2018年04月20日

●「安倍首相疑惑の3日間を解明する」(EJ第4749号)

 森友学園の小学校新設問題に安倍首相自身が関わっていたかど
うか──この疑惑を解くカギとなるのは「疑惑の3日間」といわ
れる次の3日間です。
─────────────────────────────
       2015年9月3日・4日・5日
─────────────────────────────
 疑惑の3日間の第1日目である9月3日、安倍首相は官邸で、
財務省の岡本薫明官房長(当時)と迫田英典理財局長(当時)に
会っています。しかし、一般論として、首相が財務省の局長クラ
スと会うことは異例であり、まして理財局長と会うことはさらに
珍しいことです。
 しかも安倍首相は、迫田理財局長にこの日を含めて2015年
中に5回も会っています。ちなみに、これは「首相動静」に出て
いるだけで5回であり、場合によってはもっと会っている可能性
すらあります。迫田氏が安倍首相の地元、山口県の出身であるか
らでしょうか。そうであるとしても、首相が5回も理財局長に会
うことはあり得ないことです。
 さて、理財局の「理財」とは「財産の運用」を意味する古い言
葉で、国有地や政府庁舎などの国有財産を管理したり、国の借金
にあたる国債を発行したりする部署です。したがって、安倍首相
が国有地の売買に関わる用事で理財局長に会い、何らかの指示、
依頼をした可能性が十分あります。
 疑惑の3日間の第2日目である9月4日、このときは国会の会
期中であり、安保関連法制が成立目前で、国会内外が騒然として
いたのです。そのような日に安倍首相は、国会をさぼって、大阪
に出張しています。そのとき、今井尚哉首相秘書官も同行してい
るのです。
 表向きの目的は、読売テレビの「情報ライブミヤネ屋」に生出
演するためです。ちなみに、この読売テレビは、近畿財務局から
車で5分ほどの距離にあります。距離的にきわめて近いのです。
 この9月4日には、首相とは別行動ですが、安倍昭恵夫人も大
阪に出掛けています。その詳細が、古賀茂明氏と東京新聞記者の
望月衣塑子氏の共著の新刊書において、望月氏の言葉として、次
のように出ています。
─────────────────────────────
 安倍夫妻は9月4日、大阪へ向かいます。まず、昭恵夫人の動
きを追ってみたいと思います。夫人は別行動で、大阪入りしてま
ず。市内の住吉大社に正式参拝。その後奈良の重心道教室に向か
います。住吉大社の神武磐彦権宮司は道徳団体モラロジー研究所
の新成人感謝の集いで記念講話を行ったことがあります。モラロ
ジーは大阪府私学審議会会長の梶田叡一氏が共著で出版した『日
本再生と道徳教育』なる書籍の出版元でもあります。しかも、神
武権宮司の娘・神武幸代氏は、谷査恵子氏と同じく国家公務員。
彼女もまた昭恵夫人付き職員としてこの日の住吉大社参拝に同行
しています。私人と閣議決定された昭恵さんですが、実際は国家
公務員の秘書二人を従え、大阪、奈良と駆け回っていました。し
かもそれらはすべて森友学園に繋がっていたのです。
 そして夫人は、奈良学園大学の信貴山グラウンドで行われた重
心道陸上クラブの親子重心道教室に参加。ここで梶田叡一氏と同
席。もちろん昭恵夫人付きの谷査恵子氏も同行しています。森友
学園の小学校認可に極めて大きな力を持つ梶田氏と、当の小学校
の名誉校長になる昭恵さんが同じ教室に参加していたのは単なる
偶然でしょうか。       ──古賀茂明/望月衣塑子共著
         『THE独裁者/国難を呼ぶ男!安倍晋三』
                    KKベストセラーズ
─────────────────────────────
 このことでわかることは、昭恵夫人の行動は、明らかに小学校
の認可を睨んでの行動であるということです。
 その同じ9月4日の午前中には、森友学園の建築業者と財務省
近畿財務局が重要な会談しています。会談内容の詳細については
4月3日付、EJ第4736号で述べています。
─────────────────────────────
           2018年4月3日/EJ第4736号
「8億円値引きの根拠は虚偽である」 https://bit.ly/2Gt4bym
─────────────────────────────
 この会議において、予定になかった産廃物が見つかったとして
処分費用の上乗せを求める業者に対し、近畿財務局は「場内処分
の方向」で業者に協力を要請しています。これは近畿財務局の判
断では対応できないことです。本来であれば、この会合の記録は
当然あるべきですが、佐川理財局長(当時)は「破棄して存在し
ない」と衆院予算委員会で明言しています。3日の安倍首相と迫
田理財局長(当時)の会談との関係が疑われます。
 9月4日、安倍首相は、情報番組「情報ライブミヤネ屋」に生
出演し、重ねて情報番組「そこまで言って委員会」の収録も行っ
ています。国会会期中の忙しいときに、このような民放テレビ番
組の収録のためにわざわざ大阪まで出かけるのは、明らかに不自
然なことです。
 2015年9月4日付、産経新聞では、安倍首相の大阪訪問に
ついて次のように述べています。
─────────────────────────────
 安倍晋三首相は4日、大阪市を日帰りで訪問した。国会開会中
の平日に首相が大阪人りするのは異例だが、首相には新党結成を
目指す大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長との友好関係を強調す
る狙いがあった。自民党総裁選後の中長期の政権運営を見据えれ
ば、政治思想が近い橋下氏の存在は欠かせないからだ。
            ──2015年9月4日付、産経新聞
─────────────────────────────
 いかにも維新関係者との会談が用事であるように書いています
が、安倍首相はこの日の大阪訪問で、維新関係者とは誰とも会っ
ていないのです。    ──[メディア規制の実態/073]

≪画像および関連情報≫
 ●森友学園問題のキーマンと疑惑の3日間/2017.3
  ───────────────────────────
   大阪の森友学園への国有地払い下げ問題は、ますます奇怪
  な様相を呈してきました。学園の籠池泰典理事長の言動は支
  離滅裂ですが、国有地の売却を決めた財務省の対応も奇怪で
  す。この問題を所管する理財局の佐川宣寿局長は、3日の参
  議院予算委員会で次のように答弁しています。
   「2012年の閣僚懇談会の申し合わせで、(政治家の不
  当な働きかけがあれば)記録を保存することになっています
  が、不当な働きかけが一切なかったので、記録は保存されて
  いません」。
   この人は官僚としては優秀なのかもしれませんが、役者と
  しては「折り紙付きの大根」です。何かを、そして誰かをか
  ばおうとしていることが見え見えです。佐川局長はこれに先
  立つ、2月24日の衆議院予算委員会では次のように答弁し
  ています。
  福島伸享議員「このような異例中の異例のやり方で(国有地
  の処分を)やっている時の理財局長はどなたでしょうか?」
  佐川理財局長「えーと、今、手もとに資料がございません。
  大至急、調べてきます。(質疑を中断)前々任者ということ
  であれば、えーと、中原でございます」。
  福島議員「なんでそんなにとぼけるんですか。(平成)27
  年から28年、前任者の理財局長!」
  佐川理財局長「27年から28年の夏という意味で言えば、
  迫田でございます」。      https://bit.ly/2EZXAdd
  ───────────────────────────


E5AE89E5808DE9A696E79BB8E3808CE3839FE383A4E3838DE5B18BE3808DE587BAE6BC94EFBC8FEFBC92EFBC90EFBC91EFBC95E5B9B4EFBC99E69C88EFBC94E697A5-thumbnail2[1].jpg
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | メディア規制の実態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary