2011年11月08日

●「財務省の権力の源泉は何か」(EJ第3176号)

 財務省というと、予算編成権を持っていることと、その外局と
しての国税庁を使って、政治家や企業のカネの流れに睨みをきか
せている──これが財務省の権力の源泉だと思われています。
 しかし、財務省の力はそれだけではないのです。その力はあら
ゆることに及んでいるのです。以下、「財務省の研究」と題して
特集を組んだ「週刊ポスト」2011年10月07日号を参考に
して述べることにします。
 財務省大臣官房文書課というのがあります。国の行事や天皇陛
下のご日程、国会日程を管理している部署です。しかし、単なる
スケジュール管理をしている事務屋ではないのです。
 ある法案を通す場合、そういう国の行事や天皇のご日程を事前
にスケジュールに織り込んでおかないと、法案審議に支障をきた
すことが多いのです。国会の日程などは国対委員長が野党と協議
して決めていますが、その事務方は大臣官房文書課であり、事実
上法案審議のゆくえに影響を与える力があるのです。つまり、法
案審議をコントロールできるのです。
 したがって、この部署を押えておくと、役人にとって都合の悪
い法案などは故意にスケジュールを遅らせて審議未了にするなど
さまざまなコントロールができるのです。法案がまとまらないの
は、必ずしもねじれ国会のせいとは限らないのです。
 多くの人は、まさか国会のスケジュールまでが財務省のコント
ロール下にあるとは思っていないと思います。財務省としては、
野田内閣には、まず復興増税を成立させ、そのうえで消費税増税
を実現させるという大仕事があります。そのかぎを握るのが法案
審議のスケジュールなのです。そのため、財務大臣が国対委員長
を経験していると鬼に金棒なのです。野田財務相の後任に財務省
が前国対委員長の安住淳氏の起用を進言したのはそのためといわ
れています。国会対策は、スケジューリング・ポリティクスとい
われるほど重要なのです。
 安住淳財務相は財務官僚に評判がいいのです。なぜなら、彼は
「財政通」とか「政策通」といわれたいというヘンな見栄がなく
「自分の専門は国会対策」と割り切っているところが財務官僚に
評価されているといいます。
 予算編成権と並んで財務省の力の源泉のひとつに、全国家公務
員の給与と年金──国家公務員共済年金を握っていることがあり
ます。全公務員のカネ──給与や年金はすべて財務省が握ってい
るのです。ところで、次の3つの部署があります。
―――――――――――――――――――――――――――――
        1. 財務省主計局共済課長
        2.  人事院給与第二課長
        3.総務省行政管理局管理官
―――――――――――――――――――――――――――――
 国家公務員の給与の予算査定や共済年金を担当するのが、財務
省主計局共済課長です。公務員の課長、課長補佐、係長などの定
員──俸給別定員を管理しているのが、人事院給与第二課長であ
り、役所の定員や独立行政法人などの天下り先をチェックするの
は、総務省行政管理局管理官です。
 これらの3つのポストはすべて財務省の出向先の指定席になっ
ており、各省庁は、定員も給与も天下り先の独立行政法人の経営
審査にいたるまで、すべて財務省に握られているのです。これで
は正面切って各省庁は財務省に逆らえないのです。
 それでは司法との関係はどうでしょうか。
 司法も財務省に予算を握られているので、頭が上がらないので
す。最高裁判所の予算は国の一般会計から出されるので、財務省
との事前折衝が必要です。法務・検察も予算については同様であ
り、とくに経済事件の捜査には国税当局からの情報提供が不可欠
なのです。とくにマルサの調査能力は高く、検察にとっては、そ
こからの情報供与は欠かせないのです。
 そのため、あってはならないことですが、他の省庁に比べると
財務省のキャリアには検察の捜査の手が伸びないということがよ
くいわれます。もし財務省のキャリアにまで捜査の手を伸ばすと
予算配分などのさい、不利な裁定を受けかねないからです。その
ため、財務省は「検察捜査の聖域」といわれているのです。
 それでは、財務省は政治家に対してどのような対策を立ててき
たのでしょうか。
 財務省では大蔵省の時代から「政治家の先物買い」を組織的に
やってきたのです。与野党を問わず将来伸びると思われる政治家
に近づき、政治家と官僚の勉強会を提案し、実施してきているの
です。この勉強会の政治家としてのメリットは財務官僚との付き
合いであり、そこからもたらされる情報なのです。財務省は国内
はもとより、海外の情報も握っていて、そういう情報がもたらさ
れることは政治家として大きなメリットがあったのです。
 ひとつ例を上げると、鳩山由紀夫元首相の勉強会があります。
この勉強会は、鳩山氏が自民党の若手代議士だったときから行わ
れており、それに最初から食い込んでいたのは、現在の財務事務
次官の勝栄二郎氏なのです。実に長年の布石がものをいったわけ
です。こんなことをやっている省庁は財務省だけです。
 ところが鳩山氏は政治主導を唱えて首相になっており、財務官
僚はそれを潰す必要があったのです。そのため、勝栄二郎事務次
官は、巧妙に国家戦略室潰しを行ったのです。勝事務次官は配下
の官僚に命じて、「国家戦略局の権限が強まると、菅副総理の力
が強まる」と鳩山氏に吹き込ませ、法案を撤回させたのです。勝
氏にとってみれば、鳩山氏の性格を知り抜いており、どのように
でも操縦ができたのです。
 2009年の政権交代の最初の臨時国会であれば、与党が参院
でも過半数を握っていたので、国家戦略局を設置する政治主導確
立法案を成立させることは可能だったのです。そうなるとマニュ
フェストのほとんどは実現させることができたのです。だから、
財務省は国家戦略局を潰したのです。 ─[財務省の正体/02]


≪画像および関連情報≫
 ●迷走する国家戦略局構想/いい国作ろう!「怒りのブログ」
  ―――――――――――――――――――――――――――
  動きの鈍かった菅副総理一派に比べて、財務省は迅速に行動
  した。投票前から、選挙結果の読みを固めて「民主党」サイ
  ドにうまく擦り寄っていたのは、財務省勢力だった。こうし
  た情報収集能力や、時の権力にうまく取り入り、時流に乗っ
  てゆく能力というものは流石に大蔵と思わせるものがある。
  常に全ての省庁の頂点でなければならないし、権力の中心に
  位置取りをするということも必須であるからだ。ダテに厳し
  い出世競争を経てはいないというわけである。変わり身の早
  さは他省庁に抜きん出ており、素早く損得勘定を弾き出して
  うまく立ち回る手法をよく心得ているようだ。マヌケな農水
  省とかは、事務次官さえもが民主党批判をいつまでもやって
  いて、わざわざ睨まれたいという役回りを買ってくれたほど
  だ(笑)。国交省は農水省よりもマシではあったが、自民党
  有力者(所謂”族議員”連中だ)の庇護の下に馴れすぎてい
  て、体制転換が遅れた。というよりも、単なる頭の回転速度
  の問題であるかもしれない(笑)。
  http://blog.goo.ne.jp/critic11110/e/cba0590964840914266235925fd8d20d
                   2009年9月26日
  ―――――――――――――――――――――――――――

安住淳財務相.jpg
 
安住 淳財務相
posted by 平野 浩 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 財務省の正体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック