2008年11月06日

●「巨額の外貨準備が投機取引を煽る」(EJ第2445号)

 10月29日付の日本経済新聞に「日本のドル買い介入/米に
歓迎論」という次の囲み記事が出ていました。
―――――――――――――――――――――――――――――
 米国の金融関係者の間で、日本の通貨当局がドル買い介入に出
 れば「歓迎する」という議論が登場している。円の急騰が国際
 金融不安を増幅させかねないとの危機感からだ。介入マネーを
 米国債の受け皿として期待する声もある。
      ――2008年10月29日付、日本経済新聞より
―――――――――――――――――――――――――――――
 日本はこれまで少しでも円高が進むとドル買い介入を行い、こ
れを是正してきています。しかし、最近ではこの日本によるドル
買い介入は米国では歓迎されていなかったのです。
 前回のテーマでも述べた通り、とくに日本が激しく為替介入を
行ったのには、2003年から2004年にかけてであり、総額
で33兆円に及ぶ介入を行っているのです。しかし、今回の円高
においては、米に歓迎論が出ているというのです。
 「円キャリー取引」というものがあります。日本は低金利が長
く続いているので、円で資金を借りて外貨で運用する取引を米国
のヘッジファンドなどがさかんにやっていたのです。
 しかし、ある程度長期的に見ると、日本の低金利は円高が進行
することによって調整され、海外の高い金利で運用しても、円に
戻すときに為替差損を被るのです。したがって、日本国内で運用
したのと同じことになるのです。
 つまり、海外との間で金利差のある状態での長期間にわたる円
安進行は本来あり得ないのです。しかし、日本は頻繁に為替介入
をやるので、円安が進行することになります。
 ヘッジファンドは、日本の場合は低金利を利用して外貨で運用
してもある程度の円高になると、介入してくれるので、安心して
投機的取引ができるのです。こうして投機が正当化される結果と
なるのです。
 そして、こういう取引が頻繁に行われると、円安を加速させ、
やがて円安バブルを生むことになるのです。もし、為替レートそ
のものがバブルであれば、それによって支えられてきた日本企業
の収益もバブルだったということになりかねないのです。
 これに関連して、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授で
ある野口悠紀雄氏は、円キャリー取引とサブプライムローン問題
とは関係があるとして、自著で次のように述べています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 実際、アメリカが04年6月に利上げに転じ、以後6回も利上
 げを続けたにもかかわらず、長期金利は上昇しなかった。これ
 は、アラン・グリーンスパンが議会証言で「謎」と呼んだもの
 だが、円キャリーによって巨額の資金がアメリカに流入したか
 らだと考えれば、つじつまが合う。実際、サブプライムローン
 が顕著に増加したのは04年から06年にかけてであり、円キ
 ャリーの拡大とほぼ同時期だ。つまり、日本の金融緩和がアメ
 リカの住宅バブルをあおったと言えるのである。
 ――野口悠紀雄著、『円安バブル崩壊/金融緩和策の大失敗』
                     ダイヤモンド社刊
―――――――――――――――――――――――――――――
 どうやら、これらの為替介入に関しては日米でいろいろな密約
があるのではないかということがさかんにいわれています。その
一端は、前号の植草一秀氏のレポートを読んでいただければわか
ると思うのです。
 そのような密約があるのではないかと思われることは、日本の
外貨準備高を見ると、そこに何かが見えてきます。
―――――――――――――――――――――――――――――
  2001年04月 ・・・・・・   3626憶ドル
  2002年09月 ・・・・・・   4009憶ドル
  2004年03且 ・・・・・・   8266億ドル
  2008年07月 ・・・・・・ 1兆0047億ドル
―――――――――――――――――――――――――――――
 外貨準備というのは、中央銀行の外国為替市場での介入によっ
て蓄積されるのです。過去のドル買い介入の累計が外貨準備にな
るのです。外貨準備の大半は米国国債で、その金利収入も外貨準
備に蓄積されていきます。
 これによると、2004年3月末では、外貨準備は2002年
9月末時点から倍増しているのです。この間に何があったのかに
ついて、植草一秀氏は次のように書いています。
―――――――――――――――――――――――――――――
 2002年9月末の内閣改造で竹中平蔵氏がそれまでの経財相
 に加えて金融相を兼務することになった。ここから株価暴落誘
 導とその後の「りそな銀行」救済が実行される。日本の資産価
 格を暴落させて日本人資産所有者による優良資産投げ売りを誘
 導したことになるが、投げ売りされた優良資産を買い占めたの
 は外国資本だ。「大銀行が大きすぎるから破たんさせない政策
 をとらない」と明言していた政策が全面転換された。小泉政権
 は「りそな銀行」を2兆円の公的資金投入により救済した。こ
 れを契機に株価は急転上昇に転じた。外国資本は労せずに莫大
 な利得を得た。外国資本は2003年から2005年にかけて
 日本の優良実物資産を強烈な勢いで買い漁った。
           ――植草一秀の「知られざる真実」より
―――――――――――――――――――――――――――――
 実はこの「りそな銀行」処理には大きな疑問があるのです。こ
れについては改めて詳しく取り上げます。そこには底知れぬ深い
闇があるような気がします。
 このように、円の価値はかなり円安に誘導されており、本当の
価値はどのレベルかはっきりしないのです。それは少なくとも1
ドル=100円以下ではあり得ないと思います。米国の力が誰の
目にも明らかに落ちてきている現在、日本は円の本当の価値を受
け入れるべきです。     ――[円高・内需拡大策/03]


≪画像および関連情報≫
 ●円キャリー取引とは何か
  ―――――――――――――――――――――――――――
  円キャリー取引は、金利の低い「円」を借りて、金利の高い
  国に投資し、その金利差によって利益を得るものです。円キ
  ャリー取引の中でも、かなり一般的になっているのが「FX
  (外国為替証拠金取引)」でしょう。これは一定額の「保証
  金」を元手に他国の通貨を買い、為替レートの変動を利用し
  て利益を得るもので、円キャリー取引としては、個人投資家
  には参入しやすいものと言えます。このFXは、近年の法整
  備や「くりっく365」の登場によって、より安全で透明な
  取引となりました。
      http://www.greent.to/fxweb/2007/01/post_17.html
  ―――――――――――――――――――――――――――

野口悠紀雄氏の本.jpg


posted by 平野 浩 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 円高・内需拡大策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック