2008年09月08日

●「ファニーメイとフレディマックについて知る」(EJ2406号)

 「アメリカンドリーム」という言葉があります。一般的にいう
とこの言葉は、「米国で成功して大金持ちになること」の意味で
使われていますが、その本来の意味は次の通りなのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
 米国で働いてチャンスを掴み、目標を達成して、自由で豊かな
 生活を手に入れることである。
―――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、現代の米国では、アメリカンドリームは「自分の家を
持つこと」の意味で使われているのです。少しドリームが小さく
なったなという感じです。
 米政府が国民に住宅を持たせるために、ニューディール政策の
一環として作ったのが「ファニーメイ」なのです。1938年の
ことです。そのとき政府は「誰にでもアメリカンドリームを与え
る機関」として宣伝したのです。このようにして、「アメリカン
ドリーム=住宅」という構図が定着していったのでしょう。
―――――――――――――――――――――――――――――
  Fannie Mae /Federal National Mortgage Association
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 連邦抵当公庫
―――――――――――――――――――――――――――――
 このあと、1970年にファニーメイと似たような機関である
フレディマックが出てくるのです。ファニーメイだけでは、十分
にカバーできない部分に資金を供給するために設立された政府系
金融機関としてです。
―――――――――――――――――――――――――――――
  Freddie Mac/Federal Home Loan Mortgage Corporation
  ・・・・・・・・・・・・・ 連邦住宅貸付抵当金融会社
―――――――――――――――――――――――――――――
 これらのファニーメイとフレディマックは、「政府支援企業/
GSE」と呼ばれるのです。政府支援企業といっても普通の株式
会社で、ニューヨーク証券取引所に上場されている企業です。
―――――――――――――――――――――――――――――
 GSE/Government Sponsored Enterprise/政府支援企業
―――――――――――――――――――――――――――――
 しかし、ファニーメイとフレディマックは単なる一般企業では
ないのです。現在でも財務省からの22.5 億ドルの緊急融資枠
がありますし、18名の役員のうち5名は大統領任命枠があると
いうのです。さらに地方税免除、証券取引委員会(SEC)登録免
除という普通の企業にない特典まで持っているのです。
 ファニーメイとフレディマックは、銀行から住宅ローン債権を
買い取り、それをMBS化し、元利金支払いの保証を付けて売り
出しているのですが、それらのMBSの残高は4兆ドルに達して
いるのです。しかし、元利金支払いの保証を付けているとはいう
ものの、ファニーメイとフレディマックは政府機関ではなく、一
般上場企業であって、もちろん破綻はあり得るのです。
 もし、4兆ドルの残高が破綻するようなことになったら、米国
経済の影響はサブプライムの比ではないのです。それでも投資家
は、ファニーメイとフレディマックに関しては政府に近い存在の
企業として「暗黙の政府保証」が付いていると信じて現在でも活
発に取引されているのです。
 既にファニーメイとフレディマックは、米国金融システムの根
幹を形成するインフラとなっており、簡単に潰せない存在になっ
ているのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
     大き過ぎて潰せない/Too Big to Fail
―――――――――――――――――――――――――――――
 ここでもうひとつ認識しておくべきことがあります。米国の住
宅問題は持家率68.9 %(2006年)になった現在でも最も
重要な政策課題のひとつになっており、その中でもファニーメイ
とフレディマックは住宅金融システムの重要な位置を占めている
のです。これについては、とくに民主党を軸にする強い政治的な
サポートがあるのです。
 2008年2月にブッシュ政権は、米国経済の景気後退を食い
止めるための経済対策を行っているのですが、その中でファニー
メイとフレディマックの買取・保証対象の住宅ローン――これを
コンフォーミングローンという――の上限を大幅に引き上げてい
るのです。しかし、12月末までという期限付きです。
 これによって、GSEが購入できる住宅ローンの限度額はそれ
までの41万7000ドルから62万5000ドルに引き上げら
れのです。この政策をめぐってある民主党議員はブッシュ大統領
を評して「まるで民主党員になったみたい」といったほど、ブッ
シュ政権は、ファニーメイとフレディマック対策に力を入れてい
るのです。
 米大統領選挙の民主党指名候補であるオバマ氏は、ファニーメ
イとフレディマックの救済に関して、ロイター/国内通信による
と、次のように述べているのです。
―――――――――――――――――――――――――――――
 オバマ氏は、ファニーメイとフレディマックについて、住宅市
 場が活況だった頃は収益を上げていたのに、いざ支援が必要に
 なると米納税者の救済を期待していると批判。ただ、金融シス
 テムにおけるこれらの役割はあまりにも重要で、現時点での破
 たんを容認することはできないとした。オバマ氏はアイオワ州
 有権者との質疑応答で「ファニーメイとフレディマックが破た
 んすれば、金融システムは大きな打撃を受けて悲惨な結果を招
 くだろう」とし、「(有権者は)住宅ローンを受けられなくな
 るかもしれない」と述べた。   ――ロイター国内通信より
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-33438520080825
―――――――――――――――――――――――――――――
 本来、ファニーメイとフレディマックのMBSは信用の高いプ
ライムローンの証券化であり、サブプライムローンとは関係がな
いのです。    ――[サブプライム不況と日本経済/18]


≪画像および関連情報≫
 ●ファニーメイとフレディマックについて
  ―――――――――――――――――――――――――――
  米政府系金融機関(住宅公社)であるファニーメイ(連邦住
  宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)に
  対しては、景気減速や住宅市場の低迷を背景に住宅ローンの
  延滞率が増加、資本不足が取りざたされるなど経営不安が高
  まるなか、米政府と議会による住宅公社の経営支援策を巡る
  協議 が続いています。
http://www2.goldmansachs.com/japan/gsitm/funds/pdf/flash_mkt_20080717_3.pdf
  ―――――――――――――――――――――――――――

ファニー・メイ.jpg

posted by 平野 浩 at 04:19| Comment(0) | TrackBack(1) | サブプライム不況と日本経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ファニーメイ 格付け
Excerpt: 米政府、ファニーメイとフレディマックを政府管理下にロイター[ワシントン 7日 ロイター] 米政府は7日、政府系住宅金融機関(GSE)の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)(FNM.N: 株価, 企業情報,..
Weblog: ユキッチ 久保 広島 
Tracked: 2008-09-08 10:50