2016年03月30日

●「HAARPと原爆の組合わせ攻撃」(EJ第4247号)

 2011年3月11日に発生した東日本大震災(311)には
不思議なことがたくさんあります。まず、地震そのものを観察し
てみることにします。
 311は、14時46分にマグニチュード9の地震(本震)が
発生した後、数秒以内に第2、第3、第4の3連発の余震が起き
ており、長さ500キロ、幅200キロの広域にわたり、地殻を
大きく動かしたのです。
 このときNHKの解説者は「3連発地震は自然地震ではありえ
ない」と発言していましたが、後から3連発地震を取り消し、単
発地震であったと発言を修正しています。なぜ、修正する必要が
あるのでしょうか。地震波形データは3連発地震を裏付けている
からです。おそらくある筋から発言を訂正するよう指示されたも
のと思われます。
 この地震がいかに常軌を逸していたか、米国の地質研究所は次
のように述べています。
─────────────────────────────
 「アメリカ地質調査所=USGS」は、この巨大地震で、日本
列島の位置が約2・4メートル移動したと報告している。それだ
けではない。1日が18マイクロ秒短くなり、軸の振幅が17セ
ンチ大きくなったという。
 これは地震の衝撃によって、自転の回転軸である南北の軸線か
ら約10メートルずれた位置にある「形状軸」という質量バラン
スの仮想線が地震で移動したことを意味している。つまり、東日
本大震災は陸地を動かし、時の流れを変え、さらには地軸を動か
すほど、すさまじいものだったのだ。    ──並木伸一郎著
           『恐怖の地震兵器/HAARP』/学研
─────────────────────────────
 USGSの表現でわかるように、311は尋常の規模の地震で
はないのです。新聞報道とは大きな差があることはわかると思い
ます。しかも、専門家の予想を完全に裏切った場所で発生してい
るのです。地震の専門家は、かなり以前から1923年の関東大
震災と同じ、東京に比較的近い断層帯での巨大地震を警戒してい
たのです。そのため、地震直後からネットではさまざまな疑惑が
飛び交ったのです。
 なかでも多かったのは「人為的なものではないか」というもの
や地震兵器によるものという情報も多くあったのです。しかし、
表のメディアではそういうことは一切報道されなかったのです。
なぜなら日本のメディアでは「人工地震」という言葉を使うこと
が禁止されていると思われるからです。昭和初期においては頻繁
に使っていたのにです。これについては2月1日付EJ第420
7号を参照してください。       http://bit.ly/1POmv7S
 このとき、民主党の梶川ゆきこ議員の次のツイートは実にスト
レートな表現でネットで拡散したのです。
─────────────────────────────
 今、日本は戦時下の非常事態にあることを認識すべき。自然界
ではありえない地震だということは、「人工地震」でネット検索
をかければ実証データがでてきます。なぜか、ここにリンクで貼
れないので、自分で確かめて下さい。日本のマスコミが報道する
ことだけを信じるな!が、私のつぶやきの意図です
                   http://bit.ly/22POYNg
─────────────────────────────
 もし、311が人工地震であったとすると、どのように起こし
たのでしょうか。これについて『恐怖の地震兵器/HAARP』
の著者である並木伸一郎氏は次のように書いています。
─────────────────────────────
 日本海溝の海底に原爆を仕掛けて、HAARPの電磁波で起爆
させ、地震を起こしたというのだ。つまり、これは核爆発による
4連続人工地震だった。それも深海ボーリングにより、深海地下
深く充填された原爆を爆破させた、というのである。
               ──並木伸一郎著の前掲書より
─────────────────────────────
 多くの人は、この表現を読むときっと引くと思います。「そん
な、馬鹿な!」といってね。しかし、冷静に事実を確かめてみる
ことにします。添付ファイルをご覧ください。
 このデータはNASAから公開されたものです。NASAの研
究スタッフが、人工衛星からの情報により、311の数日前から
電離層全体の電子量が非常に増加していることを明かしているの
です。上の図の色の濃い部分が大きく広がっていますが、これは
電子の数が多いことを示しているのです。
 下の日本列島の3つの図(3月10日〜12日)の色の黒い部
分は、震源地の上空が加熱されていることを示しています。HA
ARPによる電磁波が原因である可能性が高いといえます。これ
について、並木伸一郎氏は次のように述べています。
─────────────────────────────
 電子量は地震が起きる数日前から増えはじめ、当日の3日前、
つまり3月8日に最大限に達したという。この事実は大気が加熱
していたことを表すものだ。研究スタッフによると、赤外線の放
出は電離層とその全体の電子量を増加させる。これは断層の岩石
のひずみと、大気と電離層が一体となつて不安定になった結果に
よるものだという。      ──並木伸一郎著の前掲書より
─────────────────────────────
 このデータによると、「311は原爆+HAARPによる人工
地震である」という説において、HAARPによって電離層を照
射し、震源地上空を加熱させることに関しては、それを裏付ける
NASAのデータがあるということになります。
 それなら原爆の方はどうなのでしょうか。日本海溝にボーリン
グして原爆を仕掛けるといいますが、外国の船が日本の領海の心
臓部に入ってこれるものなのでしょうか。これについては、明日
のEJで述べることにします。
          ────[現代は陰謀論の時代/060]

≪画像および関連情報≫
 ●東日本大震災は人工地震だった
  ───────────────────────────
   1万5千人以上もの死者を出した東日本大震災。あれから
  早くも3年もの歳月が流れました。家族や友人・知人を失っ
  た方にとってみれば、本当に苦しみと悲しみ、そして悔しさ
  と無念さに満ちた時を過ごされたのではないかと思います。
   私はこの地震について、常々ネットで騒がれている奇妙な
  噂話にいつも心が動揺させられてきました。あの東日本大震
  災は人工地震であり、自然に起きた現象ではないというもの
  です。大手マスコミの報道するテレビのニュースや新聞しか
  見ない人にとってみれば、そんな話は単なる眉唾にしか聞こ
  えないかも知れません。
   しかし、ネットに流れている噂話の中には、正論だと思わ
  されるような様々な根拠が提示されていました。火のないと
  ころに煙は立たないと言われる通り、何の根拠もないデマが
  ネット上でさも真実であるかのように語られるわけがないの
  です。私はどんなに他人が眉唾だと思うような噂話であって
  も、頭から否定したりするようなことは絶対にしません。ど
  んな噂話であろうとも、それが真実か虚構なのかはっきりと
  するまでは徹底的に調べます。それが私の生まれもった性質
  なのです。ですから、その噂話についても、私は徹底的に調
  べました。その結果、その噂話はほぼ真実であろうという結
  論に達しました。         http://bit.ly/1Se71VY
  ───────────────────────────
 ●図出典/並木伸一郎著の前掲書より

311の電離層における電子分布図.jpg
311の電離層における電子分布図
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■東日本大震災は、世界の地震観測史上4番めの巨大地震でしたが、これら全ては地震兵器によるものですよね? ←そんなわけない

1番 1960年 5月チリ地震 Mw9.5
2番 1964年 3月アラスカ地震 Mw9.2
3番 2004年12月スマトラ島沖地震 Mw9.1
4番 1952年11月カムチャッカ半島地震 Mw9.0
4番 2011年 3月東日本大地震 Mw9.0


■2013年11月20日未明に小笠原諸島の西之島の南南東500mで噴火があり、新しい陸地が出現したが、これも地震兵器によるものですよね?  ←そんなわけない



■2015年10月23日の地震 https://www.youtube.com/watch?v=YngYH1i8Ft8 
10月23日の24時間内に11300キロ(7000マイル)も震源地が移動した、従来の地質学の常識が通用しない宇宙的規模の大地震が起きました。 その震度はM5.5〜M6.0以上であり、震源の深さは約10キロでしたが、これも掘削船が埋め込み易い約10キロの深さであるため、地震兵器によるものですよね? ←そんなわけない


宇宙や自然の驚異的なパワーをなめて、「あれも、これも人工地震だ!」と言っていると、「たかが人間が、宇宙や自然という人智を超越した未知の部分が大きい存在を、そこまで自由に思い通りにできるという考え自体が、傲岸不遜な人間の考え方だ」と、幅広い科学知識のある識者たちから怒られますよ!  ←その通り
Posted by WORLD RED ARMY at 2016年03月30日 08:07
陸軍の登戸研究所で行われていた実験で、気になるものがあることを知りました。

  ▼「く」号研究――(電波で、遠方の目的物を破壊、殺傷する兵器の研究)
  ▼「雷」の研究―(大気中で発生する「雷」現象を兵器に利用する研究)

「く」号研究(怪力電波=とうじの表記で「くわいりき電波」)を使用した兵器。
『この研究は一定の空間を電波による電力搬送を行い、目的物を破壊、殺傷する兵器を開発することで、遠方の人間を電波で殺傷する (中略) ついに入力六〇kWの電力で空間距離五m先のモルモットを殺す事に成功し、初期の成果が確認された。』
 この”初期の”成果は、1940年の時点で確認されていたということです。

http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/backnumber/17/wada_noborito.htm
Posted by 松尾 at 2016年04月09日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック