2021年06月29日

●「LINEがAIを力を入れる理由」(第5520号)

 LINEが「LINEペイ」を始めたのは2014年12月の
ことです。全国の銀行やコンビニエンスストアと提携し、スター
トさせたのです。ここから同社のLINEペイを含むフィンテッ
ク事業がはじまったのです。
 2018年1月31日、LINEの出澤剛社長は、2017年
度の通期決算説明会で次のように述べています。
─────────────────────────────
 今年は、フィンテックとAI領域へ集中投資する。仮想通貨事
業は、セキュリティを第一に考える。 ──LINE出澤剛社長
                  https://bit.ly/3qpP5Sa
─────────────────────────────
 この時点でLINEペイの決済高は、4500億円を超えてい
ます。LINEでは、本格的なビジネスの進出に備えて、2つの
アカウントを持てるようにしています。当初は、家族や親しい友
人・同僚とのクローズドなコミュニケーション用途のアカウント
だけだったのですが、これに加えて、法人・個人問わず、あらゆ
るユーザーがコミュニケーション・ビジネス用途で活用できる公
開型アカウント「LINE@」を持つことができるようにしたの
です。なお、2019年4月から、このアカウントを「LINE
公式アカウント」と呼ぶようになっています。
 これにより、例えば、店舗・施設・ブランド・メディア・EC
事業などの情報発信や、顧客・取引先との連絡、サービス利用予
約などのビジネスシーンでの利用、フリーランスで活動している
デザイナー・アーティスト・読者モデルなどにおけるファンとの
コミュニケーションなど、さまざまな用途でLINEを活用でき
るようになります。
 AIに関してはどうでしょうか。LINEは、2019年12
月23日、ヤフー!ジャパンと経営統合に関する最終合意を締結
しヤフーと共に「AIカンパニーを目指す」と宣言しています。
その具体的な産物として、次の2つのスマートスピーカー(AI
スピーカー)がリリースされています。
─────────────────────────────
        1.クローバー・ウェーブ
        2.クローバー・フレンズ
─────────────────────────────
 これら2つのスマートスピーカーでは、「クローバー・ウェー
ブ、以下ウェーブ」の方が「クローバー・フレンズ、以下フレン
ズ」より高級品です。そもそもウェーブとフレンズでは、スピー
カーの質も違いますし、ウェーブでは、標準で赤外線リモコンの
機能が付いており、「電気をつけて」とか、「テレビをつけて」
など、赤外線で家電操作ができます。グーグルやアマゾンのAI
スピーカーで音声によって家電を動かすには、他にいくつか購入
する必要がありますが、ウェーブでは、アプリの設定だけでそれ
をすることができるのです。ウェーブでは赤外線リモコンを使っ
てそれを可能にしています。
 このLINEのスマートスピーカーについて、田中道昭氏は次
のように述べています。
─────────────────────────────
 アマゾンの「アレクサ」、グーグルの「グーグルホーム」と同
様のスマートスピーカーを手がける日本企業は、LINEだけで
す。サードパーティの企業や、個人が利用できるソフトウェア開
発キットを公開したことで、クローバーで利用できる機能(スキ
ル)は120以上に増加しています。スマホ上のコミュニケーシ
ョンアプリとして成長してきたLINEですが、AIアシスタン
トを「スマホの次」のプラットフォームとして捉えていることは
間違いありません。             ──田中道昭著
         『アマゾン銀行が誕生する日/2025年の
              次世代金融シナリオ』/日経BP
─────────────────────────────
 確かに、AIアシスタント(音声アシスタント)を手掛ける日
本企業は多いですが、スマートスピーカーを作っている日本企業
はLINEだけです。LINEの「クローバー」以外では、次の
3つがあります。
─────────────────────────────
   @「しゃべってコンシェル」/  NTTドコモ
   A「ヤフー!音声アシスト」/ヤフー!ジャパン
   B      「エモパー」/    シャープ
─────────────────────────────
 LINEは、クロバーを開発したことによって、2017年に
トヨタ自動車やファミリーマートと提携しています。とくにトヨ
タとの提携には、LINEによってもトヨタによってもメリット
あります。2017年6月15日付、日本経済新聞は次のように
報道しています。
─────────────────────────────
 LINEは15日、独自開発している人工知能(AI)でトヨ
タ自動車、ファミリーマートと提携すると発表した。コネクテッ
ドカー(つながるクルマ)や次世代のコンビニエンスストアの開
発で協力する。AIは、米グーグルや米アップルなど世界のIT
(情報技術)の巨人が今最も力を入れる分野のひとつ。日本を代
表する大企業との協業はLINEが巨人たちと戦う有力な武器に
なるのか。
 3時間以上に及んだLINEの戦略説明会。「普通ならこれで
終わりですが、今日はまだ続きがあります」。LINEで事業戦
略やマーケティングを統括する舛田淳取締役がこう紹介したのが
トヨタとファミマとの提携だった。トヨタでコネクテッドカーカ
ンパニーのプレジデントを務める友山茂樹専務とファミマの沢田
貴司社長が登壇し、LINEとの協業の狙いを語った。
               https://s.nikkei.com/3jiQHvu
─────────────────────────────
             ──[デジタル社会論U/048]

≪画像および関連情報≫
 ●LINEはスマートスピーカー「1人負け」を抜け出せるか
  ───────────────────────────
   LINEは、2018年6月28日、千葉県舞浜において
  今後の方向性を示す「LINEカンファレンス2018」を
  開催した。金融やメディア、コマースの戦略が語られるなか
  LINEが注力していたもののひとつが、同社のスマートス
  ピーカー「Clova」だ。
   昨年秋に登場したクローバーだが、国内市場ではグーグル
  「グーグルホーム」とアマゾン「アマゾンエコー」の話題ば
  かりになっており、どちらかといえばスマートスピーカー市
  場は「2強1弱」として語られることが多い。そんななか、
  LINEがどのような戦略でスマートスピーカー市場で巻き
  返してくるかが注目であった。
   今回の発表を見ていると、LINEがグーグルやアマゾン
  とは一線を画し、独自路線でスマートスピーカー市場を戦お
  うとしているのがよく分かる。たとえば、初代クローバーの
  ウェーバーは味気ない単なる円錐台のデザインだったが、2
  代目からは、同社のキャラクターであるブラウンとサリーを
  をあしらったクローバー・フレンズを投入。さらにはドラえ
  もんのデザインを施したクローバー・フレンズ・ミニを発売
  済みだ。今回のカンファレンスでは新製品として「ミニオン
  ズ(MINIONS)」を発売すると明らかにした。どちら
  かといえば、海外のスマートスピーカーは「スピーカー」に
  徹しており、無機質なデザインばかりだ。
                  https://bit.ly/3y2ZXbj
  ───────────────────────────
クローバーフレンズ/クローバーウェーブ.jpg
クローバーフレンズ/クローバーウェーブ
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | デジタル社会論U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする