2014年08月04日

●「『新世界秩序』とロックフェラー」(EJ第3846号)

 三極委員会は、とかく陰謀論的なものとしてとらえられます。
ところで、陰謀論とは何でしょうか。英国のジャーナリスト、デ
イヴィッド・アーノロビッチは「偶然、あるいは意図せずして起
こった可能性の高い出来事を、計画的な働きかけのせいにするこ
と」と定義しています。
 先日、田中聡氏による『陰謀論の正体!』という本を読んだの
ですが、そこに陰謀論の定義に関して、次のような記述があった
のでご紹介します。「新世界秩序」が出てきます。
―――――――――――――――――――――――――――――
 今日でも、共産主義者についての陰謀論は健在である。ただし
 多くの場合、ユダヤ陰謀論や新世界秩序の陰謀論の一環として
 の位置づけを持っており、世界権力の側(手先のようなもので
 あれ)にあるとみなされている。古くからある説なのだが、今
 ではこのような背景なしでは大きな脅威とみなされず、陰謀論
 としての条件を満たせない。         ──田中聡著
          『陰謀論の正体!』/幻冬舎新書/347
―――――――――――――――――――――――――――――
 当のD・ロックフェラーは、陰謀論うんぬんに対してどう思っ
ているのでしょうか。『回想録』/2003年にそれに関する次
の記述があります。彼はそれを肯定的にとらえています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 人々の中には、私たち一族がアメリカの国益に反して暗躍して
 いる秘密の陰謀団の一味であると信じている者もいたし、私の
 家族と私を指して「世界主義者」と呼んだり、他の世界の有力
 者と結託して、共同謀議をたくらみ、世界を政治的、経済的に
 統合して「ワンワールド政府」を作ろうとしていると考えてい
 る者さえいた。そのように彼らが批判するのであれば、私も甘
 んじてその追及に対して「有罪」であると認めよう。それどこ
 ろか、私はそのように言われることを誇りに思っている。
  ──デイヴィッド・ロックフェラー http://bit.ly/1xHwVHB
―――――――――――――――――――――――――――――
 少し話は脱線しますが、「666」が出てきたので、頭休めに
面白い話をご紹介することにします。聖書についてはEJで何度
も取り上げていますが、不思議な話がたくさんあるのです。
 「666」は、新約聖書「ヨハネの黙示録」第13章第18節
に次のように登場します。
―――――――――――――――――――――――――――――
 また、小さい者にも、大きい者にも、富んでいる者にも、貧し
 い者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々にその右の手
 かその額かに、刻印を受けさせた。また、その刻印、すなわち
 あの獣の名、またはその名の数字を持っている者以外は、だれ
 も、買うことも、売ることもできないようにした。ここに知恵
 が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その
 数字とは、人間をさすものである。そしてその数字は666で
 ある。      ──「ヨハネの黙示録」第13章第18節
―――――――――――――――――――――――――――――
 これは、どう考えても、現在では実現している指紋認証などの
生体認証のことをいっています。いうまでもないことながら、こ
の技術はコンピュータの高度な発達によって実現したものです。
それにしても、どうしてキリストの時代にこのようなことが書け
たのでしょうか。
 ものを買うお金にも「666」は密接に関係します。身近な例
を上げると、日本で使われている硬貨がそうです。硬貨は6種類
ありますが、それぞれの金額を足してみてください。
―――――――――――――――――――――――――――――
   1円+5円+10円+50円+100円+500円
   =666円
―――――――――――――――――――――――――――――
 続いて、アルファベットの「A」に6を設定し、以下6を足し
た数字を当てはめます。Aは6、Bは12、Cは18・・という
ようにです。結果の数字列は次のようになります。
―――――――――――――――――――――――――――――
  A ──   6 J ──  60 S ── 114
  B ──  12 K ──  66 T ── 120
  C ──  18 L ──  72 U ── 126
  D ──  24 M ──  78 V ── 132
  E ──  30 N ──  84 W ── 138
  F ──  36 O ──  90 X ── 144
  G ──  42 P ──  96 Y ── 150
  H ──  48 Q ── 102 Z ── 156
  I ──  54 R ── 108
―――――――――――――――――――――――――――――
 この数値を「COMPUTER」にそれぞれ当てはめて、総計
を出すと「666」になるのです。「ヨハネの黙示録」第13章
第18節に書かれていることは、コンピュータと不可欠な関係が
あるのです。硬貨の場合は偶然の一致ということもありますが、
これはかなり手がこんでいます。
―――――――――――――――――――――――――――――
          C ・・・  18
          O ・・・  90
          M ・・・  78
          P ・・・  96
          U ・・・ 126
          T ・・・ 120
          E ・・・  30
          R ・・・ 108
          ―――――――――
             総計 666
―――――――――――――――――――――――――――――
               ──[新自由主義の正体/60]

≪画像および関連情報≫
 ●獣の数字「666」の正体/「いつも一緒」ブログより
  ―――――――――――――――――――――――――――
  これまで人類は,この怪獣や666の正体に対して,いかなる
  アプローチをかけてきたのだろうか。ニュートンの極秘文書
  に触れる前の予備知識として少し見てみよう。(ニュートン
  の極秘文書の著者:中見利男)
  ニュートンが発見した「人類滅亡の法則」とは?「万有引力
  の法則」で知られるアイザック・ニュートンが、聖書に刻ま
  れた秘密の解読を試みた膨大な文書。それが、教会の追求を
  逃れるため220年間もの間封印されていた。この秘密文書
  には超機密事項が含まれた極秘文書が存在した!そこには、
  666と「最後の審判」に関するタブーが記されていたので
  ある。そして今、解き明かされる驚天動地の「最後の審判」
  と666の正体!ここに我々の常識がくつがえされる・・・
  怪獣たちの正体といくつかの仮説研究者によれば、赤い龍は
  ローマの象徴であるという。というのも、ローマ皇帝トラヤ
  ヌスはこれをローマ軍旗として棹の先に付けることを命じて
  おり、主に小隊に使用されたという。従って「赤い龍」とは
  キリスト教を迫害するローマとローマ軍の象徴であった。赤
  い龍の七つの頭とは、七つの丘や七人のローマ皇帝を指す。
  一般にはカエサル、アウグストウス、ティベリウス、カリグ
  ラ、クラウディヌス、ネロ、ガルバとされる。
                   http://bit.ly/1ka8qSE
  ―――――――――――――――――――――――――――

デイヴィッド・ロックフェラー.jpg
デイヴィッド・ロックフェラー
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新自由主義の正体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック