2013年10月15日

●「小沢謀殺の黒幕は最高裁事務総局」(EJ第3651号)

 小沢事件に関わる東京第5検察審査会の2回目の議決には多く
の謎があります。
―――――――――――――――――――――――――――――
 1.10月末日までに結論が出るだろうという情報をリークし
   ながら、急遽9月14日に議決している。
 2.この日は民主党の代表選当日であり、しかも、代表選の投
   票の開始される30分前に議決している。
 3.少なくとも9月14日の起訴議決までに、担当の斎藤隆博
   検察官が第5検察審査会に行っていない。
―――――――――――――――――――――――――――――
 なぜ、議決日を9月14日に急遽変更したかというと、民主党
代表選で小沢一郎氏が勝つ可能性が出てきたからです。もし、小
沢氏が14日に勝つと、小沢政権が発足し、起訴議決は出しにく
くなるからです。
 それなら、投票開始前に起訴議決を出して、その情報を流すこ
とによって議員の小沢票を減らし、小沢総理実現を阻むか、万一
それでも小沢氏が勝利したとしても、小沢政権発足前に起訴議決
を突き付けることができる──最高裁事務総局側にこういう判断
があったものと考えられます。
 民主党の代表選と最高裁事務総局がつながっているとは考えに
くいことですが、民主党の反小沢陣営と、法務省や弁護士会との
つながりはきわめて親密なのです。
 仙谷元官房長官と宇都宮健児日本弁護士連合会長(当時)とは
親密の仲であり、宇都宮氏は仙谷氏に政治献金も行っています。
また、当時菅直人陣営の選挙対策本部長を務めていた江田五月議
員は、竹崎博充最高裁長官と小学校から大学まで同窓であること
を山崎行太郎氏が次のように明かしています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 菅直人陣営の選挙対策本部長を務めていた江田五月議員は「鈴
 木宗男議員上告棄却」情報について、菅直人陣営の決起集会で
 こう発言した。「政治とカネの問題は過去の問題ではない。卒
 業するためにどういう選択があるか。答えは一つ、菅直人だ」
 ──「毎日新聞」/2010年9月9日付) これは明らかに
 小沢氏を念頭においた発言である。江田氏は仙谷由人元宮房長
 官らとともに民主党内の反小沢グループの中心人物だった。そ
 の江田氏は現在最高裁長官を務めている竹崎博充氏と小学校か
 ら大学(東大法学部)まで同窓だそうである。偶然だろうか。
 私には偶然とは思えない。鈴木宗男上告棄却情報が、「小沢潰
 し」のためのリーク情報であり、情報工作のための政治的リー
 ク情報であったことは間違いない。つまりこの裁判情報のリー
 ク事件もまた、最高裁によって仕掛けられた可能性があるとい
 うことだ。          ──志岐武彦/山崎行太郎著
     『最高裁の罠/the Trap for Ozawa』/K&Kプレス
―――――――――――――――――――――――――――――
 この竹崎博充最高裁長官は、2008年11月25日から現在
も現職にありますが、自民党の麻生内閣のときに就任しているの
です。しかも竹崎氏は最高裁事務総局育ちのエリート裁判官であ
り、小沢内閣阻止の動きと密接な関係があります。このように最
高裁は政権交代直前の自民党にも、菅内閣当時の民主党とも深い
つながりがあるのです。
 もし、9月14日の代表選の投票前に「小沢一郎2回目の『起
訴相当』議決」の情報が最高裁事務総局から、菅陣営の江田選挙
対策本部長に入ったら、どうなるでしょう。おそらく反小沢陣営
はもちろんのこと、中間派でどちらに入れるか迷っている議員に
対して一斉に情報が流されることは確実です。これが投票に影響
することはいうまでもないでしょう。
 このように考えてくると、小沢一郎謀殺事件がかなり以前から
相当周到に計画されたものであることがわかってきます。EJ第
3587号(2013年7月11日)でも指摘したように、それ
は麻生内閣のときからはじまっているのです。
 平野貞夫氏は、達増拓也岩手県知事の話を紹介するかたちで次
のように述べています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 自公政権の末期、政権交代を前に麻生首相が「小沢一郎は社会
 主義者である。こんな人物が支配する民主党に政権を委ねてい
 いのか」という発言をした。時の政権トップからこんな強烈な
 メッセージが発せられたら、官僚としては「これはまずい」、
 「なんとかトップの意を体して阻止しなくてはならない」と思
 い、小沢排除にあらゆる知恵をしぼり荷担しようとする。それ
 にもっともビビッドに反応したのが検察であったというのであ
 る。この達増知事の官僚論は説得力がある。たしかに他の省庁
 の官僚たち、とりわけ元財務省事務次官が菅政権と野田政権を
 裏でコントロールしたといわれ、それはそれで一部真実であろ
 うが、小沢謀殺をしそうし指南までしたとは考えにくい。むし
 ろその可能性がもつとも高いのは達増知事も指摘するように官
 僚機構の中の「元締め」を自負する検察であろう。
               ──平野貞夫著/ビジネス社刊
     『真説/小沢一郎謀殺事件/日本の危機は救えるか』
―――――――――――――――――――――――――――――
 ちなみに麻生首相(当時)は、「国民の生活が第一」の「5つ
の約束」(http://bit.ly/12jZI9A) を見て、「小沢は社会主義
者である」といったのです。
 実は、平野貞夫氏は官僚機構のなかの「元締め」を検察と述べ
ており、私もそう思っていたのですが、小沢謀殺の絵図を書いた
黒幕は検察ではなく、最高裁事務総局ではないかと思われるので
す。不可解なことをやっているのは検察だけではなく、裁判にお
いてもそれが何回も行われているからです。そうなると、検察と
裁判所と検察審査会のすべてを操れる組織といえば、最高裁事務
総局しかないからです。竹崎最高裁長官は麻生政権のときに就任
しているのです。     ─── [自民党でいいのか/73]

≪画像および関連情報≫
 ●小沢無罪判決前に竹崎博充最高裁長官が訪米/るいネット
  ―――――――――――――――――――――――――――
  東京高裁で小沢一郎に無罪判決が出た。最高裁は、責任を検
  察に押し付けて逃げたのだと思われる。しかし「小沢一郎」
  つぶし「政権交代つぶし」を裏で画策した「最高裁」、ない
  しは「最高裁事務総局」の政治的謀略の問題は、終わるわけ
  ではない。「小沢事件」と「小沢裁判」はこれで終わるが、
  「最高裁事務総局」の問題はこれから始まる。民主党の「反
  小沢一郎グループ」の頭目の一人・江田五月と、小学校から
  大学まで同窓だった竹崎博充最高裁長官の「訪米」の意味が
  いろいろと取り沙汰されています。何故、「小沢一郎判決」
  を目前にして、わざわざ訪米しなければならなかったのか。
  表向きは、日米の最高裁長官の交流や「裁判員制度の現状報
  告」が目的だったらしいですが、時期が時期だけに、その訪
  米目的がいろいろ勘ぐられているというわけです。おまけに
  民主党幹部の江田五月とツーカーの仲です。野田・民主党が
  「TPP参加」をテーマに、解散に打って出ようとしていま
  す。米国の選挙支援の確証が取れたのでしょうか。つまり、
  竹崎博充最高裁長官の訪米は、「小沢一郎判決」にどう反映
  されるのか。一説には、小沢一郎控訴審判決は「一審差し戻
  し」で、さらに有罪無罪とは関係なしに「小沢裁判」を長引
  かせ、小沢一郎の政治生命を絶つという政治謀略・・・とい
  う話も、司法関係者の間で飛び交っているらしい。いずれに
  しろ、日本の戦後の裁判制度が、憲法と同様に、米国主導の
  もとに作られたということが、明らかになったのが竹崎博充
  最高裁長官の訪米であったと言っていいだろう。
                   http://bit.ly/GUVhd1
  ―――――――――――――――――――――――――――

竹崎博充最高裁長官と江田五月議員.jpg
竹崎 博充最高裁長官と江田 五月議員
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自民党でいいのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary