2018年09月03日

●「垂直尾翼は外から破壊されている」(EJ第4841号)

 JAL123便が墜落した直接的原因は、垂直尾翼が破壊され
たことにあります。1971年7月30日に、岩手県雫石町上空
で、乗客乗員162人を乗せた千歳発羽田行き全日空ボーイング
727機に、訓練飛行中の航空自衛隊のジェット戦闘機が衝突、
全日空機は垂直尾翼を破壊され、空中分解して墜落、乗客乗員全
員が死亡するという痛ましい事故が起きています。
 自衛隊機のパイロットについては、パラシュートで脱出して無
事でしたが、このときも垂直尾翼をやられているのです。このよ
うに、垂直尾翼が破壊されると、航空機にとってはそれが致命傷
になってしまうのです。
 この事故は、すべての責任は自衛隊側にあるとして決着がつい
ていますが、実は、この雫石事故にも重大な疑惑があるのです。
それは、雫石事故とJAL123便事故には共通性があるからで
すが、これについては改めて述べます。
 問題は垂直尾翼が何によって破壊されたかです。これには、次
の2つがあります。
─────────────────────────────
     1.内部からの力で破壊 ・・・ 内部説
     2.外部からの力で破壊 ・・・ 外部説
─────────────────────────────
 ここまで「内部説」で検証してきています。事故調は内部説に
立脚し、後部圧力隔壁の破壊によって垂直尾翼が破壊されたとい
う「隔壁破壊説」を主張し、裁判などではこれで乗り切っていま
す。あくまで隔壁破壊説が原因であり、他の説については、「理
論的根拠なし」や「推論に過ぎない」として退け、とくに外部説
については問答無用で「陰謀論」と極め付けています。
 しかし、隔壁破壊説は、ここまで検討してきただけでもわかる
ように、明らかに説得力を欠いています。どう考えても、主張に
無理があります。ところが、「何かによって垂直尾翼が破壊され
た」という外部説に立つと、誰もが納得できるのです。雫石事故
の場合は、航空自衛隊のジェット戦闘機が、ニアミスによって、
全日空ボーイング727機の尾翼に接触し、垂直尾翼を破壊した
のです。これによって、後部圧力隔壁が壊れ、それが727機内
に急減圧による突風をもたらし、727機は空中分解して墜落し
たのです。
 それにしても14年前に雫石事故という垂直尾翼破壊の航空機
事故という格好のケースがあるのに、JAL123便事故のとき
に事故調はこのケースを無視しています。何が何でも外部説は考
えたくなかったものと思われます。
 これにもっとも近い説を唱えているのは、航空専門家の内藤一
郎氏です。内藤氏は、京都大学工学部航空学科を卒業し、その後
航空大学の教官をしている操縦歴40年のベテランです。その内
藤氏は、垂直尾翼破壊の原因について次のように述べています。
─────────────────────────────
 隔壁犯人説は原因と結果を取り違えていると思います。私は逆
に何かの衝撃でまず垂直尾翼がやられ、その衝撃で隔壁がやられ
たと判断しています。尾翼が隔壁破裂の衝撃波でもぎとられるな
んてありえません。
 いいですか、高度2万4千フィートの外は、0・4気圧です。
機内は0・8気圧程度でしょう。これは高度3千メートルに相当
します。そこで穴があいても、そもそも空気はどんなに速くても
音速(マッハ)以下でしか流れないもんなんです。それに0・8
が噴き出しても、一瞬のうちに圧力は0・6ぐらいに下がってし
まいますから、その衝撃はさらに弱まります。超音速の衝撃波な
んてとんでもありませんよ。(中略)
 隔壁が破れて、機体尾部に空気が充満してその圧力に耐え切れ
ずに垂直尾翼が分解したというのも、機体の尾部には空気が逃げ
出す穴(点検用ドア)がちゃんとついていますから、ありえない
ことです。  ──『週刊新潮』1985年10月10日号より
       ──角田四郎著『疑惑/JAL123便墜落事故
      /このままでは520柱は瞑れない』/早稲田出版
─────────────────────────────
 ちょうど同じ時期に、『週刊朝日』は、ボーイング社に対して
次のような電話取材を行っています。
─────────────────────────────
──日本では、後部の圧力隔壁が破壊され、そのために垂直尾翼
 が壊れたという説があるが、そちらはどうみているのですか。
ボ社:その説は、間もなく撤回されたのではないですか。
──そんなことはありません。
ボ社:(前略)私は、2、3日前にその説は、ひっ込められたと
 思っています。日航に当たってください。彼ら(日航)は、そ
 の可能性はないと見放したはずだが。
──圧力隔壁破壊説が強まってきた17日「ボーイング社の調査
 団(訪日中の)が圧力隔壁の破片を調べたが、腐蝕や金属疲労
 の証拠は発見されなかった」と否定の談話がUPI共同通信で
 流れたが、そんなに早く断定できるものですか。
ボ社:彼ら(調査団)が隔壁の破片を調べたところ、「これ(隔
 壁)は衝撃(墜落時等の)によって折れたものと判断できる」
 といっている。 ──『週刊朝日』1085年9月6日号より
                ──角田四郎著の前掲書より
─────────────────────────────
 これは明らかにおかしいです。この時点で日航は、国内向けに
は「隔壁説が有力」と思える見解を出しているのに、ボーイング
社に対しては、これを否定する見解を話しています。明らかなダ
ブルスタンダードです。
 この『週刊朝日』が出た直後の1985年9月7日、「ニュー
ヨーク・タイムズ」紙はボーイング社の「修理ミスの自白声明」
を報道したのです。しかし、この修理ミスは、JAL123便の
事故の原因とは考えられないと述べています。
         ──[日航機123便墜落の真相/011]

≪画像および関連情報≫
 ●全日空機雫石衝突事故/世界の航空事故史に残る大惨事
  ───────────────────────────
   世界の航空機事故史上に残る大惨事が起きたのは昭和46
  年7月30日午後2時すぎだった。事故を知る町民は異口同
  音にいう。「雲一つない、天気のいい、暑い日だった」
   岩手県雫石町の上空約8500メートルで、自衛隊機と札
  幌発羽田行きの全日空機が空中衝突し、旅客機の乗員7人と
  乗客155人の計162人が犠牲になった。
   自衛隊機は宮城県矢本町(現・東松島市)の航空自衛隊第
  1航空団松島派遣隊に所属するジェット戦闘機F86F。操
  縦桿(かん)を握っていたのは訓練生だった。
   教官機と2機編隊で訓練中に、全日空機と空中衝突、ボー
  イング727型機は空中分解した。自衛隊機の訓練生はパラ
  シュートで脱出した。轟音(ごうおん)は東に20キロ以上
  も離れている盛岡市の中心部にまで鳴り響いた。当初は自衛
  隊機の単独事故と思われていた。町役場近くの水田で自衛隊
  機の残骸が発見され、パラシュートで降下する訓練生の姿も
  町内で確認されていたからだ。ところが、事故から間もなく
  自衛隊機と民間旅客機が空中衝突したという衝撃的なテレビ
  ニュースが流れた。町役場の対策本部は騒然となった。町民
  の多くから、飛行機の破片らしき無数の金属片がキラキラと
  光りながら落下していたという目撃情報が寄せられた。午後
  3時すぎ、飛び込んできた町役場の南東約4キロの岩名目沢
  で「複数の遺体発見」の報に対策本部は一瞬、凍り付いた。
                  https://bit.ly/2BY2fjI
  ───────────────────────────

雫石全日空機事故.jpg
雫石全日空機事故
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 日航機123便墜落の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary