2015年04月16日

●「『高橋洋一対小幡績』の激論対決」(EJ第4017号)

 『激論!クロスファイア』という番組があります。田原総一朗
氏が司会をする討論番組です。土曜日のBS朝日の午前10時〜
11時に放送されます。ほとんどは政治討論ですが、そうでない
テーマのときもあります。
 2015年4月11日には、次のテーマで高橋洋一氏と小幡績
氏が対決して討論が行われたのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
  ◎検証!3年目のアベノミクス/激論!クロスファイア
                高橋洋一/嘉悦大学教授
          小幡 績/慶応義塾大学大学院准教授
   2015年4月11日/ 【動画】http://bit.ly/1yjdjzN
―――――――――――――――――――――――――――――
 これはアベノミクス推進派と反対派の対決です。高橋洋一氏は
安倍首相のアドバイザーも務めるアベノミクスの推進派であり、
小幡績氏は安倍政権が発足し、アベノミクスが開始されるとすぐ
『リフレはヤバい』(ディスカヴァー携書)を上梓し、リフレ政
策を強く批判する論陣を張った経済学者です。
 注目すべきは、高橋、小幡の両氏は、ともに財務省出身である
ということです。財務省の出身者は、財務省を離れた後も財務省
の不文律というか、戒律というか、財務省にとって不利になるこ
とは絶対に発言しないものです。その代わり、それを守っていれ
ば、就職の斡旋など、いろいろなかたちでの支援が受けられると
いわれています。
 しかし、高橋氏は財務省の不文律を守らないことで知られてい
ます。「埋蔵金」の存在を明かしたのも高橋氏であり、財務省の
秘密を明かしてしまうので、財務省からはとことん嫌われていま
す。私は高橋氏の著作やブログ、夕刊紙の連載などはほとんど目
を通していますが、彼が述べていることは本当のことであり、と
ても参考になっています。
 そういう意味で「高橋VS小幡」対決は非常に興味深く、アベ
ノミクスの成否を知る興味深い論戦になっています。しかもこの
対決のすべてを約47分の動画で見ることができます。URLを
クリックすれば動画がスタートします。なお、こうした動画はテ
レビ局の都合で削除されることがありますので、なるべく早くご
覧になっていただきたいと思います。
 討論の概要について述べます。まず、小幡績氏は次のフリップ
を掲げて、アベノミクスの問題点を6つ上げています。
―――――――――――――――――――――――――――――
   ≪アベノミクスの問題点≫
   1.        円安は日本経済にマイナス
   2.        インフレは経済にマイナス
   3.    「デフレ脱却」とは呪文に過ぎない
   4.    国債大量買い入れは金融市場を壊す
   5.    景気対策、消費刺激は経済成長阻害
   6.復古主義経済政策、高度成長は戻ってこない
―――――――――――――――――――――――――――――
 小幡氏は、現在景気は回復しているといいます。株が上がって
いるからです。しかし、それはアベノミクスのせいではなく、金
融緩和なんかしなくても景気は回復したというのです。現在の景
気回復は、景気循環によるそれであり、アベノミクスは20%程
度しか貢献していないと主張します。
 その20%というのは、安倍首相が「デフレ脱却」という呪文
を唱えたからであり、この呪文が効いて株価が上がったというの
です。しかし、その副作用として「円安」になり、「インフレ」
を目指していますが、これは経済にとってマイナスである──小
幡氏はこういうのです。
 小幡氏は「円安/インフレ」は最悪であり、「円高/デフレ」
がよいと主張します。そして景気が回復し、雇用も改善している
のであるから、金融緩和の継続をストップし、出口を探るべきで
あるといいます。
 これに対して、高橋洋一氏は、民主党政権時と安倍政権時の経
済指標の変化を示す次のフリップを使い、経済指標は大きく改善
していると主張します。何よりも就業者数の改善がその大きな成
果で、これによって増収が期待できるというのです。なお、下記
数値の「消費者物価指数」は増税分を引くとゼロになり、消費支
出が低迷しているのも増税の影響であるといいます。
―――――――――――――――――――――――――――――
 ≪安倍政権「経済指標」の変化≫
          12.12  15. 4. 9  変化
 日経平均株価 1万0230円   1万9937円  株高
     為替     85円      120円  円安
消費者物価指数   −0・2%      2・0%  上昇
 有効求人倍率   0・83倍     1・15倍  改善
    失業率    4・3%      3・5%  改善
 実質消費支出   −0・7%     −2・9%  低迷
―――――――――――――――――――――――――――――
 2人の討論を聞いていると、小幡氏の主張が非常に説得力のな
いことがわかります。彼は金融緩和を中止し、恵まれ過ぎている
年金の支給率を下げて歳出を削減し、消費税を15〜20%に引
き上げることを主張しています。要するに小幡氏は、財務官僚そ
のものであり、その主張も財務省の思想と同じです。
 高橋氏は多くを語りませんが、その主張には強い説得力があり
ます。消費税の増税などしなくてもアベノミクスで雇用の改善を
進めれば、増税分はそれによる増収で賄えるというのです。
 最後のところで「1000兆円の政府の借金」の話になります
が、その説得力の差は歴然としています。財務省の作成する対G
DP200%を超える日本政府の大借金は、各国の純債務を日本
だけ粗債務で比較したもので、財務省が増税の説得のために借金
を嵩上げした結果であることがわかります。動画を最後まで視聴
されることをお勧めします。── [検証!アベノミクス/99]

≪画像および関連情報≫
 ●「小幡氏はなぜ無意味な金融緩和批判をするのか」
  ―――――――――――――――――――――――――――
  2014年10月31日の日銀・黒田東彦総裁の記者会見を
  見た。じっくり見た。やはりこの人は筋金入りの戦略家だ。
  経済学の知見をよく理解していて主張は一貫している。昨年
  4月4日の異次元緩和から、何もぶれていない。やはり愛国
  官庁大蔵省の本流、聞きしに勝る愛国者という話は大げさで
  はない。今回の追加緩和を「今回の日銀の金融政策決定会合
  においては、彼の結論も打ち出した政策も間違っている。何
  のための追加緩和なのか。量的質的緩和の拡大は何のためな
  のか。何のためにもならない金融緩和策を打ち出したのは、
  なぜなのか。(東洋経済オンライン『黒田総裁は天才かつ秀
  才だが、間違っている』)」などと批判をしている学者がい
  る。慶応大学の小幡氏である。彼は経済の基本がわかってい
  ないのではないか。そういう疑問がわいてきた。ハーバード
  大学で博士号を取ったそうだが、経済については理解してい
  ない。そう思わざるを得ない。小幡氏は言う、「今回の追加
  緩和は大きなサプライズだった。日経平均株価は755円も
  の上昇となり、GPIFネタで200円程度上げていたこと
  もあったが、そこからさらに500円上げた。これはまさに
  サプライズだった。そして、これは、追加緩和を自分の都合
  で要求していた短期筋の海外投機家にとっても同じだった。
  まさか、今だって?そういう声が聞こえそうな、金曜の午後
  1時過ぎの暴騰だった」。     http://bit.ly/1x3L5ao
  ―――――――――――――――――――――――――――

「高橋洋一VS小幡績」.jpg
「高橋 洋一VS小幡 績」
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(1) | TrackBack(0) | アベノミクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高橋氏が厚生年金を納めない業者が多いからと言っていました。やはり、安売り競争が日本経済をしぼめているのでは?そうなると、どこかで補わなければならない。私には小幡氏のほうが説得があるように感じました。
Posted by どうなん at 2015年04月17日 02:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary