2016年03月29日

●「HAARPが関わっている3地震」(EJ第4246号)

 ハリケーン「カトリーナ」に対するブッシュ・ジュニア政権の
信じがたい対応の不可解さについて、昨日のEJでその一端を明
らかにしました。米国は自国民に対してさえそういう対応をする
国です。ましてや外国である日本に対して気象兵器を使うことを
米国が躊躇うことはありえないことです。
 ここまで49回にわたって陰謀論について書いてきましたが、
以後の展開として、東日本大震災──311に米国が介在してい
ないかどうかについての情報──少なくとも状況証拠を整理して
いきます。さらにそういうことを仕掛ける「陰の権力機構」の実
体をできる限り明らかにしていきたいと考えています。
 それは米国というよりも、米国の社会機構のすべてを支配し、
国全体を牛耳る権力機構というべきです。既に911に関しては
「スカル&ボーンズ」という陰の権力機構の存在が明確になりつ
つあります。
 3月22日にベルギーで起きた痛ましいテロ。これらのテロは
911を起点として起きています。ブッシュ政権はある目的のた
めに樹立された政権であるといわれています。その目的の1つが
911なのです。そのバックには、スカル&ボーンズが介在して
います。このスカル&ボーンズは、ロックフェラーやロスチャイ
ルドを超える秘密結社となっています。
 ブッシュ・ジュニアは、このスカル&ボーンズの秘密結社の一
員です。この秘密結社については改めてご紹介しますが、現オバ
マ政権のジョン・ケリー国務長官も、スカル&ボーンズの一員で
す。2004年の米大統領選は、同じ秘密結社同士のブッシュ対
ケリーの間で争われたことになります。
 さて、秘密結社のことはさておき、米国のHAARPによる人
工地震ではないかと疑われている地震が3つあります。
─────────────────────────────
    1.スマトラ沖地震/2004年12月25日
      マグニチュード9・0
    2.中国四川省地震/2008年 5月12日
      マグニチュード8・0
    3.  ハイチ地震/2010年 1月12日
      マグニチュード7・0
─────────────────────────────
 「1」のスマトラ沖地震については既に何回も述べていますが
この地震について時事AFPは次のように報道しています。それ
はマグニチュード9・0という途方もない巨大な地震だったから
と、世界中でけっして津波は起こらないという東南アジアで大津
波が発生したことです。ちなみにこの地震のエネルギーは、阪神
大震災の実に140倍という規模に匹敵します。
─────────────────────────────
  環境兵器か?異星人か?闇の支配者による仕業か・・
                   ──時事AFP
─────────────────────────────
 きわめて陰謀論的なタイトルです。なぜ、こういうタイトルに
なったかというと、これまで地球ではマグニチュード8以上の地
震は起きないといわれてきたのです。なぜなら、それ以上である
と、地球の地殻が耐えられないからです。
 「2」の中国四川省の地震では、地震発生の約30分前に虹色
の雲が観測され、10分前にも同様の雲が出現しています。この
ような怪雲は、HAARPなどの地震兵器によって照射された電
磁波が作り出したものといわれています。この地震では、台湾気
象台によると、被害地域の上空の電離層が50%という極端な比
率で上下運動を起こしていたことが判明しています。
 「3」のハイチ地震でも地震が起きる前日に、怪光が上空に出
現しています。この地震が起きてから11日後の1月23日に、
ベネズエラのウゴ・チャべス大統領は、次のように米国を名指し
で批判して、その過激な発言でマスメディアを驚かせています。
─────────────────────────────
 ハイチの地震は、アメリカの兵器が原点だ!アメリカはハイチ
の沖合で、地殻構造を震撼させる武器のテストをしたのだ。これ
は他国、つまりイランを攻撃するために開発している地震兵器に
よるものだ。              ──チャペス大統領
            ──並木伸一郎著『恐怖の地震兵器/
                    HAARP』/学研
─────────────────────────────
 きわめてストレートな発言です。チャべス大統領は、この情報
をロシアから得ているといわれています。ロシアは、2008年
以来、ロシアの北洋艦隊がカリブ海域における米海軍の動向を監
視しているといわれています。
 もし、これらの地震がすべて米国のHAARPによるものとす
ると、米国は計画的に実験を重ねながら、人工地震兵器の性能を
着実に向上させてきているといえます。2004年、2008年
2010年ときて、その次が2011年の東日本大震災、311
になるというわけです。
 ところで中国四川省には、軍事研究施設、核兵器の保管施設、
ロケットの発射施設などの重要施設のある場所です。もし米国が
HAARPを使って起こした地震であるとしたら、そこをピンポ
イントで狙ったものと思われます。しかも、北京オリンピックの
88日前というタイミングです。
 中国はオリンピックに合わせて有人ロケットを打ち上げ、月面
着陸を果たし、宇宙空間での覇権を目指すという情報が流れてお
り、米国はそれが気に入らなかったものと思われます。ロケット
は四川省の発射施設で行われるので、地震を起こすことによって
その計画を潰す意図があったのではないかといわれています。
 中国は2010年2月に、民間機を使って米国国内にケムトレ
イルという手段で化学物質を上空にばら撒き、その結果、米国は
記録外れの大雪に見舞われています。これは、米国に対する地震
の報復と思われます。────[現代は陰謀論の時代/059]

≪画像および関連情報≫
 ●HAARPが使用されたのではないかという疑い
  ───────────────────────────
   事実を積み重ねた結果、「戦後の日本では、自民党在籍経
  験のない極左政治家が首相になると大勢の国民が天災で死亡
  するという結論に至った」と述べられています。
   例えば、日本社会党委員長の片山哲が内閣総理大臣であっ
  た時、カスリーン台風が1947年9月に発生し、関東地方
  や東北地方に大きな災害をもたらしました。死者は1077
  名、行方不明者は853名、その他、罹災者は40万人を超
  えたそうです。
   また、日本社会党の村山富市が内閣総理大臣だった時に阪
  神大震災が1995年1月17日に発生しました。その時、
  死者6434名に及びました。
   また、民主党の菅直人が内閣総理大臣だった時に2014
  年3月11日東日本大震災が発生し、死者15861人、行
  方不明者2939人となりました。
   自由民主党の大半の議員、及び中央省庁の高級官僚の多く
  は親米保守の立場を取るとされています。しかし、とりわけ
  日本に大きなダメージを与えた大地震がどちらも、左派の政
  治家が政権をとっている時に起きたというのは、意図的なも
  のを感じます。このことは、その災害が人為的なものであり
  政治的な意図を持って引き起こされていることを示している
  のではないかと思いました。このことは、アメリカが自分が
  望まない政党の場合は、とりわけ、HAARPで災害を起こ
  す可能性が高くなるのではないかと思いました。
                   http://bit.ly/1q7jAvK
  ───────────────────────────

ウゴ・チャベス大統領.png
ウゴ・チャベス大統領
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地震雲、奇怪な光、地上の電磁波の異常・・・これらは、多くの地震予知研究家たちによって数十年前から指摘されてきました。 ですから、日本国に対するHAARP使用の状況証拠にさえならないでしょう。

また、宇宙的な変動が観測されています。 例えば、太陽と地球の地磁気の移動と多極化です。 宇宙放射線と地震との因果関係は、「地球温暖化CO2説はウソ」で地上の水蒸気・雲の増大が原因であることを検証した人々によって既に公表されています。

それに、聖書などでは、この世の終末期になると、地震・天災・戦争が頻発すると預言されてきました。

人智を超えた宇宙的規模での神の意思が作用しているとも言えます。従って、戦後日本に左翼政権ができた時に大震災が起きた、鎌倉時代の元寇の時に神風が吹いた・・・といったことも、「日本が神国であるためだ」とも言えるでしょう。 

だから、何でもかんでも、宇宙自然の摂理や神意を考慮せずに、唯物論的に「人工的に引き起こされた自然現象だ」と判断することは愚かしく感じませんか?
Posted by 八木 at 2016年03月29日 07:28
このひと、雇われてる?
Posted by くま at 2016年03月29日 14:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック