2016年01月20日

●「偶然の一致も重なると真実になる」(EJ第4199号)

 2011年3月11日──東日本大震災が起きた日です。この
直後に中国のネット上に、ある数式が掲載され、中国を中心にか
なり幅広く拡散しました。その数式をご紹介します。
─────────────────────────────
    ◎中国四川大地震/2008年 5月20日
          2008+5+12=2025
    ◎ 東日本大震災/2011年 3月11日
          2011+3+11=2025
─────────────────────────────
 「ぴったり一致するのは凄い」というわけです。でもこんなも
のは単なる偶然の一致に過ぎないと思います。「凄い」といって
騒ぐほどのことではありません。
 それでは、次の地震のデータの一致はどうでしょうか。3つの
地震はいずれも17日に発生しています。これは四川大地震と東
日本大震災よりは、ちょっと「凄い」といえないでしょうか。
─────────────────────────────
   @ロサンゼルス地震   1989年10月17日
   A阪神淡路大震災    1994年 1月17日
   Bサンフランシスコ地震 1995年 1月17日
─────────────────────────────
 それに地震ではありませんが、「911」と「311」もよく
似ています。これも比較してみます。
─────────────────────────────
    ◎911同時多発テロ
     2001年 9月11日/午前8時46分
    ◎311同時多発地震 
     2011年 3月11日/午後2時46分
─────────────────────────────
 「911」についてはEJで一度取り上げていますが、その後
新事実が続々と出てきています。そのなかで際立っているのは飛
行機がビルに突っ込んだ映像はCGだというのです。まさかと思
いますが、最近ではそのことについて否定しない人が多くなって
いるといわれます。米国の自作自演のテロ説です。
 飛行機がビルに突っ込む映像は世界中の人が見ています。私も
ニュースでその映像を見ましたし、その後何回も見ています。し
かしあの映像は誰が撮ったのでしょうか。あのシーンを現場近く
でナマで見た人は本当にいるのでしょうか。
 既出の内海聡氏は、「911」について次のように述べていま
す。常識で考えれば、内海氏のいう通りであると思います。
─────────────────────────────
 あの日、ニューヨークのツインタワーに、何十メートルもの飛
行機が突っ込んだ(本当は突っ込んでいないかもしれないが)。
たしかに大惨事だ。しかしなぜツインタワーは両方とも、まるで
ビルの爆破解体のように上から順に崩れたのだろう。火災対策、
テロ対策がしっかり施され、どんな地震にも耐えるよう設計され
た頑丈なビルが、なぜきれいに全壊したのか。誰か私より建築学
にくわしい人に説明してもらいたい。
 仮に崩れるとしても、子どもだったらどう考えるか。おそらく
突っ込んだ場所からポキッと折れ、上の部分が落ちてくると考え
るだろう。それが自然な発想というものだ。
 無人飛行機が突っ込んだにせよ、CGで突っ込んだかのように
見せかけられたにせよ、そんなことはどうでもいい。些末な枝葉
の話はどうでもよく、何が真実かを見きわめようとする目があれ
ばよい。(彼ら)にだまされないためには、根幹に横たわる「お
かしさ」に気づくことさえできればいいのだ。  ──内海聡著
 『99%の人が知らない/この世界の秘密』/イーストプレス
─────────────────────────────
 「911」に関してもうひとつ情報があります。元米ユタ州ブ
リガムヤング大学教授のスティーブン・ジョーンズ氏という学者
がいます。例の常温核融合研究の第一人者ですが、この技術を表
に出したくない勢力から、エセ学者とレッテルを貼られ、同じ常
温核融合の研究をしていた英サンプトン大学のマーティン・フラ
イシュマン教授と米ユタ大学のスタンレー・ポンズ教授と一緒に
追放された学者です。
 この常温核融合技術は既に完成されており、既に何かに使われ
ているはずですが、まだ表には出ていないのです。その常温額融
合の権威であるジョーンズ氏が、どのような経緯で「911」の
現場に来たかはわかりませんが、現場で精査し、次の証言を行っ
ているのです。
─────────────────────────────
 「911」におけるツインタワービルの崩壊は、ハイジャック
による飛行機の衝突ではなく、爆弾による制御解体に間違いはな
い。ビルの地下の溶けた金属を調べると、瞬間的に鋼鉄を切断す
るさいに使われる「テルミット」のような、高熱を発する爆発物
の痕跡を発見した。「911」が自作自演のテロである可能性を
指摘できる。(要約)   ──ベンジャミン・フルフォード著
    『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術/現代編』
                    イースト・プレス刊
─────────────────────────────
 もうひとつ不思議なことがあります。「911」と「311」
──2つを比較すると、10年の時をあけてピッタリ6ヶ月差、
6時間差です。しかも、太平洋戦争終戦時から数えて66年目で
す。この一致も偶然の一致であるとあなたは考えますか。
 「666」といえば、近いのは東京スカイツリーの「634メ
ートル」があります。少し足りないようです。しかし地下は32
メートルといわれます。634メートルの高さの建物を支えるの
には、建築工学的には32メートルの土台部分が必要になるとい
うのです。これも、きっと「偶然の一致」ということになるので
しょうか。この世の中にはこういう偶然の一致があまりにも多く
存在するのです。    ──[現代は陰謀論の時代/012]

≪画像および関連情報≫
 ●「46」と「11」の謎を探る
  ───────────────────────────
   2014年4月1日にチリ・イキケ沖で発生したM8・2
  の巨大地震は6人の死者を出し、ハワイや東日本各地に津波
  をもたらした。この地震が発生した20時46分という時刻
  が、一部のネットユーザーの間で話題になっている。という
  のも、東日本大震災の発生時刻である14時46分と、同じ
  「46」に起きているためだ。これだけならば、単なる偶然
  の一致と誰もが思うだろう。だが、それだけではない。近年
  発生した以下の大地震・大事件が、不思議と「46分」に起
  きていたのだ。
   ・1995/01/17/ 5:46/阪神淡路大震災
   ・2001/09/11/ 8:46/米同時多発テロ
   ・2011/03/11/14:46/ 東日本大震災
   ・2014/04/01/20:46/   チリ地震
   このように、日本に甚大な被害をもたらした2つの大震災
  と、米国同時多発テロ、そして今回のチリ地震が、いずれも
  「46分」に発生していることは、単なる偶然とは考え難い
  ものがある。偶然にもすべて同じ「46分」に起きる確率は
  限りなく低いのではないか。
   「46分」の一致以外に、頻繁に見られる「11」という
  数字も、陰謀論を好む人々の関心の対象となっている。米国
  同時多発テロで、アメリカン航空11便が、110階建ての
  ツインタワー北棟に激突したのは、NY時間の2001年9
  月11日8時46分のことだったが、ご覧のとおり「11」
  の数字が実に3度も出現している。東日本大震災が起きたの
  は2011年3月11日、と「11」の数字が2度出現。阪
  神淡路大震災も1月17日に発生と見方によっては「11」
  が含まれている。         http://bit.ly/1JbWOeL
  ───────────────────────────

内海聡氏の本.jpg
内海 聡氏の本
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 現代は陰謀論の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
数字の偶然の一致は、あらゆる現象にみられます。人間が気づくか、気づかないか、という違いにすぎません。なぜなら、この現象世界に発生した自然現象・事件・事故・紛争は、心霊現象と同じく「霊」が司っているためです。例えば、この事実に気づいて研究した人々に心理学者のジョン・C・リリー博士などがいます。彼は、「霊」の働きを「地球暗号制御局」と名付けました。私にも数字の偶然の一致は頻繁に起きます。出張先のホテルの部屋番号が自分の生年月日・車のナンバーだったこと。車を運転していて交差点で止まるたびに前の車のナンバーが1111、2222、3333、4444のゾロ目になるとか不吉な語呂合わせになること、などです。 そういえば、最近、ブログを何気なくアップした時の日時が1月1日9時11分でした。つまり、真の陰謀組織があるにせよ、その陰謀組織の行動のタイミングを操って調整しているのは「霊」なのです。この現象世界の不思議な真理を理解するためには、精神と霊の周波数を高めないとなれません。キリスト伝道師のブログ『自由への扉』の「啓示」と「電磁波」のページにも詳しく書いてありました。
Posted by BSQ at 2016年01月20日 21:22
四川大地震(2008年5月12日)は、2008年8月8日PM8:00の北京五輪開会式から数えて88日前に起きています。
これも偶然でしょうかね。
Posted by 田中 at 2016年01月21日 14:16
偶然というよりも、「霊」が定めた運命でしょう。森羅万象が、この「霊」の働きの制御下にあります。 例えば、妃殿下のオワダマサコ、カワシマキコの両者の名前が一文字づつ相互に絡み合う運命にあったこと。これは、陰謀組織が計画した現象ではなく、神霊の働きによる言霊・数霊の現象でしょう。 全宇宙の秩序の創造・維持・破壊から微小な光子の動き、ウィルスの動き、原子の動きに至るまでの一切の森羅万象は、人智を超えた神による完璧な制御の下に成立しているようです。そして、「天使か悪魔の、どちらかの霊的な意志が反映されている」と聞きました。 神霊に詳しい人が見れば、偶然ではなく、何らかの意味を持つ運命なのでしょうね。
Posted by BSQ at 2016年01月22日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック