2016年11月08日

●「米大統領選/結局どちらが勝つか」(EJ第4396号)

 本日は米国の大統領選挙の投票日です。泣いても笑っても、明
日の昼頃までに、次期米国大統領がトランプ氏かクリントン氏か
が決まります。
 選挙の終盤の10月28日、FBIによるクリントン氏の私用
メール再捜査の決定によって、トランプ氏が支持率で猛烈に追い
上げ、これまで一定のリードを保ってきたクリントン氏を急追し
ている──メディアはそのように報道しています。
 米国はメディアによって支持率の数字が大きく異なるので、そ
ういう世論調査を平均したRCP(リアル・クリア・ポリティク
ス)の最新調査と10月30日の支持率を比較してみます。
─────────────────────────────
               最新調査 10月30日
  ドナルド・トランプ ・・ 44.8%  41.6%
 ヒラリー・クリントン ・・◎46.6% ◎45.0%
─────────────────────────────
 これを見ると、いずれもクリントン氏が勝っていますが、10
月末には3・4ポイントあったトランプ氏との差が、最新調査で
は1・8ポイントに縮小しています。それでもまだクリントン氏
が優勢であることは変わっていないのです。
 ただ支持率の差が1ポイントになってくると、どちらが勝って
も不思議ではないのです。2012年の大統領選挙で、ロムニー
氏に1ポイント差で負けていたオバマ氏が、得票率51・1%で
勝利しています。1ポイント差は誤差の範囲内です。
 しかし、選挙人の獲得予測に関して、6日の日本経済新聞は次
のように報道しています。
─────────────────────────────
 クリントン氏が支持率で10ポイント超離した際は、選挙人の
獲得予測も、全米51州・地区の選挙人(538人)の過半数を
超える270人を超えた。
 直近は、クリントン氏が216人に下方修正され、トランプ氏
は164人に追い上げる。4日発表の米CNNテレビの獲得予想
ではトランプ氏は200人の大台に乗せた。
         ──2016年11月6日付、日本経済新聞
─────────────────────────────
 米国の大統領選挙では、どんなことがあっても共和党ないし民
主党が勝つと決まっている州があります。そのような州では、事
実上選挙戦は行われないのです。したがって選挙は、支持率が競
り合っている「激戦州」で主として行われるのです。
 現在激戦が続いているのは、次の8つの州であり、その勝敗に
よって結果が決まると考えられます。()は選挙人の数です。
─────────────────────────────
 ≪トランプ氏がリードしている州≫
  1.ニューハンプシャー州(4人)
    ・クリントン氏を「1・6ポイントリード」
  2.オハイオ州(18人)
    ・クリントン氏を「3・3ポイントリード」
  3.アイオワ州(6人)
    ・クリントン氏を「2・4ポイントリード」
  4.ネバダ州(6人)
    ・クリントン氏を「2・0ポイントリード」
 ≪クリントン氏がリードしている州≫
  5.ペンシルベニア州(20人)
    ・トランプ氏を「2・6ポイントリード」
  6.フロリダ州(29人)
    ・トランプ氏を「1・2ポイントリード」
  7.コロラド州(9人)
    ・トランプ氏を「3・0ポイントリード」
 ≪支持が拮抗している州≫
  8.ノースカロライナ州(15人)
    ・両者拮抗
         ──2016年11月6日付、日本経済新聞
─────────────────────────────
 1ポイントのリードは逆転もあり得ると考えると、現在、トラ
ンプ氏がリードしているニューハンプシャー州、クリントン氏が
リードしているフロリダ州、両者が拮抗しているノースカロライ
ナ州の勝敗が重要なカギを握ります。
 激戦州8州からこれら3州を外して、他の5州で2ポイント以
上リードしている候補が勝利するとすれば、その選挙人の獲得数
は次のようになります。
─────────────────────────────
      トランプ30人VSクリントン29人
─────────────────────────────
 既にクリントン氏は選挙人を「216人」固めているといわれ
ます。したがって、もしクリントン氏がトランプ氏を2ポイント
以上離している州──ペンシルベニア州、コロラド州の2州で勝
つとすると、245人になります。過半数の270人まで、あと
25人足りない状況です。したがって、クリントン氏が現在トラ
ンプ氏を1・2ポイント差でリードしているフロリダ州で勝てば
大統領選を制することができます。
 しかし、トランプ氏が既に獲得している選挙人は164人であ
り、2ポイント以上リードしている洲を全て取っても、「194
人」で200人に届かず、フロリダ州でクリントン氏を逆転した
としても「223人」、270人に47人に足りない状況です。
拮抗しているノースカロナイナ州を取っても「238人」、それ
でも270人に38人足りない状況です。
 このように考えると、支持率調査や選挙人獲得予測の状況では
トランプ氏が追い上げたとしても、なおかつクリントン氏優勢の
状況は変わらないのです。しかし、トランプ氏には「隠れトラン
プ派」がおり、最終版で姿を現すといわれています。結果は予断
を許さない状況です。  ──[孤立主義化する米国/081]

≪画像および関連情報≫
 ●米大統領選/市場の勝者と敗者を予想/投票日サプライズ
  ───────────────────────────
   現代の米国史上、最も異例の大統領選が最終盤を迎える中
  世界の金融市場は現状維持という結果に賭けている。民主党
  の次期大統領の行動を共和党支配の新議会が引き続き制約す
  るというものだ。
   だが、米連邦捜査局(FBI)が民主党候補ヒラリー・ク
  リントン前国務長官の私用メール問題の再捜査を開始したと
  の発表を含め、10月中の一連のサプライズを踏まえると、
  11月8日の大統領・議会選投票日に生じ得るさらなるサプ
  ライズへの投資家の準備は不十分かもしれない。
   エバーコアISIのアナリストは10月30日付のリポー
  トで、クリントン氏の私用メール問題をめぐる論争の再燃が
  「大統領選に根本的な変化をもたらす公算は小さい」との分
  析を示した。最も大きなショックとなるのは共和党候補ドナ
  ルド・トランプ氏の勝利か、クリントン氏と民主党の大勝だ
  ろう。これらいずれの展開になっても、6月の英国民投票で
  の欧州連合(EU)離脱選択の場合と同様、投資家はリスク
  が高い株式や新興市場資産から逃避し、最も安全とされる政
  府債やドル、円に駆け込む可能性がある。一方で、両候補と
  も歳出拡大と減税を推進したい意向で、それは株価に強材料
  債券相場には弱材料となる。    http://bit.ly/2eAPttz
  ───────────────────────────

トランプかクリントンか/米大統領選.jpg
トランプかクリントンか/米大統領選
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 孤立主義化する米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RDF Site Summary