2010年03月05日

●「小沢からの現金4億円の記載はある」(EJ第2767号)

 1月10日のサンデープロジェクト(テレビ朝日)において、
郷原信郎名城大教授・元検事が指摘した陸山会の2004年度収
支報告書の次の記載──これについて、大新聞、テレビなどのマ
スコミはいっさい触れようとしませんが、どうしてでしょうか。
―――――――――――――――――――――――――――――
   2004年10月29日:小沢一郎 借入金4億円
―――――――――――――――――――――――――――――
 なぜ、このことにこだわるのかというと、これを認めてしまう
と、石川議員は無罪、したがって小沢はなんでもなかったという
ことになるからです。そうなると、それとは180度違う報道を
してきた大マスコミの面子が丸つぶれになるからです。しかし、
記載されていることは紛れもなく事実であり、その記載部分を当
日のサンデープロジェクトではカメラで拡大して写して見せてい
るので、これは動かしようのない事実です。
 陸山会が土地取引をしたのは、2004年10月29日のこと
です。前後のお金の流れから見ると、土地を購入する資金が陸山
会にはなかったので、石川議員は小沢にそのことを話して、4億
円を現金で借り、陸山会に入金したのです。土地の代金支払いに
はその金が使われものと思われます。
 同時に石川議員は陸山会の小沢名義の定期預金を担保にして、
4億円を借り入れています。これは小沢に返却するための資金と
してそうしたものと思われます。おそらく今までそういうことは
何回もあったと考えられます。それを検察やマスコミは「不自然
な金の流れ」と表現するのですが、そのことは違法でも何でもな
いことであり、よくあることなのです。
 さて、収支報告書への記載ですが、これは陸山会が小沢から借
り入れた4億円でも、定期預金を担保にして銀行から借りた4億
円でも同じ記載になるのです。したがって、その記載が、小沢か
らの現金の4億円をあらわしているのか、銀行借り入れの4億円
なのかは特定することはできないのです。
 ところが、昨日のEJで述べたように、検察は小沢から借りた
4億円と、銀行から借り入れた4億円の計8億円を収支報告書の
収入として記載していなかったとして、石川議員を逮捕・拘留し
起訴したのです。
 しかし、小沢名義の定期預金を担保にして銀行から借り入れた
4億円は、政治資金収支報告書の「収入」には該当しないので、
記載する必要がないのです。しかし、小沢からの現金の借り入れ
は記載する必要があります。
 それは記載してある──石川議員はそう主張すべきだったので
す。そういわれてしまうと、検察としては反論のしようがないの
です。しかし、石川議員は、小沢からの現金の4億円は記載しな
かったと認めてしまったのです。それが本当だったからです。
 おそらく石川議員は、定期預金を担保にした借入金は、収支報
告書の「収入」には該当しないという事実を知らなかったものと
思われます。
 検察は、石川議員があくまで2つの4億円、すなわち8億円を
不記載にしたのは、現金の4億円の存在を隠蔽したかったからで
あると推測したのです。なぜ、隠蔽したのかというと、その4億
円の中に水谷建設からの裏献金5000万円が含まれているから
であるというストーリーを検察は作ったのです。その根拠は水谷
建設の元会長の供述があったからです。
 しかし、その水谷建設の元会長は、福島前県知事の佐藤栄佐久
氏の贈収賄事件のさい、ウソの証言をしたことを裁判において認
めているのです。検察はそういう信用性の低い証言を正しいと考
えて、小沢にいたる「階段」として石川議員を逮捕したのです。
 しかし、水谷側の証言がウソだと分かっても、佐藤栄佐久氏の
罪は少ししか軽くなっていません。これは不可解な話です。
 この不合理さについては、次の木村剛氏のブログに詳細に書か
れていますので、参照していただきたいと思います。こういうこ
とはマスコミはいっさい報道をしないのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
[ゴーログ]佐藤栄佐久氏の事件こそ報道せよ!
http://kimuratakeshi.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-f78b.html
―――――――――――――――――――――――――――――
 分からないのは、定期預金を担保にした借入金は、政治資金収
支報告書の「収入」ではない──この事実を検察は知っていたの
かどうかという点です。
 法律の番人であるはずの検察ですから、まさか知らなかったと
いうことでは済まないでしょう。なにしろそれによって、現職の
与党の国会議員が逮捕され、起訴されているのです。政治生命を
奪っているに等しいのです。
 しかし、石川側にも弁護士がいるのです。裁判なれば、収支報
告書の4億円の記載は、石川氏の錯誤であって、実は小沢氏から
の現金の4億円に関する記載であったと主張したらどうなるので
しょうか。検察側としては反論できないと思います。
 そうなると、検察の攻めるべきことは、土地の取引が2004
年に行われたのに、記載は2005年だったという記載のズレだ
けになってしまいます。
 これについて石川議員は、「不動産の取得時期は登記の時点と
考えていたので、代金の支払いの時期に合わせた」と供述してい
るのです。このような単純ミスはよくあることであり、明らかに
形式犯です。この程度のことで逮捕されていいのでしょうか。
 もし、石川議員が実は無罪だったとしたら不当逮捕です。しか
も、それによって小沢は苦境に陥り、場合によっては幹事長を辞
任しなければならない可能性も十分あるだけに、これはきわめて
政治的な色彩の強い事件になります。
 どうして、新聞やテレビなどのマスコミは、このことを伝えな
いのでしょうか。小沢に不利なことは大々的に書くが、有利なこ
とは絶対に伝えない。最大の責めは検察よりもむしろマスコミの
方にあります。         ―――[小沢一郎論/43]


≪画像および関連情報≫
 ●石川知裕衆院議員が独占告白!
  「新聞・テレビはデタラメだらけ」
  ―――――――――――――――――――――――――――
  小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入
  を巡る事件で、政治資金規正法違反で起訴された元秘書で衆
  院議員の石川知裕氏が、ジャーナリスト上杉隆氏の単独イン
  タビューに応じた。検察の捜査手法に批判が集まるなか、石
  川氏は何を語ったのか?――動画付き
                  http://www.wa-dan.com/
  ―――――――――――――――――――――――――――

民主党離党を発表する石川議員.jpg
民主党離党を発表する石川議員
posted by 平野 浩 at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小沢一郎論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
RDF Site Summary