2021年01月04日

●「日本のDX化の遅れは深刻である」(第5400号)

 このEJは、元旦特別号を除いて、2021年はじめてのEJ
です。今年もEJをよろしくお願い申し上げます。
 コロナ禍で世界中が騒然となっていた2020年5月のことで
す。GAFAM5社の時価総額が東証1部上場企業2170社の
それを上回ったのです。GAFAMとは、いうまでもなく、次の
米国の5社のことです。
─────────────────────────────
        G ・・・    グーグル
        A ・・・    アップル
        F ・・・ フェイスブック
        A ・・・    アマゾン
        M ・・・ マイクロソフト
─────────────────────────────
 5社の時価総額は、合計で約5兆3000億ドル(約560兆
円)に達し、東証一部の約550兆円を上回ったのです。時価総
額というのは、上場企業の株価に発行済株式数を掛けたものであ
り、企業価値を評価する指標です。その企業を買収するさいの価
格であると考えてもよいと思います。時価総額が大きいほど、企
業には将来があるということになります。
 2016年の時点では、東証一部の方が2倍以上大きかったの
です。しかし、この3年半で東証一部が、時価総額を4%減らし
たのに対し、マイクロソフトの時価総額は2・8倍、アップルも
2・1倍になっています。このコロナ禍でもGAFAM5社の業
績は堅調であり、メディアや小売りの旧来型の企業の苦境が強ま
るなかで、2020年1〜3月期の決算では、5社とも増収、最
終損益も全社が黒字を確保しています。
 2020年7月1日のことです。電気自動車(EV)メーカー
の米テスラが、日本のトップ企業であるトヨタ自動車を時価総額
で抜いて、世界一の座に就いています。
─────────────────────────────
   テスラ:2077億ドル(約22兆2740億円)
   トヨタ:2021億ドル(約21兆0185億円)
─────────────────────────────
 ここで大きな疑問が生じます。テスラはそんなに大きな企業な
のかということです。テスラの2020年第1四半期(1〜3月
期)の販売台数は7万7100台。これは前年比で約2倍ですが
このペースで生産しても年間せいぜい30万台です。
 これに対してトヨタの販売台数は、2019年度が947万台
であり、テスラより30倍以上も多いのです。つまり、テスラは
自動車メーカーとしては、まだ初期段階に過ぎないのです。しか
し、自動車メーカーとしては、そんな初期段階のテスラにトヨタ
は、時価総額でテスラに抜かれています。どうしてこのようなこ
とになったのでしょうか。
 それは、日本の自動車メーカーがEVビジネスを甘く見ていた
からです。あくまで、ガソリンエンジンにこだわり、EVがこれ
からの主流になるとは考えていなかったことです。まさか、巨大
な電池パック搭載の高額EVが、これほど大きな市場を作るなど
とは、まったく予想していなかったからです。EVが普及しても
エンジンと電気の2つの動力源で走るハイブリッド主流の時代が
もっと長く続くと考えていたからです。
 2〜3年前から「DX」という言葉が流行し、定着しつつあり
ます。DXとは、次の言葉の略語です。
─────────────────────────────
 DX/Digital transformation
 ICTの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に
 変化させる。
─────────────────────────────
 要するに、DXとは、企業がこれから先において避けては通れ
ないデジタル技術による業務やビジネスの変革のことです。DX
の必要性がいわれ出して以来、既に2〜3年になりますが、電通
デジタルの調査によると、DXに着手済の日本企業はわずかに8
%しかないのです。DXの必要性はわかっていても、具体的に何
から手をつけていいかわからない企業がほとんどです。
 もはや待ったなしです。しかし、2020年9月に菅政権が誕
生して、デジタル庁の創設が決まったことは一歩前進です。今年
9月に開設される予定ですが、まだ全体像が見えていません。シ
ンガポールの「カブテック(政府テクノロジー局)」をお手本に
するそうです。
 カブテックは、デジタル化を成長戦略の中核に位置付けるシン
ガポール政府の方針により、2016年に発足し、既に3000
人の職員を擁しています。職員の80%はエンジニアで、その半
数は、AI、ビッグデータ、サイバー防御などの業務を担当する
専門家です。有能な人材であれば、民間企業を上回る高収入で採
用しています。これまでのように民間に委託して開発するのでは
技術革新のスピードに追い付けなくなっているのです。河野太郎
規制改革相は、昨年27日〜30日の日程でシンガポールに出張
し、ガブテックを視察しています。
 また、2021年には、フェイスブックがデジタル通貨「リブ
ラ」をスタートさせると言明しており、各国の金融当局には緊張
が走っています。「リブラ」とは一体何か。それは金融システム
にどのような影響を与えるのか。今までの仮想通貨とどこが違う
のか。フェイスブックのユーザー27億人が使ったらいったい何
が起きるのでしょうか。
 そこで、EJは次のテーマで、しばらく考察し、書いていくこ
とにします。
─────────────────────────────
  デジタル社会は生活をどのように変革し何をもたらすか
  ──社会のデジタル化で日本はどのように変わるか─
─────────────────────────────
              ──[デジタル社会論/001]

≪画像および関連情報≫
 ●デジタル競争力、世界2位/シンガポールの重点戦略とは
  ───────────────────────────
   シンガポール中心部にある屋台街「マックスウェル・フー
  ドセンター」。鉄骨の屋根の下、4畳半ほどの広さの屋台が
  100あまり軒を連ね、チキンや海鮮、カレーなどさまざま
  な料理の香りが漂う。その屋台の店頭に最近、QRコードが
  掲げられるようになった。センターの開業以来30年以上、
  腸詰めなどを売ってきた「チャイニーズストリート・フリッ
  ターズ」のウン・コクファさん(63)は驚く。「政府の後
  押しで、導入する店が一気に増えたね」
   大きな理由は、しくみが簡単になったことだ。現金商売が
  主流の屋台街ではクレジットカード会社などが様々な電子決
  済を導入しようとしてきたが、手間が増えるため、敬遠する
  商店主も多かった。これに対し、いま広がっているQRコー
  ドは政府が開発。20以上の決済サービスに対応し、店頭に
  いくつものQRコードを並べなくてすむ。支払いは客がQR
  コードをスキャンして送金するだけで、店側の手間はいらな
  い。政府は5月、屋台街のデジタル化を始めると発表した。
  商店主や利用者を支援するため、約1千人を全国の屋台街に
  配置。月に20件以上のQRコード決済を受け付けた屋台に
  は、月300シンガポールドル(約2万3千円)の助成金も
  出し始めた。「コロナ流行を受け、デジタル化は必須。チャ
  ンスでもある」(イスワラン情報通信相)。2021年6月
  までに、1万8千人いる屋台の店主に電子決済導入を働きか
  ける。現金を使わず、接触が減ればコロナの感染拡大防止に
  も役立つと見込む。       https://bit.ly/3mZTKqy
  ───────────────────────────
GAFAM東証一部を抜く.jpg
GAFAM東証一部を抜く
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | デジタル社会論T | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする