2018年03月29日

●「安倍首相は籠池氏に面会している」(EJ第4733号)

 EJがなぜ森友問題を取り上げているのかについて述べます。
森友問題の真相は、いまなお、カオスのなかにあります。テレビ
や新聞が毎日長々と取り上げていますが、それでもまるで真相の
霧は晴れないままです。
 しかし、メディアは真相のすべてを把握していると思います。
なぜなら、ネットをていねいに調べると、その真相は、はっきり
しているからです。メディアは全貌を掴んでいながら、すべてを
報道することを控えています。安倍政権容認メディアも、批判メ
ディアも同じです。それは「国民会議」のことをどのメディアも
触れないことで明らかです。つまり、これも忖度です。
 以下、ネット上のある複数のサイトを参考にして、森友問題の
真相に迫ります。その情報源はもちろん後で明らかにしますが、
それまでは、EJスタイルで書いていきます。
 森友学園が設立しようとしていた「瑞穂の国記念小学院」を国
民会議の政治家の有力メンバーが、本気で協力していたことは間
違いないことです。その計画は、第1次安倍政権の頃からあった
といわれており、安倍首相も、もちろん承知していたはずです。
 しかし、その頃の森友学園運営の塚本幼稚園は、大阪私学審の
求める充足率は50%(定員の充足率と思われる)、新規に校舎
を建てるさいに用意しなければならない基金が積み立てられてい
ないなど、小学校の設立など困難な状況にあったのです。
 安倍首相が第1次安倍政権の頃から、この小学校の設立計画を
知っていて、2007年に首相を辞めたときに「私の考え方に共
鳴している方から『安倍晋三小学校』を建てたいという話があっ
た」ことを明かしていたといわれます。
 そして、2012年9月の自民党総裁選の直前に、籠池理事長
(当時)から安倍晋三氏に、昭恵夫人を通して「安倍晋三記念小
学院」という名前にしたいという提案があり、安倍氏の内諾を得
たと籠池氏はいっています。
 ということは、その時点で安倍首相は籠池理事長のことは知っ
ており、実際に会ってもいます。これは、2017年3月3日の
フジテレビの情報番組「とくダネ」において、安倍昭恵夫人自身
がそう話している映像を流しているのです。
─────────────────────────────
 (籠池理事長は)主人にお手紙や電話をいただいたり、実際に
もお会していただいたりしていましたけど。 ──安倍昭恵夫人
                  https://bit.ly/2m2CL9b
─────────────────────────────
 これによると、安倍首相は2007年の時点で籠池理事長に会
い、その後も会っていたと考えられます。その後、塚本幼稚園に
は、2008年と2012年に「大阪府からの推薦」によって、
素晴らしい教育を行っている教諭に贈られる「文部科学大臣優秀
教員賞」が贈られています。
 ちなみに、2008年当時は橋下徹知事、2012年は松井一
郎知事です。その頃、安倍首相は、橋下、松井両知事とはよく会
う機会があり、そのさい、塚本幼稚園の情報を伝えたことは十分
考えられます。しかし、安倍首相は、「籠池理事長とは会ってい
ない」といい切っています。
 現在、森友学園の未完成の小学校が立っている土地の件で、お
かしなことがあります。この土地は、2012年7月に国が新関
西国際空港株式会社に現物出資された土地であり、所有権移転登
記が行われています。
 ところが、2012年の12月に、安倍政権が誕生した直後の
2013年1月に「錯誤」として国に戻し、国有地に戻っている
のです。これは何を意味するのでしょうか。
 その2年後の2014年11月に、その土地に「建築計画のお
知らせ」という建築標識が立てられたのです。表題は「(仮称)
M学園小学校新築工事」です。責任者は「有限会社キアラ建築研
究機関/取締役松本正」とあります。これについては、次のサイ
トに説明があります。
─────────────────────────────
 標識の設置年月日は、平成26年11月6日、つまり2014
年11月6日であり、大阪府への小学校設置の認可を申請した後
であるものの、認可は降りておらず、また、国有財産の処分方針
を決める国有財産近畿地方審議会が開かれる数か月前に当たるの
です。小学校設置の認可が得られるかどうかも本来なら分からな
いし、その学校用地が手に入るかどうかも分からない状況のなか
で、こうやって建築標識が設置されていたのです。
 必ず小学校の設置が認められる、必ず土地は格安で売り払いさ
れるとの見通しがなければ、こんなことできる筈がないのです。
つまり、安倍総理の関与があったかどうかは別にして、何か大き
な力が働いていたことがこれで証明できると思うのです。誰がし
きったのか?            https://bit.ly/2kXvDtp
─────────────────────────────
 もちろんこの標識は、籠池理事長の指示で建てられたものであ
ることは確かです。しかし、ブログが指摘しているように、20
14年11月の時点では、土地が果して手に入るのかわからず、
小学校の認可が下りるかどうかもわからないのです。ただし、安
倍昭恵夫人は、この新しくできる小学校の名誉校長に就任するこ
とを引き受けています。籠池理事長からすれば、昭恵夫人に小学
校の名誉校長を引き受けさせた時点で、すべてが片付くと判断し
たのでしょう。だから、標識を建てたのです。実際に、その後の
ことは、すべてスムーズに進んでいます。
 松井大阪府知事は、昭恵夫人が名誉校長になることを知ると、
「瑞穂の国記念小学院」の設置を認可しています。本来大阪府で
は、「借り入れのある幼稚園」の小学校参入は、できなかったの
ですが、松井知事は急遽その設置基準を緩和しています。この改
正には、議会の承認は不要であり、松井知事の判断だけでできる
のです。大阪府も全面協力の姿勢です。
            ──[メディア規制の実態/057]

≪画像および関連情報≫
 ●森友学園事件の真相 【前編】
  ───────────────────────────
   NHKから国民を守る党代表の立花孝志氏が、籠池理事長
  と息子の佳茂さん、そして前摂津市議会議員の大澤千恵子氏
  と面会し、3時間半もかけて情報交換をされたようです。
   時事ブログでも土地値引きの根拠となった2回目のゴミに
  ついて「9・9メートルの縄文時代の地層から生活ゴミが出
  てくることはありえない」と指摘されていましたが、その2
  回目のゴミが話題になった翌日に田中造園の秋山社長が亡く
  なっています。警察発表では自殺になっていますが、本当な
  のでしょうか。
   秋山社長は大澤千恵子市議の後援会長を務めており、20
  年来の家族のような付き合いだったとのこと。その大澤氏が
  言うには「別に請求書なんか適当に書いてゴミあったことに
  したらええねやろ?みたいな。そういうことが平気でできる
  ような人だった」というのです。
   立花氏はゴミはなかったという仮説に基づいて、秋山社長
  が「口封じのために他殺された」というとても説得力ある仮
  説を述べられています。     https://bit.ly/2pCIqph
  ───────────────────────────

安倍首相は籠池氏に会っている.jpg
安倍首相は籠池氏に会っている
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | メディア規制の実態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary