2018年01月29日

●「安倍首相とメディア幹部との会食」(EJ第4692号)

 安倍政権は第1次政権の反省から、異常なほど厳しいメディア
対策を行っています。安倍政権のメディア対策を再現します。
─────────────────────────────
        1.ぶらさがり会見の中止
        2.蜜月メディアへの出演
      ⇒ 3.メディア幹部との会食
      ⇒ 4.メディアチェック実施
─────────────────────────────
 メディア対策の第3は「メディア幹部との会食」です。
 安倍首相は、2012年暮れに政権を奪取すると、凄い勢いで
メディアの幹部と会食をはじめます。2014年12月30日付
の「しんぶん赤旗」の記事から、2013年1年分を抜き出して
みると、次のようになります。
─────────────────────────────
  1月 7日:読売・渡邊恒雄会長
     8日:産経・清原武彦会長 熊坂隆光社長
  2月 7日:朝日・木村伊量社長
    14日:産経・清原武彦会長
    15日:共同・石川聡社長
  3月 8日:日経・喜多恒雄社長
    15日:フジテレビ・日枝久会長
    22日:テレビ朝日・早河洋社長
    28日:毎日・朝比奈豊社長
  4月 4日:朝日・曽我豪政治部長、時事・田崎解説委員ら
     5日: 日本テレビ・大久保好男社長
  5月 7日:時事・西澤豊社長、田崎解説委員ら
     8日:読売・渡邊会長、日本テレビ・大久保社長ら
    15日:読売・渡邊会長ら
  6月12日:各社論説委員
  7月22日:朝日・木村社長、日本テレビ・大久保社長ら
  8月16日:フジテレビ・日枝会長
    22日:共同・福山社長、フジテレビ・日枝会長
  9月10日:読売・渡邊恒雄会長ら
 12月 2日:読売・渡邊恒雄会長ら
 12月16日:時事・田崎解説委員、読売・小田論説委員長、
        毎日・山田孝男専門編集委員、朝日・曽我政治
        部長、NHK・島田敏男解説委員、日本テレビ
        ・粕谷報道局長ら
    19日:読売・渡邊恒雄会長ら
    20日:産経・清原会長、熊坂社長ら
    26日:報道各社の政治部長ら
                      ──砂川浩慶著
             『安倍官邸とテレビ』/集英社新書
─────────────────────────────
 このなかでダントツに多いのは、読売新聞の渡邊恒雄会長で、
実に6回も会食しています。何しろ相手は超多忙の総理大臣であ
り、年に2回以上も会っている人は相当親しい人であるというこ
とになります。それも単に会うのではなく、会食なのです。官邸
側が場所を用意して招いているわけで、その時間は最低でも数時
間に及ぶことになります。逆に1回もないのはNHK。NHKの
幹部とは、一度も食事をしていないのです。
 会食の場所も出ているので少し上げてみます。丸の内パレスホ
テル東京内の日本料理店「和田倉」、赤坂のANAホテル内の日
本料理店「雲海」、帝国ホテル内の中国料理店「北京」、芝公園
のフランス料理店「陽明殿」、同フランス料理店「レストランク
レッセント」、永田町の山王パークタワー内の中国料理店「聘珍
楼」などです。料亭などはほとんどないのです。接待というより
も、ビジネスディナーという感じのスタイルです。
 なかでも突出して回数が多いのは、読売新聞の渡邊恒雄会長で
実に6回、3回食事しているのは、産経新聞の清原武彦会長、フ
ジテレビの日枝久会長、それに時事通信解説委員の田崎史朗氏で
す。ビジネスパーソンでも、1年間に3回会って食事をするとい
うのは、相当親しい人に限られます。まして6回は異常です。
 この夜の会食のスケジュールでは、同席者がわからないことが
あります。2013年3月22日に、安倍首相は、宿敵とされる
テレビ朝日の早河洋氏と「首相公邸」で会食していますが、同席
者が注目です。この2人は、2014年7月4日にも会っていま
すが、そのときも同じ人が同席しています。
─────────────────────────────
◎13年3月22日/首相動静
 【午後】7時18分、公邸。テレビ朝日の早河洋社長。幻冬舎
 の見城徹社長らと食事。菅幹事長同席。9時11分、東京・富
 ヶ谷の自宅。
◎14年7月 4日/首相動静
 【午後】6時55分、テレビ朝日の早河洋会長兼最高経営責任
 者(CEO)、吉田慎一社長、見城徹幻冬舎社長と食事。9時
 4分、東京富ヶ谷の自宅   ──マーティン・ファクラー著
       『安倍政権にひれ伏す日本のメディア』/双葉社
─────────────────────────────
 テレビ朝日は、この会食以降、安倍政権に対する批判的対応を
改め、安倍べったりになるのですが、13年22日のときは菅官
房長官が同席し、両方の席には幻冬舎社長が同席しています。見
城社長と安倍首相は大変親密なことで知られており、安倍首相と
早河洋CEOの間を取り持ったのではないかと思われます。
 権力者がメディア幹部とコミュニケーションを持つこと自体は
とくに問題はないと思います。問題なのは、メディアの方です。
彼らは、この首相主催の会食に呼ばれただけで、どのメディアの
幹部もメロメロになってしまい、メディアが本来するべき政権の
監視を弱め、批判を封印してしまったことです。
            ──[メディア規制の実態/016]

≪画像および関連情報≫
 ●安倍首相とメディア幹部の会食「読売」突出 5年で38回
  ───────────────────────────
   国政私物化疑惑にまみれ、改憲への執念を際立たせている
  安倍晋三首相と大手メディア幹部との会食が、今年も15回
  に及びました。首相は5月に2020年までの9条改憲構想
  を「読売」紙上で明らかにしましたが、同社幹部との会食は
  8回、第2次安倍政権以降の5年間では38回と突出してい
  ます。「読売」が首相の改憲発言を掲載したのは、5月3日
  付でしたが、インタビューが行われたのは4月26日。その
  2日前には首相と渡辺恒雄「読売」グループ本社主筆、イン
  タビュアーとなった前木理一郎政治部長とが飯田橋のホテル
  内の日本料理店で2時間にわたり、会食しています。
   「読売」インタビューは「憲法施行70年を迎えた。改め
  て憲法改正にかける思いを」という質問から始まり、首相に
  言いたいことを言わせるもので、報道機関としてのあり方が
  問われました。国会では、改憲発言の意図について野党から
  質問を受けた安倍首相が「読売新聞を熟読して」と答弁し、
  国会軽視と問題になりました。
   そのインタビューの裏では、社のトップとインタビュアー
  が首相と会食してすり合わせをしていたのではないかと思わ
  せる行動は報道機関失格です。「読売『御用新聞』という汚
  名」という見出しの週刊誌記事まで出ました。ちなみに、渡
  辺主筆は、5年間で18回、今年だけで5回も首相と会食を
  繰り返しており、特別の親密ぶりが問われています。
                   http://bit.ly/2BxR2Rn
  ───────────────────────────

読売新聞/渡邊恒雄会長.jpg
読売新聞/渡邊 恒雄会長
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | メディア規制の実態 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary