2018年10月11日

●「123便は横田へ着陸寸前で阻止」(EJ第4866号)

 垂直尾翼を破壊されたJAL123便の高濱機長は、ダッチロ
ールとフゴイド運動を起こしていた機体を何とか立て直すことに
成功しています。
 ダッチロールとは、いわゆる飛行機の横ゆれ (ローリング) と
偏ゆれ (ヨーイング) が合成された蛇行運動を短い周期で繰り返
す状態のことです。これにフゴイドが加わるのですから、飛行機
の操縦は極めて不安定になります。フゴイドというのは、固定翼
機の運動の内、進行方向に対して縦方向に生じる動揺のことをい
うのです。
 しかし、高濱機長は、神業的操縦ではあるものの、JAL12
3便の機体をエンジン出力をコントロールして、機体操縦の70
%をマスターし、123便をほぼ安定して運行できる状態にして
いたのです。そして、その状態で、焼津市上空でUターンし、相
模湖付近まで戻ってきています。この時点で123便は、明らか
に横田基地を目指していたといえます。
 高濱機長は、一応羽田空港に戻るといっていたものの、それは
横田基地の了承を得られない場合のことであり、あくまで横田基
地へのランディング・コースに乗っていたのです。それに車輪も
出るようになったという情報もあります。
 それに横田基地からも「受け入れ可能」の情報が入ってきてい
たのです。横田基地のC130の乗員は、JAL123便の状況
を正確に把握して、その情報を横田基地に送っており、横田基地
の米軍は受け入れ可能と判断したといいます。そして、緊急医療
チーム(医科救急隊)を待機させ、JAL123便の到着を待っ
ていたのです。この医科救急隊は、負傷者輸送、緊急治療にあた
る医科輸送機C9ナイチンゲールを擁しています。
 この状況における池田昌昭氏による仮説ボイスレコーダー記録
をご紹介します。できる限り、事故調最終報告書が公表したボイ
スレコーダーの文字書きをベースとするが、そこに欠落している
とみられる部分を推理で補ったものです。だから、仮説ボイスレ
コーダーなのです。時刻は、午後6時40分22秒。なお、この
とき、JAL123便は、既に自衛隊ファントム機の追尾に気が
付いています。しかし、123便のコックピットは、それは、あ
くまで救護のための着陸誘導だと思っていたのです。
─────────────────────────────
◎午後6時40分22秒
東京管制部:こちら東京コントロール、もし受信可能であれば、
 (トランスポンダー)識別信号で応答せよ。
123便:何度も交信しているのに。東京管制部の管制官が交代
 したのか。そんなのどうでもいい。操縦の方が大事だ。
◎午後6時41分55秒
東京管制部:ACC。全航空機、JAL123便を除く仝航空機
 は、周波数134・0にて東京コントロールと交信せよ。なお
 別途指示があるので、この周波数の沈黙を維持されたい。
123便:東京管制部は、やっと、緊急指示を出している。遅す
 ぎる。
◎午後6時44分41秒
123便:フラップ下げましょうか。
 ・いや、まだ早い。もう少ししてからだ。
 ・足は降りているか。
 ・はい。午後6時39分32秒に主脚を下げました。
 ・フゴイド運動は、急激に減衰ののち、完全に消滅しました。
◎午後6時45分37秒
横田基地:こちら横田進入管制所。JAL123便、緊急周波数
 で呼んでいます。聞こえたら、横田にコンタクトを。横田基地
 は緊急着陸許可です。
123便:横田にコンタクトしましょうか。
 ・機体は水平で安定している。
 ・機内より、横田基地が近いので「がんばろう」の声がする。
◎午後6時46分06秒
123便:相模湖まで来ています。
◎午後6時46分10秒
東京管制部:こちらACC。羽田管制所にコンタクトしますか。
123便:このままでお願いします。
東京管制部:はい。了解しました。スタンバイ、お待ち下さい。
123便:スチュワーデスも非常に冷静です。客室乗務員も着陸
 の準備に入っています。
◎午後6時46分22秒
123便:横田基地の滑走路が正面眼下に見えてきた。
 ・機首下げ。
 ・行くか。
 ・はい。             ──池田昌昭著/文芸社
 『御巣鷹山ファイル3/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 これによると、JAL123便は横田基地着陸寸前だったこと
がわかります。機体は傾いていないし、4つのエンジンは順調で
す。しかも、車輪も出ています。胴体着陸どころか、普通に着陸
できる可能性もあったのです。つまり、524人全員無事という
可能性も十分あったといえます。理想的なことです。それにこの
時点では、123便のコックピットの会話を聞くと、そこに少し
余裕が感じられます。
 横田飛行場123便着陸、乗客乗員全員無事。大変喜ばしいこ
とです。しかし、その結果は、政府、自衛隊にとっては、最悪で
す。標的機の衝突がバレてしまうし、証言者はたくさんいるし、
とくに自衛隊は大変なことになります。不謹慎な話ですが、自衛
隊にとっては、「JAL123便垂直尾翼破損/乗客乗員全員死
亡」──この方望ましいのです。
 しかし、JAL123便の横田飛行場着陸は、自衛隊の2機の
ファントム戦闘機によって、スクランブルされ、強制的に回避さ
せられたのです。 ──[日航機123便墜落の真相/036]

≪画像および関連情報≫
 ●いわれなき批判に反論する/佐藤守のブログ日記
  ───────────────────────────
   昭和60年8月12日に起きた、日航機墜落事故での自衛
  隊の活動に付いて、私が反論した「月曜評論」のコピーを貰
  えないか?、という依頼があった。
   コメントにもあったように、既に当事の状況を知らない世
  代が自衛隊に育っているし、依然として事故原因は「自衛隊
  の標的がぶっつかった」という“共産党作家”の影響も残っ
  ているらしい。驚いたことにコメントには「中性子爆弾説」
  などもあって、まだまだ国民はこの事故の実情を理解してい
  ないことを痛感した。
   そこで、当時私が発表した文を、1〜5までに分けてここ
  で再掲載しておきたいと思う。若き現役自衛官達にも、当時
  の状況を推察してもらいたい。
   『いわれなき批判に反論する』/JAL機墜落事故=航空
  自衛隊の捜索救難活動について・・・
      防衛庁航空幕僚本部広報室長/一等空佐 佐藤 守
   8月12日夕刻に発生したJAL機墜落事故は、520名
  もの尊い犠牲者を出す史上最大の航空事故となったが、航空
  自衛隊は、事故発生が予測されるや間髪を入れず救難活動に
  移った。それにもかかわらず、翌日奇跡的に四名の生存者が
  発見され、「他にも生存者がいる」との証言が報道されると
  今度はあたかも自衛隊側の救難活動に問題があったかのよう
  な「自衛隊批判」が沸き起こったのである。
                  https://bit.ly/2Qzg6iM
  ───────────────────────────

米軍/横田飛行場.jpg
米軍/横田飛行場
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary