2018年03月12日

●「なぜ安倍首相は朝日を批判するか」(EJ第4721号)

 「一強」の安倍政権が大きく揺らいでいます。森友学園関連の
決裁文書を財務省が改ざんした疑いによって国会が止まっている
からです。これは、今回のテーマそのものではありませんが、メ
ディアのあり方にも関係するので、考えてみることにします。
 これは、「安倍首相VS朝日新聞」の最終戦争といわれていま
す。安倍首相による国会などでのあまりにも露骨な朝日新聞批判
に対するメディアとしての報復のように見えるからです。
 1月24日のEJ第4689号でも取り上げた2冊の保守系雑
誌があります。安倍政権を熱烈に支援し、それに反対を唱えるも
のを徹底的に攻撃する雑誌です。その最新号である4月号の表紙
を添付ファイルにしてあります。両誌は別の出版社ですが、4月
号の両誌のトップ記事は次の通りです。
─────────────────────────────
 ◎『月刊/Hanada』/2018年4月号
  ・総力大特集/「赤っ恥、朝日新聞」
    「言論の矜持」はどこへ    櫻井よしこ
    哀れ!朝日新聞の自殺     小川栄太郎
    「誤報して逆上」は昔っから   高山正之
 ◎『月刊WiLL』/2018年4月号
  ・やはり逃げたか、朝日論説主幹 
              櫻井よしこ/川村二郎
─────────────────────────────
 両誌はいずれも朝日新聞を取り上げ、激しい言葉で批判してい
ます。両誌の朝日新聞批判はほぼ常態化しており、朝日新聞とし
ては面白くないでしょう。両誌はそうすることによって、安倍政
権を支援しているのです。いわば「安倍首相大好き雑誌」です。
 一方、安倍首相は、国会で朝日新聞を名指しして、批判してい
ます。一国の首相が特定新聞社を名指しして、批判するのは異例
中の異例です。2018年2月20日付、毎日新聞(電子版)は
それを次のように伝えています。安倍首相の発言は、両誌の特集
にもリンクしています。
─────────────────────────────
 安倍晋三首相が先月末から国会の答弁で5回、学校法人「森友
学園」問題に絡んで朝日新聞批判を展開した。自民党参院議員の
フェイスブックにも朝日新聞を「哀れ」と書き込んだ。首相が公
の場などで特定の報道機関のバッシングを続けるのは異例だ。識
者は「首相は自分に都合のよい事実を切り取って自身への批判を
すり替えている」と指摘する。     【青島顕、川名壮志】
                   http://bit.ly/2EGLlqK
─────────────────────────────
 なぜ、朝日新聞は、このように批判されるのでしょうか。それ
には、2人の「吉田」に関わる報道の失敗、それも大失敗がある
からです。不思議なことに、2人とも奇しくも「吉田」という人
物なのです。2人の「吉田」とは次の通りです。
─────────────────────────────
 吉田清冶氏 ・・・ 吉田証言 ・・・    慰安婦問題
 吉田昌郎氏 ・・・ 吉田調書 ・・・ 福島第一原発事故
─────────────────────────────
 この2つの報道によって、朝日新聞は今も責められています。
「吉田調書」については、報道のあり方に関係するので、後で取
り上げて論評する予定です。
 これら2つの報道の失敗があるとしても、なぜ安倍首相は今国
会でわざわざ朝日新聞を名指しして批判するのでしょうか。最近
朝日新聞が、何か安倍政権にとって不都合なことをして、それを
批判するならわかりますが、持ち出してくるのは、すべて過去の
ことばかりです。それを前掲の保守系の2つの雑誌が記事として
取り上げ、コトを大きくするのです。異常ですらあります。リテ
ラの記事に次のような記述があります。
─────────────────────────────
 総理大臣がいちメディアを国会で吊し上げるなど、言論機関を
萎縮させる圧力行為としか言いようがないが、その批判の中身が
またひどかった。なんと安倍首相は、1989年に起こった珊瑚
事件をもち出し「(朝日は)なかなか謝らなかった」と言うと、
今度は福島第一原発事故での吉田調書や従軍慰安婦問題における
吉田清治証言を取り上げ、「吉田所長の調書。これも最初は全然
謝らなかった」「吉田清治の証言にいたってはですね、これはま
さに日本の誇りを傷つけたわけであります」と主張したのだ。
 いったいこの男はいつまで同じインチキな印象操作を続けるつ
もりなのか。本サイトで何度も書いているが、従軍慰安婦の強制
連行をめぐる吉田証言は朝日新聞だけの誤報ではない。産経や読
売、毎日も吉田氏を記事で紹介しており、産経は「被害証言がな
くとも、それで強制連行がなかったともいえない。吉田さんが、
証言者として重要なかぎを握っていることは確かだ」とまで書い
ていた。               http://bit.ly/2BZiQ62
─────────────────────────────
 吉田証言にしても、吉田調書にしても朝日新聞は正式にその非
を認め、謝罪しています。謝罪では済まないことであるとしても
それをわざわざ首相が今国会で蒸し返し、批判することはないと
思います。本にでも書けばよいことです。
 しかし、さすがの朝日新聞も、今国会での安倍首相の度重なる
批判には我慢の限界を超えたようです。そういう2月のある日、
朝日新聞の幹部が、国会議員OBに会ったとき、次のようなこと
を話したそうです。
─────────────────────────────
 自分たちはそれなりにやってきたつもりだが、国会の委員会で
の安倍首相の名指し攻撃は度を越している。そこまでやるなら、
こっちも腹を決めて勝負に出る。森友学園問題に関して隠し玉が
ある。      ──2018日3月5日発行/日刊ゲンダイ
─────────────────────────────
            ──[メディア規制の実態/045]

≪画像および関連情報≫
 ●月刊誌の『朝日新聞批判』が毎月のように続く理由
  ───────────────────────────
   ジャーナリストの田原総一朗氏はメディアの「朝日新聞批
  判」の訳を説く。「月刊Hanada」や「月刊WiLL」
  などの雑誌が毎月のように朝日新聞攻撃の大特集を展開して
  いる。もちろん言論、表現は自由だから、朝日新聞批判を行
  うのは何の問題もない。だが、毎月のように朝日新聞批判を
  まるで目玉企画としているのは尋常ではない。それほど新し
  い展開はないにもかかわらずだ。つまり、朝日新聞批判を目
  玉とすると雑誌が売れるということなのだろう。
   両誌が朝日新聞批判を大きく報じ始めたのは、森友・加計
  疑惑などが生じて、安倍内閣の支持率が落ち始めたころから
  である。そもそも朝日新聞や毎日新聞、東京新聞などは、安
  倍首相が「戦後レジームからの脱却」を唱え、東京裁判批判
  を展開したころから批判的だった。安倍首相が「ナショナリ
  スト」で、いわば「歴史修正主義」ではないか、ととらえた
  からだ。
   2013年12月に安倍首相が靖国神社に参拝すると、中
  国・韓国だけでなく米国も「失望した」と強く批判した。何
  人もの首相が靖国参拝をしたが、米国が批判をあらわにした
  のはこのときが初めてである。米国も、安倍首相が「歴史修
  正主義」ではないか、と疑ったのだ。
   安倍首相はその後、靖国参拝はしなくなったが、特定秘密
  保護法や集団的自衛権の行使容認など、それ以前の歴代首相
  がタブーとして避けてきた法案を次々に成立させて、野党は
  もちろん、朝日新聞、毎日新聞、東京新聞などは強く批判し
  続けた。いわば、反安倍首相的な姿勢をはっきり示すように
  なった。             http://bit.ly/2p26T6k
  ───────────────────────────

朝日新聞を攻撃する2月刊誌.jpg
朝日新聞を攻撃する2月刊誌
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | メディア規制の実態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary