2018年03月28日

●「本当は日本会議案件ではないのか」(EJ第4732号)

 森友学園事件で一番よくわからないのは、森友学園という大阪
の一学校法人が設立しようとする小学校の土地取得のために、官
庁のなかの官庁といわれる財務省が、かなりの無理をしてまで、
なぜ、協力しようとしたかです。
 それは「日本会議」というキーワードをあてはめて考えると、
その謎は解けてきます。しかし、「日本会議」というキーワード
は、メディアはもちろんのこと、この問題の国会答弁においても
野党を含む国会議員は誰も口にしないのです。
 このような書き方をすると、日本会議がまるでフリーメイソン
のような秘密結社のように見えるかもしれませんが、日本会議は
けっしてそういう組織ではありません。
 しかし、「日本会議=カルト組織」という見方は、どう考えて
も違憲である集団的自衛権の可決を強行し、メディアへの報道管
制を厳しくして、国民を管理しようとしているように見える安倍
政権のやり方を見ていると、強い説得力を持ってきます。だが、
この見方は必ずしも正しくないのです。
 そうなると、ここで日本会議論を展開しなければなりませんが
そうなると、戦後日本の右翼の歴史をたどる必要があり、相当の
回数を要することになります。今回は安倍政権のメディア規制が
テーマであり、テーマを逸脱することになります。そこで、これ
は別テーマとして改めて取り上げることにします。
 日本会議については、ネット上には多くの記事があり、複数の
単行本も出版されていますが、見当外れの記事や著作も存在しま
す。多くの記事を読みましたが、次の記事がとてもよくまとまっ
ているので、一読されることをお勧めします。
─────────────────────────────
                    ──高島康司著
  「安倍政権の背後にある『日本会議』の知られざる実態
  と自民党」         https://bit.ly/1YPL18x
─────────────────────────────
 高島康司氏は日本会議を次のように捉えています。これはなか
なかユニークな捉え方であると思います。
─────────────────────────────
 一般の認識とは大きく異なり、「日本会議」とは最近出て来た
極右組織ではない。「日本会議」が結成されたのは1997年だ
が、この組織は日本のあらゆる右翼団体が結集する巨大なプラッ
トフォームのようなものである。それは単一の組織として見るよ
りも、独自に活動しているさまざまな右翼組織の象徴であり、ハ
ブであると見た方がよい組織だ。「日本会議」そのものは、19
97年に結成されたが、これに参加している右翼組織は、はるか
に長い歴史を持つ。戦後70年の日本の裏面史を代表するような
存在なのだ。         ──高島康司著の前掲記事より
─────────────────────────────
 ところで、森友学園への国有地の売却に財務省が多くの便宜を
図ったのは、一般にいわれているような「昭恵夫人案件」という
よりも、「日本会議案件」だったのではないかと思われるフシが
多々あります。
 森友学園の当時の理事長の籠池泰典氏は、日本会議大阪の50
人いる運営委員の1人であり、いかにもそのメンバーらしく、森
友学園が運営する塚本幼稚園では、園児に教育勅語を暗唱させた
り、軍歌まで歌わせることで、大阪ではとても有名な存在だった
のです。
 もちろん、総理の安倍晋三氏はもとより、麻生財務相も日本会
議のメンバーであり、財務省近畿財務局から見ると、まさしく特
例の日本会議案件だったのです。ちなみに、日本会議に参加して
いる超党派の国会議員で構成する「日本会議国会議員懇談会」は
2015年9月現在、281名。そのうち、246名が自民党に
所属しています。同会の役員構成をみると、とても興味深いこと
がわかります。
─────────────────────────────
◎日本会議国会議員懇談会の主な役員/2014年現在
 特別顧問 ・・・ 麻生太郎、安倍晋三
 顧問   ・・・ 谷垣禎一、石原慎太郎、亀井静香
 相談役  ・・・ 額賀福志郎、石破茂、山東昭子、鴻池祥筆
 会長   ・・・ 平沼赳夫
                  https://amba.to/2HZIBC2
─────────────────────────────
 注目すべきは、これらの役員のうち、会長の平沼赳夫氏の秘書
や相談役の鴻池祥筆氏が森友学園の土地取得の件で、財務省近畿
財務局に電話や、直接訪問するまでして、働きかけていることで
す。日本会議案件であるからこそ、そういう働きかけが行われた
ものと考えられます。なお、これらの日本会議のメンバーの多く
が塚本幼稚園で講演を行っていて、このことから、森友学園は日
本会議の人脈によって作られた学園であると考えられるのです。
 日本会議の狙いは、幼稚園や小学校の段階からの教育によって
日本会議が理想とする人材を育てることにあります。そのため、
日本会議にとって理想に近い教育をしている森友学園を援助し、
「瑞穂の国記念小学院」を作らせたかったのではないか、と思わ
れるのです。
 もし、そうであったとしたら、安倍昭恵夫人が名誉校長を引き
受けることは理解できるし、小学院の土地取得についても協力を
するはずです。昭恵夫人の100万円の寄付も本当のことからも
しれないのです。このように、「日本会議」というキーワードを
を通して考えると見えてくるものは多くあります。
 それに、財務省がここにいたっても森友決裁関連文書の原本を
提出しないのは、そこに日本会議の関わりを示す表現が多く出て
くるからではないかと思います。このままでは、おそらく原本は
提出されないのではないかと思います。何があっても、これが日
本会議案件であることだけは隠したいからです。
            ──[メディア規制の実態/056]

≪画像および関連情報≫
 ●「保守じゃなくネトウヨ」/日本会議/2017年7月
  ───────────────────────────
   ますます疑惑が深まっている学校法人森友学園の国有地格
  安払い下げ問題。さすがにまずいと思ったのか、籠池泰典理
  事長と直接、何度も会っているにもかかわらず、「面識はな
  い」と言い張った安倍首相を筆頭に、維新や自民党の政治家
  さらに同学園の運営する軍国教育の塚本幼稚園を絶賛してき
  た極右文化人たちも、話のすり替えや言い逃れに必死になり
  始めた。
   そんななか、あの団体も同様の「籠池切り」に入っている
  らしい。そう、この間、一貫して安倍首相を支え、政権の別
  働隊として戦前日本の復活に邁進してきた極右組織「日本会
  議」だ。テレビなどではあまりクローズアップされていない
  が、実は森友学園の籠池理事長はこの「日本会議」の大阪支
  部の運営委員という職に就いている。
   ところが、先月末、「週刊文春」(文藝春秋)と「週刊新
  潮」(新潮社)が籠池氏を日本会議大阪「代表」などと報じ
  るや日本会議はホームページで即反応。「同氏は本会の『運
  営委員』として名前は連ねておりますが、『代表』ではあり
  ません」との抗議文を両誌の編集部へ送付したことを明かし
  たうえで、「このたびの土地取得に関して全く関与していな
  い」と釈明した。さらに驚いたのは、3月3日の毎日新聞朝
  刊の記事だった。この日の同紙は森友学園の保守人脈を特集
  していたのだが、そのなかで、「籠池氏を知る日本会議関係
  者」がこんなコメントをしていたのだ。「森友学園の考えは
  神道でも保守でもなく、ネトウヨ(ネット右翼)に近い。あ
  れが日本会議の活動と思われるのは心外だ」。
                  https://bit.ly/2maJ5LP
  ───────────────────────────

森友学園/籠池泰典理事長(当時).jpg
森友学園/籠池 泰典理事長(当時)
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | メディア規制の実態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary