2018年09月05日

●「最終報告書に真実が隠されている」(EJ第4843号)

 事故調は、JAL123便の墜落事故の原因は、早い段階から
ボーイング社の修理ミスに基づく「後部圧力隔壁破損」であると
主張し、1987年6月19日提出の最終報告書でも、それを結
論としています。その後、多くの新事実が出て、再調査を求める
要望が数多く出ましたが、国土交通省の運輸安全委員会はそれに
応じないまま、33年の年月が経過しているのです。
 この墜落事故によって、JAL123便の乗客乗員520人も
の人が非業な最期を遂げているのです。しかし、この事故の関係
者である日本航空、運輸省(日本政府)、そしてボーイング社は
この事故によって、どのような責めを負ったのでしょうか。これ
について、角田四郎氏は、次のように述べています。
─────────────────────────────
 この報告書によって、ボーイング社は修理ミスという汚点を背
負った。日航にはその修理の監督責任と以降の点検不充分という
責任があり、そして運輸省にも修理時のチェックと点検時のチェ
ックに怠慢があったとされたが、いずれもその発見(亀裂等)に
は困難な面も多かったという論調が支配的だった。その結果、日
航および運輸省の責任は問われないこととなり、ボーイング社の
責任だけが残った。
 しかし、現実にはボーイング社は修理のミスは認めているもの
の、この事故が修理ミスから発したとするのは推論で証拠はない
と主張した。仮に推論通りであったとしても7年も前のミスであ
り、キズの生長を点検で発見できなかった日本側の管理責任だと
して、ミス修理を行なった技術者とその作業責任者の名前の公表
(警視庁および群馬県警に対し)を拒んだ。このことでボーイン
グ社を悪党か卑怯者呼ばわりする人もいたが、それはマトはずれ
の感もある。ボーイング社の言い分はしごく正当であり、法的に
も成立するものである。(中略)
 この説であれば、自社製ジャンボ・ジェット機全ての修理や就
航ストップという最悪のシナリオから逃げられる。修理ミスとい
うという汚名を自らかぶっても、JA8119号が持っていた固
有の古キズが原因となれば世界中の航空会社からの苦情もない。
こうした経済的損益と汚名をはかりにかけ、汚名が選ばれたので
あろうか・・。──角田四郎著『疑惑/JAL123便墜落事故
      /このままでは520柱は瞑れない』/早稲田出版
─────────────────────────────
 疑惑は何ひとつ明らかになっていないのに、この事故の関係者
は、誰ひとり罪に問われることなく、事件の幕引きが行われてい
ます。結局、JAL123便墜落事故は、不可抗力の墜落という
単なる航空機事故として片づけられているのです。こんなことで
は、亡くなった520人の無念は拭えないでしょう。
 とくに責任があるのは事故調査委員会です。事故調は、当時の
運輸大臣直轄の政府機関です。その事故調は、事故4日後から最
終報告書にいたるまで、事故原因を説得力に欠ける後部隔壁破壊
と断定し、生のボイスレコーダーですら最後まで公表していない
のです。生音声によるのボイスレコーダーではなく、筆記録での
ボイスレコーダーの公表は、これまでの航空機事故では聞いたこ
とがありません。しかし、生のボイスレコーダーは、いまだに公
開されていないのです。
 このような事故調の頑なな対応から、見えてくるものがありま
す。事故調の委員は、すべてを知っているのではないかというこ
とです。しかし、それを公表することが、立場上できないのでは
ないか。事故調としてはこのような結論しか出せないが、どうか
その報告書から真相を読み取ってほしいと訴えているのではない
かと思うのです。
 そういう観点に立って事故調の最終報告書をていねいに読むと
そこに事件の謎を解く重要なカギが見えてきます。このことは、
そもそもこの事件の疑惑を最初に訴えた『JAL123便墜落事
故真相究明』ほか3連作(文芸社刊)の著者、池田昌昭氏と角田
四郎氏の2人とも同じことを指摘しています。それは、事故調最
終報告書の次の記述の部分にあります。
─────────────────────────────
 事故機の羽田出発から、18時18分28秒までの上昇中の管
制交信記録の音声から推測した機長の精神緊張度は、9段階点の
4〜6の範囲で変動している。この緊張の程度は離陸から上昇と
いう状況下で一般的なものとみられ、この時点で機長が何らかの
異常の発生を感知していた可能性は少ないと思われる。
 事故機のCVR記録は18時24分12秒の「たいとおっしゃ
る方がいらっしやるんですが、よろしいでしょうか」という客室
乗務員による操縦室への機内通話から始まっている。この女性の
音声から計測した精神緊張度は表2のとおり9段階点の3であり
また、その落ち着いた話し振りから、勘案してこの時点で、客室
乗務員が何らかの異常を感知していたという可能性は少ないと考
えられる。この異常とも思えない客室乗務員の申し出に対応した
航空機関士と副操縦士の音声からは、精神緊張度9段階点の5〜
7という通常の飛行状況下ではやや異常とも思える精神的な高ま
りを示す値が推測された。このことから、この時点で同運航乗務
員は精神緊張度が高まるような何らかの異常の傾向を感知してい
たとも考えられる。        
(表2)「精神緊張度9段階」
 段階点(1)〜(3)
 ・正常な状況下において一般的に生じる緊張
 段階点(4)〜(6)
 ・緊急状況には至っていないが、何らかの異常発生時等にお
  いて一般的に生じる緊張
 段階点(7)〜(9)
 ・緊急状況下において生じる緊張
                 ──事故調最終報告書より
─────────────────────────────
         ──[日航機123便墜落の真相/013]

≪画像および関連情報≫
 ●JAL123便事故調最終報告書について
  ───────────────────────────
   この事故に関して「疑惑」という著書(早稲田出版)を著
  した角田四郎氏は、事故調査委員会について「事故調査委員
  会は何故、隔壁説をデッチ上げなければならなかったのであ
  ろう。私は委員や調査官個人にその理由があったとは思えな
  い。むしろ、その矛盾に気ずき、心を痛めながらも彼らに及
  んだ大きな力に抗しきれなかった姿を感じてならない」と書
  いている。
   一方、事故調査委員会の武田峻委員長は最終報告書を発表
  した後、記者会見を行い、報告書を70点の出来と自己採点
  し、「これで全てが終わたのではなく、この報告書をもとに
  さまざまな討論、検討を加えて、航空機の安全と事故の再発
  防止に役立ていただきたい。」というコメントを添えた。
   私も当初、亡くなられた人に鞭をあてたくないと思いなが
  らも、事故調査委員会に角田氏と同じように大きな力に抗し
  きれなかった姿を感じ、武田氏のコメントを言い訳と感じて
  いた。しかし、私はこの事故の原因を解明する作業を進めて
  いくうちに、武田氏のこの最後コメントは、氏が真意を語っ
  たものであるということを確信するようになった。確かに報
  告書は「圧力隔壁主犯説」を採っており、全体的にそれを補
  足する構成になっている。しかし、報告書の各論の部分には
  事実を述べている部分も多い。写真や資料などについてもそ
  のことが言える。        https://bit.ly/2wJpcBt
  ───────────────────────────

JAL123便墜落事故/御巣鷹山.jpg
JAL123便墜落事故/御巣鷹山
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary