2016年04月08日

●「寡頭勢力が人工地震を起こす理由」(EJ第4254号)

 ここまでの記述において「寡頭勢力」という言葉を多く使って
います。「寡頭勢力」とは何でしょうか。ネットで調べると、コ
トバンクに次の解説があります。
─────────────────────────────
 中南米で,地主などから成る特権的グループのこと。経済力
 と政治力を掌握して国内政治に大きな影響力をもつ。オリガ
 ルキア。   ──コトバンク / http://bit.ly/1pZzM1A
─────────────────────────────
 この解説には「中南米で」とありますが、中南米とは限らず、
ワールドワイドで、経済的、政治的に強い影響力を持つグループ
と仮に定義しておくことにします。最近では「米国1%」と称す
る人もいます。米国では富が上位1%の人たちに集中し、大きな
格差が生まれているからです。
 現在米大統領選の予備選で、民主党の大統領候補のバーニー・
サンダース氏は、残りの99%の国民に重点を置く政治を取り戻
そうと訴えて、米国の若者の支持を多く集め、ヒラリー・クリン
トン氏との戦いに善戦しています。
 さて、2008年12月22日に英語のユーチューブサイトに
アップされた動画があります。実際の動画が見つからないので、
そのサイトを添付ファイルにしてあります。本からのコピーです
ので、非常に不鮮明であり、サイトのタイトルを次に示すことに
します。
─────────────────────────────
  Illuminati Nuclear Meltdowns in Progress at Fukushima
   イルミナティの核のメルトダウンが福島で起きる
              2008年12月22日
   311の日に日本で8・8の地震と津波が起きる
              ──泉パウロ著/ヒカルランド刊
      「環境破壊兵器HAARPが福島原発を粉砕した/
           地球科学者らによる衝撃の内部告発!」
─────────────────────────────
 なお、下の2行の英文は不鮮明で、読み取れないので、著者の
日本語訳を載せています。ちなみに、動画の内容は、災害に関す
る製品の販売であり、タイトルとは関係のない内容です。この動
画の目的は、311の予告にあります。
 しかし、2008年の時点で、2011年3月11日に発生す
る自然地震や津波の予測ができるはずはないのです。したがって
これが的中したということは、ある寡頭勢力がその日に人工的に
地震と津波を起こした可能性がきわめて高いのです。よく聖書に
書かれている予言が的中しているといわれますが、寡頭勢力がそ
の予言通りにことを起こせば、それは預言が的中したように見え
るはずです。
 試みにネットで「311の地震は人工地震か」で検索してくだ
さい。多くの記事がヒットするはずです。もちろんそのなかには
「人工地震ではない」とか、「人工地震は妄想である」という反
論も含まれているのですが、人工地震説をとる記事が圧倒的に多
いのです。ネットだけではなく、私が関連書のほとんどを読んだ
限りでは、311は人工地震の可能性が高いといえます。
 ここでその寡頭勢力が何を目的として、そのような人工地震や
津波を起こすのかについて考えてみる必要があります。
─────────────────────────────
 1.ある国に対して寡頭勢力にとって有利な要求を実現させ
   る場合の脅しとして使う。
 2.自然災害を装って人工的に災害を発生させ、その国の産
   業や経済を弱体化させる。
 3.特定の日に災害が起きることがわかっていれば株価操作
   で巨額な資金が得られる。
─────────────────────────────
 「1」に関しては、そのような脅しがあるとは俄かには信じら
れないという人が多いと思いますが、これについて2月24日付
/EJ第4223号におけるベンジャミン・フルフォード氏の発
言を再現させていただきます。
 要約すると、2007年、ベンジャミン・フルフォード氏は、
当時の竹中金融担当相に取材し、次の質問をしたのです。
─────────────────────────────
  どうして日本の金融機関を外国資本の支配下に置いたのか
─────────────────────────────
 確かに日本の大手銀行の株主欄を見ると、必ず外資のいくつか
の金融機関が邦銀の支配権を満たす33%以上の株式を株式を保
有しているのです。どうしてそんな日本にとって不利なことをあ
なたはやったのかと竹中氏に迫ったのです。これに関して竹中氏
は間接的ですが、次のように答えています。
─────────────────────────────
 あなたは信じられないかもしれないが、日本を“地震兵器”
 で攻撃すると脅されたので、そうしたのです。
                  http://bit.ly/1Q9NOo0
─────────────────────────────
 また、フルフォード氏は、2007年7月15日に行われたあ
る会合で、日本の公安の幹部から次のようにいわれたと告白して
います。
─────────────────────────────
 世界経済を支配している勢力のことをあなた(フルフォード氏
のこと)が書いてしまったから、明日、新潟で地震が起きる。
─────────────────────────────
 フルフォード氏はその席では本気にしなかったのですが、実際
にその翌16日に本当に新潟県中越沖を震源として地震が起きた
というのです。マグニチュード6クラスの地震です。こういうこ
とはよく聞く話です。なお、「2」「3」については、来週お話
しします。     ────[現代は陰謀論の時代/067]

≪画像および関連情報≫
 ●憂いの果てに〜次男坊のアフォリズム/11年3月26日
  ───────────────────────────
   菅直人首相(当時)は8日午前の参院予算委員会で、参加
  の是非を検討している環太平洋連携協定(TPP)について
  「いろいろな選択肢がある。(参加への)一本道で行ってい
  るわけではない」と述べ、不参加の可能性に言及した。
   政府は6月に交渉参加の是非を判断するとしてきたが、農
  業団体や与党内に参加への反発が根強いほか、国民から意見
  を聞くために全国で開いている「開国フォーラム」でも否定
  的な意見が相次いでいることに配慮したとみられる。
   菅首相はこれまで、TPPを“平成の開国”と位置づけ、
  一貫して参加に意欲を示してきた。不参加となった場合の影
  響について首相は「なぜそういう行動を取るか日米間で話を
  する。決して関係がおかしくなることはない」と指摘した。
  民主党の安井美沙子氏の質問に答えた。
   ──産経新聞/2011年3月8日(火)12時59分配信
   記事を素直に読めば、この時はまだ正式にTPP不参加を
  打ち出したわけではないことがわかる。菅総理は、いずれ、
  TPP不参加をアメリカと直談判して打ち出すつもりだった
  のだろう。そして、この記事か配信された3日後、東日本大
  震災は発生した。その巨大災害は日本に未曽有の被害を与え
  た。その被害は今後さらに拡大していくことは必至な情勢に
  なってしまった。やはり、トリガーを引いたのは菅総理自身
  なのだろう。           http://bit.ly/1WeQiY9
  ───────────────────────────

311を予告したと思われる動画サイト.jpg
311を予告したと思われる動画サイト
posted by 平野 浩 at 01:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベンジャミン・フルフォード氏の発言は、「話半分」以下に受け止めて下さい。 というのも、どこまでが事実で、どこからが氏の妄想なのか、とても曖昧だからです。

なぜ、ベンジャミン・フルフォード氏が世界経済を支配している闇の勢力を記事にして書いたら、その翌日に新潟県中越沖地震が起きるのですか? 実際は、新潟県中越沖地震が起きた後にベンジャミン・フルフォード氏が「後付」の妄想を述べたにすぎないのではありませんか?

よく考えてみてください。新潟県中越沖地震を人工的に起こすことよりも、闇の勢力の暗躍を暴露し続けるベンジャミン・フルフォード氏に対する脅迫・暴行・口封じをする方が先決ではありませんか?

ベンジャミン・フルフォード氏の人気取りのための冗談・妄想と、地震現象という客観的な事実・真実を区別して考えるべきです。 妄想と事実を一緒にして考えないで下さい。

世の中には、忍者を自称する風水師の「白峰」とか、念力で地震を引き起こせるとと公言する霊能力者とか、「私はキリスト以上の神だ」と断言したキチガイ婆とか、大勢いることを認識して欲しいものです。



Posted by 八木 at 2016年04月08日 03:56
竹中は陰謀論者だ。人工地震を思いつきのいいわけにしてる。新潟地震の的中はまぐれ当たりだ。陰謀論者が金融担当大臣やらパソナ会長やってたりするのは由々しき事態だ。
Posted by 総長 at 2016年04月08日 11:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック