2015年09月16日

●「ケルヴランの『生体元素転換説』」(EJ第4121号)

 「食は血となり肉となる」という千島学説の腸管造血説が正し
いということになると、食生活を含めた日常生活がきわめて大事
になってきます。
 この「食べる」ということに関連して、科学者を悩ませている
ある謎があります。それは、「ニワトリと卵」の命題です。舩瀬
俊介氏の本から引用します。
─────────────────────────────
 ニワトリが菜っ葉を食べて卵を生む。ただ、それだけなのに、
不思議な現象が存在する。エサの菜っ葉に含まれるカルシウムを
1グラムとする。
 ところが産まれたタマゴは殻を持つのでカルシウムは11グラ
ム。差し引き10グラムのカルシウムは、いったいどこから来た
のだろう?小学校1年生レベルのクイズだ。しかし、なんと現代
科学はこの素朴な問いにいまだ答えることはできない。
                      ──船瀬俊介著
        『STAP細胞の正体/「再生医療は幻想だ」
             復活!千島・森下学説』/花伝社刊
─────────────────────────────
 考えられることはひとつしかないのです。カルシウムがニワト
リの体内で生じたのです。そんなことがありうるでしょうか。
 フランスの生化学者のルイ・ケルヴランは、この現象について
次のように述べています。
─────────────────────────────
 その現象は、菜っ葉の成分のカリウムが、カルシウムに元素
 転換したのである。        ──ルイ・ケルヴラン
               ──船瀬俊介著の前掲書より
─────────────────────────────
 ルイ・ケルヴラン(1901〜1983)は、生体内における
酵素やバクテリアの作用によって、ひとつの元素が別の元素に転
換するという生物学的元素転換という理論を提唱したことで知ら
れる学者です。
 ケルヴランは、フランス政府の命令でサハラ砂漠に赴任して、
そこで働く労働者の「食物と排泄」について研究をしていたので
す。そのとき、「ニワトリと卵の命題」と同じ現象に突きあたる
のです。それは、生体に吸収される元素と、排泄される元素の帳
尻が合わないという現象です。
 たとえば、食物で摂取した以上のカリウムが排泄物から検出さ
れるという現象です。研究の結果、ケルヴランは、それは、食物
中のナトリウムが体内でカリウムに元素転換したのではないかと
考えたのです。そこでケルヴランは、それを論文として著作にま
とめています。このケルヴランの本は、1962年に玄米正食マ
クロビオテックの提唱者である桜沢如一氏によって、次の書物に
翻訳されています。
─────────────────────────────
        ルイ・ケルヴラン著/桜沢如一訳
      「生体による原子転換」/日本CI刊
            http://amzn.to/1ikBpDL
─────────────────────────────
 「ニワトリと卵」の命題に関連して、もうひとつ重要な命題が
あります。それは「植物と動物」の関連の立証です。
─────────────────────────────
   「緑」の草を食べて、どうして「赤」の血が生ずるか
              ──船瀬俊介著の前掲書より
─────────────────────────────
 動物は緑の植物を食べて赤い血を得ています。食べ物が血にな
るという腸管造血説に立つと、体内において、「葉禄素」(クロ
ロフィル)が「血色素」(ヘモグロビン)に転換していることに
なります。
 実は、「葉禄素」(クロロフィル)と「血色素」(ヘモグロビ
ン)の分子式は、添付ファイルにあるように、酷似しています。
異なるのは、中枢に位置する金属元素が違う点だけです。金属元
素は次のように異なっています。
─────────────────────────────
   クロロフィル(葉禄素) ・・・・ マグネシウム
   ヘモグロビン(赤色素) ・・・・      鉄
─────────────────────────────
 これによって次のことが考えられます。ケルヴランの生体元素
転換説が正しいとすると、動物の食べる植物が、生体内でマグネ
シウムが鉄に元素転換されることによって、クロロフィルからヘ
モグロビンが生成されることになります。
 これについて千島学説の研究者である忰山紀一氏は、自著で千
島学説とケルヴランの生体内元素転換説には接点があるとして、
次のように述べています。
─────────────────────────────
 クロロフィールとヘモグロビンは、両者とも4つのピロールリ
ングが結合していて、単なる偶然の類似ではなさそうである。葉
緑素と血色素、すなわちクロロフィールがヘモグロビンに転換す
るということが理解できれば、草食動物が草だけを食べていて、
あの巨大な肉体を形成していることの謎が解ける。(中略)この
二つの学説は接点がある。それは、ケルブラン説は原子レベルに
おける転換であり、千島説は細胞レベルの転換ということで、ど
ちらも変化ということを基本にしている点である。
                      ──忰山紀一著
      『よみがえる千島学説/間違いだらけの現代医療』
                   http://bit.ly/1PYoIsF
─────────────────────────────
 しかし、ケルヴランの「生体内元素転換説」は、千島学説と同
様に、ロックフエラーなどの医療マフィアによって抹殺されたの
です。なぜなら、もしこれを認めるとそれまでの生物学や医学は
成り立たなくなるからです。── [STAP細胞事件/094]

≪画像および関連情報≫
 ●最後の錬金術師/ルイ・ケルヴラン
  ───────────────────────────
   ルイ・ケルヴランがその死の間際まで追究し、そして私た
  ちに残したもの、それは「生物学的元素転換」と「微量エネ
  ルギー元素転換」という二つの命題である。
   生物学的元素転換とは、長年の研究によってケルヴランが
  見出した特殊な生体作用による現象で、生体内における酵素
  やバクテリアの介在によって一つの元素がまったく別の元素
  に転換するという現象と定義することができる。
   たとえば人体にはアミラーゼやプロテアーゼなどの様々な
  酵素が存在しており、生体内の代謝物質を処理する多様な化
  学反応を行なっている。ところがケルヴランによると、こう
  した酵素のあるものは温度やpHなどの特殊な条件の下では
  原子核レベルの反応を生じることがあり、それは原子核物理
  学でいうところの核融合・核分裂に相当する現象だというの
  である。一方微量エネルギー元素転換とは、このような元素
  転換の概念が地質学における変成作用や続成作用、鉱物の相
  転移などに適用されたものである。ケルヴランと後の共同研
  究者のG・シューベルによると、地表面では主に微生物によ
  る元素転換が岩石の変質作用などを生じ、地殻深部では高温
  ・高圧による花崗岩化作用や変成作用として微量エネルギー
  元素転換が生じているというのである。
    http://bit.ly/1FDcDnn
  ───────────────────────────
●図の出典/──船瀬俊介著の前掲書/250ページより

緑の植物が赤い血になる謎.jpg
緑の植物が赤い血になる謎
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | STAP細胞事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary