2020年12月04日

●「検察は官邸にお伺いを立てている」(第5384号)

 このところEJは、雑誌『選択』が、数ヶ月前から連続して取
り上げている「安倍首相退陣の真実」関連の記事に基づいて政治
の問題について書いています。
 安倍前首相は、不治の病の悪化で政権を途中で2度にわたって
投げ出したかたちになっています。しかし、辞めた後の安倍氏の
行動を見ていると、とてもそのようには見えないのです。
 安倍首相が退陣を表明したのは2020年8月28日のことで
す。ところが、安倍首相は、9月28日には自身の応援団である
読売新聞の単独インタビューに登場し、まだ体力のあるなかで交
代すると強弁した上で、菅氏の不慣れな外交、関心のない憲法改
正、自分が心を残している東京五輪開催について、「確実に成果
を出す」ようクギを指しています。
 これについて、『選択』/10月号「政界スキャン」は、読売
新聞の単独インタビューについて、次のように報道しています。
─────────────────────────────
 読売の解説記事は、「余力を持って退陣、影響力を保持」「菅
氏が個人的関係の薄い麻生太郎副総理兼財務相、岸田文雄前自民
党政調会長とのつなぎ役」「(12月で72歳の菅氏と比べ、安
倍氏の)65歳は政界では働き盛り」、「再々登板もあり得る」
「早くも首相復帰を望む声」など書きたい放題。記事は安倍氏の
意を汲んで書かれたと読むべきであろう。
          ──『選択』/10月号「政界スキャン」
─────────────────────────────
 安倍前首相は、退任後、とても病人とは思えない精力的な活動
をしています。退任から3日目の9月19日午前には、東京・九
段北の靖国神社を参拝し、拉致被害者の横田めぐみさんの父・滋
氏のお別れの会へ出席、これも安倍応援団である加藤官房長官や
稲田朋美氏らと会食──というように、とても不治の病が悪化し
て、総理を辞任せざるを得なかった、いわゆる“病人”とは思え
ない元気さです。
 それだけではないのです。10月20日には埼玉県の高坂カン
トリー倶楽部で、元側近の今井尚哉氏、自民党参院幹事長の世耕
弘成氏、自民党選対委員長の山口泰明氏らとゴルフに興じていま
す。山口氏は菅首相の側近ですから、安倍氏の元気な様子を菅首
相に伝えているはずです。
 もしかすると、実は持病の悪化は口実で、「モリ・カケ・桜」
に加えて、コロナ対応のまずさによる歯止めなき内閣支持率の低
下に嫌気がさして、病気による辞任は、それから逃げるための一
時的避難だったのではないかという噂すら立っているのです。
 しかし、菅義偉という人物は、なかなかしたたかなところがあ
ります。安倍氏の「再々登板」の動きを知りながら、いろいろと
手を打っています。辞任後突如として検察が捜査をはじめた「桜
疑惑」についても菅官邸が絡んでいる可能性があります。11月
25日発行の「日刊ゲンダイ」は、これについて、自民党関係者
の話として、次のように報道しています。
─────────────────────────────
 特捜部は急ピッチで捜査を進めている。安部事務所の人間も、
次々に呼ばれているようです。でも、安倍さんは、3ヶ月前まで
は総理大臣だった政治家ですよ。常識的に考えて、捜査に着手す
る前に、法務大臣や官房副長官にお伺いを立てるはずです。その
時、官邸は捜査を止めなかったのではないか、その疑いがありま
す。しかも、疑惑の中身が次々にリークされている。安倍サイド
が補填したのは800万円・・・ホテルは領収書を提出・・・な
ど、検察しか知り得ない話がボロボロと出てくる。検察だって、
官邸から暗黙の了解を得ていなければ、怖くてここまでリークで
きないはずですよ。            ──自民党関係者
       2020年11月25日発行/「日刊ゲンダイ」
─────────────────────────────
 「桜を見る会」の検察の捜査が進むにつれて、コアの安倍シン
パが安倍氏から距離を置きはじめています。なかでも安倍氏と親
しい橋下徹元大阪府知事は、辞職勧告まで出しています。
─────────────────────────────
 秘書のやっていることを政治家が全部見切れているわけじゃな
いんですが、今回の問題はホテルに確認すればすぐに分かること
なんです。これ事実だったら本当に残念なんですけど、議員辞職
もやむなしだと僕は思っています。       ──橋下徹氏
   11月29日朝、フジテレビ系情報番組「ザ・プライム」
─────────────────────────────
 検察の事情聴取に対し、安部事務所の秘書は「議員(安倍氏)
には報告していない」といっています。秘書の独断でやったとい
うわけです。普通はこんなことは考えられないことですが、この
場合、どういう決着になるのかについて、元東京地検特捜部副部
長で弁護士の若狭勝氏は次のようにいっています。
─────────────────────────────
 地検が想定しているのは、「政治資金規正法違反」と「公職選
挙法違反」ですが、捜査は年内に決着すると思います。来年にな
ると、解散総選挙の可能性があることと、4月以降にずれ込むと
時効にひっかかるからです。安倍さん本人の立件はないでしょう
が、あるとしたら、秘書の罰金刑だと思います。連座制の適用は
ありません。               ──若狭勝弁護士
        2020年11月30日発行「日刊ゲンダイ」
─────────────────────────────
 この事件について意見を求められた専門家のコメントは、すべ
て若狭弁護士のコメント同じです。これに危機感を持ったと思わ
れる、刑事告発した弁護士たちは、1日に記者会見を開き、「忖
度から捜査の手を緩めて軽い処分を選択すれば、検察に対する国
民の信頼は地に落ちる」と訴えています。告発人である「『桜を
見る会』を追及する法律家の会」は、941人分の告発状を東京
地検に提出したといわれています。
         ──[『コロナ』後の世界の変貌/128]

≪画像および関連情報≫
 ●ANAホテルが「上様」で領収書を発行
  ───────────────────────────
   「桜をみる会」前日に安倍総理の後援会が主催した夕食会
  の会場、ANAインターコンチネンタルホテル東京が発行し
  たとする領収書を、参加者が実際に受け取っていたことがわ
  かった。宛名は「上様」と記され、総理の国会答弁と一致し
  ている。
  飯田)2月22日の産経新聞が、写真入りで記事を掲載して
  います。領収書を発行したか、していないか、そして領収書
  を個人の名前で出したのかどうか。後援会主催であれば、政
  治資金規正法に反しているのではないかという話もあったの
  ですが、領収書が出て来ました。
  須田)実は私も先週、山口県に入って、いろいろ取材しまし
  た。領収書の宛名は実名で書かれていたのかどうか、全日空
  ホテルの広報担当者の回答だけでは裏付けが取れたというこ
  とにはならないので、領収書の存在がいちばん重要になるた
  め調べました。調べてみても、安倍事務所サイドは領収書を
  入手していないようでした。そういう状況ですから、マスコ
  ミ各社も野党も領収書の内容を確認せずに、国会での質疑や
  報道が相次いだ。誰も現物を入手していないにも関わらず、
  首相答弁で嘘をついているという話だけが1人歩きしていま
  した。その状況のなかで、産経にやられました。
                  https://bit.ly/2VpYydC
  ───────────────────────────
「桜を見る会」の領収書をめぐる国会審議
「桜を見る会」の領収書をめぐる国会審議


posted by 平野 浩 at 14:55| Comment(1) | 『コロナ』後の世界の変貌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする