金には利息が付きます。この利息を払うのは
  米国国民であり、この利息で儲けているのがFRBの所有者
  ということになるんでしょう。米国政府・財務省が国債を発
  行する一方、連邦準備制度はそれを購入できるドル紙幣を印
  刷している、と。これによって、無から負債が創造される、
  と。FRBの所有者たちはこの無から創造された負債の利息
  をおいしく頂く。・・・ということは、米国が莫大な債務を
  抱えていたほうが「おいしい」となります。しかも、FRB
  は特権的に法人税が免除されている・・・。
   1992年度の時点での計算(この計算が正しいかどうか
  は知りませんが)では、アメリカ国民の税金の40%が連邦
  準備の株主たちに、その利息支払いに提供されているという
  ことです。
   これはアメリカ国民の富の略奪以外の何ものでもない・・
  ・と。では、日本はどうなのか・・・です。日銀も国民の富
  を略奪する機関なのか。何のためにインフレやデフレを引き
  起こして富を略奪するのか。それとも略奪なぞしていないの
  か。日銀は、ベルギーの国立中央銀行をモデルに大蔵省の管
  理化のもとに、国家主導の中央銀行として1882年に設立
  されました。FRBは政府から独立した機関として1913
  年に創設されました。民間銀行がその株式を所有しました。
                   http://bit.ly/297miKD
  ───────────────────────────

米国紙幣は借金札である.jpg
米国紙幣は借金札である
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary