2016年09月21日

●「オバマ大統領は対北空爆を行うか」(EJ第4365号)

 北朝鮮にとっては5回目、金生恩政権になって3回目、今年に
なって2回目の北朝鮮による核実験が行われたのは、2016年
9月9日のことです。
 これに対して米国は、B1戦略爆撃機2機を韓国に派遣したの
です。B1爆撃機は、日本の領空に来ると、航空自衛隊のF─2
戦闘機と編隊飛行を組み、日韓ADIZ(防衛識別圏)境界から
は、航空自衛隊機に代わり、韓国空軍のF─16、F─15戦闘
機によってエスコートされながら、韓国上空まで飛行するという
息の合ったデモンストレーションを見せつけたのです。
 ここで知っておくべきことがあります。「B1爆撃機」と書い
ていますが、正しくは「B─1B爆撃機」というべきなのです。
この爆撃機は次の2種類があり、それには2人の大統領の意向が
密接に絡んでいます。
─────────────────────────────
      1.B─1A ・・ カーター大統領
      2.B─1B ・・ レーガン大統領
─────────────────────────────
 1970年のことです。米空軍は、高高度高速侵略能力と低空
侵攻能力を併せ持つ爆撃機の試験用の機体をロックウェル・イン
ターナショナル社に発注しています。
 しかし、1977年に就任したカーター第39代大統領によっ
て配備計画が中止されます。ただ、試験機での研究を続けること
は認められたのです。ちなみにカーター大統領は民主党です。
 ところが、1981年に就任した共和党のレーガン第40代大
統領は、米空軍が次期多目的爆撃機としてB─1を推奨すると、
その改良型の100機生産を承認するのです。これによって生ま
れたのがB─1Bです。B─1Bは、B─1Aに比べて低空侵攻
能力に比重が置かれ、高高度の巡航速度がマッハ1・25に切り
下げられたほか、自重、最大離陸重量が増加しています。
 B─1Bは、1985年から核兵器を搭載してのスクランブル
に備えての任務(アラート任務)につきます。しかし、ソ連崩壊
後の1991年に、B─1Bは戦略核攻撃任務から外れ、その後
は通常兵器を使用する爆撃機として改修されたのです。
 北朝鮮が金正恩政権になってから、核実験が行われるたびに米
国は、米空軍の持つすべての爆撃機を朝鮮半島に派遣して北朝鮮
を威嚇しています、
 第3回目の核実験では、B2とF22を派遣しています。核兵
器を搭載する「空の幽霊」といわれるB2戦略爆撃機が北朝鮮の
指導部を猛爆し、「猛禽類」といわれるF22が北朝鮮空軍を殲
滅するというデモンストレーションです。
 今年の第4回の核実験では、「空飛ぶ要塞」といわれるB52
が出動し、いつでも核攻撃ができることを示しています。米国が
いつも威嚇に使うのがこのB52です。
 しかし、それに比べると、9月の第5回目の核実験では、核攻
撃ができないB─1Bが2機飛来しています。その能力からすれ
ば、やや格落ち感は否めないところですが、今回は日本の航空自
衛隊と韓国空軍との連携を見せつけたのです。
 それにB─1Bは、核兵器こそ搭載することはできませんが、
非常に多くの通常爆弾を機内のウェポンベイ(爆弾庫)に格納す
ることができ、そのペイロードは2000ポンド(907キログ
ラム)誘導爆弾ならば最大24発搭載できるのです。そして、地
中貫通爆弾、いわゆる「バンカーバスター」によって、地下施設
に対する攻撃も可能であることを誇示しているのです。
 今回の北朝鮮による第5回核実験でのB─1Bの飛来について
米太平洋軍司令官、ハリー・B・ハリス・ジュニア海軍大将は次
のように述べています。
─────────────────────────────
 これらの飛行は、北朝鮮による挑発的で地域を不安定化させ
 る行動に対して、韓国、米国、日本の防衛連帯を示威するも
 のである」。 ──ハリー・B・ハリス・ジュニア海軍大将
─────────────────────────────
 北朝鮮が激しく嫌がる米韓合同軍事訓練では、もし北朝鮮が訓
練中に何かを起こせば、直ちに戦争に突入する体制を敷いて行っ
ているのです。具体的には、米軍1万5000人以上、韓国軍約
30万人。米軍の戦闘航空旅団と海兵遠征旅団に加え、米原子力
空母「ジョン・C・ステニス」を中心とする空母打撃群、北朝鮮
に上陸可能な強襲揚陸艦も参加しています。
 日本の防衛省関係者は、「今回の演習は、北朝鮮の核・ミサイ
ル基地への先制攻撃も念頭に置く米軍の作戦計画「5015」に
基づいた訓練だ」といい、次のように解説しています。
─────────────────────────────
 最大の特徴は「斬首作戦」だ。特殊部隊が奇襲し、正恩氏ら北
朝鮮首脳を確保、排除する「正恩独裁体制殲滅作戦」になる。隊
員らは、精密に再現された平壌市街、正恩宅の模型で徹底的に訓
練している。もし、作戦が決行されれば、正恩氏は100%助か
らない。               http://bit.ly/2d7yjle
─────────────────────────────
 オバマ大統領は、大統領として最後になる今年の一般教書で、
北朝鮮に関して一切言及しなかったのです。北朝鮮が1月6日に
核実験を行ったにもかかわらずです。これを見越したのか、北朝
鮮は、9月にもう一度核実験を強行しています。完全にオバマ大
統領の足元を見ての強行と思われます。
 現在、北朝鮮は6度目になる核実験を強行する構えを見せてい
ます。オバマ大統領の弱腰を見て、新大統領になる前にもう一回
核実験を仕掛けてくる可能性はゼロではないと思われます。1年
に3回の核実験であり、もし本当に行われると、米国のメンツは
それこそ丸潰れになります。
 しかし、北朝鮮の試みは極めて危険です。そうなると、米国は
ピンポイントで北朝鮮の核施設などを破壊する可能性は極めて高
いからです。      ──[孤立主義化する米国/050]

≪画像および関連情報≫
 ●オバマ大統領の最後の大仕事は対北空爆か
  ───────────────────────────
   北朝鮮の度重なる核実験に対して、アメリカは、グアムの
  アンダーセン空軍基地に配備している爆撃機を朝鮮半島に出
  動させたと報じられております。北朝鮮に対する強い牽制の
  意味が込められておりますが、朝鮮半島において有事となる
  可能性も否定はできません。それでは、仮に、北朝鮮に対し
  ては軍事的手段しか道がないと判断された場合、どのような
  シナリオが想定されるのでしょうか。
   第1のシナリオは、朝鮮戦争の休戦協定が、南北どちらか
  一方の破棄により破られ、両軍の戦闘が再開されるというも
  のです。いわば第二次朝鮮戦争であり、このケースでは、事
  実上、当時の米韓対中朝の対立構図が再燃するものと予測さ
  れます。米韓間において1954年に米韓相互防衛条約が結
  ばれる一方で、中朝間でも、1961年に参戦条項を含む軍
  事同盟である中朝友好協力相互援助条約が締結され、200
  1年に更新されているからです(20年ごとに更新)。
   第2の想定は、北朝鮮の核・ミサイル開発を国連憲章上の
  平和への脅威とみなし、NPT等の国際法違反を根拠として
  軍事制裁を課すというシナリオです。この場合には、中国の
  出方によってもその後の展開は変化します。仮に、中国が、
  北朝鮮を見捨てる形で北朝鮮への軍事制裁を認める安保理決
  議に賛成するとしますと、国連の枠内の下で多国籍軍が結成
  されます。            http://bit.ly/2cTdQAY
  ───────────────────────────

米B─1Bと空自F2戦闘機.jpg
米B─1Bと空自F2戦闘機
posted by 平野 浩 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 孤立主義化する米国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする