2022年11月25日

●「iPadでオフィスアプリが動く」(第5861号)

 マイクロソフトのナデラCEOは、スティーブ・バルマー前C
EOまでのマイクロソフトの戦略である競合相手を「敵」とみな
して打ち負かし、息の根を止める戦略を転換し、逆に「ライバル
に力を与える」戦略にチェンジしています。
 その最大の目玉がアップルとの提携であるといえます。PCの
世界において、2021年現在、ウィンドウズは、81・8%の
シェアを確保しており、iOSは7・9%となっています。かつ
てはウィンドウズのシェアは90%に達し、完全にPCのOSを
制覇していたのです。まさに他社の息の根を止めています。
 元来日本はマックファンが多く、世界に比べると、日本のマッ
クPCのシェアは大きいのです。とくにデザイン関係の仕事をす
る人の多くは、昔からマックを使っています。日頃ウィンドウズ
PCを使っている人のなかにも、マックに乗り換えようかという
思いに駆られる人も少なくないはずですが、まったく互換性がな
いので、これまではあきらめる人も多かったと思います。
 マイクロソフト対アップル──これはかつてビデオの世界での
VHSとソニーのベータマックスとの規格の違いによく似ている
と思います。もっとも「VHS対ベータ」といっても、最近の若
い人には何のことかきっとわからない人が多いと思いますが。
 ところが今やデバイスが多様化しています。デスクトップPC
やノートPCの他に、タブレット、スマートフォンなど、PCの
と類似性の高いデバイスが多くなっています。
 ちなみに、日本における2022年6月現在のOSのシェアを
示すと次のようになっています。このパーセンテージは、PCと
モバイルを合わせたシェアです。
─────────────────────────────
       ウィンドウズ ・・ 42.39%
          iOS ・・ 26.33%
       アンドロイド ・・ 14.10%
           不明 ・・  9.17%
          OSX ・・  6.97%
        リナックス ・・  0.47%
          その他 ・・  O.57%
─────────────────────────────
 ナデラCEOの戦略転換により、アップルデバイス上で、ワー
ド、エクセル、パワーポイントなどの「オフィス」のソフトウェ
アが動作するようになっています。ここでいうアップルデバイス
とは、マックPC、アイフォーン、iPadなどです。アップル
以外ですが、アンドロイド・スマホでも利用できます。もっとも
アイフォーンのような小さなディスプレーでは使いにくいでしょ
うが、iPadで動くとなると、これはいろいろなことに活用で
きます。
 これは「マイクロソフト386」で実現しています。当初「オ
フィス365」といっていたのですが、2020年4月22日に
「チームズ/Teams」 (リモートワーク・コラボレーション・ツ
ール)など、いくつかの機能を追加し、名称を「マイクロソフト
365」に変更したのです。その使い勝手については、まだ問題
はあるものの、1カ月間、無料で試すことができます。
 ところで、iPadというマシンの位置づけについて考えてみ
ることにします。アイフォーンとiPadの発売時期を以下に示
すると、意外に接近しています。
─────────────────────────────
      iPhone ・・・・・ 2008年4月
       iPad ・・・・・ 2010年4月
─────────────────────────────
 現在、世界を席巻しているアイフォーンとiPadは、当時の
アップルCEO、スティーブ・ジョブズの主導のもと、開発され
たものです。これらは、2つバラバラに開発されたのではなく、
2つセットで開発されています。ジョブズCEOは、PCには、
次の2つのタイプが必要になると考えたのです。
─────────────────────────────
         @データを「作る」PC
         Aデータを「見る」PC
─────────────────────────────
 PCというのは、元来データを「作る」コンピュータです。エ
クセルで表計算をするのも、ワードで文章で作成するのも、パワ
ーポイントでスライドを作成するのもデータを作っています。使
えば使うほど、データがストックされていきます。したがって、
何らかの仕事に使うコンピュータであり、仕事に使うコンピュー
タであるといえます。
 PCを使う場合、その姿勢は椅子に座って、ディスプレイに向
かい、前かがみの姿勢を取ります。そうしないと、キーボードも
マウスも操作しにくいからです。この姿勢のことを「リーンフォ
ワード」といいます。
 ジョブズCEOは、やがて映像やデータを「見る」コンピュー
タが必要になると考えたのです。そのコンピュータでは、テレビ
やユーチューブなどの映像を見たり、映画を見たり、電子ブック
や新聞の電子版を読んだりできます。これらは、もちろんPCで
も見ることができますが、前かがみのリーンフォワードではいさ
さか窮屈です。やはり、背中をソファにつけた姿勢の方がラクで
あるし、その方が楽しめます。この背中をソファにつけた姿勢の
ことを「リーンバック」といいます。
 これについては、添付ファイルをご覧ください。ジョブズCE
Oは、iPadを紹介するイベントで、舞台にソファを持ち込み
このことをファンに伝えています。このように、アイフォーンと
iPadは、発売時期が重なっていますが、それは、「作る」コ
ンピュータのPCに加えて、「見る」コンピュータのアイフォー
ンとiPadを少しでも同時に発表したかったからなのです。実
際に現代では、アイフォーンとiPadはそのように使われてい
ます。        ──[ウェブ3/メタバース/037]

≪画像および関連情報≫
 ●無料で使える?iPadでMicrosoftのOfficeを賢く使いこ
  なす方法
  ───────────────────────────
   2020年9月15日、iPadシリーズに、フルモデル
  チェンジしたiPadエア(第4世代)が発表されました。
  年々性能が進化して、どのモデルもノートPCと肩を並べる
  性能となっているiPadシリーズ。外出先での仕事や、学
  校の授業でオフィスを利用してより便利に使いたいという方
  も多いことでしょう。今回はiPadシリーズで、マイクロ
  ソフトオフィスを使いこなす方法を紹介します。
   マイクロソフト365のの料金体系は、「家庭向け」と、
  「一般法人向け」に大別されます。家庭向けサブスクリプシ
  ョンサービスの「マイクロソフト365パーソナル」は、ウ
  ィンドウズ、マック、iPadといったタブレットやスマー
  トフォンなど、同一ユーザーが使用するデバイスに5台まで
  同時にサインインできて、料金は年間1万2984円(税込
  み)。月額1284円(税込み)の月払い形式も選択可能で
  す。一般法人向けのサービスは、基本は年間契約。1ユーザ
  ーあたりの価格が設定されていて、一番リーズナブルな「マ
  イクロソフト・ビジネス・ベーシック」は、1ユーザーにつ
  き月額540円(税抜)。そのほか、複数のプランが用意さ
  れています。     https://bit.ly/3U1w6KR
  ───────────────────────────
リーンフォワードとリーンバック.jpg
リーンフォワードとリーンバック
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ/メタバース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする