2018年04月19日

●「今井秘書官への質問に動揺の総理」(EJ第4748号)

 安倍政権が揺れています。しかし、いま安倍政権が倒れると、
日本にとってプラスなことばかりではないといえます。そこで本
テーマは、今日を含めてあと9回残っているので、安倍政権につ
いて書くことにします。
 森友学園の国有地の不正取引、決裁文書改ざん、業者との口裏
合わせ、それに加計学園を巡る数々の疑惑──安倍政権における
これらの不祥事について、安倍首相は次のように国民に対して陳
謝をしています。
─────────────────────────────
 財務省の決裁文書書き換え問題をめぐり、国民の皆様の行政に
対する信頼を揺るがす事態となったことを、行政の長として責任
を痛感しております。改めて国民の皆様におわびを申し上げたい
と思います。しっかりと調査を徹底し、全容を明らかにし、膿を
出し切り、その上で二度とこうしたことが起こらないように組織
を立て直していきたいと思っています。     ──安倍首相
                  https://bit.ly/2H7c6lc
─────────────────────────────
 この安倍首相の発言は、自分を客観視し、森友問題にしても加
計問題にしても、自分は悪くないが、行政の長として責任を痛感
しているというスタンスで話しています。あくまで悪いのは、文
科省であり、財務省であるが、行政の長として、しっかりと調査
を徹底し、全容を明らかにし、膿を出し切り、その上で二度とこ
うしたことが起こらないように組織を立て直す──実に巧みに自
分の関与を外しています。ただ、妻の昭恵が瑞穂の国記念小学院
の名誉校長に就任したのは、軽率であったことを認めています。
 安倍首相は、歴代首相のなかでは国会での答弁術は実に巧みで
あるといえます。第1次安倍政権のときは稚拙さが目立つことが
ありましたが、第2次安倍政権以降はそれがすっかり修正され、
本心を掴ませない巧妙な答弁術を身につけています。
 私は、定年退職後は、昼間にテレビを見る機会が増えて、国会
中継などもよく見ています。橋本龍太郎、小渕敬三、森善朗、小
泉純一郎の第1次安倍政権前の4総理、それから、福田康夫、麻
生太郎、そして民主党の鳩山由紀夫、菅直人、野田佳彦の第2次
安倍政権前の5総理に比べても、国会答弁術は磨きがかかってい
ます。だから、安倍政権が前代未聞の不祥事を重ねていても、野
党は安倍政権を切り崩せないのです。
 しかし、本当のところはどうなのでしょうか。
 結論からいうならば、森友問題にしても加計問題にしても、こ
れらの事件には、官邸が深く絡んでいると考えざるを得ないので
す。その鍵を握るのは、「影の総理」といわれる今井尚哉秘書官
の行動です。なかでも「疑惑の3日間」といわれる2015年9
月3日・4日・5日の行動です。いつもは見事な答弁を展開する
安倍首相ですが、今井秘書官に関して質問が及ぶと、安倍首相の
答弁は明らかに乱れたのです。
 2018年3月26日開催の参院予算委員会でのことです。民
進党の増子輝彦議員が安倍首相に対して、この3日間に関連して
今井秘書官の行動について質問したのです。そのときの状況をリ
テラの記事を参照して、紙上に再現します。
─────────────────────────────
増子:大阪入りした2015年9月4日、総理は日帰りされた。
   今井さんは残った。次の日に御夫人が名誉校長に就任され
   ているんですね。これ、事前通告してありますよ?ここの
   ところの事実関係、森友学園や近財局長たちと、お会いに
   なったという事実はございますか?
安倍:あの、質問にお答えする前にですね。(といって、質問の
   答えになっていない話を延々とつづけたあと)9月4日は
   2つの報道番組の収録と生出演のため大阪に行った。食事
   をして東京へ帰った。近畿財務局関係者とまったく会って
   おりません。
増子:今井秘書官についても伺っています。
安倍:今井秘書官がですね。残っていたかどうかということにつ
   いては、質問通告ございません。(キレ気味に)質問通告
   ございませんから。いや、大阪、大阪に、同行したのは事
   実です。しかし残ったかどうかについては、質問通告受け
   ておりませんから。
増子:今井さんは残ったんじゃないんですか。
安倍:残ったかどうかということについては、これは私もいます
   ぐにはお答えできません。しかしこれ調べればすぐわかる
   話でありますし。しかしですね。今井秘書官が近財の人び
   と等々と会ったということは、もちろんないということは
   申し上げられます。
増子:今井首相秘書官が、大阪に残ったのかどうかは「わからな
   い」と言うのに、なぜ、「近畿財務局の人とは会っていな
   い」と断言できるのですか。
─────────────────────────────
 この後、増子議員は別の質問に移ったのですが、いったん席を
外して、自席に戻った安倍首相は、自ら手を上げて質問を要求し
たのです。
─────────────────────────────
安倍:あの、答弁しておられる最中にですね、あの、今井秘書官
   に確認をいたしました。あの、えー、この大阪にですね、
   泊まる・・・。
増子:今井さん、残ったんでしょ。
安倍:いや、残ったということはないというふうに記録をしてい
   るところでございます。残るのであれば、当然、私に報告
   があるだろうと思っておりますから。
─────────────────────────────
 どうでしょうか。いつもの安倍首相らしくなく、シドロモドロ
で支離滅裂な答弁展開をしているのです。明らかに動揺している
ようです。       ──[メディア規制の実態/072]

≪画像および関連情報≫
 ●極右学校法人の闇/城石エマ氏
  ───────────────────────────
   あっという間に衆院予算委で2017年2月27日、新年
  度予算案が賛成多数で通過してしまった。しかし、国有地が
  9割引きの破格値で「学校法人森友学園」に払い下げられた
  事件は、真相がまったく解明されないままである。なぜ、8
  億円以上も値引きされたのか、その算出根拠はなんだったの
  か、そこに、政治家の関与はなかったのか──?
   予算案採決の直前の2月24日、予算委で質疑に立った日
  本共産党の宮本岳志議員は、2015年9月4日に近畿財務
  局と森友学園側が面会していた事実を突きつけた。以下は、
  そのときの宮本議員の質疑の一部抜粋だ。
   「私が入手した資料によりますと、その2015年9月4
  日、森友学園の建設工事を請け負ったキアラ設計の所長、中
  道組の所長と、近畿財務局の池田統括管理官、大阪航空局の
  高見調整係が、近畿財務局の9階会議室で会合を持っており
  ます。土壌改良工事の価格を巡って、交渉したのではありま
  せんか? この時の交渉内容を明らかにできますか?」「超
  弩級」の質問に国会議事堂内がどよめいた――。
   これに対し、佐川宣寿理財局長は、「売買契約締結を持っ
  て事案終了しているということなので、当日かどうかは別に
  しても、速やかに事案終了で廃棄しているということだと思
  いますので、記録は残っておりません」と、面会記録を破棄
  したと答弁した。        https://bit.ly/2qi6o8W
  ───────────────────────────

E6988EE38289E3818BE381ABE38391E3838BE382AFE381A3E381A6E38184E3828BE5AE89E5808DE9A696E79BB8-thumbnail2[1].jpg



posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | メディア規制の実態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary