2017年08月10日

●「なぜ内田茂氏はドンと呼ばれたか」(EJ第4581号)

 2005年7月、石原知事の側近の浜渦副知事が辞任に追い込
まれます。しかし、石原知事は、浜渦氏が辞任した後も、相変わ
らず週に2〜3回しか登庁しないのです。その間の仕事はすべて
部下に任せ切りです。
 2005年〜2007年までの知事日程表によると、知事の登
庁日数は次のようになっています。
─────────────────────────────
       2005年 ・・・・ 129日
       2006年 ・・・・ 126日
       2007年 ・・・・ 103日
─────────────────────────────
 これによると、石原知事は3日に一度しか登庁していないこと
になります。非常に良い身分です。石原氏は、この3年の間に作
家として次のベストセラーを出しています。
─────────────────────────────
 「俺は君のためにこそ死ににいく」(映画脚本)/2005
 「老いてこそ人生」(幻冬舎文庫)/2002
 「新・堕落論─我欲と天罰」(新潮新書)/2011
─────────────────────────────
 知事が3日に一度しか登庁しないので、その間の知事の仕事を
カバーしていたのは、かつての浜渦副知事であり、そのため浜渦
副知事は副知事でありながら、事実上知事の権限の一部を行使し
ていたといえます。これでは浜渦独裁になります。
 それでは、浜渦氏が辞めた後は誰がその役割をやっていたので
しょうか。
 その役割は、内田茂氏が浜渦氏から引き継いだのです。つまり
内田氏は、都議会議員として都議会議長を務めながら、浜渦氏に
代わって副知事の仕事を手伝い、さらに自民党東京都連の幹事長
も務めていたことになります。これが石原知事在任中は続いてい
たことになるので、これなら、東京都議会のみならず、東京都選
出の自民党議員に対しても、内田氏が絶大な権限を有していたこ
とが理解できると思います。もちろん、築地市場の豊洲移転につ
いても内田氏は深く関与しています。
 それでは、なぜ、石原知事は、内田茂氏に心を許したのでしょ
うか。都知事選のときは、内田氏のことを「都庁の悪人」といい
その悪人を退治するとまでいっていたのにです。
 これについて、東京都政に詳しい政治評論家の鈴木哲夫氏は、
ベテラン国会議員の言葉として、次のように述べています。
─────────────────────────────
 石原知事は都議会自民を守旧派に見立ててみずからの存在を高
めようとしていました。本来、都議会自民党は徹底的にケンカし
ていい敵でしたが、内田さんは逆に石原人気を利用し、むしろ味
方につければいいと考えるのです。石原知事側近であり、剛腕で
強敵の浜渦武生元副知事だけは表立って辞任に追い込み、一方で
は、石原知事の子煩悩を利用して2人の息子、伸晃さんと宏高さ
んをいわば人質≠ノした。         ──鈴木哲夫著
  『誰も書けなかった/東京都政の真実』/イースト・プレス
─────────────────────────────
 東京都政のトップという重要な役目を担いながら、3分の1し
か登庁せず、自分の関心のあることしか真面目に向き合おうとし
ない石原知事の仕事ぶりに心底怒りを覚えますが、それが築地市
場の移転にどのように影響して行ったのかについて、このあとの
EJで考えていくことにします。
 石原知事が設置した専門家会議は、2008年7月に土壌汚染
対策の専門家会議の結論をまとめて、解散しています。その結論
は、次の2つの柱から成っています。
─────────────────────────────
 1.東京ガスの工場のあった旧地盤面から2メートルの土を
   入れ替え、その上に2・5メートルの盛り土をする。
 2.地下水管理システムを設計・構築し、汚染地下水が上昇
   して盛り土を再汚染しないようにコントロールする。
─────────────────────────────
 もう少し詳しく解説します。まず、最も汚染のひどい旧ガス工
場の地盤面から地下2メートルまでの土をすべて入れ替え、その
上に2・5メートルの盛り土をするのです。盛り土は、ベンゼン
や揮発性ガスの上昇を抑えるのに有効な措置です。
 しかし、それでは、その盛り土の下に汚染された地下水が残っ
てしまい、せっかくの盛り土が再汚染される恐れがあります。そ
のため、地下水を浄化する管理システムを構築し、盛り土の再汚
染を防ぐというものです。
 この専門家会議の決定には、よくわからないながらも、それな
りの説得力があったので、仲卸業者などの豊洲移転反対派の市場
関係者の一部には「ここまでやってくれるなら」と、築地移転の
ための準備に取り組む業者も出はじめていたのです。
 しかし、小池知事の時代になって、この盛り土がなく、その部
分には地下空間ができていたことが判明したのです。これは、専
門家会議が結論として出した土壌汚染対策が無意味になることを
意味します。しかし、これについては、後から述べるとして、そ
の先を進めます。
 この専門家会議の結論は、2008年8月に新発足の技術会議
に委ねられ、2009年2月に「豊洲新市場整備方針」が決定さ
れます。この方針には、間違いなく盛り土はあったのです。
 土壌汚染問題が解決したことに自信を持った石原知事は、20
10年10月22日に議会で築地市場の豊洲移転を正式に表明し
ます。そして石原知事は次のように宣言したのです。
─────────────────────────────
 もし、議会が決めかねているならば、知事が大きく歯車を回す
ことになる。                 ──石原知事
─────────────────────────────
              ──[中央卸売市場論/028]

≪画像および関連情報≫
 ●「豊洲の盛り土」/専門家会議
  ───────────────────────────
   2007年に「4・5メートルの盛り土が前提」と答申を
  出した専門家会議が、問題発覚を受けて再結集した。座長の
  平田健正・放送大学和歌山学習センター所長が17日、都庁
  で会見を開き、今後の対策を示した。
   会見にはオブザーバーとして会議に参加する「市場問題プ
  ロジェクトチーム(PT)」の小島敏郎座長(元環境省審議
  官・弁護士)も臨席した。
   開口一番、平田座長は「前回と同じメンバーで、事務局も
  都から独立する形であればお引き受けする」と条件を都に突
  きつけたことを明らかにした。
   本来ならば、自分達が専門的見地から提言した事を頭から
  無視した東京都に、また協力する筋合いは無い。専門家会議
  は都からのフリーハンドを約束させた。再調査したデータも
  専門家会議で一元管理する。会議は全て公開の席上で行ない
  答申の時期も制約はないという。
   平田座長は、メディアに対しても公平でない部分が多々あ
  るとし、全て情報は会議を通すと明言した。
   この日、平田座長は冒頭発言だけでなく記者との質疑応答
  まで、会見の一切を取り仕切った。都に任せると都合のいい
  記者に都合のいい質問をさせるからだ。平田座長はまた「築
  地市場の方々とのコミュニケーションができるような雰囲気
  作りが一番大事。会議の席上でご意見を伺って行きたい」と
  述べた。             http://bit.ly/2d4TaJZ
  ───────────────────────────

都議会本会議における内田茂都議.jpg
都議会本会議における内田茂都議
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | 中央卸売市場論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary