2018年09月10日

●「外部説によるコックピットの対話」(EJ第4846号)

 1985年8月12日、JAL123便が羽田空港を離陸した
のは18時12分20秒のことです。それから12分22秒後の
18時24分42秒にJAL123便の機長は「スコーク77」
を宣言します。その間に何があったのでしようか。
 これについて、角田四郎氏は、非常に意欲的で有意義な試みを
行っています。それは、ボイスレコーダーの記録に加えて、傍証
のある「推定」と傍証のない「想像」、さらに生存者の「証言」
を加えて、JAL123便のコックピットと機内および東京進入
管制(羽田)と東京管制(所沢)のやり取りを再現したのです。
とくに何も断っていないのは、ボイスレコーダーの記録です。対
話者は、C「機長」、O「副操縦士」、F(副操縦士)、S(ス
チュワーデス)を表しています。
 JAL123便が、18時18分33秒に東京管制から、シー
パーチ直行の許可をもらった後から、「スコーク77」までのや
り取りを角田四郎氏の本から転載します。
─────────────────────────────
◎18分33秒:(東京管制)日航123便、現在位置からシー
 パーチ(非義務位置通過点)に直行することを許可する。
◎18分38秒:了解、現在位置から直行する。
 「推定」ベルトサイン、オフ。スチュワーデスは、子供客にサ
 マーキャンペーンのぬいぐるみ人形を配り始める。小川哲夫氏
 は右通路より機外を撮影。高度1500フィート。
◎22分頃:「証言」川上慶子さん、咲子ちゃん、スチュワーデ
 スから人形をもらう。落合由美さん雑誌を読む。「推定」高度
 20000フィートに達す。
◎23分頃:「想像」(O)機長!前方右45度に不明機発見。
 (C)どこだ!なんだあれ!調べて、早く。(O)はい。
◎23分頃:(C)距離は?近いの、小さいの。(O)小さいで
 すね。何でしょうあれ!(F)わかりません。
◎23分頃:(F)あー!こっちに近づいてきますよ。(C)ベ
 ルト・オン!(F)はい。(C)なんだ、あいつ!調べて。レ
 ーダー?
◎23分××秒:ピン・ポーン(音)。(S)ただいまベルトサ
 インがつきました。もう一度ベルトをして下さいませ。
 (客)すみません、トイレに急いで行きたいですが、ダメです
 か。(S)ちょっとお待ちください。
◎24分10秒:「想像」(F)はい、なんですか。(S)お客
 様でトイレに行き・・・・。(F)レーダーには映りません。
 (C)なんなの、調べて、よく見て!(O)はい。
◎24分12秒:(S)・・たいとおっしゃる方がいらっしゃる
 んですが、よろしいでしょうか。
◎24分15秒:(O)気をつけて。(F)じゃ気をつけてお願
 いします。(O)手早く。(F)気をつけてください。(S)
 はい、ありがとうございます。
 「想像」操縦室全員、緊張して前方を凝視。正体不明の小型飛
 行物体は、右10度に接近中、高度約23000フィートと日
 航機とほぼ同じ。進行方向、西南西。速度不明。ぐんぐん近く
 なる。
◎24分34秒:ドーン、ビー・ビー・ビー。
◎24分38秒:「想像」(F)だめ!やられた。
◎24分39秒:「想像」(C)なんかわかったの?なんか、あ
 たったぞ?
◎24分42秒:(C)スコーク77
       ──角田四郎著『疑惑/JAL123便墜落事故
      /このままでは520柱は瞑れない』/早稲田出版
─────────────────────────────
 ひとつのポイントは、羽田空港離陸後、どこでベルトサインが
オフになったかです。通常離陸後8分〜10分で消えるのが正常
です。ボイスレコーダー(筆記録)上では確認できないのです。
 角田氏がベルトサインオフを18分38秒頃と推定したのは、
生存者の川上慶子さん(当時12歳)の証言で、スチュワーデス
から、ぬいぐるみをもらったのが、そのぐらいの時間だったから
です。当然のことですが、スチュワーデスがサービスをはじめる
のは、ベルトサインがオフになってからです。
 このとき、川上慶子さんは、母親に妹のもらった人形の方がい
いといったところ、母親にたしなめられたといっています。その
約5分後の23分になって、ベルト・オンになっています。コッ
クピットでは、正体不明の飛翔体が123便に迫ってくるのを発
見し、ベルト・オンのサインを出しています。機長は、衝突の危
険を察知して、事前にベルト・オンを指示したのです。もし、垂
直尾翼破壊の原因が、急減圧による後部圧力隔壁破壊であるとす
るならば、機長が事前にそれに気がついて、ベルト・オンのサイ
ンは出せないはずです。したがって、事故の原因は内部説ではな
く、外部説にならざるを得ないのです。
 上記のやり取りは、いくつかの「想像」や「推定」部分を含む
とはいえ、矛盾なく、ぴったりと収まっており、外部説──謎の
飛翔体の衝突による垂直尾翼破壊説を説得力を持って裏づけるも
のです。ここに事故調が、生のボイスレコーダーを最後まで公開
せず、筆記録しか公開しなかった理由があります。おそらく音声
による生のボイスレコーダーを公開すると、そこに誰でも外部説
を裏づける決定的な証拠が収録されているからでしょう。だから
こそ、ボイスレコーダーを筆記録にしたのです。
 筆記録であれば、都合の悪い部分は自由にカットできますし、
音の高さとか、衝撃さとか、声の調子などから感じとることがで
きる緊迫感などを誤魔化すことができるからです。それに、おそ
らく事故の関係者ではない一般の人々は、ボイスレコーダーがま
だ公開されておらず、事故調の作成した筆記録に過ぎないことを
知らないと思います。その生のボイスレコーダーは、現在日航が
保管しているはずです。なぜ、公開しないのでしょうか。
         ──[日航機123便墜落の真相/016]

≪画像および関連情報≫
 ●日航機事故から29年・フジテレビ特番を見て/2014
   ──────────────────────────
   単独機の事故としては世界最悪の520人が犠牲となった
  1985年8月のJAL123便便墜落事故から29年が経
  過した(2014年の記事)。月日の流れの速さを改めて感
  じるが、私の脳裏に焼き付いたあのむごたらしい酷暑の夏の
  記憶は今なお決して薄れることはない。「御巣鷹の尾根」は
  今なお私、そして安全問題研究会の原点だ。
   ところで、今年の8月12日は、いつもの年と少しばかり
  違った。フジテレビ系列の全国放送として、特別番組「8・
  12、日航機墜落30回目の夏〜生存者が今明かす“32分
  間の闘い”ボイスレコーダーの“新たな声”」が放送された
  からだ。(中略)
   だが、同時に私は、事故というより「事件」と呼ぶほうが
  適切かもしれない「御巣鷹の真相」は、おそらくこの番組で
  も明かされることはないだろうと思っていた。なにより30
  年近い歳月は短いようで長い。当時を知る関係者も少なくな
  り、遺族ですら高齢化で険しい御巣鷹の尾根への慰霊登山を
  断念する人が毎年増え続ける現実がある。今頃になって新事
  実が飛び出すくらいなら、とっくの昔に出ていて不思議はな
  いし、圧力隔壁崩壊説に疑問を抱く人なんて、日本全国に今
  なお数万人単位で存在する。
   ミサイル撃墜説、自衛隊「無人標的機」衝突説を初めとし
  て、この間、ありとあらゆる言説が流されてきた。この事故
  のことを卒業論文のテーマにしようと考えた学生が教授に相
  談したところ「君の命が危ない。悪いことは言わないからや
  めなさい」と言われた。     https://bit.ly/2NP6obc
  ───────────────────────────

垂直尾翼がなくなったJAL123便.jpg
垂直尾翼がなくなったJAL123便
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary