2018年03月20日

●「関係する3人の財務省元理財局長」(EJ第4727号)

 森友学園との国有地売却交渉では、いろいろな出来事が起きて
いるので、その交渉経過は複雑怪奇になっています。そこで、3
月18日付の朝日新聞を参照にして、その発端から、何が起こっ
たのか、わかりやすく整理してみることにします。
 森友学園の一連の国有地取引がはじまったのは2013年7月
8日のことです。籠池理事長自身が財務省近畿財務局を訪れ、国
有地の取得を申し入れています。8月に入ると、鴻池元防災担当
相の秘書から近畿財務局に電話があり、森友学園は資金繰りに余
裕がなく、土地を購入するまで、土地を貸してほしいと籠池理事
長が要望しているのでよろしく頼むと伝えてきたのです。
 しかし、近畿財務局としては、過去5年間の同種取引で、その
ような取引は例がなく、受け入れには難色を示します。その転機
になったのは、2014年4月28日、籠池理事長が財務局に打
ち合わせで訪れたとき、籠池夫妻と安倍首相の妻の昭恵氏が一緒
に写った写真を提示し、この件には安倍首相夫人が関わっている
ことを暗に示したことです。籠池氏によると、これによって、財
務局の態度は一変したといっています。
 近畿財務局は、本省の理財局に申請文書を送り、昭恵夫人案件
であることや政治家からも問い合わせがあったことを伝えたうえ
で、この「特例的な契約」を認めるよう要請し、理財局から承認
を得ています。2014年6月2日に近畿財務局は、「売却を前
提とした土地貸し付けに協力する」と森友学園に伝えています。
そして7月の人事で、2014年7月から2015年7月まで、
中原広氏が本省理財局長を務めるのです。
 2015年1月8日、昭恵夫人が森友学園を訪問し、その教育
方針に感涙したとする産経新聞のインターネット記事が掲載され
ます。その翌日の9日に近畿財務局が森友学園を訪問し、貸付料
の概算額を伝えています。
 同じ年の1月27日、大阪府私立学校審議会が、森友学園の小
学校設置計画を「条件つき」で「認可適当」と答申しています。
その2日後の29日、平沼赳夫元総務相の秘書が財務省理財局に
電話し、次のように相談しています。
─────────────────────────────
 近畿財務局が森友学園に提示した概算貸付料が高額であり、
 なんとかならないか。    ──平沼赳夫元総務相の秘書
─────────────────────────────
 2015年2月4日、近畿財務局は「10年以内の売却を前提
とした貸し付け契約を結ぶ特例の承認」を本省理財局に申請して
います。そして、2月17日、鳩山邦夫元総務相(故人)の秘書
が、わざわざ近畿財務局に出向いて、貸付料が高額であるので、
なんとかしてやってくれと、交渉しています。何とも親切な話で
あると思います。
 森友学園は、このようにして前例にない10年以内の売却を前
提に土地を貸し付けることを財務省側に飲ませ、そのうえでその
貸付料が高いとして、政治家を動員し、貸付料の減額を迫るとい
うしたたな交渉で財務省を着実に追い込んでいったのです。
 3月26日、森友学園側が「土地が軟弱地盤」であるとして、
貸付料の削減を財務局に要請します。これは、いいがかりに近い
要求でしたが、財務局は、素直に学園側に再検討を約束していま
す。何でも学園側のいいなりです。
 そして、地質調査会社から「軟弱地盤であるとは思えない」と
いう見解を聞いたものの、土地の鑑定をやり直し、それに基づく
貸付料で見積もり合わせを行っています。結果として、貸付料は
下げられ、学園側と財務局は合意に達しています。2015年4
月27日のことです。そして、4月30日、財務省理財局は、近
畿財務局による特例申請を承認するのです。
 5月に入って、公正証書手数料や契約書の違約金条項などでゴ
タゴタしたものの、5月29日に森友学園への土地貸し付けは合
意に達したのです。
 そして、2015年7月、理財局長の中原広氏は国税庁長官に
転出し、迫田英典氏が理財局長に就任します。2015年9月5
日、安倍昭恵氏は、森友学園で講演し、新設予定の小学校の名誉
校長に就任するのです。
 貸し付け合意後、森友学園は費用を用立てて、汚染土などを撤
去し、その費用を支払うよう近畿財務局に求めます。この費用の
支払いについて、2015年秋に籠池氏は、昭恵氏付きの政府職
員に、いつ払ってくれるのか、財務省への問い合わせを依頼し、
その政府職員は財務省から「16年度での予算措置を行う方向で
調整中」という回答を引き出しています。異例のことです。
 ここからが問題なのです。2016年3月11日、森友学園が
「新たなゴミ」を発見したと近畿財務局に連絡してきます。これ
を受けて、3月14日に近畿財務局は現地でゴミの確認に行って
います。そのとき、学園側は「ゴミの撤去費用を差し引いた額で
土地を買い取りたい」と提案したのです。
 4月14日に国土交通省大阪航空局が、ゴミの撤去費用の見積
もりを提出し、ゴミをめぐる学園側との協議内容などを記載した
文書を作成しています。5月中旬には、近畿財務局の職員が学園
とのやり取りで、次の発言していたことが学園側から提出された
音声データで明らかになっています。
─────────────────────────────
 土地の代金はゼロに近い金額まで努力する。しかし、1億3
 千万円を下回る金額はない。     ──近畿財務局職員
─────────────────────────────
 2016年6月17日、財務省本省人事で、迫田英典理財局長
は国税庁長官に栄転し、後任の理財局長として佐川宣寿氏が就任
します。就任の3日後の6月20日、近畿財務局と森友学園は、
ゴミの撤去費用8億1900万円を値引きし、1億3400万円
で学園に売却する契約を締結しています。このように、佐川理財
局長は契約の締結自体には関わっていないのです。
            ──[メディア規制の実態/051]

≪画像および関連情報≫
 ●森友問題の「決裁文書」の書き換えがなぜ問題なのか
  ───────────────────────────
   森友問題で国有地売却に関する決裁文書を巡り、国会審議
  が空転する事態になっている。財務省が決裁文書の原本を国
  会に提出せずにコピーで対応し、しかもそれが原本とは異な
  る内容のものであるという疑惑、つまり改ざんされた可能性
  が強まったのがその発端である。そして3月12日、財務省
  は決裁文書の書き換えを認めた。
   当初野党側からは、決裁手続きにおいて審査をする際の担
  当職員のチェック(ボールペン等を軽く押し押し当ててでき
  る点)の有無が、改ざんの可能性の根拠とされた。一方、与
  党側からは、決裁文書は途中で差し替えられる可能性がある
  のだから、改ざんなどではないといった主張も見られた。
   そもそも官庁の「決裁文書」とは、決裁手続きとはどのよ
  うなものなのか。国会議員も含めて憶測や想像に基づく発言
  が多いように思われるし、一方で元役人の国会議員にとって
  はあまりにも当たり前すぎて、そうしたことは当然分かって
  いるのが前提の発言が多いようで、一般有権者の目からはど
  うも分かりにくく、話が混線しているように思われる。そこ
  で、筆者は元役人として自らの経験に基づいて「決裁文書」
  や決裁手続きとはどのようなものなのか、少々解説してみた
  いと思う(むろん、基本的には同じであっても、府省や個別
  の手続きの性格によって形式等の違いは多少ありうるので、
  その点については予めお断りしておく)。
                   http://bit.ly/2GDRNMQ
  ───────────────────────────

森友問題に関係する2人の元理財局長.jpg
森友問題に関係する2人の元理財局長
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | メディア規制の実態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary