2013年06月06日

●「中国から借金することの怖さ知れ」(EJ第3562号)

 第1期のオバマ政権は、2009年1月〜2013年1月まで
の4年間です。オバマ大統領は、最初の2009年の予算で3兆
2700億ドルの財政赤字を出しています。
 以来、2013年まで毎年3兆ドル以上の財政赤字を積み上げ
て、合計16兆ドル(約1600兆円)の赤字に達しているので
す。この16兆ドルの借金は、赤ん坊も含めて、3億人の米国民
一人当たり5万3000ドルの借金になるのです。5万ドルとい
えば、米国の中流家庭の年収に該当します。
 この借金を米国は、中国から約2兆ドル弱、日本から約1兆ド
ル、その他ヨーロッパや企業からも合計で4兆ドル以上の借金を
しているのです。この莫大な借金の利子はすべて外国人に支払わ
れることになります。
 このようにいうと、「日本だってGDPの4年分の借金がある
じゃないか」と指摘されるかもしれません。その通りですが、米
国と根本的に違うことは、日本の場合は日本国民が国債を買うこ
とによって国のほとんどの借金が埋められていることです。つま
り、日本の場合は利子は日本国民が受け取れるのです。
 2012年の米大統領選において、オバマ大統領の対抗候補に
なった共和党のミット・ロムニー氏は、中国からお金を借り過ぎ
るのは危険であることを強調し、選挙戦で国民に訴えていたので
す。しかし、選挙には惜しくも敗れています。
 ブルームバーグのコラムニストに、ウィリアム・ペセック氏と
いう人がいます。ペセック氏は、2012年10月、すなわち大
統領選の前に、このロムニー候補の主張に関連して、面白いコラ
ムを書いています。以下、このコラムについて、解説を交えなが
らご紹介することにします。コラムは次のような興味ある書き出
しから始まります。
―――――――――――――――――――――――――――――
 米国民は近く、金を借りる相手を中国から日本に戻すかもしれ
 ない。日本は長い間、米国に対する最大の貸し手だった。20
 08年9月に中国が日本に代わって外国勢として最大の米国債
 保有国になった。ワシントンでは、野心満々の共産主義大国よ
 りは友好的な民主国家の方が債権者としてまだましだと考える
 大勢の人々が懸念を抱いた。その一人である共和党大統領候補
 のミット・ロムニー氏は、米国が中国に借りをつくり過ぎてい
 ると主張している。
―――――――――――――――――――――――――――――
 ペセック氏は、国債のほとんどを国民が買っている日本を見習
うべきであるという主張を展開します。
―――――――――――――――――――――――――――――
 誰が米国債を保有しているかは実は問題ではない。本当の問題
 は米国のような経済大国が借り入れの半分以上を海外に頼って
 いていいのかということだ。米国債を国内で保有してくれる投
 資家ベースを開拓するべきではないか。つまり、もっと日本の
 ようになるべきではないか。
―――――――――――――――――――――――――――――
 欧米人は反射的に日本を批判するところがあるとペセック氏は
指摘します。確かに、日本はバブル崩壊後に未だにデフレから脱
却していないし、日本の経済運営に問題があることは認めながら
も、欧米諸国が日本のようになれたら幸せであると説くのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、欧米諸国の多くが日本になれたら、日本のようなやり
 方ができたら、どんなに幸運かという点にはほとんど目が向け
 られていない。確かに、20年にわたる低成長とデフレは何兆
 ドルもの富を消失させたし、多くの銀行を支払い不能のゾンビ
 銀行にした。日経平均株価は最高を記録した1989年の4分
 の1である。
―――――――――――――――――――――――――――――
 ペセック氏は、日本はデフレに苦しみながらも、一度もたりと
も国が崩壊の危機に瀕することがない点を指摘し、他の先進国よ
りもはるかに安定していることを強調しています。
 2011年には未曽有の災害に遭遇しながらも、大震災後の信
じられないほどの国民の落ち着いた対応を讃え、米アップルなど
へのサプライチェーンの乱れも短期間で解決している点を称賛し
ています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、その間日本は一度も崩壊の危機のようなものに直面し
 たことはない。犯罪が急増することもなく、ホームレスの数が
 爆発的に増えることもない。米国のリセッション(景気後退)
 ほど大量に雇用が失われることもなかった。パートタイムの雇
 用が増えたり、女性の就労機会が減ったり、新卒者が厳しい就
 職戦線に直面したりという調整はあったにしてもだ。
―――――――――――――――――――――――――――――
 ペセック氏は、日本を1つにまとめている「接着剤」は、国内
勢による国債の保有であり、そうであるからこそ、世界最大の公
的債務を抱えながらも、10年債利回りが低い長期金利で済んで
いるとし、次のように結んでいます。
―――――――――――――――――――――――――――――
 この自己完結型のシステムが、日本にいざとなった場合の逃げ
 道を与えている。デフォルト(債務不履行)の縁に追い詰めら
 れたら、国民と国内企業から債務減免を受ければよいのだ。も
 ちろん、そんなことは日本政府にとって考えられない話だが、
 これが他の国にはないオプションであることは明白だ。
 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MCCQ2N6KLVS501.html#
―――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、オバマ大統領は一段と中国への傾斜を強めようとして
います。明日、7日に行われる中国の習近平国家主席との会談で
は、安倍首相や朴韓国大統領のときよりも、一層のその親密ぶり
を世界に見せつける演出をすることが予想されています。かつて
のブッシュ・小泉会談のようにです。米国の対中国宥和戦略につ
いては明日のEJで述べます。    ── [新中国論/60]

≪画像および関連情報≫
 ●米国の借金と日本の借金/2008年11月
  ―――――――――――――――――――――――――――
  インターネットを覗いていたら、米国政府の借金は1067
  兆円で日本の公的債務は1066兆円とありました。両者ほ
  ぼ同額の借金を抱えている。人口はそれぞれ2億9000万
  人と1億2000万人であることを考えると米国は一人当た
  り368万円で日本は一人当たり888万円になる。日本は
  世界最大の借金国というわけです。しかしどこで借金をした
  か。日本人はあまり贅沢はしていません。米国の野球選手の
  トップは日本の野球選手のトップの年俸5億円の3、4倍の
  年俸をもらっている。自家用飛行機もざらである。年収2、
  3百万の低所得者も大きなうちに住んでいます。米国人は大
  きな車に乗り、たくさん食べています。毎年50兆円の国防
  費を使っています。アフガニスタンやイラクで膨大な戦費を
  費やしています。これに比べて日本は殆ど散財しませんし、
  皆質素な暮らしをしています。100円ショップがはやり、
  ユニクロで慎重に選んで買っています。防衛費は米国の十分
  の一です。米国は節約すべきと思いますが質素な暮らしをし
  ている日本人が緊縮政策をしなければいけないというのは納
  得がいきません。米国の借金は75%が外国人からのもので
  す。これに対して日本の公的債務の97%は日本人からの借
  金です。しかも27%は政府自身からの借金です。
  http://blog.goo.ne.jp/murashima_s/e/31ca6d046940061a30688c6fc970c178
  ―――――――――――――――――――――――――――

ウィリアム・ペセック氏.jpg
ウィリアム・ペセック氏
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新中国論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary