2018年10月01日

●「123便はミサイルで撃墜された」(EJ第4859号)

 1985年8月12日の夜に、仲間2人とオフロードバイクで
JAL123便の墜落現場に入ったMさんの証言をもっと詳しく
見ていくと、大きな疑問がいくつも出てきます。その疑問をまと
めると、次の4つになります。
─────────────────────────────
 1.墜落現場では、自衛隊とみられる70〜80人が暗視ゴー
  グルを付けて何やら現場から“破片”とみられるものを採取
  する作業をしていた。何を採取していたのか。
 2.自衛隊員とみられる一団は、当時現場には50人ほどの生
  存者が呻き声を上げて苦しんでいたにもかかわらず、救助し
  ようとはせず、破片採取に専念していたこと。
 3.墜落現場近くの上空にはヘリがホバリングしており、自衛
  隊員が採取した物質を入れたバッグを数十個単位で釣り上げ
  て運搬していた。明らかに救助ではないこと。
 4.Mさんと2人の仲間は、生存者10人ほどと話しをしてい
  るが、そのなかには、指を負傷しただけとみられる男性もお
  り、すぐ死ぬような状況でない人もいたこと。
─────────────────────────────
 疑惑はたくさんあります。まず、いえることは、墜落後の早い
時点で墜落現場に入っていたのは、本当に自衛隊員だったのかと
いう疑惑です。少なくとも同じ自衛隊であっても、何か災害が起
きたとき、現場に駆け付ける救助のための自衛隊員でないことは
確かです。これについては後から検証します。
 続いて、彼らは50人ほどの生存者を救助せず、ひたすら何を
採取していたのかです。それは、明らかに証拠隠滅行為です。も
し、123便に標的機が衝突したのであれば、それを示す証拠と
なるものを収拾したことになります。
 しかし、生存者といっても、様々であり、Mさんによると、な
かには、指を負傷しただけの人もいたようです。つまり、生き残
る人も相当出ることは十分予想されたのです。生存者が苦しんで
いるのを無視して、破片採取作業に専心する自衛隊員を見て、後
になって、生き残った人たちが自衛隊を訴えるという事態を彼ら
はなぜ想像できなかったのでしょうか。なぜなら、それはあまり
にも非人道的行為だからです。
 しかし、それは杞憂に過ぎなかったようです。なぜなら、自衛
隊員のそういう行為を目撃しているはずの人たちは、全員死亡し
ているからです。Mさんが指摘している指を負傷している生存者
も死亡していることになります。
 生存者を見殺しにしてまでして、彼らが捜していたものが何で
あるかについてのヒントが、既出の角田四郎氏の本にあります。
─────────────────────────────
 私は、8月18日の現場登山の帰り道、偶然一片のアルミ合金
製と思える金属片を拾ってしまったことを前にも述べた。その金
属片を米軍の友人になんの説明もせず、(日航機事故の件も伝え
ず)見せた。彼は航空機の整備を担当している。
 彼の答えは、私のド肝を抜いた。「たぶん」と疑問詞を付けて
慎重に、しかしはっきりとこう言った。
 「ミサイル」(This is missaile.)
 「まさか!」(Not really !)
 「たぶん、ミサイル」(Mybe missaile.)
       ──角田四郎著『疑惑/JAL123便墜落事故
      /このままでは520柱は瞑れない』/早稲田出版
─────────────────────────────
 この事実は、実に恐ろしいことを示唆しています。相模湾の上
空付近で、護衛艦「まつゆき」が発射したとみられる標的機が、
JAL123便の尾翼に命中し、尾翼が破壊されたとしても御巣
鷹山に墜落した123便の残骸のなかに、ミサイルの痕跡が残っ
ているはずがないからです。もし、123便がミサイルで攻撃さ
れない限りの話ですが・・・。
 私が感じた同じようなことを角田四郎氏は、ミサイルの記述の
後で、次のように書いています。
─────────────────────────────
 しかし、私は一方でこれは米軍友人の見立て違いだと思ってい
る。何故なら、たとえ事故が国にとって重大な損失を生むからと
いっても、現実に空を飛ぶ一自衛隊員は我々の近くにいる普通の
若者と変わるところはない。いかに上官の命令であっても一般人
が乗っている。民間航空機に向けてミサイルを発射撃墜するなど
という行為をできるわけも、するわけもないからである。私はそ
う信じたいのだ。
 他方、では一体あの墜落前の光や後をついていった流れ星のよ
うなものや私の捨得した金属片、そして最後の異常な急降下をど
う説明すればよいのか、と思い悩んでしまう。
                ──角田四郎著の前掲書より
─────────────────────────────
 自衛隊機のミサイルによる123便の撃墜説──この立場を明
確にとっているのは池田昌昭氏です。池田氏の2冊目の本のタイ
トルは、そのものズバリ『御巣鷹山ファイル2/JAL123便
は自衛隊が撃墜した』(文芸社刊)となっています。この本が刊
行されたのは、1998年9月10日のことであり、随分早くか
らこの説を主張されていることになります。
 ここで留意すべきことがあります。ここで「撃墜した」という
のは、標的機が123便の尾翼に当たったという意味ではなく、
文字通り自衛隊機が、ミサイルを発射し、123便を撃墜したと
いう意味です。
 自衛隊機が、尾翼を失って瀕死の民間機をミサイルで撃墜する
──自衛隊がこんな残酷なことをするはずがないと誰でも考えま
すが、事の経過をたどってみると、推理上はそういう結論に行き
着かざるを得ないのです。そうでなければ、墜落現場からミサイ
ルの金属片が発見されるはずがないからです。
         ──[日航機123便墜落の真相/029]

≪画像および関連情報≫
 ●日航機墜落はミサイル攻撃によるもの
  ───────────────────────────
   また、あの日航機墜落の夏がやってくる。最近、日航機墜
  落の真実を追及するブログにより、新たな情報が書かれるよ
  うになった。その中でも、「日航機墜落の真実を求めて」の
  ブログが、「自衛隊員の自殺率の嘘」と題して書かれたブロ
  グを挙げ、事故が起きた1985年の翌年1986年7月頃
  から日航機の真相を仲間や身内にばらした自衛官らは殺され
  ているようで、自分も殺されると察したある自衛官は友達に
  2枚の自殺した同僚の航空自衛官(1986年7月)の現場
  写真と決定的な証拠写真を託して、その自衛官自身も2ヵ月
  後の9月12日に自殺させられたようだというのです。
   その写真は、自殺させられたと思われる写真と倉庫にあっ
  た落ちた尾翼部分(資料AB)で、明らかにオレンジ色の物
  体とその塗料がくっついたままの状態の写真です。これは明
  らかにミサイルもしくはその標的機がぶつかったことを示す
  決定的な証拠です。
   これらの出典となった「週刊文春」の記事を探していると
  ころです。とりあえず、それを引用したブログを挙げてみま
  した。これから推測すると、ミサイル攻撃を受けて垂直尾翼
  をなくした日航機は墜落。それを隠蔽するために目撃・処理
  した自衛官だけでなく、乗客などの命も奪われた可能性もあ
  ります。つまり、ミサイルが日航機に衝突して墜落しただけ
  でなく、ミサイルが追突したとなれば、自衛隊の存在もアメ
  リカとの関係にも支障をきたすという何らかの理由で、この
  事故を隔壁の亀裂による修理ミスとして処理するために、ま
  だ生きていた乗客も放置され、現場処理にあたった自衛隊員
  も自殺させられたというショッキングな出来事となります。
                  https://bit.ly/2NayXhV
  ───────────────────────────

角田四郎氏の持ち帰った金属片.jpg
角田四郎氏の持ち帰った金属片
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

●「なぜ、事実を隠蔽しようとしたか」(EJ第4860号)

 相模湾上の護衛艦「まつゆき」から発射されたとみられるミサ
イルの標的機が、JAL123便の尾翼に衝突し、123便は尾
翼と油圧を失い、操縦困難に陥ります。これは操縦機能を失った
に等しいのです。そのため、尾翼は飛行機のなかでも非常に頑丈
に作られています。あの「ハドソン川の奇跡」を成し遂げた元U
Sエアウェイズの機長であるチェスリー・サレンバーガー氏は、
「ほとんど操縦不可能である」といっています。
 しかし、123便の高濱機長は、エンジンは問題がないので、
飛行機を空気抵抗の強いところまで、高度を落とし、何とかエン
ジンをコントロールして、横田飛行場か羽田空港の近くまで戻っ
てきたのです。これはまさに神業そのものといえます。連絡を受
けた横田飛行場では、万全の準備をして、123便を待ち受けて
いたのです。油圧が効かないので車輪が出ず、必然的に胴体着陸
になるので、火災に備えて、消防の準備まで整えていたのです。
 さて、以下は、『御巣鷹山ファイル2/JAL123便は自衛
隊が撃墜した』(文芸社刊)の著者、池田昌昭氏による諸資料に
基づく仮説の世界の自衛隊内部のやり取りです。少し長いですが
そのウラ側の事情がわかるので、引用します。
─────────────────────────────
・JAL123便の様子は
・右旋回中で、羽田か横田に緊急着陸するかも知れません。
・スクランブル発進は既にしていると思うが、なお、試運転護衛
 艦『まつゆき』の訓練態勢下、もしくは支援下にある自衛隊機
 に出動させ、JAL123便を追跡し、逐一JAL123便の
 様子を報告させるように。
・いや、JAL123便を誘導するように。羽田や横田に着陸さ
 れると困る。
・交信内容は
・「操縦不能」を東京航空管制部に連絡しています。
・米軍は交信内容を傍受し、把握しているか。
・そのはずです
・都合の悪い交信の時は、妨害電波を出せるか。
・出せます。
・米軍は行動しているか。
・既に付近を飛行中の米空軍C−130輸送機が横田基地に連絡
 しています。
・羽田や横田に着陸されるとまずい。
・東京航空管制部は名古屋着陸を打診したが、JAL123便は
 羽田に戻ると言っています。
・横田基地が近い。
・操縦士は横田着陸を試みるかもしれない。
・それはまずい。左へ誘導し、横田や羽田から遠ざけるように。
・極限状態にありながら、操縦士は機体を立て直し、横田への着
 陸コースに乗っています。このままいくと、うまく横田に着陸
 するかも知れません。
・横田に着陸されたら万事休すだ。民間機の横田への着陸は米軍
 の軍事上と付近民家の問題で着陸できないと言い、山岳地帯へ
 誘導するように。
・誘導の自衛隊機は何機か。
・2機です。
・自衛隊機は、JAL123便と交信するように。
・はい、そのように誘導させます。
・自衛隊機はどこから発進したか。
・浜松基地からです。
・何分ころか。
・午後6時31分に浜松基地を発進しています。
                  ──池田昌昭著/文芸社
 『御巣鷹山ファイル2/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 会話の中に2機のF−4EJファントムが登場します。午後6
時31分に浜松基地を発進し、そして、自衛隊高官の指示にした
がい、JAL123便を追尾します。そしてJAL123便にス
クランブルをかけます。ちょうど123便が横田基地に最も近づ
いた18時47分の時点です。添付の123便の航跡図をご覧く
ださい。そして山岳地帯に誘導するのです。
 もし、JAL123便に対してミサイルを発射したとすれば、
この2機のF−4EJファントムということになりますが、自衛
隊は、多くの目撃情報があるにもかかわらず、この2機の存在を
否定しています。自衛隊は2機のF−4EJファントムを発進さ
せていますが、時間が約30分異なるのです。
─────────────────────────────
       ◎諸情報による推理
        18時31分/浜松基地発進
         F−4EJファントム2機
       ◎自衛隊の公式発表
        19時05分/百里基地発進
         F−4EJファントム2機
─────────────────────────────
 標的機がJAL123便の尾翼にぶつかったのは、わざとでは
なく、ミスであったと思われます。それなら、自衛隊は、その事
実を認め、謝罪すべきだったのです。しかし、真実を公開すると
おおごとになります。
 それに、当時は米ソ間で緊張が高まっており、日米はそれに備
えて、密かにミサイルの性能向上の研究開発実験をやっていたの
です。誘導ミサイルの開発です。公表すれば、そのこともバレて
しまうことになります。時の政権は、米国はレーガン政権、日本
は中曽根政権、いわゆる「ロン・ヤス」の時代です。米軍と自衛
隊の軍事的関係が緊密になろうとしてきた時期です。結局、自衛
隊というより日本政府が隠蔽に加担することになります。
         ──[日航機123便墜落の真相/030]

≪画像および関連情報≫
 ●事故ではなく、犯罪の隠蔽である
  ───────────────────────────
   日航123便航空機事故は国際刑事裁判の案件である。日
  本航空123便は、墜落したのではなく、山腹への胴体着陸
  という不時着である。過去の航空機事故で、離陸直後や着陸
  時の事故では生存者がいるが、飛行中からの墜落では生存者
  は一人もいない。生存者がいたということは、123便は不
  時着したのだ。日本航空123便は4名の生存者が出て、生
  存者の証言では事故直後には他にも多数の生存者がいたとい
  う。8月12日の18時56分26秒に123便は群馬県多
  野郡上野村の高天原山の尾根に不時着。救護隊が遭難現場を
  発見したのは翌13日の4時で、救出が始ったのが、8時す
  ぎ。1995年8月、当時123便を捜索したロッキードC
  −130輸送機に搭乗していた元在日アメリカ軍中尉は、同
  機が事故現場を特定していたこと、米軍座間基地から、飛び
  立った救難ヘリが現場に到着していたこと、そして、日本政
  府がこの救難作業を断ったことを証言している。この元在日
  アメリカ軍中尉の証言は、生存者の一人の落合由美さんの手
  記とも符合する。        https://bit.ly/2R9QvOA
  ───────────────────────────

横田基地に最も近い場所で方向転換.jpg
横田基地に最も近い場所で方向転換
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

●「123便墜落の原因はミサイルか」(EJ第4861号)

 ここで問題を整理しておきます。JAL123便が、なぜ御巣
鷹山の山中に墜落しなければならなかったのかについては、次の
2つの説があります。
─────────────────────────────
 1.後部圧力隔壁に疲労亀裂が生じて破壊され、それに伴う
  急減圧で垂直尾翼が破壊され、操縦不能に陥り墜落。
             ─→ 事故調査委員会の最終結論
 2.自衛隊の標的機が、誤って123便の垂直尾翼に衝突し
  機は尾翼と油圧を失い、操縦不能になって山中墜落。
             ── 書籍などによる個人の調査
─────────────────────────────
 「1」は事故調の最終結論です。すべては、これによって決着
がついています。今さら、何をいっても、この見解が変わること
はありません。1990年7月17日に公訴時効も成立していま
す。その後、遺族が新情報を基に何度再調査を依頼しても国は一
切拒否しています。
 しかし、事故調の結論には数多くの矛盾があり、33年経過し
ても、多くの人が納得していないのです。そのため、事故調の最
終調査の矛盾を暴き、独自調査を加えた書籍が数多く出版される
ようになります。これが「2」です。
 「2」に関係する書籍のうち、最も優れているものとしては、
次の3つがあります。
 1993年発刊の角田四郎著の『疑惑』(早稲田出版)、19
98年発刊の池田昌昭著の一連のJAL123便の一連のシリー
ズ、そして、現在話題を呼んでいる青山透子著の一連のシリーズ
です。青山氏は、数多くの証言を揃えている点が、他のレポート
とは違う強い説得力を持っています。これら3人のライターは、
いずれも自衛隊の標的機による123便の垂直尾翼破壊を原因と
する「2」の仮説を支持しています。
 なかでも、この事件のそもそもの原因をズバリ率直に書いてい
るのは、池田昌昭氏のシリーズです。つまり、非常に書きにくい
ことを「仮説の世界」と断りながらも率直に書いています。その
要旨は次の通りです。
─────────────────────────────
 1.海自の護衛艦「まつゆき」から発射されたとみられる標
  的機が123便の垂直尾翼に衝突し、破壊したこと。これ
  によって、123便の操縦は極めて困難になる。
 2.123便の高濱機長は、それでも超人的な操縦でエンジ
  ンをコントロールし、横田か羽田の近くまできたところで
  自衛隊機によって山への方向変更を指示される。
 3.山方向に向った123便は、エンジンの推力を失いなが
  らも高原のレタス畑に不時着する可能性があり、追尾中の
  ファントム機のミサイル発射で墜落させられる。
─────────────────────────────
 国民の命を守る自衛隊が、乗客乗員524人が乗っている民間
旅客機、それも垂直尾翼と油圧系統を破壊され、超人的なテクニ
ックで、やっと飛行している瀕死の123便を、こともあろうに
ミサイルで撃墜させることなど、あり得ないことです。
 しかし、池田昌昭氏は、それがこの事件では行われていると書
いているのです。それならば、なぜそのようなことになったのか
について、自衛隊高官とその部下の仮説会話をご覧ください。
────────────────────────────
・このままの操縦でJAL123便はどうなるか。
・多分、山に誘導すれば力尽き、山にぶつかると思います。
・現在降下中で、高原のレタス畑に不時着するかも知れません。
・不時着されるとまずい。標的機が衝突したことが明らかになっ
 てしまう。
・不時着したときの生存率は?
・多分、10%以下でしょう。
・ミサイルで撃墜したときの生存率は?
・限りなくゼロに近いでしょう。
・サハリン沖の大韓航空007便のときは、後方5キロメートル
 の戦闘機から、ミサイルが2発撃ち込まれ、撃墜され、生存者
 は無しです。
・衝突した標的機の残骸は海上に落下しているので、これの方は
 直ちに艦艇を現場海域に集結させ、回収作業に入ることにする
・JAL123便が高原に不時着されると困る。
・始末する、とどめを刺すにしても命令が出ないとできない。
・緊急である。
・JAL123便は、自力で着陸できるか。
・うまくいけば、不時着するかもしれません。
・もう既に操縦能力の60%から70%は奪われています。墜
 落必至かもしれませんが、わかりません。奇跡が起きるかも
 しれない。
・ミサイルはどこに命中するか。
・熱線追尾方式のミサイルは、ジャンボ機の4つのうちのどれ
 かのエンジンの排気口目掛けて突進します。機体は破壊され
 ます。すべて今までに研究済みのことです。浮力は失われ、
 ほどなく真っ逆様に山に激突するでしょう。
・ただミサイルの発射のタイミングが難しい。ミサイルによっ
 てではなく、JAL123便自身の迷走最終段階で山にぶつ
 かったようにしなければならない。 ──池田昌昭著/文芸社
 『御巣鷹山ファイル2/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 つまり、ミサイルを発射するが、その痕跡は消し、JAL12
3便がダッチロールのすえ、力尽きて、山にぶつかったように仕
向けようとしたのです。そういえば、「ダッチロール」──この
言葉はこの事件では、何回も使われるようになります。そしにし
てもミサイルのことは、誰も想像すらしなかったでしょう。
         ──[日航機123便墜落の真相/031]

≪画像および関連情報≫
 ●今明かす私が事故直後の現場で見た事実
  ───────────────────────────
   日本航空123便墜落事故の第一報を耳にしたのは198
  5年8月12日、仕事も終わり愛車のボルボ24GLEで帰
  路に向かう途中だった。家に帰ったら1歳になったばかりの
  娘とお風呂でも入ろうかと考えていたさなか、当時としては
  まだ珍しいショルダー携帯電話が突然鳴り出し、航空機が行
  方不明であることが同僚のカメラマンから告げられた。そし
  て慌ててNHKのラジオ番組を聞くと、「羽田発伊丹行きの
  JAL123便が18時56分頃、静岡上空で消息を絶って
  いる模様――」と何度も同じ情報が繰り返されていた。
   私はその足で新潮社に向かった。ラジオでは断片的な情報
  をつないで、「長野県、群馬県境の上野村、三国峠、南相木
  村当たりの山中に落ちた、米軍機から横田基地を通じて報告
  があり、捜査を開始したもよう」と報じていた。南相木村は
  取材で何度も行っていたので、土地勘があった。そこで私の
  車を使い、私とフォーカスの記者の2人で南相木に向かうこ
  とになった。
   東京を出発したのは午後8時半、南相木村の目的地に着い
  たのは深夜0時を過ぎていた。車で村に近づくにつれ、警察
  車両や消防団が目に入ってきたが、さらに進んでいくと警察
  官に小学校の校庭に誘導された。周囲を見渡すと報道関係者
  は、私たちだけだった。車をグラウンドの片隅に付け、運動
  会用のテントが張られた対策本部を覗くと、消防団員らしき
  人たちと駐在さんがいましたが、これといった情報はない。
  夜明け前に自衛隊が動くとの情報を得て、そのあとをついて
  行くことになった。       https://bit.ly/2xObAWL
  ───────────────────────────

2機のF4−EJファントム.jpg
2機のF4−EJファントム
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

●「中曽根首相はいつ事故を知ったか」(EJ第4862号)

 JAL123便墜落事件では、あってはならないことがいくつ
も起きています。真偽のほどはわからないにしても、JAL12
3便は、自衛隊の艦船から発射されたミサイル標的機によって尾
翼を破壊され、油圧系統が完全に効かなくなって、操縦不能に陥
ります。まさに墜落必至の状況です。
 しかし、同機の機長である高濱雅己氏は、機を空気抵抗の強い
低空に降下させ、4つのエンジンをうまくコントロールして、横
田飛行場か羽田空港の近くまで、戻ってきたのです。専門家にい
わせると、この高濱機長の操縦は「神業」であるといいます。
 しかし、123便の機体には、標的機がぶつかった痕跡が残っ
ており、そのまま横田か羽田に不時着させるわけにはいかないと
いう上の判断が働いて、浜松基地から発進した自衛隊のファント
ム戦闘機2機が、123便にスクランブルをかけたのです。スク
ランブルをかけられると、かけられた飛行機は、その命令にした
がわざるを得なくなります。これが国際ルールです。
 そこで123便は、御巣鷹山方面に向うことになります。2機
の戦闘機は、123便を追尾します。しかし、高濱機長はここで
も何とか飛行機を高原に不時着させようと試みるのです。一人で
も多くの乗客乗員を助けたいという一心です。
 そういうとき、123便について防衛庁で自衛隊の高官とその
部下の仮説による対話です。明らかに部下のいっていることの方
が正論です。池田昌昭氏の本から引用します。
─────────────────────────────
・奇跡が起きるかも知れない。レタス高原に不時着するかも知れ
 ない。そうすれば自衛隊は批判され、反政府連動に火がつき、
 今まで営々と築いて来た支配体制がガタガタになってしまう。
・自衛隊という組織が破壊され、強いては政府という組織が破壊
 される。国家という組織が崩壊することになる。われわれは支
 配者を守り、支配者の命令に従うだけである。支配者の命令に
 服するのがわれわれの務めである。悪法もまた、法である。
・自衛隊は国家機関の背骨であり、自衛隊は弱みを国民に見せて
 はならない。自衛隊がガタつけば今の支配者にとっても国民の
 批判が集中し、今までの特権や権益が失われる。今までやって
 きたことが無駄になる。
・相手は、民間機です。戦争用の飛行機ではない。多数の民間人
 が搭乗しています。
・だから、極秘に作戟を行うのである。
・「天網恢恢疎にして漏らさず」のことわざの通り、悪事は必ず
 露呈することなのです。
・「天知る、地知る、吾知る」のことわざの通りなのです。分か
 らなければ良いのである。
・現に標的機の訓練のことは誰も知らない。知っているのは一部
 の幹部だけである。
・そのためには、秘密裏にことを運ばなければならない。「蟻の
 一穴」のことわぎがある。情報が漏れないように、しかも情報
 をコントロールし、国民の目を真実から逸らすのである。
・自衛隊はこのようなことのために訓練をして来たのであり、自
 衛隊がやってきたこと、やっていることに国民の眠が届き、監
 視され、すべてが白日のもとに晒されることは耐え難い。
・墜落現場は、立ち入り禁止としなければならないし、墜落地点
 の特定をできるだけ遅らせることである。
                  ──池田昌昭著/文芸社
 『御巣鷹山ファイル2/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 実際にこのような対話が防衛庁のなかで行われていたかどうか
はわかりませんが、事態はまさにそのように動いています。あっ
たことをなかったことにしようとしているのです。「あったこと
をなかったことにはできない」といったのは、前川喜平元文科次
官ですが、日航機墜落事件では、まさにあったことをなかったこ
とにしてしまったのです。
 12日夜から13日の日の出の前にかけて、墜落現場は早々に
判明していたのに、NHKなどのメディアを使って全然別の場所
を示唆し、その間に墜落現場に約80名の自衛隊員を現場に投入
し、生存者をほったらかしにして、ミサイルの破片と思われるも
のを全員で採取しているのです。事実の隠蔽です。
 しかし、対話にあるように、これほどの重大事の隠蔽を役人だ
けの判断でやれるはずがないのです。カギを握るのは、時の総理
大臣中曽根康弘氏と、防衛庁長官加藤紘一氏の2人です。彼らは
この事件についていつ報告を受けたのでしょうか。
 中曽根康弘首相は、1985年8月8日の夜から軽井沢の「ホ
テル鹿島の森」に滞在し、事故日の12日は、17時11分発特
急あさま22号に乗車して、19時15分に上野駅に着いていま
す。JAL123便が18時56分に墜落したときは、列車内に
いたことになります。中曽根首相は、いつ、どこで報告を受けた
のでしょうか。
 このときのことについて、中曽根氏は、ご自身の本『中曽根康
弘が語る/戦後日本外交』(2012年・新潮社)のなかで、次
のように書いています。
─────────────────────────────
 日航ジャンボ機墜落の報告が私に届いたのは、軽井沢から東京
に戻る列車の中で午後7時過ぎでした。それで8時噴から首相官
邸の執務室に入って、即時に色々な報告を受けたし、こちらから
対策の指令も出した。国民に対して政府の正式見解を出すのは、
事態の調査に遺漏のない状態で、万全を期してから発表しなくて
はいかん。それまでは、私に留めて、私が合図するまでは公式に
発表してはならんと指示しました。
               ──青山透子著/河出書房新社
  『日航123便/撃墜の新事実/目撃証言から真相に迫る』
─────────────────────────────
         ──[日航機123便墜落の真相/032]

≪画像および関連情報≫
 ●第62回 『抛っておけない疑問』
  ───────────────────────────
   21年前の御巣鷹山のクラッシュで、一番怪しいのは事故
  調(事故調査委員会)が出した結論と、それにボイスレコー
  ダーを、乗員のプライバシーを保護するという理由で、全公
  開しなかったことだ。
   事故調が出した「急減圧で圧力隔壁が破れ、その結果、垂
  直尾翼が吹き飛んで墜落した」という報告が、そのまま政府
  の公式見解となって定着している。しかし、急減圧なんか無
  かったのだ。
   今まで資料を見た限り、生き残ったスチュワデスの証言も
  あるし、それに日本航空乗員組合も、急減圧は無かったと断
  言している。急減圧が無ければ、圧力隔壁も破れないし、垂
  直尾翼が吹き飛ぶことも、四系統もある油圧システムが全部
  壊れて、その結果コントロールを失った123便が御巣鷹山
  に激突することも無かった。俺より若かった坂本九も、まだ
  元気に「上を向いて歩こう」と、唱っていただろう。日本の
  カタギは事故調査委員会なんて聞くと、実態をよく知らない
  のに、権威を信じてしまうのだから、ほとんど小学生並の頭
  だ。俺たちの先代の日本人は、最後には必ず神風が吹いて、
  アメリカ軍をやっつけてくれると、大真面目に信じて太平洋
  戦争を闘った。なんでも権力者が言ったことは、疑いもせず
  に信じることが美徳だったのだ。今でも日本人のほとんどは
  なにも疑わずに生きている。事故調は運輸省の組織だから、
  政府や日本航空、それに機体を製造したボーイング社の不利
  になる報告や結論は、出すわけがない。
                  https://bit.ly/2NhprtG
  ───────────────────────────

レーガン大統領と中曽根首相/ロンヤス時代.jpg
レーガン大統領と中曽根首相/ロンヤス時代
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

●「墜落現場を避ける時の中曽根首相」(EJ第4863号)

 JAL123便が墜落したのは、8月12日、18時56分の
ことです。このとき、時の総理中曽根康弘氏は、軽井沢発17時
11分の特急あさま22号に乗車して、上野駅に向っていたので
す。上野駅到着は19時15分。これほどの大事故ですから、必
ず事故のことは首相に伝えられているはずですが、携帯電話のな
かった時代です。列車内の連絡電話を利用しているはずですが、
中曽根首相はどの時点で事故を知ったのでしょうか。
 自衛隊の公式発表によると、19時1分にファントム2機が百
里基地から飛び立ち、20分後に墜落現場上空で燃えている地上
の炎を確認しています。これが正しいとすると、中曽根首相が上
野駅に着いた時点では、123便墜落事故を知らなかったことに
なります。しかし、2012年に執筆されている『中曽根康弘が
語る/戦後日本外交』(新潮社刊)のなかでは「軽井沢から東京
に戻る列車の中で午後7時過ぎに聞いた」と書いています。とい
うことは上野駅に着く前に連絡があったということです。
 特急あさま22号は19時15分に上野駅に到着。上野駅から
はパトカー先導で官邸に向っていますが、本来なら19時30分
には着いていなければならないのですが、着いたのは19時50
分。ここに20分間の空白があります。官邸で待ち構えていた記
者たちから、123便墜落のニュースを聞き、「ほう、そうなの
か」と答えています。
 これはあくまで推測ですが、中曽根首相はもっと早い時点──
18時31分に浜松基地から2機のファントムが発進(自衛隊は
これを否定)した頃から、首相には逐次情報が伝えられていたの
ではないかと思います。
 つまり、護衛艦「まつゆき」から発射された標的機が、JAL
123便に衝突し、垂直尾翼を破壊したあたりから、乗客乗員を
救出することではなく、政府の現体制と自衛隊を守るため、この
事件をいかに隠密裏に処理するか、軍事作戦のプロフェッショナ
ルが絵図を描いて実行したと池田昌昭氏はいうのです。池田氏は
これについて次のように述べています。
─────────────────────────────
 水際立った墜落現場特定の遅れの手法。水際立った救助活動の
遅れの手法。水際立った事後の報道統制。水際立った事後の真の
事故原因究明隠蔽工作。複雑に錯綜する事態の推移の糸を束ねる
ことのできる頭脳の良さと、コンピュータのちからでは謀れない
統制力。紙の上での図上計画を実施に移し、しかも現実生起情勢
の変化に機敏に対応できる機動力と決断力。事件の風化をジッと
待つ辛抱強さ、根気強さ。これらの一連のことに何かを感じない
か。先に、先にと考えは進む。つまり、事後の手際の良さが却っ
て不自然さを感じさせるのである。危機管理の専門家の存在を予
想させる。
 本当であれば、ヘリコブタ一搭載の暗視装置等の活用で現場特
定は直ちにできていたはず。従って夜間救出もできなかったわけ
ではないはず。報道も、もっと徹底して、事故原因を究明してい
たはず。事故調ももっと深く突っ込んで事故原因を解明できたは
ず。それら一連のことがすべて一致して、先に、先になされたよ
うな感じがする。とするとすべて、先に、事前に仕組まれていた
のであろうか?
 もしこれらがシナリオ化されていたと仮定すれば、それは手慣
れた勢力の存在が予測される。そういったことに手慣れている勢
力である。軍事作戦発動プロフェショナルの存在が予想される。
周到で綿密な計画と事後統制力。その糸に操られているものも、
その操り糸にまったく気が付かないくらいの冷静な手法。ただそ
の間に潜みしものは、表に出ないで聞に潜んでいることに意義が
あるのである。表に出てしまっては、闇の意味がなくなるのであ
る。                ──池田昌昭著/文芸社
 『御巣鷹山ファイル2/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 その後の中曽根首相の動静を見ると、墜落場所が自分の地元で
あるにもかかわらず、中曽根首相は墜落現場には足を運んでいな
いのです。何しろ乗客乗員520人が亡くなっているのです。日
本の首相として一刻も早く現場に行き、遺族を慰める義務があり
ます。それができないのはそこに何かがあるのです。
 墜落事故の10日後の8月22日は、「中曽根政権発足千日の
記念すべき日」だったのです。この日、中曽根首相は軽井沢にお
り、そこで次のコメントを出しています。
─────────────────────────────
 今日まで政治を遂行出来て望外の幸せである。防衛問題につい
ては、非常に慎重に手続きを尽くしてやっていきたい。新しい防
衛計画は何しろ財政が厳しいので、質的効率化を中心に計画が練
られるべきだ。文民統制を全うする手順、内容を考えて進めて行
くことが大事だ。防衛費の対国民総生産(GNP)比1%枠を撤
廃することについて維持は困難だ。出来るだけ1%以内に収める
努力は続けると申し上げてきた。──青山透子著/河出書房新社
  『日航123便/撃墜の新事実/目撃証言から真相に迫る』
─────────────────────────────
 このように、中曽根政権発足千日のコメントでも、日航機12
3便事故については、まったく触れていない。軽井沢に長くいて
さすがにゴルフは自粛したものの、テニス、水泳、読書にいそし
んでいるのに、123便の墜落現場には、足を向けようとはしな
かったのです。
 9月11日には、茨城県筑波へ科学万博の見学に自衛隊のヘリ
コプターで行っているのですが、自衛隊市ヶ谷駐屯地からわずか
19分で万博会場に着いたことで、大変ご満悦であったといいま
す。なぜ、墜落現場に足をのばそうとしないのでしょうか。
 結局、中曽根首相が墜落現場に行ったのは、事故後3ヶ月が経
過した11月4日だったのです。あまりにも遅過ぎるし、遺族に
対して失礼であると思います。彼は、やましいと考えているので
しょうか。    ──[日航機123便墜落の真相/033]

≪画像および関連情報≫
 ●日航ジャンボ機墜落事故と中曽根康弘
  ───────────────────────────
   9月12日は、1985年の日航ジャンボ機墜落事故から
  33年となった。多くの遺族らが花束や線香などを手に、墜
  落現場の御巣鷹の尾根に慰霊登山に訪れたようである。
   この尾根には『昇魂之碑』が設けられ、慰霊登山者はここ
  で手を合わせる。中には熱心な方もいられて、身近にこの事
  故の犠牲者を慰霊するためだけの専用の神棚を設けられてい
  るそうである。
   しかし、この方は遺族ではない。遺族でもないのに、専用
  の神棚を設けているのは、多分彼だけだろう。こんなに熱心
  なのに、一度も御巣鷹の尾根に慰霊に訪れたことがない。車
  で行ける『慰霊の園』も訪れたことがない。事故現場のすぐ
  隣の群馬出身で、地元にはよく帰られているのにもかかわら
  ずである。
   何かちょっと違和感を感じないだろうか?その方の名前を
  『中曽根康弘』という。この事故が発生した時の内閣総理大
  臣である。この事故の真相を知る人物である。真相を知るど
  ころか私は当事者本人だろうと思っている。事故は事故だっ
  たのだろうが、その真実を覆い隠すための工作を指示した本
  人である。その中曽根氏も今年の5月27日で100歳をむ
  かえたという。彼は、この事故についての真相を『墓場まで
  持っていく。』と語ったとされる。中々持っていけないよう
  である。しかし、焦る事はない。死んでからじっくりとこの
  事故と向き合うことになるだろう。
                  https://bit.ly/2IActGp
  ───────────────────────────

当時の中曽根康弘首相.jpg
当時の中曽根康弘首相
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

●「『墓場まで持って行く』秘密とは」(EJ第4864号)

 第4次安倍改造内閣が発足しましたが、わくわく感ゼロの内閣
で、内閣発足後の支持率は低下しています。新政権発足で支持率
が下がるのは前代未聞のことです。早速閣僚の失言が相次いでい
ます。とくに柴山昌彦文科相の次の発言に、日本という国が根強
く持っている「極右思想」を感じ取ることができます。当時の中
曽根内閣もそうであったと思います。
─────────────────────────────
 現代風に解釈されたアレンジした形で使える部分は十分あり、
普遍性を持っている部分が見て取れる。同胞を大切にするとか、
国際的な協調を重んじるとかいった基本的な内容を現代的にアレ
ンジして教えていこうとする動きも検討に値する。
                    ──柴山昌彦文科相
─────────────────────────────
 これは、柴山昌彦文科相の初入閣の会見で、記者から「教育勅
語」について聞かれ、それについて答えたものです。そのとき、
「何らかの形で教育勅語を使うつもりはない」と答えればよいの
ですが、安倍内閣の閣僚では、そういうことを何となくいえない
雰囲気があるのです。そこで、本人はまったくそのことを考えて
いなくても、そういわざるを得なくなります。これも忖度です。
 柴山大臣のこの発言につき、憲法学者で、慶応義塾大学名誉教
授の小林節氏は、「教育勅語」の活用など正気の沙汰ではないと
し、あろうことか「文科大臣」が就任直後の会見で発言すること
は、にわかには信じられないとし、次のように述べています。
─────────────────────────────
 改めて指摘しておくが、教育勅語の趣旨は、後半部分に明記さ
れた「危急の時には、正義心から勇気を持って公に奉仕し、よっ
て、永遠に続く皇室の運命を助けよ」と国民に命じている点であ
る。そもそも、「勅語」という法形式自体が、国の統治権を総攬
していた天皇がその大権に基づき直接「臣民」に「下賜」する意
思表示で、当時それが憲法の付属文書のような法的拘束力を持っ
ていたことは歴史的事実である。そして、それが、第2次世界大
戦の敗北に至った軍国主義を支えたことも史実である。
 だからこそ、敗戦直後の昭和22(1947)年に教育勅語に
代わる教育基本法が制定され、翌23(1948)年に両院が勅
語の失効を確認する決議を行ったのである。
    ──2018年10月5日発行/日刊ゲンダイのコラム
             「小林節が斬る!ここがおかしい」
─────────────────────────────
 ところで、JAL123便墜落事件のときの政権、中曽根政権
というのは、どういう内閣だったのでしょうか。何となく、安倍
政権と雰囲気が似ているのです。中曽根政権は、「戦後政治の総
決算」を掲げ、安倍政権も「日本を取り戻す」という似たような
スローガンを掲げています。
 1959年に、岸内閣で科学技術庁長官として初入閣を果たし
た中曽根康弘氏は、1966年に自らの派閥を結成します。もち
ろん、自らが総理になるためのステップです。そして、1970
年には、佐藤内閣で防衛庁長官も経験しています。このように中
曽根氏は、防衛庁とは強いつながりがある政治家なのです。
 自民党のなかでは、その変わり身の早さから「風見鶏」と呼ば
れますが、その本質は、派閥・金権政治の古いタイプの政治家と
して位置づけられます。リクルート事件に関与して、一時自民党
を離党していた時期もあります。
 1982年、田中角栄の助けを得て、内閣総理大臣に就任しま
すが、時の米国大統領レーガンと、ロン・ヤスと呼び合う大物ぶ
りを披露しています。米国との関係も緊密だったのです。日航機
墜落事故について中曽根康弘氏は、次のような思わせぶりな謎の
言葉を述べています。
─────────────────────────────
    JAL123便事故の真実は墓場まで持って行く
                   ──中曽根康弘
─────────────────────────────
 このいい方は、中曽根氏は日航機墜落事件について何かを知っ
ており、それは絶対に外部に出せないものであるので、だから墓
場まで持って行く──このように解釈できます。
 ここからは、「自衛隊」についての自衛隊高官と部下の仮説に
基づく対話です。
─────────────────────────────
・自衛隊がガタつけば、国家がガタつくことになる。自衛隊は日
 本国家の主柱であり、われわれの武力が、国を守っているので
 ある。その自衛隊は、国民に弱みを見せてはならない。
・現機構を自衛隊は守っているのです。庶民は自分で自分の生活
 を守っています。
・自分の責任でミサイルを発射する。自分が責任をとれば良い。
・あなた一人の責任の問題ではない。未来永劫にわたり、天怒し
 その罪を自衛隊が追及されます。
・命令を聞けないなら、おれを撃ち倒してからにしてくれ!
・あなた一人を乗り越えてもことは解決しません。
・人間の心になってください。
・同じ人間として行動すべきです。
・ぶつけようとしてぶつけたのではないのです。国民にそのこと
 を説明して、謝罪すべきです。それが男の道です。
・軍隊は命令によって動いている。
・これは自衛隊を先頭とする国家機関が懸命になって、国民の追
 及の眼をかわすために行うことである。
                  ──池田昌昭著/文芸社
  『御巣鷹山ファイル/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 この自衛隊観に近いものを何となく安倍政権は持っているので
はないかというような気がします。
         ──[日航機123便墜落の真相/034]

≪画像および関連情報≫
 ●柴山文科相「教育勅語」復活は安倍政権の総意!
  ───────────────────────────
   閣僚が“ほぼ全員ネトウヨ”である第4次安倍改造内閣だ
  が、さっそく、その極右思想が露見した。文部科学大臣に起
  用された柴山昌彦衆院議員だ。柴山文科相は、2日の就任記
  者会見で、戦前・戦中の教育勅語についてこう述べたのであ
  る。「(教育勅語を)アレンジしたかたちでですね、今のた
  とえば道徳等に使うことができる分野というのは、私は十分
  にある、という意味では普遍性を持っている部分が見て取れ
  る」。
   さらに柴山文科相は、教育勅語の使える部分として「同胞
  を大切にするとか」などを挙げ、「基本的な記載内容につい
  て現代的にアレンジして教えていこうと検討する動きがある
  と聞いており、検討に値する」などと明言した。教育行政の
  トップとなった人間が、それも就任会見で「同胞を大切に」
  と排外主義をむき出しにしながら、ここまで具体的に“教育
  勅語の復活”を唱えるとは、あまりにも露骨すぎるだろう。
   もっとも、こうした発言は唐突に飛び出したわけではい。
  これまでも下村博文元文科相や稲田朋美元防衛相、そして安
  倍首相自身が教育勅語を肯定する発言をしており、昨年3月
  31日には教育勅語を学校教育で扱うことに対して「憲法や
  教育基本法に反しないような形で教材として用いることまで
  は否定されない」との答弁書を閣議決定している。
                  https://bit.ly/2O6j41i
  ───────────────────────────

小林節慶応義塾大学名誉教授.jpg
小林節慶応義塾大学名誉教授
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

●「横田基地着陸を拒否した真の理由」(EJ第4865号)

 すべては、海自の護衛艦「まつゆき」から発射された標的機が
間違ってJAL123便の垂直尾翼にぶつかり、破壊したことか
らはじまったのです。垂直尾翼が破壊されると、油圧系統もほと
んどダメになるので、飛行機は操縦不能に陥ります。
 こういうことが起きたさい、国として普通の感覚であれば、何
はともあれ、123便に乗っている524人の乗客乗員をいかに
救出するかについて、あらゆる手立てを講ずるはずです。
 しかし、この墜落事件において書かれた多くのレポートを見る
限りにおいて、自衛隊は救出に全力を尽くさず、むしろ救出の邪
魔をしているようにしか見えないのです。その最大の邪魔な存在
は、自衛隊が絶対に認めていない浜松基地発進の2機のファント
ム戦闘機です。
 既に述べているように、この日航機墜落事件についてのボイス
レコーダー記録は、音声でなく、文字で公開されています。これ
ならいくらでも改ざんできますし、都合の悪い部分はカットでき
ます。生のボイスレコーダー記録は、33年経った現在でも公開
されていないのです。
 事故調最終報告書によると、事故当日の午後6時37分前は、
JAL123便は、機内で起きたトラブルの対応に追われながら
も、ACC(東京航空交通管制所)と交信し、それを傍受した日
航羽田社用無線で日航が123便を何回か呼び出しています。し
かし、37分から44分の7分間は、管制所との交信はまったく
なくなっています。ただ、その途中の40分には、ACCが唐突
に123便に対して周波数の切り換えを要求しています。
 一体何があったのでしょうか。この間の事情について、池田昌
昭氏は、次のように推測しています。
─────────────────────────────
 ところでこの37分から44分の7分間に極端に管制所とJA
L123便との交信が減っている理由はなにか。わたくしはそれ
を緊急発進した軍用機との交信、もしくは誘導指示態勢にあった
軍用機に誘導されるために、その誘導に従っていくために精一杯
だったのではないかと推測する。つまり37分から44分の間の
軍用機との交信は、意図的にボイスレコーダーから削除されてい
る可能性がないわけではない。そして46分には相模湖まで戻っ
てきているのである。そして横田基地着陸進入コースに乗り、横
田に着陸態勢にあったのである。機内では「予告なしに着陸する
場合が・・」とのスチュワーデスのアナウンスがなされていたの
である。しかも、横田基地は合計13回、JAL123便にたい
して、「横田の管制官にコンタクトを取るように」「横田滑走路
は進入スタンバイができている」ことを繰り返し、繰り返しJA
L123便に伝えている。しかしながらJAL123便便は、こ
の横田管制官の呼び掛けにたいして、まったく応答していないの
である。応答できなかったのである。 ──池田昌昭著/文芸社
 『御巣鷹山ファイル2/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 池田氏の推測によると、このとき、JAL123便は横田基地
に降りる寸前だったことになります。その証拠に横田基地からは
13回もJAL123便にコンタクトを取るよう求めているので
すが、123便はそれに一切応答していないのです。
 一体何があったのでしょうか。そのとき、JAL123便は、
ほぼ完全に横田基地への着陸態勢をとり、何とか着陸できる状態
にあったのです。しかし、それを邪魔したのは、浜松基地発進の
2機のファントム戦闘機です。事故調はこの音声を消すために、
ボイスレコーダーの公開を文字でのやり取りにしたのです。音声
をカットすると、不自然になってしまうからです。
 池田昌昭氏は、JAL123便と軍用機のやり取りを次のよう
に再現しています。例の仮説形式の対話のスタイルです。
─────────────────────────────
軍用機:横田に着陸すると、機体の垂直尾翼が欠けているし、車
 輪も出ないし、機体はコントロールを失っているので、人家に
 甚大な被害が発生するから絶対に阻止する。
123:胴体着率できる。
軍用機:横田基地付近には米軍住宅もあり、また普通民家も密集
 しているので、アメリカとの問題が重大なことになる。
123:もう滑走路が見えているし、横田へのランディング・コ
 ースに完全に乗っている。
軍用機:横田への着陸は絶対阻止する。
軍用機:JAL123便は、被要撃信号「スコーク77」を発し
 ている。「スコーク77」を発した以上は必然的に要撃機の指
 示にい従わなければならない。
軍用機:そんなことは、機長が何より良く知っているはずだ。
軍用機:レフトターンするように。 ──池田昌昭著/文芸社
 『御巣鷹山ファイル3/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 垂直尾翼を失って操縦機能のほとんどを失いながらも、123
便の高濱機長は、4つのエンジンをコントロールして横田基地へ
の着陸態勢に入ったのです。そして横田基地と交信しようとした
ときに、自衛隊のファントム戦闘機2機が突然現れ、スクランブ
ルをかけてきたのです。そのとき、機長としてすべてを悟った高
濱機長は、次のようにつぶやいています。時刻は午後6時46分
33秒のことです。
─────────────────────────────
 これはもうだめかもわからんね。/JAL123便高濱機長
                ──午後6時46分33秒
─────────────────────────────
 悲痛な心の叫びです。しかし、高濱機長は本心は、まだ諦めて
はいなかったのです。戦闘機の指示にしたがい、機首を御巣鷹山
の山岳部の方に向けて、今度はレタス高原への着陸することを考
えて、その場所を探したのです。
         ──[日航機123便墜落の真相/035]

≪画像および関連情報≫
 ●18時47分から55分までのボイスレコーダー記録
  ───────────────────────────
  47分:123便は千葉の木更津へレーダー誘導するよう求
   め、東京ACCは真東へ進むよう指示し、「操縦可能か」
   と質問すると、123便から「アンコントローラブル(操
   縦不能)」と返答がきた。その後、ACCは、東京アプロ
   ーチの無線周波数へ変更するよう求め、123便は了承し
   た。
  48分:無言で123便から機長の荒い呼吸音が記録されて
   いる。
  49分:JALがカンパニーラジオ(社内専用無線)で3分
   間呼び出しを行ったが、応答はなかった。
  58分:東京ACCが123便を呼び出した。123便から
   「アンコントロール」と無線が入ってくる。ACCと横田
   のRAPCONが返答、RAPCONは、横田基地が緊急
   着陸の受け入れ準備に入っていると返答。東京ACCも東
   京アプローチの無線周波数へ変更するよう求め、123便
   が了承する。
  54分:JALも呼び出しを行ったが応答はなかった。12
   3便から現在地を尋ねられ、東京ACCが羽田から55マ
   イル(100km)北西で、熊谷から25マイル(45k
   m)西と告げる。
  55分:(この時だけ「日本語にて申し上げます」と前置き
   して)東京アプローチから、羽田と横田が緊急着陸準備を
   行っており、いつでも最優先で着陸できると知らせ、航空
   機関士が「はい了解しました」と返答する。この言葉が、
   123便からの最後の交信となった。
                  https://bit.ly/2C0V60c
  ───────────────────────────

横田基地への着陸を拒んだファントム戦闘機.jpg
横田基地への着陸を拒んだファントム戦闘機
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

●「123便は横田へ着陸寸前で阻止」(EJ第4866号)

 垂直尾翼を破壊されたJAL123便の高濱機長は、ダッチロ
ールとフゴイド運動を起こしていた機体を何とか立て直すことに
成功しています。
 ダッチロールとは、いわゆる飛行機の横ゆれ (ローリング) と
偏ゆれ (ヨーイング) が合成された蛇行運動を短い周期で繰り返
す状態のことです。これにフゴイドが加わるのですから、飛行機
の操縦は極めて不安定になります。フゴイドというのは、固定翼
機の運動の内、進行方向に対して縦方向に生じる動揺のことをい
うのです。
 しかし、高濱機長は、神業的操縦ではあるものの、JAL12
3便の機体をエンジン出力をコントロールして、機体操縦の70
%をマスターし、123便をほぼ安定して運行できる状態にして
いたのです。そして、その状態で、焼津市上空でUターンし、相
模湖付近まで戻ってきています。この時点で123便は、明らか
に横田基地を目指していたといえます。
 高濱機長は、一応羽田空港に戻るといっていたものの、それは
横田基地の了承を得られない場合のことであり、あくまで横田基
地へのランディング・コースに乗っていたのです。それに車輪も
出るようになったという情報もあります。
 それに横田基地からも「受け入れ可能」の情報が入ってきてい
たのです。横田基地のC130の乗員は、JAL123便の状況
を正確に把握して、その情報を横田基地に送っており、横田基地
の米軍は受け入れ可能と判断したといいます。そして、緊急医療
チーム(医科救急隊)を待機させ、JAL123便の到着を待っ
ていたのです。この医科救急隊は、負傷者輸送、緊急治療にあた
る医科輸送機C9ナイチンゲールを擁しています。
 この状況における池田昌昭氏による仮説ボイスレコーダー記録
をご紹介します。できる限り、事故調最終報告書が公表したボイ
スレコーダーの文字書きをベースとするが、そこに欠落している
とみられる部分を推理で補ったものです。だから、仮説ボイスレ
コーダーなのです。時刻は、午後6時40分22秒。なお、この
とき、JAL123便は、既に自衛隊ファントム機の追尾に気が
付いています。しかし、123便のコックピットは、それは、あ
くまで救護のための着陸誘導だと思っていたのです。
─────────────────────────────
◎午後6時40分22秒
東京管制部:こちら東京コントロール、もし受信可能であれば、
 (トランスポンダー)識別信号で応答せよ。
123便:何度も交信しているのに。東京管制部の管制官が交代
 したのか。そんなのどうでもいい。操縦の方が大事だ。
◎午後6時41分55秒
東京管制部:ACC。全航空機、JAL123便を除く仝航空機
 は、周波数134・0にて東京コントロールと交信せよ。なお
 別途指示があるので、この周波数の沈黙を維持されたい。
123便:東京管制部は、やっと、緊急指示を出している。遅す
 ぎる。
◎午後6時44分41秒
123便:フラップ下げましょうか。
 ・いや、まだ早い。もう少ししてからだ。
 ・足は降りているか。
 ・はい。午後6時39分32秒に主脚を下げました。
 ・フゴイド運動は、急激に減衰ののち、完全に消滅しました。
◎午後6時45分37秒
横田基地:こちら横田進入管制所。JAL123便、緊急周波数
 で呼んでいます。聞こえたら、横田にコンタクトを。横田基地
 は緊急着陸許可です。
123便:横田にコンタクトしましょうか。
 ・機体は水平で安定している。
 ・機内より、横田基地が近いので「がんばろう」の声がする。
◎午後6時46分06秒
123便:相模湖まで来ています。
◎午後6時46分10秒
東京管制部:こちらACC。羽田管制所にコンタクトしますか。
123便:このままでお願いします。
東京管制部:はい。了解しました。スタンバイ、お待ち下さい。
123便:スチュワーデスも非常に冷静です。客室乗務員も着陸
 の準備に入っています。
◎午後6時46分22秒
123便:横田基地の滑走路が正面眼下に見えてきた。
 ・機首下げ。
 ・行くか。
 ・はい。             ──池田昌昭著/文芸社
 『御巣鷹山ファイル3/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 これによると、JAL123便は横田基地着陸寸前だったこと
がわかります。機体は傾いていないし、4つのエンジンは順調で
す。しかも、車輪も出ています。胴体着陸どころか、普通に着陸
できる可能性もあったのです。つまり、524人全員無事という
可能性も十分あったといえます。理想的なことです。それにこの
時点では、123便のコックピットの会話を聞くと、そこに少し
余裕が感じられます。
 横田飛行場123便着陸、乗客乗員全員無事。大変喜ばしいこ
とです。しかし、その結果は、政府、自衛隊にとっては、最悪で
す。標的機の衝突がバレてしまうし、証言者はたくさんいるし、
とくに自衛隊は大変なことになります。不謹慎な話ですが、自衛
隊にとっては、「JAL123便垂直尾翼破損/乗客乗員全員死
亡」──この方望ましいのです。
 しかし、JAL123便の横田飛行場着陸は、自衛隊の2機の
ファントム戦闘機によって、スクランブルされ、強制的に回避さ
せられたのです。 ──[日航機123便墜落の真相/036]

≪画像および関連情報≫
 ●いわれなき批判に反論する/佐藤守のブログ日記
  ───────────────────────────
   昭和60年8月12日に起きた、日航機墜落事故での自衛
  隊の活動に付いて、私が反論した「月曜評論」のコピーを貰
  えないか?、という依頼があった。
   コメントにもあったように、既に当事の状況を知らない世
  代が自衛隊に育っているし、依然として事故原因は「自衛隊
  の標的がぶっつかった」という“共産党作家”の影響も残っ
  ているらしい。驚いたことにコメントには「中性子爆弾説」
  などもあって、まだまだ国民はこの事故の実情を理解してい
  ないことを痛感した。
   そこで、当時私が発表した文を、1〜5までに分けてここ
  で再掲載しておきたいと思う。若き現役自衛官達にも、当時
  の状況を推察してもらいたい。
   『いわれなき批判に反論する』/JAL機墜落事故=航空
  自衛隊の捜索救難活動について・・・
      防衛庁航空幕僚本部広報室長/一等空佐 佐藤 守
   8月12日夕刻に発生したJAL機墜落事故は、520名
  もの尊い犠牲者を出す史上最大の航空事故となったが、航空
  自衛隊は、事故発生が予測されるや間髪を入れず救難活動に
  移った。それにもかかわらず、翌日奇跡的に四名の生存者が
  発見され、「他にも生存者がいる」との証言が報道されると
  今度はあたかも自衛隊側の救難活動に問題があったかのよう
  な「自衛隊批判」が沸き起こったのである。
                  https://bit.ly/2Qzg6iM
  ───────────────────────────

米軍/横田飛行場.jpg
米軍/横田飛行場
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月12日

●「横田基地の着陸を阻止した軍用機」(EJ第4867号)

 JAL123便は、本気で横田基地に緊急着陸しようとして、
その態勢に入っていたのです。横田基地も「受け入れ可能」を表
明していたからです。よくJAL123便は、山でなく、なぜ海
に出て、不時着しなかったのかといわれますが、そんなことをし
なくても、横田基地に十分着陸できたからです。
 それは、ちょうどそのとき、機内放送で、スチューワーデスが
「予告なく着陸することがあります」という放送を流していたこ
とからもわかります。この放送は、緊急着陸を意味しているから
です。それを阻んだのは、123便を追尾してきた自衛隊の2機
のファントムです。
 123便のコックピットは、自衛隊の戦闘機が追尾してきてい
ることは、わかっていたのです。それは、123便が「スコーク
77」を発信したので、救護のために追尾してきているとコック
ピットは考えていたようです。
 しかし、そうではなかったのです。自衛隊は、この浜松基地発
進の2機のファントムの存在を否定しています。しかし、この2
機の戦闘機については多くの目撃証言があり、間違いなく存在し
ているのです。自衛隊はそれに対し、否定も肯定もせず、一切発
言を控えています。
 123便が横田基地への着陸を試み、それを断念するまでの池
田昌昭氏の復元ボイスレコーダーをご覧ください。
─────────────────────────────
◎午後6時46分23秒
横田基地管制:こちら横田基地管制所。JAL123便、緊急周
 波数で呼んでいます。聞こえますか。緊急信号5423
123便:横田基地どうぞ。
 ・こちら、JAL123便。横田基地へのレーダー誘導をお願
 いします。
横田基地管制:了解
123便:高度はだいぶ降りています。
 ・もうすぐ、酸素はいらなくなります。
 ・もうすぐ、予告なしで着陸する場合があります。
 ・赤ちゃん連れの方は座席の背に頭を支えてください。赤ちゃ
  んはしっかり抱いてください。
 ・ベルトはしてますか。テーブルは戻してありますか。確認し
  てください。
 ・着陸の際は、予告なしで着陸する場合があります。
 ・地上との交信は、ちゃんとつながっております。
◎午後6時46分
航空基地司令:こちら、地上指令
 ・JAL123便の横田基地着陸は阻止せよ。
 ・理由は、民家に被害が出るからだ。
 ・それと、撃墜兵器の痕跡がJAL123便の垂直尾翼に残っ
  ているからだ。
 ・横田に着陸されると、民間機にたいする軍事攻撃が明らかに
  になる。
 ・着陸を阻止せよ。
 ・強行着陸するかも知れないので、そのときは、横から前に出
  て、体当たりするようにして着陸を阻止せよ
 ・これは絶対命令である。
 ・了解。
◎午後6時46分30秒
123便:アァー。戦闘機が前に出てきた。
 ・前を交差した。
 ・着陸を阻止するつもりだ。
 ・ミサイルを撃ち込む気か。
 ・戦闘機が右側から突っ込んで来ます。
 ・あくまでも阻止するつもりだ。
◎午後6時46分33秒
123便:これはダメかもわからんね。
 ・はい。
 ・横田基地は無理だ。
 ・はい。
 ・やはり羽田に行こう。
 ・はい。             ──池田昌昭著/文芸社
 『御巣鷹山ファイル3/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 問題なのは、このなかに出てくる横田基地への着陸は絶対に阻
止せよとの航空基地司令の命令をどのようにして軍用機がJAL
123便に伝えたかということです。
 軍用機の使用電波は、原則UHFであり、民間機のそれはVH
Fです。そうであれば、軍用機から民間機への交信はできないこ
とになります。しかし、これはあくまで原則です。これについて
池田昌昭氏は次のように述べています。
─────────────────────────────
 「軍事は民事を包括する」という大前提から考えれば、軍用機
が民間機と直接交信できる手立てを保有していた、また保有して
いるとしても不思議ではない気がします。現在も原則は、軍用機
と民間棟は直接、交信できない。
 しかし、昭和60年当時を含めて、軍用機が原則、民間機と交
信できないということは、どうもないような気がします。全部で
はないが、一部の、たとえばスクランブルをかけるような戟闘機
には、民間機と交信できる装置、もしくは民間機自体の交信を傍
受できる装置を備えていないのだろうか?
                ──池田昌昭著の前掲書より
─────────────────────────────
 いずれにしても可能性が十分あった123便の横田基地着陸は
航空基地司令によって阻止されたのです。「これはダメかもわか
らんね」という、すべてを悟った高濱機長のつぶやきは誠に悲痛
の極みです。   ──[日航機123便墜落の真相/037]

≪画像および関連情報≫
 ●日航機墜落の真相が徐々に明らかになる!!
  ───────────────────────────
   JAL123便を御巣鷹山に誘導した2機の自衛隊機の存
  在はこの件に関するマスコミ報道では完全に伏せられていま
  す。しかし、この2機の自衛隊機を目撃した人物がいます。
  その人物とは、角田四郎氏といい、事故当日大月付近でキャ
  ンプをしていて目撃したというのです。
   2機の自衛隊機の目撃情報は角田氏だけですが、防衛庁側
  はこれに対して何もコメントしていません。自衛隊機がこの
  付近の空を飛んでいても別に不思議ではないからです。角田
  氏自身もあとでJAL123便の墜落を知って、自衛隊機と
  JAL123便とをはじめて結びつけたのです。
   ところで自衛隊機はどのようにして、JAL123便の進
  路を変更させたのでしょうか。
   自衛隊機は無線で直接JAL123便と交信して旋回する
  よう指示したか、あるいは、航空基地を経由しての交信によ
  り横田基地に着陸しないよう伝えたはずです。
   おそらくJAL123便の機長は、あくまで横田基地着陸
  を訴えたはずです。機長が当初「羽田に戻りたい」といった
  のは、羽田空港の方が救急医療体制が整っているからです。
   いずれにしても、まともな着陸はできないと考えていたの
  でしょう。しかし、機を完全にコントロールできないことも
  あり、この時点では、横田基地しか選択肢はなかったはずで
  す。とにかくボイスレコーダには、自衛隊機とのやりとりは
  記録されていないので、推測するしかないのですが、もしか
  したら自衛隊機の指示を拒否したことも考えられます。
                  https://bit.ly/2RDLBK5
  ───────────────────────────

高濱雅己機長.jpg
高濱雅己機長
 
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

●「闇に潜みし者は一体何をやったか」(EJ第4868号)

 JAL123便の墜落事故──いや、あえて「事件」と書くこ
とにします。123便が墜落にいたる一連のプロセスにおいて、
事故として起きたことは、ミサイル標的機が123便の垂直尾翼
にぶつかり、同機の垂直尾翼を破壊したことだけです。
 しかし、事故調の最終報告書では、ボーイング社の圧力隔壁修
理ミスと金属疲労により、JAL123便が飛行中に圧力隔壁が
破壊し、それによる急減圧で噴出した空気が瞬時に垂直尾翼を吹
き飛ばしたという「圧力隔壁破壊説」を結論としています。
 ところがここまで検討してきているように、これに関する疑問
点、矛盾点は数多くありますが、事故調は主張を頑として曲げず
垂直尾翼に外部から何かが衝突したのではないかという可能性す
ら、まったく検討していないのです。
 垂直尾翼の破壊によって操縦不能になった123便は、高濱機
長による神業ともいえる操縦によって機体を立て直し、横田基地
の許可をとって、横田飛行場に着陸しようとしますが、浜松基地
から発進した2機の自衛隊戦闘機によって、横田への着陸を阻ま
れ、山の方向に誘導されます。
 ここで「自衛隊」とか「政府」とかいう言葉は、使いたくない
ので、あえて「闇に潜みし者」という表現を使います。もしやっ
ていることが真実であると、人道にもとる残酷な行為であるから
です。闇に潜みし者は、なぜ、横田への着陸を認めなかったので
しょうか。もし横田基地に降りていれば、たとえ胴体着陸であっ
ても、相当多くの生存者が出たと思われます。しかし、闇に潜み
し者にとっては、横田着陸には米軍が絡むので、何としても避け
たかったのです。
 闇に潜みし者としては、あくまで標的機が123便にぶつかっ
た痕跡を隠したかったのです。しかし、それと引き換えに520
人もの尊い命が失われています。もし、これが本当であるとする
と、闇に潜みし者は、人道に反する行為をしたことになります。
それに、何度もいうように、闇に潜みし者は、浜松基地発進の2
機のファントム戦闘機の存在を認めていないのです。しかし、こ
れには多くの目撃情報があり、動かし難い事実です。あったこと
をなかったことにしようとしているのです。
 横田基地に着陸できず、山の方向に向った123便ですが、そ
れでも高濱機長をトップとする123便のコックピットは、広大
なレタス高原への不時着を試みますが、レタス高原には人がいて
降りられず、次の不時着地点を探して、飛行を続けるのです。つ
まり、何としても山への激突は避けたかったのです。
 しかし、闇に潜みし者の狙いはあくまで「乗客乗員全員死亡」
です。死人に口なしであり、生存者はいない方が都合がよいから
であり、標的機の衝突がバレないで済むからです。ところが、1
23便はどこかに不時着しようとしている。少しでも生存者を増
やすためです。そこで闇に潜みし者が決断したのは、追尾する2
機のファントム機からのミサイル発射です。
 これについて、池田昌昭氏は「ミサイルによる強制撃墜」と題
して次のように書いています。
─────────────────────────────
 御巣鷹山付近に懸命に操縦杵を握り、不時着もしくは、なだら
かな高原への胴体不時着を決意したJAL123便操縦クルーに
とって、また乗客にとって最期のときが近づいていた。
 樹木をクッションにして、かなり水平姿勢で不時着できたかも
知れないJAL123便にとって、人為的で物理的なちからが外
部から加わって、墜落の決定的要因となった。
 それはまた墜落原因だけではなく、御巣鷹山への墜落に先立つ
おそらく1分から2分か前に、撃ち込まれたと思われる撃墜ミサ
イルの破壊力により、機体前部・中部付近の乗客は機内で粉砕さ
れた。そして私は、この撃墜ミサイルは、あるいは2発、撃ち込
まれたのではないかと想像する。いずれも、不時着寸前のJAL
123便にたいして、機体右後方から2発撃ち込まれたものと思
われる。
 エンジン出力を絞って、スピードを落とし、フラップを出して
不時着態勢にあったJAL123便の最終段階近くに、ミサイル
が機体に撃ち込まれた際の「ガーン」という衝撃音があったはず
である。それはコックピットにも聞こえたと思われる。その「ガ
ーン」という衝撃音は、ボイスレコーダーには記録されていない
のだろうか?
 ジャンボ機は、ボーイング社の軍用輸送機の発想から出発して
いる。その機体構造は頑丈であり、機体金属材質も銃弾を跳ね返
すくらいに頑丈なのかも知れない。空飛ぶ戦車とまではいかなく
とも、相当頑丈だとみてよい。    ──池田昌昭著/文芸社
 『御巣鷹山ファイル3/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 多くの人が生存できる可能性の高かった横田基地への着陸を阻
んだだけでも人道にもとる行為です。それを生存者が出るのを恐
れて、満身創痍の123便に対して、ミサイルを撃ち込むという
のですから、恐ろしい話です。
 なぜ、それが疑われるかといえば、他の航空機の墜落事故の遺
体の状況もひどいものですが、123便の遺体があまりにも悲惨
の一言に尽きるからです。しかも、機体の前後、中部と、機体後
部の乗客・乗員の死傷レベルに相当大きな差があるのです。池田
昌昭氏は「人為的なミサイルなどによる機内爆発以外には考えら
れない」と述べています。
 しかし、青山透子氏の本を読むと、このこと以上に恐ろしいこ
とが書かれています。闇に潜みし者は、生存の可能性が十分あっ
た横田基地着陸を阻止しただけではなく、その後も123便を追
尾し、何回も不時着を試みようとする123便に対して、ことも
あろうに、2発のミサイルを撃ち込んで、強制墜落させたといわ
れています。青山氏の本では、それに加えて闇に潜みし者がもっ
と恐ろしいことをしていることを強く示唆しています。
         ──[日航機123便墜落の真相/038]

≪画像および関連情報≫
 ●自殺した航空自衛隊員が所持していた2枚の写真
  ───────────────────────────
   自衛隊員の自殺数は1986年には年間90人以上と81
  年から73パーセントも増加している。(一省庁のなかで1
  年間で90人。これだけの自殺者が出るのは、不自然であり
  不審であるが、報道すらされなかった。
   最初に不審な自殺者が出たのが1986年7月、2人の航
  空自衛隊パイロットだった。そしてつづいて同年9月12日
  14日と航空自衛隊員が2人自殺する。これを皮切りに謎の
  自殺数増加がはじまる)。
   そのうちの一人(9月12日死亡)が友人に預けていた2
  枚の写真があるのだが、1枚は7月に自殺した同僚2人の写
  真(a)である。
   この時の状況だが、2人は自殺をはかった直後に発見され
  自衛隊病院に運ばれ病院内で死亡ということで、司法解剖も
  検視解剖もされなかった。だが、この写真の異様さに気づく
  だろうか、身長ほどの高さで吊られているが、踏み台もなに
  もない、しかもパラシュートコードを使ったというが、この
  コードは6ミリで、00キログラム近い耐力があり、首への
  食い込みは、太いロープなどと違い血管も神経も切断する。
  それを偶然自殺直後に発見し撮影までした後、病院に搬送す
  るまで生きているとは考えづらくはないだろうか?(4人と
  も遺書は残していない)。    https://bit.ly/2QSkTw3
  ───────────────────────────

自衛隊員の持っていた2枚の写真のうちの1枚.jpg
自衛隊員の持っていた2枚の写真のうちの1枚
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

●「墜落現場で火炎放射器を使う理由」(EJ第4869号)

 青山透子氏は、JAL123便の乗客乗員の遺体の異常さに注
目しています。この人の凄いところは、疑問が起きると、そのこ
とを知ると思われる人を見つけ出し、実際にその人に会って、徹
底的に聞き出すことです。青山氏の本には、そういう質問と回答
が満載されています。123便の遺体には、通常の飛行機事故の
遺体と決定的に違うものがあったからです。
 その遺体はどんな状態だったのでしょうか。
 乗員4名と乗客1名の司法解剖を担当した群馬大学医学部の古
川研教授は、123便の遺体の状況を次のように述べています。
─────────────────────────────
 機体前部の遺体には損壊や焼損が目立ち、衝撃のすさまじさと
主翼の燃料タンクの火災の影響を受け、焼損遺体の中には部位も
判然としないものがあり、通常の家屋火災現場の焼死体をもう一
度焼損したようにみえた。(略)──群馬県医師会活動記録『日
 航機事故に対する法医学の対応』/昭和61年10月1日発行
─────────────────────────────
 「通常の家屋火災現場の焼死体をもう一度焼損したようもの」
──素人の考え方では、きっとジェット燃料はそれだけ燃焼力が
強いのだろうと考えます。しかし、ジェット燃料は灯油に近いと
いわれます。灯油を頭からがぶって自殺した人の遺体を見ても炭
化するまで焼けることはないといわれています。
 青山透子氏は、事故当日の朝、早い時間に現場に足を踏み入れ
た消防団の人々の情報を基に、現場に漂っていた臭いから推定さ
れるものについて、元自衛隊関係者、軍事評論家、大学の研究者
などに質問をしています。なお、臭いについては、JAL123
便の墜落現場であることは伏せて質問しています。
─────────────────────────────
≪質問1≫
 ガソリンとタールの臭いが充満し、長時間燃える物質は何か。
 その結果、人間の体が炭のようになる状態(完全炭化)のもの
 は何か。
 ≪答え≫
 ガソリンとタールを混ぜて作ったゲル状燃料である。
≪質問2≫
 なぜそれが人間の体を炭にするのか。
 ≪答え≫
 化学薬品によってゲル状になったガソリンであるため。これが
 服や皮膚に噴射されて付着すると、そのすべてが燃え尽き、結
 果的に炭状になる。
≪質問3≫
 これはどこで手に入るのか。
 ≪答え≫
 一般にはない。軍用の武器である。その武器は、燃料タンクを
 背負い、射程距離は約33メートルで、歩兵が用いるものであ
 る。第二次世界大戦中は米軍で使用された。M1、M2の2種
 類がある。昔の武器というイメージがあるが、戦後は米軍から
 自衛隊に供与されていた。現在も陸上自衛隊の普通科に携帯放
 射器として配備されている。これはM2型火炎放射器の改良型
 である。噴射回数十回まで可能。噴射用圧縮空気タンクを連結
 している。今でも駐屯地祭でデモストレーションしている。
≪質問4≫
 それはどこにあるのか。
 ≪答え≫
 陸上自衛隊普通科歩兵、化学防護武器隊で、相馬原普通科部隊
 にもある可能性が高い。   ──青山透子著/河出書房新社
  『日航123便/撃墜の新事実/目撃証言から真相に迫る』
─────────────────────────────
 JAL123便の墜落現場には、ガソリンとタールの臭いが強
く漂っていたといいます。これは正確には「ゲル状燃料」といい
ます。ガソリンとタールを混ぜて作るのです。
 驚くべきなのは、その燃料を使うのは軍用の兵器であるという
ことです。具体的な名称は「携帯放射器」、これはM2型火炎放
射器の改良型です。そうであるとすると、123便の墜落現場で
火炎放射器が使われたことになります。なぜ、そのような兵器を
墜落現場で使う必要があったのでしょうか。
 その後、青山透子氏は、その話を元自衛官に話したところ、次
のようにアドバイスされたそうです。「話があまり核心に近づく
と、妨害や脅迫が増えてくるから、気を付けた方がよい」と。し
かし、そういう以上は、その事実こそ核心中の核心である何より
もの証拠であるといえます。この火炎放射器の話は、青山透子氏
の発見であり、まさしく新事実です。
 123便墜落現場にいち早く入った80人のほどの一団、これ
は普通の自衛隊員ではないと思います。ある特定任務を持つ特殊
部隊である可能性があります。彼らの目的は乗客乗員の救出では
なく、標的機やミサイルの衝突の痕跡を消すことと、もうひとつ
火炎放射器を使うことにあります。何に使うのかは、あえて書か
ず、推測におまかせします。これについて青山透子氏は、怒りを
もって次のように述べています。
─────────────────────────────
 万が一、このような状況を作り出した人たちがいたとすると、
恐ろしいなどということを超えて背筋が凍るような話である。も
しこの武器によって遺体が完全炭化してしまったとすると、それ
を命じた人、それに従った人たちは今どうしているのだろう。そ
の事実を闇に葬ってしまうことで、罪から逃れたと勘違いしてい
るのではないだろうか。その危険性をしっかりと認識せず、検証
することもないままだとすると、次の事故、事件につながる可能
性は非常に大きい。今こそ事故の原因を明らかにしなければなら
ない理由はそこにある。     ──青山透子著の前掲書より
─────────────────────────────
         ──[日航機123便墜落の真相/039]

≪画像および関連情報≫
 ●日航123便、墜落原因の続報/東海アマブログ
  ───────────────────────────
   青山透子氏は、1985年に墜落し、すでに33年を経て
  風化した現地の再調査を繰り返す中で、驚異的な新証拠を発
  見した。墜落現場の遺物をたくさん持ち帰り、精密検査をし
  たところ、多量のベンゼン環が発見されたのである。
   ベンゼン環は、123便ジェット燃料には決して含まれな
  いもので、これは青山氏が、最初の現地調査で、捜索隊が現
  地に到着したとき、「ガソリンとタールが混合したような激
  しい臭気に満ちていた」との証言と、遺体の炭化度の凄まじ
  さから、これは墜落時に漏洩したジェット燃料火災によるも
  のでなく、人為的に「火炎放射器」によって、遺体と現場が
  焼かれていたことの非常に明瞭な証拠である。
   また、墜落時に、米軍は墜落機を追尾して、現地を確認し
  即座に救助隊を送り込んだのだが、日本政府が、これを阻止
  し、米軍による救助を拒否し、さらに自衛隊の先遣隊が、そ
  の日のうちに現地に到着していた証拠があった。
   これらの事実について、公的資料から明らかにされている
  にもかかわらず、政府もマスコミも、まるで統制されている
  ように、一様に口をつぐんでいるのは、フクイチ事故の被曝
  障害の実態を絶対に報道しないことと同じである。この先遣
  自衛隊が、火炎放射器を使って、まだ生きていた遺体ごと現
  場を焼却し、証拠隠滅を図ったとみて間違いない物証が出て
  きたわけである。        https://bit.ly/2RL2138
  ───────────────────────────

M2火炎放射器.jpg
M2火炎放射器
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

●「青山本への反論本も多く出ている」(EJ第4870号)

 JAL123便の墜落現場で火炎放射器が使われた疑いがある
──これは早い段階で墜落現場に入った複数の人たちが「ガソリ
ンとタールの臭いがした」と証言していることが根拠です。これ
は、ゲル状燃料といい、火炎放射器で使われます。これに対して
ジェット燃料「ケロシン」は、灯油の一種です。青山透子氏の本
から、その違いを以下に整理しておきます。
─────────────────────────────
◎ジェット燃料「ケロシン」
 「引火点」:37°C〜65°C
  灯油の一種。粘り気が低い液体・航空機燃料として、安全性
  が高い。
 「発火点」:残り燃料1時間半。3・3ヘクタール焼失。注ぎ
  足しなしで不可能
◎火炎放射器(陸上自衛隊普通科所有)
 「引火点」:マイナス40°C
  ガソリンとタールの混合剤。揮発性が高く、引火しやすい粘
  性、持続性あり。粘着成分が入っており、一度付着すると、
  最後まで燃え尽くす。
 「発火点」:300°C
  朝まで燃えていた証言から、燃焼持続性のある物質で、注ぎ
  足しが可能な状態であった。
               ──青山透子著/河出書房新社
          『遺物は真相を語る/日航123便墜落』
─────────────────────────────
 われわれには、巨大な金属の塊である飛行機を飛ばす「ジェッ
ト燃料」は、物凄い燃焼力を持っているのだろうという思い込み
があります。しかし、専門家によれば、ジェット燃料では、遺体
は炭化しないのです。墜落現場では、朝まで燻っていたり、燃え
ているところもあったようです。早朝、墜落現場に入った人は、
そういっています。
 しかし、123便は国内線であるので、あまり多くの燃料を積
んでいないことや、高濱機長は、何とか不時着しようとしていた
ので、燃料は相当捨てているはずです。そういう意味からも、燃
料の量はかなり少なかったはずです。そのため、遺体が炭化した
り、朝まで燃えることはないのです。
 添付ファイルは、青山透子氏の最新刊書(2018年7月)に
出ているものですが、明け方に墜落現場に入った地元消防団と警
察関係者が33年前に撮影したものです。
 実は、事故調は、遺体の状況や、それについての専門家の見解
を報告書には書いていないのです。つまり、遺体の状況に関して
何らの疑問も抱いていないことになります。これほど、遺体が炭
化している異常さを何も感じていないのです。これは、明らかに
不自然であるといえます。
 これに関して青山透子氏の調査は徹底しています。刑事事件を
主とする弁護士や裁判官、警察医といったプロの人たちに炭化し
た遺体の写真を見てもらい、専門的意見を求めています。彼女が
訪ねたそういう専門家の数は50人をゆうに超えています。
 実はこういう青山氏の主張や指摘に反論する本はたくさん出て
います。なかには、明らかに事故調寄りの主張を展開し、青山本
の内容を荒唐無稽と非難する本もあります。
 8月23日のEJ第4834号でご紹介した元共同通信社記者
堀越豊裕氏の本もそのひとつです。堀越氏は、非常に控えめでは
あるものの、一貫して事故調の見解は大筋で正しいと考えており
青山氏の考え方には否定的です。堀越豊裕氏は、青山本に対して
次のように書いています。
─────────────────────────────
 青山の本は慎重に断定を避けているが、墜落は圧力隔壁の破断
による事故でなく、ミサイルや無人標的機が垂直尾翼に当たり墜
落した可能性を示した。本にはその推定を支える目撃証言などが
盛り込まれており、事故調の報告書や米国の内部資料には出てこ
ない。主な点を挙げれば、
 @墜落前、日航機に向かう赤やオレンジ色っばい飛翔体の存在
 A航空自衛隊のF4ファントムが墜落前、日航機を追尾
 B墜落現場に火炎放射器の使用を疑わせるガソリンとタールの
  においが残っていた、などである。
 つなぎ合わせていくと、自衛隊がミサイルやそれに類する物体
を発射し、日航機に衝突、自衛隊機は日航機を追尾して状況を把
握し、ミサイルが当たった証拠を消すため最終的に火炎放射器で
現場を焼き尽くした──とも読める。
 私の考えとは違う。米国と日本で積み重ねてきた取材を基に違
うと考えるのだが、それは私の考えであり、青山には別の考えが
ある。   ──堀越豊裕著『日航機123便墜落最後の証言』
                    平凡社新書/885
─────────────────────────────
 堀越豊裕氏は、米国のボーイング社への取材を通じ、米国の視
点からこの事件を分析して本を書いています。したがって、12
3便のかつての尻もち事故のボーイング社の修理ミスが原因で、
急減圧による後部圧力隔壁の破断が起こり、それが垂直尾翼を破
壊したとする事故調の最終報告書と同じ意見です。しかし、事故
調公式見解の大きな矛盾には一切言及していないのです。
 堀越氏は、青山透子氏との意見の違いについて次のように述べ
ています。単なる見方の違いである、と。
─────────────────────────────
 人間は同じものを見ていても、どの角度からながめるかによっ
て受け止め方に違いが出ることもある。日航機事故の場合、事故
調の公式発表に加え、報道機関の独自取材も多く、関連の情報も
多い。どの情報に軸足を置くかによって、見方は変わる。
                ──堀越豊裕著の前掲書より
─────────────────────────────
         ──[日航機123便墜落の真相/040]

≪画像および関連情報≫
 ●「陰謀でもなく、日航機は撃墜されたとしか思えない」
  ───────────────────────────
   ボ―イング社の修理ミスによる圧力隔壁の亀裂、急激な空
  気の流入による尾翼破損、操縦不能で墜落。これが最も知ら
  れている520人の命を奪った大事故の原因である。全てが
  公開されなかったボイスレコ―ダ―、二転三転した事故調査
  委員会の文言・・・・・・・。事故から21年、まだ謎は解
  けていない。
   作家・安部譲二氏は日航機の客室乗務員だったという時代
  がある。単発エンジン小型機の操縦免許も持っている。その
  安部氏は1985年、日航ジャンボ機が群馬県の御巣鷹山に
  墜落した事故を、事故ではなく、事件だと確信している。
   著書、『日本怪死人列伝』(02年、扶桑社文庫)で安部
  氏は、<無残に撃墜されたのだ>と断言している。
   85年8月12日、羽田発大阪伊丹行きの日航機123便
  ボ―イング747型機が墜落して520名という航空機単独
  の事故としては史上最大の被害者を出した。飛行機事故の歴
  史に残る大事故である。
   この事故には、当時から数多くの疑問が投げ掛けられてい
  た。「墜落した日の夜中に日航のスチュワ―デスをしていた
  おばさんから電話があってね。日航のイチニイサン便が行
  方不明≠ナ大騒ぎになっている、って言うんだ」事故発生の
  時点で安部氏は首を傾げている。「だってね、あんな大きい
  飛行機がいなくなっちゃったって言う。85年でしょ。その
  頃は日本全国、軽飛行機ですら行方不明になるなんてことは
  あり得なかった」        https://bit.ly/2OZrOWO
  ───────────────────────────

朝まで燃え続ける123便墜落現場の火災.jpg
朝まで燃え続ける123便墜落現場の火災
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

●「権力は都合の悪い本は陰謀論扱い」(EJ第4871号)

 青山透子氏の日航機墜落事件に関する一連の本(以下、青山本
と略記)を「妄想の世界」として陰謀論扱いにしている本が多く
出ています。確かにその内容が事故調の最終報告書と大きく異な
ることや、そのやったと思われることが、あまりにもおぞましい
というか、口にするのも憚られることなので、この事件をよく調
べていない一般読者が読むと、陰謀論になってしまうのです。
 EJでこの事件を取り上げるのは3回目ですが、その内容は基
本的には陰謀論といわれる内容に沿っています。それはあくまで
仮説レベルに止まっていたのです。しかし、青山本は、今まで仮
説にしか過ぎなかったことを、その膨大な証言によって裏付ける
ことに貢献しています。JAL123便を追尾する2機のファン
トムなどはその典型です。これは、多くの目撃証言によって裏付
けられています。
 炭化遺体についてはどうでしょうか。
 元共同通信社記者の堀越豊裕氏は、2018年の新年早々、東
京のある出版社において青山透子氏に会っています。そのとき、
堀越氏は炭化遺体の写真を見せられています。そのときの様子に
ついて堀越氏は次のように書いています。
─────────────────────────────
 「きょうはちょっと、内部情報、写真を持ってきたんですけど
たぶんそれを見たらわかっていただけるかな」と。
 青山はそう言い、手元から当時の新聞のコピーやいくつかの写
真を取り出し、テーブルに広げた。
 「どこまでが事実で、どこまでが想像なのかとか思われること
がおありだと思うんで。これ100パーセント真実なんで。それ
は申し訳ないんですけど、膨大な資料があって、引き出しを開け
ればいくらでもある」
 そう強調して示された新聞のコピーは事故から間もない時期の
ものだった。日にちが前後する複数の記事を読み比べると矛盾や
不審点があるという説明だった。ある日の新聞記事に出ていた事
象が、後日の記事では抜け落ちていたり、意味が変わったりして
いる点を指していた。
 炭化して真っ黒焦げになった遺体の一部という写真も見せてく
れた。サッカーボールぐらいの形や大きさに見え、人間の形では
ない。遺体安置所で撮影した写真とみられ、白いひつぎがたくさ
ん並んでいた。
 飛行機の燃料だけではこんなに焼けるはずがないと示す目的の
写真だったが、日航機事故では、遺体の損傷がひどかったという
のはよく知られる。
 写真の遺体は確かに真っ黒焦げだが、大量の燃料を積んだ旅客
機が山に激突して、炎上すれば、これぐらい炭化しても不思議で
ないと私には思えた。彼女はおかしいと言った。「これ、ご遺体
に見えますか。明らかに夏山で普通にケロシンで焼かれたとは全
く思えない、っていうより成分が違うんですよ」
      ──堀越豊裕著『日航機123便墜落最後の証言』
                    平凡社新書/885
─────────────────────────────
 炭化遺体を見せられて堀越氏は、「日航機事故では、遺体の損
傷がひどかったというのはよく知られているが、大量の燃料を積
んだ旅客機が山に激突して炎上すれば、これぐらい炭化しても不
思議でない」といっています。つまり、素人的な感覚から一歩も
出ていないのです。事故調の説が正しいという観点に立つと、そ
れに反する主張にいくらでも反論できるのです。
 たとえば、自衛隊が認めていないが、多くの目撃者がいる2機
のファントムによる123便の追尾や、墜落現場特定の遅れにつ
いて堀越氏は、自衛隊員の話が載っているという『上毛警友』/
1985年10月号を読んでいます。彼は青山本については、よ
く調べているといえますが、一番大事なところで、逃げている感
じがします。「お上のやっていることは間違いない」と思ってい
るのでしょうか。
─────────────────────────────
 閲覧すると、確かに「一等陸曹」の肩書きを持つ男性が実名入
りでその旨を語っていた。警察の部内誌なのだから、適当に選ん
だ人でもないのだろう。「群馬県東村の実家に帰省中、8月12
日の午後6時40分ごろ、上空を航空自衛隊のファントム2機が
低空飛行していった」と明確に書いている。東村は現在東吾妻町
になり、上野村の北方に位置する。
 日航機の取材では、意味のある話を聞ける期待がありそうかど
うかは脇に置いて、とにかく会える人にはすべて会おうという意
気込みで臨んできた。この隊員が当時20代とすれば、今は60
代になっている。会ってみるアイデアも即座に頭に浮かんだが、
連絡先を調べることすら簡単でないだろう。仮に会えたとしても
聞くべきポイントは、2機の戦闘機が日航機墜落の前に飛んでい
たか、後に飛んでいたかだけである。彼に「間違いなく6時40
分ごろでした」と言われたら、それ以上に検証するすべがない。
そう思って諦め、前橋を後にした。(中略)
 だが、日航機の捜索や調査は衆人環視の中で進められた。撃墜
や誤射といったような重大な事態を30年以上も秘しておけるも
のものなのか。         ──堀越豊裕著の前掲書より
─────────────────────────────
 日航機墜落事件では、123便を追尾する2機のファントムの
存在は、疑惑解明の重要なカギを握っています。堀越豊裕氏は、
123便を追尾する2機のファントムの目撃者の一人である自衛
隊員の手記を読み、青山本の書いていることの正しさを確かめな
がら、ヘンな理屈をつけて、その自衛隊員に会いに行こうとして
いません。もし、会って「事実は間違いない」といわれたら、こ
の事件の見方が大きく変わってしまうからです。
 それに日航機の捜索は衆人環視のもとで行われてはいないし、
33年経っても真偽が明らかにされないからこそ、いま蒸し返さ
れているのです。 ──[日航機123便墜落の真相/041]

≪画像および関連情報≫
 ●科学的常識から権力犯罪を疑う/小川洋氏
  ───────────────────────────
   さて日本において、科学的常識からしてありえない公式見
  解が出され、公的な検証が終わっている事件としては、19
  85年8月に発生した日航123便の墜落事故がある。その
  事故報告書が科学的な検証に耐えうるものだと考えるものは
  ほとんどいない。
   事故報告書では、事故機はボーイング社による修理を受け
  ていたが、その修理にミスがあったのが原因だったとする。
  羽田から大阪に向かうべく上昇していた事故機の後部隔壁に
  亀裂が入り、加圧されていた客室から垂直尾翼に向けて激し
  い空気の流出があり、垂直尾翼を破壊し、油圧系統もすべて
  使えなくなった結果、操縦不能となり墜落に至った、という
  ものである。我々は高層ビルでエレベーターに乗れば、耳の
  異常を感じる。高度一万メートルで、突然、機内から大量の
  空気が流出すれば、激しい耳の痛みを生ずるだけでなく、酸
  素不足から直ちに意識を失うはずである。しかし、生存者の
  証言や機長らの交信記録から、そのような状況が、発生しな
  かったことは明らかだ。この7月、元日本航空の乗務員だっ
  た青山透子氏による『日航123便墜落の新事実』が出版さ
  れた。副題は「目撃証言から真相に迫る」である。青山氏は
  2010年に『天空の星たちへ/日航123便/あの日の記
  憶』(マガジンランド)を上梓し、亡くなられた元同僚への
  鎮魂の文と、ジャーナリストなどによって指摘されてきた事
  故の疑問点を取り上げている。  https://bit.ly/2IYFYly
  ───────────────────────────

123便/コックピット内計器.jpg
123便/コックピット内計器
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

●「御用コメンテーターの青山本批判」(EJ第4872号)

 杉江弘氏という人がいます。航空評論家でエッセイストと称し
ています。元日本航空の機長で、ジャンボジェット(B747型
機)の飛行時間で世界一の記録を更新中です。ジャンボジェット
操縦のプロです。航空機事故が起きるとよくテレビに出てきて、
解説を担当し、多くの著作があります。私も、杉江氏の本を数冊
持っています。
 しかし、杉江氏は、いわゆる青山本の内容にについては、手厳
しく、「内容は妄想」と切り捨てています。これに関して、青山
透子氏は杉江氏の本を「便乗本」であるとして、ネットで強く反
論しています。
 青山透子氏は、これに関してJAL123便の遺族からの次の
メッセージをもらったとし、遺族の了解をとって、その内容を自
身のブログに掲載しています。
─────────────────────────────
 元日航パイロット、杉江弘氏の『JAL123便墜落事故』/
宝島社/2017・12・22の本が出版されました。(買うま
でもない本で)立ち読みですが、貴方の「青山本」は妄想だと決
めつけています。パイロットは技術者でなく、運転手です。事故
調査には全くの素人で、これは日航と話をする際、出て来るパイ
ロットと議論すると直ぐに分かります。その他、「謀略説」は、
100%有り得ないとか、再発防止策が急がれるとか、全く漫談
です。しかも、事故の真実は明解に特定していません。事故原因
が分からずに再発防止とは理解不能です。目撃証言の重要性を杉
江氏、日航、事故調は無視しています。
        ──あるJAL123便墜落事故の遺族の意見
─────────────────────────────
 いろいろな分野で有名になると、メディアが注目してテレビな
どに出演を依頼したり、雑誌にインタビューが載ったりします。
日本の場合、どの政権でもそうだとはいいませんが、安倍政権の
場合は、そういう人を政府はていねいにウオッチしており、政府
側に取り込もうとします。有名人に反政府的発言をされると、政
権のダメージが大きくなるからです。
 安倍政権は、テレビのコメンテーターの発言をチェックしてお
り、問題発言をするコメンテーターは、テレビ局に指示を出して
少しずつ出演回数を減らさせ、しかるべき時期にコメンテーター
の契約を打ち切るようにしているといわれています。
 政府批判などをしなければ、航空機に関する話題が出ると、す
ぐテレビ局から出演依頼があり、露出度が高くなります。ジャー
ナリスト、作家、コメンテーター、評論家などにとっては、メデ
ィアの露出度が上がると、本も売れるし、テレビ出演のギャラも
上がるので、いいことづくめです。かくして多くの「御用コメン
テーター」が誕生することになります。
 青山透子氏は、杉江弘氏の著書に関連して、次のように反論し
ています。
─────────────────────────────
 そのご遺族は、真摯に事故原因を見つめ直そうと再調査を願う
人を陥れるために、いつも御用コメンテーターなどが出てきて、
事故調の報告を擁護して、それがすべて正しいと錯覚させると語
っていました。もう一度お伝えしますが、事故調査報告書のデー
タ表示、書いた内容そのものの信憑性を疑ったのは群馬県前橋地
検で、担当検事がそれについて遺族会の前で明言しています。そ
の結果不起訴となったのです。
 つまり、裁判にならなかったために、事故調査委員以外の人間
がブラックボックス(FDR,CVR)の中をのぞいたわけでは
ないし、正式に情報公開されていないのです。従って、彼らが書
いているものをそのまま鵜呑みにしていること、それ自体がおか
しいのでは、ということから、そのズレを、複数の目撃者から指
摘して追及したのが本著(青山透子氏の本)です。
 この御用コメンテーターが生のデータを直接見れるはずもなく
ましてや杉江氏は御巣鷹にも行っていないのでしょう。さらに、
ご遺族にインタビューしたわけでもない人間にとやかく言われる
筋合いはありません。            ──青山透子氏
                  https://bit.ly/2J5dneA
─────────────────────────────
 添付ファイルを見ればわかるように、青山本と杉江氏の本はと
てもよく似ています。つまり、青山本がベストセラーになったの
で、それに便乗しようとして、わざと表紙を似せてデザインした
ものと思われます。もっともこれは杉江氏には関係ないかもしれ
ませんが、もしかすると、杉江氏にはある筋から、青山本の反論
本を書いてくれという依頼があったとも考えられます。青山本を
多くの国民が信ずると、政府としてはきっと困るからでしょう。
事故調の最終報告書は、それほど矛盾に満ちた代物であるからで
す。陰謀論というなら、事故調報告書の方がよほどその名にふさ
わしいと思います。青山透子氏に寄せられた元日航関係者からの
声も以下にお伝えしておきます。
─────────────────────────────
 青山さんの本、感銘しました。本に書かれた事故当時の日航上
層部の動きは事実です。私もはっきり「外部犯行で米軍」と言わ
れて口留めされました。仕事をスムーズに運ぶために、最低限の
人間は知っている必要があったので、当分その後の部員にも引き
継ぎました。出所は判りませんが、今考えれば、方便に米軍とし
た方が諦めの心情から、説得と納得に収まりが良かったのでしょ
う。この事が世に出るのはもっと先と思っていました。元社員と
して自らの責任を感じます。拝
─────────────────────────────
 何とか着陸しようとする123便の邪魔をし、山の方に誘導し
たうえで、ミサイルを発射して墜落させる。さらに墜落現場では
救助するどころか、火炎放射器を使って生存者を含めて焼き尽く
す──とてもおぞましくて人間のやることではありません。
         ──[日航機123便墜落の真相/042]

≪画像および関連情報≫
 ●青山透子氏の公式ブログより
  ───────────────────────────
   ちょっと皆様とご一緒にその「なぜ」について、考えてみ
  ましょう。
  @災害派遣待機命令が発令されたが、その後出動ではなく、
   中止命令が出たのはなぜか。
  A8月12日、夜23時頃、一番先に捜索のため到着した機
   動隊員32名の案内を頼まれた地元民たちに対して、道案
   内を頼んでおきながら機動隊員から、「その場所は違う、
   こっちだ」と根拠のない主張をされた。墜落現場はスゲノ
   沢だと言うと、「いいやそこではない、中ノ沢だ、上官の
   命令だ」と強く言われた。人にものを頼んでおきながら、
   命令とはどういうことか?なぜ、地元の土地に詳しい人の
   意見をわざと無視したのか?
  Bなぜ一番先に到着した機動隊員は、わざと足が遅く、ゆっ
   くり歩くのか、おかげで、倍の時間がかかり、夜明けまで
   墜落現場にたどり着けなかった。
  C夜中、ヘリが墜落現場上空にずっとホバリングして、モノ
   の上げ下げをしていたが、何をそんなに急いで上げ下げし
   ていたのか。
  D後からの幹部の発表では、一機たりとも危なくてヘリを飛
   ばしていないというが、事故当夜、私たちが目撃した墜落
   現場上空にいた多数のヘリは、亡霊か?
  E自衛隊ヘリの合図を頼りに墜落現場まで行けると歩いたら
   結局全く違った場所に連れていかれたのはなぜか。
                   https://bit.ly/VioWnD
  ───────────────────────────

よく似ている二冊の本.jpg
よく似ている二冊の本
 
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

●「日航123便に起きた6つのこと」(EJ第4873号)

 JAL123便に何が起こったのでしょうか。事故調が最終的
結論としている「後部隔壁破壊説」以外の、いわば陰謀論扱いさ
れている主張の骨子をまとめると、次の6つになります。
─────────────────────────────
 1.護衛艦「まつゆき」から発進したとみられるミサイル標
  的機が、JAL123便の垂直尾翼を破壊する。
 2.JAL123便の高濱機長は、操縦困難の飛行機をコン
  トロールし、横田基地へ緊急着陸しようとする。
 3.浜松基地から発進し、123便を追尾していた2機の戦
  闘機が横田着陸を阻止し、山の方向に誘導する。
 4.123便はなおも不時着を試みようとするので、戦闘機
  2機は123便にミサイルを発射し、撃墜する。
 5.自衛隊は墜落場所が特定されないようニセの情報を流し
  その間に特殊部隊が現場から証拠物を搬出する。
 6.自衛隊特殊部隊が現場から立ち去るさい、火炎放射器を
  使って、墜落現場を万遍なく焼き尽くしている。
─────────────────────────────
 内容は非常におぞましいものです。あり得ない、考えられない
内容です。まともに書くのも憚られます。だから「妄想の世界」
などといわれるのです。多くの情報が隠されていますから、この
事件をよく調べていない人から見ると、妄想の世界、陰謀論の世
界になってしまうのです。
 当然のことですが、政府は「事故調の結論は正しい」という立
場なので、政府としては、航空機に詳しい専門家を使って、事故
調以外の説を、あり得ない内容で、陰謀論だと喧伝させれば、事
故についての情報が少ない一般人から見れば、本当に陰謀論であ
ると信じてしまう傾向があります。
 しかし、この墜落事故で犠牲になった520人の遺族は一般人
とは違います。遺族にとっては、事故原因や時の政府の対応は大
いに不満であり、事故調の結論には疑問を持っています。とくに
何十年もかけて、多くの関係者の膨大な証言から疑問を問う青山
透子氏の本は貴重なものであり、遺族たちから大きな支持を集め
ています。なぜなら、この考え方に立つと、この事件のすべての
謎が氷解し、きちんと整合性がとれるからです。
 なぜ、頑丈な垂直尾翼が破壊されたのか。なぜ、自衛隊の戦闘
機が横田基地への着陸を邪魔したのか。2機のファントムが追尾
しているのに、なぜ、墜落現場を早く特定できなかったのか。な
ぜ、自衛隊は、この2機のファントムのことを隠すのか。なぜ、
横田基地の米軍の救助申し出を断ったのか。なぜ、墜落現場で、
遺体が炭化するほど燃えているのか。ジェット燃料ケロシンの燃
焼ではあり得ないことです。
 そして、明らかに矛盾が多い「後部隔壁破壊説」にこだわり、
なぜ、再三にわたる遺族からの再調査要請を断り続けたのか。そ
れは、もし、再調査を認めると、日本政府にとって、非常に都合
の悪い事態になるからです。だから、何が何でも事実を伏せる必
要があったといえます。おそらくこの事故は終ったことにして、
二度と再調査の話は出てこないでしょう。何しろ33年も経過し
ており、遺族も高齢化しているからです。
 当初事故調の後部隔壁破壊説には、当の日本航空の技術陣も疑
問を抱いていたのです。日本航空では、技術陣が、尻もち事故の
後遺症で飛行機の機体に穴があいて、垂直尾翼の内部に客室内の
与圧空気が吹き上げられた場合、尾翼のどの部分が壊れるかにつ
いて実験を行っています。
 その実験の結果は、当時の読売新聞夕刊の記事になって次のよ
うに発表されています。
─────────────────────────────
 日航のコンピュータ解析実験の結果を発表。機内の与圧を8・
7PSI(1インチ四方にかかる圧力の単位、事故機は8・9P
SI)とした場合、一番先に壊れるのは垂直尾翼最上部のふたで
次は垂直尾翼の中央にあるトーションボックスと尾翼の仕切りで
あることがわかった。
 しかし、相模湾から発見された垂直尾翼の前縁上部は、トーシ
ョンボックスの一部も一緒になって吹き飛ばされていた。この様
な壊れ方は、突出した与圧だけの力ではとても考えられにくく、
他に外部から別のもっと大きな力が加わらなければならない、と
いう。その力がなにかについては、日航は垂直尾翼に働くねじれ
力もあるとする一方、晴天乱気流(CAT)や突風などのような
ものがきっかけとなり、垂直尾翼に何らかの変形が生じる場合も
ある、としている。──1985年8月19日付、読売新聞夕刊
               ──青山透子著/河出書房新社
     『日航123便/疑惑のはじまり/天空の星たちに』
─────────────────────────────
 この実験結果では、垂直尾翼の内部に客室内の与圧空気が吹き
上げられた場合、最初に壊れるのは、尾翼のトーション・ボック
ス(主要構造部)の最上部(前桁ウェーブ)という結果ですが、
相模湾から発見された垂直尾翼を調べると、その部分は破壊され
ておらず、尾翼の下の部分から根こそぎ破壊されていることがわ
かったのです。
 これについて、当時の日本航空の河野宏明整備部長は「隔壁が
破壊し、垂直尾翼が下からのプレッシャーで破壊されたとは考え
にくい」ことを指摘しています。日本航空といえば、加害者の立
場ですが、事故調の結論には反対の実験結果を公表しているので
す。なお、晴天乱気流(CAT)の可能性が指摘されていますが
当日の天候は、他の飛行機も飛んでいるなかで、CATの報告は
なく、天気は安定していたのです。
 このように、垂直尾翼は、外部からの何らかの圧力なしには破
壊できないと、加害者側の実験結果は示しているのです。しかし
事故調は、こういう実験結果には何ら関心を示さず、後部隔壁破
壊説を結論としています。それなら、事故調の結論の方が陰謀論
になります。   ──[日航機123便墜落の真相/043]

≪画像および関連情報≫
 ●「日航123便 墜落の新事実」を読み終えて
  ───────────────────────────
   河出書房新社から「日航123便 墜落の新事実」が発売
  になった。著者は元日航客室乗務員の青山透子氏である。青
  山氏は日航123便事故で多くの同僚を失い、前著「天空の
  星たちへー日航123便 あの日の記憶」(マガジンランド
  2010年)で123便の事故原因に対する数々の疑問を提
  示している。
   今回は、さらに事故原因を深く掘り下げ、123便でお亡
  くなりになった乗員乗客の方々の無念さを浮き彫りにしてい
  る。事故当時の運輸省航空局事故調査委員会が公表した事故
  調査報告書と真っ向から対立する内容の書籍はこれまで数多
  く出版された。多くの書籍が、事故調査委員会が主張する後
  部圧力隔壁の破壊で急減圧が起こり垂直尾翼が破壊され、同
  時に油圧系統が破壊され操縦不能に陥り墜落したという事故
  原因の矛盾を指摘している。
   特に事故調査報告書にあるような毎分30万フィート毎秒
  の減圧が発生したならば、乗客や機内の備品が機体後部に向
  かって吹き飛ばされてもおかしくないはずである。しかし乗
  客が撮影した写真や生存者の話からは、客室内に激しい減圧
  が起きた証拠は何一つ見られず、急減圧時に行う酸素マスク
  の着用を操縦士が行なっていない。そうなると、垂直尾翼は
  外部から何かが衝突して破壊されたと考える方が、自然であ
  る。外部衝突による破壊説を元に事故原因を推定すると、さ
  まざま状況がつじつまが合うのである。
                  https://bit.ly/2R0ftPq
  ───────────────────────────

何が垂直尾翼を壊したのか.jpg
何が垂直尾翼を壊したのか
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

●「123便は墜落ではなく不時着だ」(EJ第4874号)

 JAL123便のコックピットは、高濱機長を中心に、最後の
最後まで不時着しようとしていたようです。もし、山に激突すれ
ば、全員死亡は避けられないからです。既にご紹介しているよう
に、池田昌昭氏の仮説による復元ボイスレコーダーの最後の部分
を少し長いですが、引用します。33年経過した現在でもボイス
レコーダーは全面公開されていないからです。
─────────────────────────────
◎午後6時54分40秒
123便:羽田も横田もOKしているが、軍用機の背後の意思は
 撃墜だ。
 ・できるだけ、スピードを落としながら、ミサイル衝撃を最小
  限度に食い止め、火を噴きながらでもよいから、山林樹木を
  クッションにして、バウンドしながら不時着しよう。
 ・右バンクとり、右旋回
◎午後6時54分55秒
123便:フラップオールね。
 ・はい。
 ・うまく不時着するぞ。
◎午後6時55分25秒
123便:頭上げろ。
◎午後6時55分35秒
123便:地上からの交信はちゃんとつながっております。
 ・えー、その他・・・
◎午後6時55分40秒
123便:「ガーン」
 ・来た。
 ・ミサイル攻撃だ。
 ・ずっと前から、狙っていた戦闘機に、右後方上からミサイル
  を撃ち込まれた。
 ・右に、真っ逆様に墜ちる。
◎午後6時55分42秒
123便:真っ逆様に墜ちていく。
 ・フラップ止めな。
 ・止めな。
◎午後6時55分45秒
 123便:あーっ
◎午後6時55分48秒
123便:あー、フラップそんなに下げたらだめだ。
 ・フラップ アップ、フラップ アップ、フラップ アップ、
  フラップ アップ
 ・はい
 ・これは地面に激突する
◎午後6時55分50秒
羽田空港管制:こちらAPC。JAL123便、位置は50マイ
 ル、訂正する。羽田の北西50マイル、オー、5マイル、羽田
 の北西50カイリ
◎午後6時55分55秒
123便:パワー、パワー
 ・フラップ
 ・上がっています。
◎午後6時56分05秒
123便:頭上げろ、頭上げろ
 ・パワー
 ・最後だ!
 ・死力を尽くして比較的峻険でないあの「山」付近に突っ込ぞ
 ・はい。
 ・後部座席乗客は、助かるかもしれない。
 ・機体最前部は激突で粉砕。機体前部・中部乗客はミサイル炸
  裂爆薬で機内で粉々。生きて二度と逢えぬが、みんな、よく
  やった。感謝する。乗客・乗員のいのちは、また必ず生まれ
  変わる。
 ・はい。
◎午後6時56分14秒
123便:GPWS(対地接近警戒装置)による警報音
 ・シンクレイト
 ・プアプア、プルアップ、プアプア、プルアップ
 ・横揺れ角は右40度ほどに回復。機首も次第に上向き回復し
  つつある。
 ・うまく不時着するぞ。
◎午後6時56分19秒
123便:プアプア、プルアップ
 ・パワーは最大までに上がり、降下が止まり、垂直加速度は、
  上向き3G
 ・もうダメだ。
◎午後6時56分23秒
123便:接触音
 ・プアプア、プルアップ
◎午後6時56分26秒
123便:激突音          ──池田昌昭著/文芸社
 『御巣鷹山ファイル3/JAL123便は自衛隊が撃墜した』
─────────────────────────────
 これでわかるように、JAL123便は、コックピットが総力
を上げて、不時着したのです。専門家によると、「山腹を駆け上
がるように着陸する胴体着陸を試みている」と分析しています。
今までの航空機事故において、墜落、激突では生存者は出ていな
いのです。不時着は、コックピットが明確に意図して試みなけれ
ば、できることではありません。池田昌昭氏による復元ボイスレ
コーダーからは、高濱機長と操縦スタッフが不時着を目指して最
後までがんばったことが十分読み取れます。
         ──[日航機123便墜落の真相/044]

≪画像および関連情報≫
 ●日本航空123便墜落事故を検証する
  ───────────────────────────
  (1)墜落ではなく不時着だった
   1985年8月の日航機123便墜落事故の真実は、墜落
  ではなく不時着したと考える方が合理的だ。なぜなら、航空
  機事故で、離陸時や着陸時の不時着による事故での生存者は
  いるが、墜落した状況で生存者がいた事例はないからだ。
   日航機123便は、山腹を駆け上がるように着陸する胴体
  着陸を試みて、絶望的な状況で多数の生存者が出た。(4人
  だけが救出)
  (2)斜面を利用しての胴体着陸だとする根拠
   墜落直前に、「あたまあげろ」「パワー。パワー」と叫び
  ながら録音は終わっています。123便は、墜落直前にエン
  ジンを全開にして機首を上げていたのでしょう。斜面と機体
  が平行になるように。つまり、山の斜面を駆け上がるように
  胴体着陸を試みていたのです。
   1. 図1のAの地点で胴体の底が接触。
   2.Bの地点で胴体後方部分が接触し、尾根をU字に削り
   3.C(写真2)の地点に右翼を下に墜落。
   4.右エンジンの爆発で胴体が折れて、
   5.写真3の方向に胴体後方から斜面をずり上がり、
   6.機首部分は、写真1の方向に斜面を上にずり上がって
  いった。おそらくBの地点で胴体が尾根と接触し、機体が右
  に傾きそのまま写真2に機体の腹から衝突したと考えられま
  す。衝突で機長が「駄目だ」と言ったのは、それまで保って
  いた水平が、Bの地点接触で、機首が少し下がり、右翼が下
  がったからだと思います。    https://bit.ly/2S3EHxE
  ───────────────────────────

123便が墜落した状況.jpg
123便が墜落した状況
 
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

●「遺体はどのように分散していたか」(EJ第4875号)

 昨日のEJで指摘したように、JAL123便は御巣鷹山の斜
面を下から上へ駆け上がるように不時着したと考えられます。高
濱機長が「頭を上げろ、フラップアップ!」と叫んでいたのは、
機首が下がると山に激突してしまうからです。機首を少しでも上
げることによって、山の斜面への激突を回避しようとしていたか
らです。激突では、全員死亡が確実になってしまうからです。
 青木透子氏は、123便の遺体の分散状況をていねいに調べて
遺体の損傷別に統計をとっています。本来このような調査は政府
の事故調が責任をもって行うべきですが、事故調は遺体について
は、通り一遍の調査しかしていないのです。最初から真実を追求
しようという気持ち自体が事故調には欠けています。
 添付ファイルをご覧ください。まず、機内の客席状況を次のよ
うに、前方から4段階に分けています。
─────────────────────────────
        A ・・・ 1F: 48名
              2F: 16名
        B ・・・・・・  81名
        C ・・・・・・ 127名
        D ・・・・・・  89名
        E ・・・・・・ 144名
               ──青山透子著/河出書房新社
          『遺物は真相を語る/日航123便墜落』
─────────────────────────────
 Xの棒グラフは、座っていた席別(コンパートメント別)の遺
体の状況を示しているグラフです。遺体の状況は次の3つに分か
れています。
─────────────────────────────
          1.  完全遺体
          2.ほぼ完全遺体
          3.  離断遺体
─────────────────────────────
 これを見ると、2階席を含むA、Bでは、完全遺体は8体のみ
(5・5%)、ほぼ完全を含めても19体(13・1%)しかあ
りません。遺体の損傷度はかなり高く、85・5%が、離断遺体
(バラバラの遺体)です。機体前方は、どうしても正面から突っ
込むことになり、遺体の損傷は激しくなります。
 機体の中央のBとCについては、完全遺体60体(29%)、
完全とほぼ完全を加えると102遺体(49%)となり、機体の
前方(A、B)よりは完全遺体が多くなります。しかし、この部
分の離断遺体は114遺体で、その比率は55%とかなり高い数
字です。これは、ミサイルによる破壊が原因ではないかと考える
見方もあります。
 しかし、機体のEの乗客・乗員144名に関しては、完全遺体
は127体(88%)であり、ほぼ完全を加えたときの比率は、
93%、ほとんどが完全遺体の状況です。
 JAL123便の墜落状況について、青山透子氏は次のように
述べています。
─────────────────────────────
 飛行機は前方のAコンパートメントから激突して、ひっくり返
り、B、C、Dとそれぞれぶつ切り状態となって転がり、一番後
ろのEコンパートメントだけが、スゲノ沢方向に機体ごと背中か
らジェットコースターのように木々をなぎ倒しながら一気に滑落
していったのである。
 最も見てほしい部分は、生存者が発見された場所である。最後
部のEコンパートメントに座っていた144人は重なり合い、そ
の遺体状況はほぼ完全な遺体であったと記録されている。実はこ
こは山頂からは全く見えない場所で、沢へ滑落して深い森の木々
に囲まれている。すぐそばに第1エンジンと第2エンジンが2つ
も転がっていたにもかかわらず、さらにジェット燃料の貯蔵部分
の右主翼の一部があるにもかかわらず、燃えていないのである。
 つまり、他の遺体と異なり、「ジェット燃料で燃えた」という
ことよりも、むしろ山頂から見えないところだったので、燃えな
かったと言わざるを得ない状況である。同じように、燃料貯蔵部
分の左右の主翼を見ていくと、左主翼のところも燃えていない。
右主翼はその周辺が燃えている。 ──青山透子著の前掲書より
─────────────────────────────
 続いて、Yの棒グラフをご覧ください。これは、コンパートメ
ント別の炭化遺体と火傷の遺体の数を表しています。既に述べて
いるように、通常飛行機墜落事故で、炭化遺体はあり得ないので
す。火炎放射器でも使って燃焼させない限り、遺体が炭化するこ
とはないのです。
 グラフを見ると、突出しているのはCです。127名中62遺
体(49%)が炭化遺体になっています。さらに、2階席を含む
A、B、145人の45遺体(31%)も炭化しています。全体
としての炭化の状態について、青山透子氏は本に次のようにまと
めています。
─────────────────────────────
 亡くなった乗客のみを分析すれば身元未確認2人を除く503
人のうち、確認された炭化は116人、火傷は41人、それ以外
の遺体(不明または燃えていないもの)は346人となり、全体
の約3分の1が燃えた状態であった。
                ──青山透子著の前掲書より
─────────────────────────────
 ここで注目すべきは生存者4人のいた場所です。そこはスゲノ
沢といい、山頂からはまったく見えない場所です。つまり、墜落
現場に最初に入った自衛隊(特殊部隊?)は、夜のことであり、
スゲノ沢に滑落した飛行機の部分を見落とした可能性が十分あり
ます。だから、助かったのではないか。ここは、火災も起きては
いないのです。なお、山頂の方にも生存者がいたという情報はあ
ります。     ──[日航機123便墜落の真相/045]

≪画像および関連情報≫
 ●乗員乗客の壮絶な遺体確認作業の記録/JAL123便
  ───────────────────────────
   1985年8月に発生した日航機墜落事故を題材にしたド
  キュメンタリーである。著者の飯塚氏は、当時遺体確認作業
  の陣頭指揮をとった警察関係者である。
   飛行機が単独で起こした事故としては航空史上最悪の惨事
  となったこの墜落事故。これに関する書籍は非常に多く出版
  されている。ジャーナリストがマスコミの視点で書いた物、
  機体に起こった現象について航空工学の専門家が詳しく分析
  した本、亡くなった乗員乗客の遺族が、思いをつづった本な
  ど。しかし、遺体確認作業の詳細を綴った本はなかなか出版
  されなかった。きっと、遺族への配慮なども考慮してのこと
  だったのだろう。
   現場で回収された遺体や遺品は、全て地元の中学校の体育
  館に集められた。真夏の猛暑の中、マスコミの視線を遮るた
  めに全ての窓を閉め、暗幕を張って関係者以外の出入りが一
  切禁止となった。連日40°Cを超える体育館の中で繰り広
  げられた遺体確認作業は壮絶な物だった。亡くなった人は後
  に520名と判明したが、ほとんどの遺体は墜落の衝撃でバ
  ラバラの肉片と化し、原形をとどめた遺体はわずかだった。
  急遽、全国の歯科医に協力を要請し、カルテの提示とポータ
  ブルのレントゲン撮影機の手配が行われた。
                  https://bit.ly/2Cx7gyg
  ───────────────────────────

JAL123便墜落事故/遺体の状況.jpg
 
JAL123便墜落事故/遺体の状況
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

●「墜落現場での4つの不可解な状況」(EJ第4876号)

 JAL123便の墜落現場の状況には、不可解なことが多いと
青山透子氏は指摘しています。それを4つにまとめます。
─────────────────────────────
 1.遺体は墜落現場の広範囲に広がっていたが、それらの遺体
  に沿うように大火災になっている。
 2.ディズニーランド帰りの乗客が多かったが、お土産のミッ
  キーマウスは意外に燃えていない。
 3.燃料貯蔵箇所の左右主翼から遠いところまで燃えているが
  遺体のない場所では燃えていない。
 4.生存者が発見された場所は、山頂からはまったく見えない
  場所で、火災は全然起きていない。
─────────────────────────────
 青山透子氏は著書のなかで事実しか述べていません。したがっ
て読者は、その事実から青山氏がいわんとしていることを読み取
る必要があります。
 1の「遺体に沿うように大火災になっている」というのは、遺
体に対して、墜落後火炎放射器のようなもので、火炎を吹き付け
たのではないかということです。どうしてこのようなことをする
必要があるのでしょうか。
 まして、123便の高濱機長は、最後まで不時着を試みている
ことがわかっており、事前に少しずつ燃料を減らしていることは
確実で、朝まで燃えるような大火災になどならないはずです。
 2は遺体に対して何らかの火炎を吹き付けたことの傍証になる
ものです。墜落現場では、当然燃えてもいいはずのものが燃えず
に残っているのです。
 1983年4月15日に東京ディズニーランドが開園している
ので、その2年後ということで、123便の乗客にはディズニー
ランド帰りの人が多く、墜落現場ではそのお土産のミッキーマウ
スが散乱していたといわれます。ミッキーマウスは化繊でとても
燃えやすいはずですが、燃えていないのです。遺体だけに火炎を
吹き付ければそうなります。
 3は、発火源であるはずの燃料貯蔵箇所の左右主翼のある近く
でもあまり燃えておらず、それとは逆に左右主翼からかなり離れ
ているところでも燃えているところがあるとの指摘です。いずれ
にしても、遺体のない場所は燃えていないのです。
 ちなみに、客室乗務員の制服はほとんど燃えていなかったとい
われます。服の素材は果して不燃布なのでしょうか。遺体は炭化
しているのに服は燃えていないスチュワーデスの遺体もあったと
いいます。しかし、青山透子氏は、そのような話は訓練所でも聞
いていないとして次のように述べています。
─────────────────────────────
 紺色のワンピースが燃えずに綺麗な状態で残っていたというが
よほどその印象がつよかったのだろう。「あの制服は燃えないに
違いない」と確信するほど、11名の女性客室乗務員の服装は焼
けていなかったということになる。実はその時、私は疑問を持っ
たのである。普通のニットの素材であったし、私も訓練所でもそ
ういう話は一切聞いていない。もし、そのような素材ならば、エ
マージェンシー訓練の際に必ず言われていたはずである。なぜ、
スチュワーデスの制服がいずれも綺麗な状態だったのだろうかと
私の心にその言葉がずっしりと重く残った。
               ──青山透子著/河出書房新社
          『遺物は真相を語る/日航123便墜落』
─────────────────────────────
 ここで「あの制服は燃えないに違いない」といったのは、その
とき現場で精力的に歯型の検死活動を行っていた土肥福子歯科医
師(当時木村福子)です。群馬県歯科医師で警察医である大国仁
医師の助手として検死に活躍していたのです。
 その土肥福子氏は、機長の遺体の制服について、次の疑問を呈
しています。
─────────────────────────────
 それから機長さん、あれは本当にわからなかった。どうしてな
んでしょうね。副操縦士さんとか、隣の席でもそこまでひどくな
い。機長さんは私たちのところにきたのも、服も何もなくなって
骨のこれだけしか検死箱に入ってなかったですから。制服はどこ
に行ったのでしょうね。         ──土肥福子歯科医
         ──青山透子著/河出書房新社の前掲書より
─────────────────────────────
 これは奇怪なことです。コックピット内の操縦席で、機長の隣
の席に座っていた副操縦士やすぐ後ろの席の航空機関士は、服装
や所持品で身元確認ができたのです。遺体は炭化していましたが
欠損はなかったといいます。
 しかし、機長については、肉体的原形をとどめないほどバラバ
ラになっており、遺体も顎の一部しか発見されず、制服のかけら
も燃えカスすらも発見されていないのです。これは、一体どうい
うことなのでしょうか。
 少なくともいえることは、墜落現場の遺体の状況は、飛行機が
山の斜面に激突したままの状態ではなく、その後、人為的に何か
が加えられていることは確実だということです。
 4は生存者の発見された場所です。青山透子氏によると、機内
の客席最後部(Eコンパートメント)だけが、墜落現場からかな
り離れたスゲノ沢方面に滑落し、山頂からはまったく見えない場
所であったということです。この場所は、火災が発生していない
のです。おそらく墜落場所に最初に乗り込んだ一団(自衛隊特殊
部隊といわれる)は見落したのではないかと考えられます。
 このスゲノ沢の遺体の状態は「完全遺体」が多かったことから
墜落直後は、相当の生存者がいたと思われます。そのことは生存
者の一人である落合由美氏の証言で明らかになっています。もっ
と早く自衛隊が救助活動に入っていたら、きっと多くの生存者が
出たものと思われます。
         ──[日航機123便墜落の真相/046]

≪画像および関連情報≫
 ●墜落遺体/御巣鷹山の日航機123便
  ───────────────────────────
   「何だこれは・・・」毛布の中から取りだした塊を見て、
  検視官がつぶやく。塊様のものを少しずつ伸ばしたり、土を
  落としたりしていくうちに、頭髪、胸部の皮膚、耳、鼻、乳
  首二つ、右上顎骨、下顎骨の一部、上下数本の歯が現れてき
  た。二歳くらいの幼児。顔の損傷が激しく、半分が欠損して
  いる。それなのに、かわいい腰部にはおむつがきちっとあて
  がわれている。
   五二〇人という数字も大変だが、実際に回収される遺体は
  数千体にもなっている。「目が三つある死体があるのですぐ
  来てください」中には一週間もたっていないのに白骨化して
  いるのもある。
   連日の猛暑のため、遺体に蛆が湧き、腐敗の進行も早いた
  め、数日後からの回収遺体は原形をとどめていないものが多
  く、確認作業は困難を極めた。焦点が合わないんです」写真
  担当の若い巡査が、カメラを両手でもったまま泣きべそをか
  いている。           https://bit.ly/2Pg9gSu
  ───────────────────────────
  ●画像出典/青山透子著/河出書房新社の前掲書より

遺体安置所で検死する木村福子歯科医.jpg
遺体安置所で検死する木村福子歯科医
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

●「『影の軍隊』は果して存在するか」(EJ第4877号)

 JAL123便墜落事件には、33年も経っているのに、まだ
明らかになっていないことがたくさんあります。添付ファイルの
新聞を見てください。これは、1985年8月13日付、日本経
済新聞夕刊です。見出しは次のようになっています。
─────────────────────────────
                   生存者7人発見
       日航機残がい 山腹に散乱/群馬長野県境
    ──1985年8月13日付、日本経済新聞夕刊
─────────────────────────────
 8月13日といえば、JAL123便墜落事件の翌日の夕刊で
す。驚くべきことに「生存者7人」となっています。生存者は4
人のはずです。しかし、当初は「7人」だったのです。ところが
とくに何の説明もないまま「4人」になったのです。あと3人は
どこに消えたのでしょうか。
 9月28日のEJ第4858号では、事故当日の8月12日の
夜に仲間と一緒にオフロードバイクに乗って、JAL123便が
墜落した御巣鷹山の現場に入ったMさんの話を取り上げました。
 その時点では、123便の墜落場所は判明していなかったので
すが、既に現場には70〜80人の自衛隊とみられる隊員がおり
何か作業をしていたのです。それは、明らかに乗客乗員の救出で
はない作業です。そのときの様子について、まとめた部分を再現
します。
─────────────────────────────
 1.墜落現場では、自衛隊とみられる70〜80人が暗視ゴー
  グルを付けて何やら現場から“破片”とみられるものを採取
  する作業をしていた。何を採取していたのか。
 2.自衛隊員とみられる一団は、当時現場には50人ほどの生
  存者が呻き声を上げて苦しんでいたにもかかわらず、救助し
  ようとはせず、破片採取に専念していたこと。
 3.墜落現場近くの上空にはヘリがホバリングしており、自衛
  隊員が採取した物質を入れたバッグを数十個単位で釣り上げ
  て運搬していた。明らかに救助ではないこと。
 4.Mさんと2人の仲間は、生存者10人ほどと話しをしてい
  るが、そのなかには、指を負傷しただけとみられる男性もお
  り、すぐ死ぬような状況でない人もいたこと。
─────────────────────────────
 重要なことですが、このMさんの入った墜落現場は、御巣鷹山
の山頂部分の現場とみられます。少なくとも、4人の生存者が救
出されたスゲノ沢の現場ではないことは確かです。なぜかという
と、スゲノ沢は相当距離が離れており、山頂からは見えないから
です。まして夜間のことであり、見えるはずがないのです。
 そうであるとすると、完全遺体でない遺体の多かった山頂の墜
落現場にも相当数の生存者がいたことになります。実際にMさん
は生存者の何人かと話しており、生存者のいたことは確かです。
 それでは、この山頂の墜落現場に入って作業をした自衛隊とみ
られる部隊は、どのような任務を持つ部隊なのでしょうか。これ
については、池田昌昭氏が「影の軍隊」と称して、次のように記
述しています。
─────────────────────────────
 航空自衛隊からは、戦闘機や、統制機等が参加。戦闘機のスク
ランブルと、侵入機に見立てての訓練実施の可能性。統制機と航
空基地指令との連絡態勢。
 陸上自衛隊からは、ゲリラ戦専門部隊出動の可能性。グリーン
ベレー特殊部隊は、山岳地帯での行動を専門とする。その行動内
容は、すべてを含む。サバイバルは言うに及ばず、武器習熟、隠
蔽工作等々、軍事超人の出現である。
 なぜこのように、先にカムフラージュ部隊が出動したのであろ
うか。その理由は何なのか。
 理由はただ一つ。バレたときに備えての方策をあらかじめ考え
てのことだった。つまり正式部隊の展開の前に、それを一時スト
ップさせておき、その一方でカムフラージュ部隊が、都合の悪い
証拠物件をすべて回収してしまったということなのである。
 逆に言えば、このカムフラージュ部隊の動きが、JAL123
便墜落事故のすべてを知っているので、あとから出動したたとえ
ば陸上自衛隊の本隊部隊は、現場に近づくことを阻止され、すべ
ての証拠隠滅が終了してから、現場に入ったということなのであ
る。すべての隠蔽工作が終わるまでには、翌13日の午前8時ぐ
らいまで必要だった。それまでは救助部隊の投入は押し止められ
た。もちろんそのことに伴って、墜落現場特定も翌日の午前5時
ぐらいまで引き延ばされていた。   ──池田昌昭著/文芸社
          『御巣鷹山ファイル3/空白の14時間』
─────────────────────────────
 自衛隊にこのような「影の軍隊」のようなものがあるとすると
この123便墜落事件で大きな役割を果たした浜松基地から発進
したという2機のファントム戦闘機は、まさしく航空の影の軍隊
に属するのです。横田基地に着陸しようとする123便にスクラ
ンブルをかけて山岳地帯に誘導し、最終的にミサイルを発射して
撃墜するなど、大活躍をしています。自衛隊がその存在を否定す
るのは当然です。
 実は、いち早く墜落現場に入った陸上の影の軍隊は、13日の
朝になって本物の自衛隊が現場に到着してからも、現場に残って
本物の自衛隊と一緒に作業したことがわかっています。証拠の写
真もあります。本物の自衛隊は救助を行い、影の自衛隊は標的機
とミサイルの痕跡を示すものの撤去と役割は分かれていますが、
見た目は大勢の自衛隊員が救助作業をしているように見えます。
 そのとき、影の自衛隊員が子供の生存者を抱いている写真があ
ります。しかし、その後、この子供がどうなったのかについては
まったく不明です。なお、山頂の現場からは一人の生存者も出て
いないのです。子供はその後どうなったのでしょうか。
         ──[日航機123便墜落の真相/047]

≪画像および関連情報≫
 ●なぜ、7人が4人に減ったのか/123便の生存者
  ───────────────────────────
   7人であるか、8人であるかは分からない。少なくとも、
  4人以上であることは確かだ。御巣鷹の日航機123便生存
  者の可能性である。当時の日経新聞にもはっきりと一面トッ
  プに出ているではないか。その検証は、必要だ。何故、その
  ニュースが消えたか?
   消えたのではなかろう!消したのだろう。記事を消したの
  は許そう。命を消すことは許せない。3人はその後どうなっ
  たのか?徹底解明が求められる。情報の交錯なら、その事実
  を明らかにすべきだ。誤報なら、誤報の経緯を解明すべきで
  ある。それが蓉として為されていないのは、大きな疑問であ
  る。はたして正確な調査・報道があったなら、こういう事に
  はならなかったであろう。隠されたものは顕れるのである。
  しかし、調べれば調べるほど、到底、明らかに出来ない闇の
  事情が垣間見える。そう感ずるのは投稿者だけであろうか。
  しかし、真実は明かされる必要がある。その理由は簡単だ。
  まっとうな人間は、偽善に生きることを潔くしない。真理は
  真実にこそ宿る。        https://bit.ly/2SgVKfL
  ───────────────────────────

1985年8月13日/日本経済新聞夕刊.jpg
1985年8月13日/日本経済新聞夕刊
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

●「在日米軍が現場に投入されている」(EJ第4878号)

 1985年8月12日、JAL123便が墜落し、その墜落現
場の特定が二転三転していたときのことです。NHK速報で次の
ニュースが流れたのです。
─────────────────────────────
 ただいま長野県警から入ったニュースです。待機命令を無視し
て、現場に救助に向った自衛隊員数名が、何者かに銃撃され、死
者、負傷者数名が出ている模様です。新しい続報が入り次第お伝
えします。              ──NHKテレビ速報
─────────────────────────────
 このニュースは後に誤報として取り消されるのですが、ギョッ
とするニュースであり、しかも、NHKの報道です。それがきち
んとした説明のないままに取り消されたのです。
 われわれの頭のなかには、自衛隊は、こういう事故や災害が起
きたとき、救助に向うのが任務であるという先入観があります。
救助に向うというのに、なぜ射殺されるのか。そもそも誰が射殺
したのかと考えてしまいます。
 しかし、自衛隊の本質は、日本という国を守ること、すなわち
国防であり、軍隊なのです。昨今世界を震撼させているサウジア
ラビアのカショギ記者が、トルコのサウジアラビア領事館で殺害
された事件のように、それがサウジアラビアという国家にとって
重要不可欠なことであれば、軍隊が動いて本人を抹殺することは
あり得ることです。それに、軍隊という組織は、上官の命令には
絶対服従する組織なのです。
 最大の疑問は、JAL123便が墜落した数時間後に一番乗り
で墜落現場に入り、多くの生存者には目もくれず、何かを捜索し
それをヘリで運び出していた自衛隊とみられる70〜80人近い
一団の正体は何かということです。
 彼らは、13日以降も現場に残って、生存者救出や、遺体の処
理のために現場に入った正規の自衛隊員や消防団、群馬県警など
に交じって、何かをやっていたことは確かです。
 これは、オフバイクで12日の夜に墜落現場に入ったM氏の証
言ですが、自衛隊とみられる隊員は、それぞれ大型アーミーナイ
フを持ち、暗視スコープを装着していたといいます。
 ある国際軍事評論家B氏によると、大型アーミーナイフは当時
自衛隊の装備品ではなく、また非常に高価なので、自衛隊は採用
していなかったといいます。
 また、暗視スコープは、当時の自衛隊レンジャー部隊が使って
いたものの、少量しかなく、とても100個近い数を揃えられる
とは考えにくいのです。しかし、在日米軍であればそういう装備
は十分整っています。
 ここで出てきたのは、在日米軍が参加しているのではないかと
いうことです。しかし、添付ファイルを見るとわかるように、ど
うみても日本人です。これについて、先ほどの国際軍事評論家B
氏は、次のような驚くべき事実を指摘しています。
─────────────────────────────
・公にはされていないが、在日米軍には在日朝鮮人を集めた部隊
 が存在する。
・通常は基地のガードなどを担当するが、優秀な人物を集めて急
 遽200人位の部隊を編成するなど造作もないことだ。
・日本語もできるし、外見は日本人と区別がつかない。逆にそれ
 が狙い目である。
・ガード任務において白人が日本人を撃てば国際問題だし、日本
 人によるガードでは、相手が日本人の時に発砲できない可能性
 がある。そこで、在日の彼らが上手く利用される。このような
 処置は駐留する国の事情に合わせ当然のように行われている。
・在韓米軍内にも韓国籍だけでなく在日朝鮮人籍の人員が採用さ
 れており、彼らは朝鮮半島の緊張の中で実戦を経験している戦
 闘プロ集団だ。          https://bit.ly/2qf4si6
─────────────────────────────
 つまり、外見からは日本人と全く区別のつかない、米軍所属の
朝鮮人部隊が投入された可能性があるというのです。自衛隊では
同じ日本人として、生存者を無視して命ぜられた仕事をしたり、
生存者を何らかの方法で殺害するなどということは、なかなかで
きないことです。しかし、自衛隊の偽装をした米軍兵士であれば
それが可能というわけです。これは驚くべき指摘です。このよう
に、この事件は、日本の自衛隊と在日米軍が組んでいることは確
かです。もうひとつ、軍事評論家のB氏は、「軍夫制度」にも言
及して次のように述べています。
─────────────────────────────
 軍夫とは、辞書によると「軍隊に所属して雑役に従う人夫」と
ありますが、この軍夫の存在は先の世界大戦の敗戦とともに、日
本では死語になったと思われるかもしれません。しかし、B氏に
よると、戦後から今に至るまで、軍夫と同じ役割を担う組織が存
在し続けているとのことです。彼らは、多くの死体が出る事故現
場、放射能など有害物質の汚染が危惧される現場での危険作業な
ど、いわゆる重度の汚れ仕事を公務員に代わって行う組織なので
す。公式の軍夫制度がない以上、それに取って代わる組織は、部
落・在日・土建関係者(現場職)など、どちらかというと日本社会
で被差別的な扱いをうける人々で、なおかつ、国の重要機密に関
る可能性があることから、秘密を守れる組織、別の言い方をすれ
ば統率者の下、組織として統制することが可能な一団であること
が求められます。          https://bit.ly/2qf4si6
─────────────────────────────
 ところで、添付ファイルの下の写真の男の子とみられる子供は
明らかに生きていると思われます。自分の意思で、手で顔を隠し
ているように見えるからです。しかし、この男の子は生存者のな
かに含まれていません。どこに消えたのでしょうか。
 このように考えると、このJAL123便墜落事件は、謎ばか
りということになります。墜落現場で指揮をとっていたのは何者
なのでしょうか。 ──[日航機123便墜落の真相/048]

≪画像および関連情報≫
 ●真実の共有/フェイスブック
  ───────────────────────────
   さらに7歳〜8歳くらいの小さな男の子が13日午前「走
  り回っている」ところを自衛隊員に発見されている。報告は
  無線で直ちに流された。報道関係者もこの無線を傍受。「男
  の子発見」のニュースは流れた。フジテレビの「ニュースレ
  ポート」では、マイクを握ったフジの山口氏が『現場は惨憺
  たる状況です。まもなく、担架に乗せられた7、8歳の少年
  が運ばれてきます・・』と生中継。しかし、この「男の子」
  に関する情報が途絶。以後、まるで神隠しにでも遭ったよう
  に、その後の「7歳〜8歳くらいの小さな男の子」の消息は
  杳として知れない。       https://bit.ly/2z8FBR2
  ───────────────────────────

救助に入った自衛隊員のなかに特殊部隊がいる.jpg
救助に入った自衛隊員のなかに特殊部隊がいる
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

●「墜落現場は自衛隊の支配下にある」(EJ第4879号)

 JAL123便墜落事件について書かれている本はたくさんあ
りますが、青山透子氏の本は別として、EJがここまで何回も取
り上げている本に次の優れた著作があります。
─────────────────────────────
     角田四郎著/『疑惑/JAL123便墜落事故
   /このままでは520柱は瞑れない』/早稲田出版
─────────────────────────────
 角田四郎氏はどういう人なのでしょうか。
 角田四郎氏は、サラリーマン生活を経て、フリーのプランナー
として独立していますが、ライフワークとして山岳歩行記、山岳
酪農の研究、日本古代史の研究を志し、雑誌などに投稿していま
す。つまり、登山は専門家なのです。
 角田四郎氏は、1985年8月19日に御巣鷹山の墜落現場に
行っています。墜落してから7日後のことです。それは、角田氏
の友人K氏から、「一緒に御巣鷹山に行ってくれないか」と頼ま
れたからです。どうしてかというと、K氏の恋人がJAL123
便にスチュワーデスとして乗務しており、墜落事件で、亡くなっ
ているからです。
 しかし、彼女は親には自分(K)のことはいっていないため、
日航は「乗客家族同等」の扱いをしてくれず、仮に遺体安置所の
ある藤岡に行ったとしても、遺体確認もできないし、待合所にも
入れない。もちろん、泊まるところもないそうです。だから、何
とか墜落現場に行って慰霊をしたいというのです。それは途方も
なく困難なことであることはわかっているが、角田氏なら登山の
経験が豊富であるので、何とか墜落現場に行けるのではないかと
懇願されたのです。
 実は、角田氏は、友人のK氏から、深夜に六本木のバーに呼び
出され、その話を聞かされています。角田氏は簡単には返事がで
きなかったそうです。危険だからです。しかし、角田氏はJAL
123便墜落事件について何となくもやもやした気持ちを抱いて
いたのです。釈然としなかったからです。
 角田氏は迷いに迷ったそうです。角田氏は、そのときの思いを
次のように述べています。
─────────────────────────────
 16日の朝刊に現場を訪れた乗客遺族のことが大きく報道され
ていたのも知っていた。藤岡でじっと待つこともできなくなった
両親のことである。少年を一人で日航機に乗せたそうだ。友人は
その藤岡へすら行けないのである。同情だけで危険を冒してよい
ものであろうか。警察などにより入山を拒否されるではないか。
社会的道義的に見てどうなのだろうか。それにわけもなく恐ろし
くもあった。500人以上が亡くなった所である。
 一方で友人の想いはいかばかりであろうと考えてしまう。愛す
る者を想う気持ちは御両親の思いと、どれ程の違いがあろう。比
較するべきものでもないし、できるものでもない。にもかかわら
ず、社会的にはまったく問題にされない部外者なのである。(中
略)朝、いつの間にか10時を過ぎていた。もう限界であった。
「角田さん、行ける所まででも行かない限り、この人は一生悔い
を残しますよ。生きていた人がいたのに、彼女は何故生き残れな
かったのか・・・ってね!」   ──角田四郎著の前掲書より
─────────────────────────────
 結局、角田氏は、この店主の言葉でK氏の申し出を引き受ける
ことにしたのです。しかし、登山の経験のないK氏は、途中で高
山病特有の症状に襲われ、あと5分というところで、墜落現場ま
で行くことはできなかったのです。結局、角田氏だけが墜落現場
に登り、K氏に代わって恋人の慰霊を果したのです。
 角田氏には、この決死の登山でわかったことがたくさんあると
いいます。理解できないこともいくつもあり、それが『疑惑』と
いう本の執筆につながることになるのです。それが何であるのか
について述べることは、この事件の解明にもつながるので、それ
をまとめると、次の4つになります。
─────────────────────────────
 1.角田氏と友人は、墜落事故現場に行く途中で、2人の年配
  の群馬県警機動隊員に会っている。親切に対応してくれたが
  本当に機動隊員であったかどうかは不明である。
 2.そのとき、墜落現場周辺にいた自衛隊員は、19日現在、
  13日に山に入ってから、一度も入れ替えなしでそのまま働
  き続けていることが隊員の口から判明している。
 3.隊員たちのテントには「神奈川県警機動隊」と書かれてい
  るが、ナイフのケースや水筒のヒモには「〇〇師団」と書い
  てあり、靴は軍靴であったことがわかっている。
 4.事故調最終報告書の救援活動の項目に、各協力団体が記載
  されているが、警察庁・群馬県警が協力を要請した県警のな
  かに神奈川県警の名前は入っていないのである。
─────────────────────────────
 墜落後一週間が経過しているので、いろいろな団体が墜落現場
に立ち入っています。角田氏のような一般人も入ることはできて
います。しかし、現場の支配権は、群馬県警ではなく、自衛隊が
握っているのです。角田氏は次のように述べています。
─────────────────────────────
 墜落場所。そこは戦場でもなければ自衛隊演習所でもない。群
馬県内国有林の司法権は群馬県警にあって自衛隊にはない。しか
し、この山の支配者は自衛隊であり、全てが自衛隊によって動か
され、牛耳られていたのである。U字接触点の嶺に向かう沢にも
自衛隊員が配備され、入域を押さえていたのである。墜落後6日
目の話である。1日、2日は県警の配備が遅れても理解できるが
一週間にならんとするのに立入禁止域を自衛隊が勝手に作り、勝
手に隊員を配備している。しかも、同じ自衛隊のほかの部隊です
ら、入山させていないのである。 ──角田四郎著の前掲書より
─────────────────────────────
         ──[日航機123便墜落の真相/049]

≪画像および関連情報≫
 ●JAL123便墜落事故の真相/地球情報局
  ───────────────────────────
   青山透子氏(元日航客室乗務員)ブログ:「あの事件をう
  まく隠ぺいした人は異例の昇進をし、それを追及した人は辞
  職を強要されたそうです。正直な人が辞めさせられて、ずる
  い人が残るとすると、本当にひどいですね。」
   あの日1985年(昭和60年)8月12日、JAL12
  3便に、一体何が起こったのか?事件の背景は?それを知る
  ことは、大きな目覚めになる。「我々は高度にマインドコン
  トロールされ、慣れ親しんだ現実は、全て幻想だったのだ」
  と。この世界の現実について予備知識の全く無い人が、この
  JAL123便事件の真実をいきなり知ってしまうと、一時
  的に精神のバランスを失うかもしれない。価値観はひっくり
  返り、後生大事に持っていた常識は崩壊する。コメント欄に
  は、そんな人達からのdesperate comment が山ほど寄せられ
  る。中には工作員らしき人物からの撹乱メッセージも。(彼
  らのコメントを公開することは益々混乱を招くと思われるの
  で、現在は公開を控えている。)
  今まで通り「自身の『常識』という殻の中で幸せに生きて行
  きたい」という人はここから先は読まない方が良い。ご自身
  に人生がひっくり返るような事件が起きたとき初めて、この
  JAL123便事件の真実を受け入れられるかもしれない。
  そして『自身の殻を打ち破る大きな努力』の後、本当に幸福
  な人生とは?この世界から争いが消え、真の平和を築くには
  どうすれば良いのか?その答えが見つかる。
                  https://bit.ly/2OcewBT
  ───────────────────────────

角田四郎氏.jpg
角田四郎氏
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

●「墜落場所は直後から判明していた」(EJ第4880号)

 結局のところ、JAL123便の墜落現場に事故日の12日の
夜に入り込み、以来テントを張って長期間にわたり泊り込んで、
墜落現場全体を仕切っていたのは、間違いなく自衛隊であると思
われます。
 墜落現場の山頂に行く途中で気分が悪くなった角田氏の友人が
テントで休ませてもらったとき、そこにいた隊員の一人から次の
言葉を聞いています。
─────────────────────────────
 明日で一週間ですが、我々は一度も入れ替えなしですよ。13
日に山に来てからそのまま今も働いています。
      ──角田四郎著/『疑惑/JAL123便墜落事故
      /このままでは520柱は瞑れない』/早稲田出版
─────────────────────────────
 これはおかしな話です。炎天下の作業で、多くの遺体が散乱し
ている場所での重労働です。気分が悪くなる隊員も出てくると思
われます。それでも隊員を交代させないのは、何かウラがありま
す。それは、秘密の保持とも考えられます。ある秘密を守るため
には、それを知る人数は少なければ少ないほど守れるというのが
鉄則です。
 しかし、不思議なことに、角田四郎氏と友人のような一般人が
墜落現場に立ち入ろうとしても、止めるどころか、逆に現場に行
けるよう支援すらしています。うがった見方かもしれませんが、
その方が、かえって疑われないので、そうしているのではないか
と思われます。
 そのためなのでしょうか。よく見ると、全員が同じ服装ではな
く、群馬県警の服を着ていたり、テントも来ているはずのない神
奈川県警のものであったりと、全体がチグハグであると、角田氏
と友人は証言しています。
 角田四郎氏が友人と一緒に墜落現場を訪れたさい、世話になっ
たという2人の群馬県警の機動隊員の幹部も、「機」のマークの
入った群馬県警の服を着ていたといいます。だからこそ、角田氏
らは群馬県警の人であると信じたのです。しかし、現場にいた新
聞記者たちによると、彼らは墜落現場の自衛隊員に命令をしてい
るようにみえたといっています。群馬県警の幹部が自衛隊を指揮
することなどはありえないことです。
 角田四郎氏は、墜落現場に行って、JAL123便の墜落事件
には多くの不可解なものがあると感じたと述べています。墜落現
場の特定にしても、墜落現場での救難活動にしても、本気で取り
組んでいるとは思えないことが多々あります。「下手に生きてい
てもらっては困る事情」でもあったかのようにさえ思える行動な
のです。本気で生存者を救難させるつもりであれば、とったであ
ろう措置をとっていないとして、次のように述べています。
─────────────────────────────
 その疑惑はまだある。
 実は地図上で見れば一目瞭然であるが、墜落現場は群馬県であ
るが、人間が住んでいる村が近いのは断然長野県側である。車が
入る林道が近いのも同じだ。陸上自衛隊松本師団の小川隊のとっ
たルートは歩行時間2時間20分に対し、行先やルートが判って
いた上野村消防団の歩行時間は約4時間である点からも明白であ
る。この墜落現場のある高天原山(御巣鷹山ではない。長野県側
は神立山と呼ぶ)や三国山は、その東側は険しく山が深い(前山
が幾重にも連なる)が、西側は緩斜面が広がり、野辺山台地へと
続く。しかも、川上村には広大なグラウンドや畑があり、救難活
動の拠点作りに打ってつけである。それだけではない。道路も広
く野辺山や清里といった宿泊施設の多い観光地にも隣接し、中央
高速道経由で都市にも交通の便が良い。一体なぜこのルートが救
援活動に一度も使われなかったのであろうか。あまり語られてい
ないが、私は大変不可解なことの一つと思う。ヘリなら5分とか
からない村である。       ──角田四郎著の前掲書より
─────────────────────────────
 123便の墜落場所が、自衛隊(防衛庁)は最初からわかって
いたことを示す語られざる話があります。12日、つまり123
便が墜落した夜のこと。群馬県藤岡市内のある葬儀社に一本の電
話が入ったのです。かけたのは地元の警察です。
─────────────────────────────
  警 察:突然のことだけど、棺はどのくらい用意できる?
  葬儀社:500ぐらいなら、なんとか。
                ──角田四郎著の前掲書より
─────────────────────────────
 123便の遭難で騒然となっていたときのことですから、葬儀
社はピンときたのです。その葬儀社は、藤岡市内や周辺地区の組
合に相談のうえ、棺をどのくらい調達できるか調査して「500
でも1000でも大丈夫」と警察に連絡したそうです。しかし、
翌朝以降、葬儀社には何の連絡もこなかったそうです。
 この棺の見積もりをさせたのは防衛庁であると思われます。地
元警察に命じて藤岡市の業者に棺を見積もらせたのは、墜落場所
を12日夜の墜落直後から把握していたことを意味しています。
そして、この時点で全員死亡を前提にしていたようです。実際に
藤岡市には、霊柩車70台、棺は800個用意されています。ど
こが用意したのかについて「週刊新潮」が書いています。
─────────────────────────────
 東京周辺の葬儀社から800近くを用意し、藤岡市へピストン
輸送した。「800も用意したのは、遺体がバラバラなので、予
備が必要と考えたわけです。現地で注文しなかったのは、統一の
規格のものが用意出来なかったためと思います」(日航関係者)
         ──「週刊新潮」/1985年8月29日号
─────────────────────────────
 800個の棺を用意したのは、東京西部日の出町平井にある共
和木工(株)という企業です。この企業については、明日のEJ
取り上げます。  ──[日航機123便墜落の真相/050]

≪画像および関連情報≫
 ●衝撃的な光景/JAL123便墜落事件
  ───────────────────────────
   昼前、捜索に向かう陸上自衛隊第13普通科連隊(長野県
  松本駐屯地)の部隊と合流した。「これで助かった」と思っ
  た。彼らは地図も強力な無線機も備えており、ついて行けば
  現場に着けるに違いない。缶ジュースもなくなり、のども渇
  き切っていた。水ももらえるだろう。
   昼になると部隊は前進を止め、木の根元に座って、休憩と
  なった。隊員はほとんど10代と思われるような若者で、年
  長者は少なかった。若い人たちは水筒の水を飲ませてくれた
  が、食料はだめだった。部隊は非常時の出動であり、もらえ
  ないのは当然だが、腹が減っていたのでこたえた。
   前進を再開して間もなく、樹林が切れて尾根のピークのよ
  うな所に出た。ヘリの音からすると、そこから北東方向に分
  かれた尾根のどこかに墜落現場はあるようだ。岩場に近いよ
  うな場所もあり、登山経験のない2人は恐怖を感じることも
  あった。
   尾根のピークには、別ルートでやって来た複数の報道機関
  の記者がいた。安達はその中に名古屋支社時代に知り合った
  朝日新聞のS記者を見つけた。驚いて声を掛けたが、その後
  どこに行ったのか姿は見えなくなった。そこから先は下りに
  入った。原生林のような樹林が続いて薄暗く、斜面は湿って
  いてかなりの勾配がある。足元は腐植土で不安定だ。部隊か
  ら遅れないようにしなければならなかったが、慌てて腐った
  切り株に足を乗せると崩れて滑落する恐れがある。木の枝や
  幹をつかんで下らざるを得ず、手は傷だらけになった。
                  https://bit.ly/2zaPmhz
  ───────────────────────────

検死場の藤岡市民体育館.jpg
検死場の藤岡市民体育館
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary